スポンサーサイト

  • 2020.03.16 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    ホンダ フリード インナーミラー裏で Maximo Ultra 602 インストール

    • 2017.12.05 Tuesday
    • 10:30

     

    怒涛の年末ラッシュの幕開けにより

    毎日大忙しなエモーションです。

     

    中々ブログの更新ができず溜まっております。

     

    合間合間で書くことは出来た様な気がしますが

    数年に1度来る”電線病”を発病してしまったので

     

    コスパの高い物から高級品まで

    最近のRCA聞き比べをしている次第です。

     

    こんにちは、しらちゃんです。

     

     

     

    さて本日はホンダ フリードに

    Morel Maximo Ultra602をインストールしたお話です。

     

     

     

    ナビユニットは

    Carrozzeria AVIC-CZ901 サイバーナビです。

     

    こちらのナビは前回取付しています。

     

    というのもナビは、日帰りで取付できますが

    オーディオインストールは内容によって二日〜のお預かりとなりますので

    先にナビを取付した次第です。

     

    スピーカーケーブルを引き直し

    内蔵アンプ、マルチ接続でMaximo Ultraを駆動します。

     

     

     

     

    ドアはメーカー製バッフルを小加工し

    ウーファーを取付します。

     

    防振はスーパースタンダードです。

     

     

     

    ドア内張りをかけたら元通りです。

     

     

     

     

    ツイーターはミラー裏ワンオフでインストール。

     

    行程、材料費等が少なく済む為

    Aピラーワンオフに比べると少し安くはなりますが

     

    Aピラーにインストールした方がよい車

    ミラー裏にインストールした方がよい車と

     

    車種によって

    ベストなツイーター取付位置が異なりますが

    Aピラーにインストール方向でオススメする場合が多いです。

     

    理由はここに書くと長くなるので親方に聞いてくださいね。

     

     

     

    新型サイバーナビは

    ナビとしての性能、内蔵アンプの優秀さ、調整できる幅の広さは

    価格を考えるとコストパフォーマンスはピカイチです。

     

    ”ちょっと音を良くしたいなぁ” ”カーオーディオやってみたいなぁ”

    という初めての方や

     

    ライトなシステムで高音質を望まれる方へオススメしまくりですね。

     

    このナビと、ご自身の気に入ったフロントスピーカーをインストールすれば

    長い間、楽しむことが出来ると自信を持って言えます。

    (軽自動車の場合は、ドアの容量の問題から+サブウーファーですね)

     

     

    Morel Maximo ultra 602

    最初にデモカーで音を聴いて、価格聞いて痺れました。

     

    エモーションでは

    スピーカー交換の際

    音を聴いて頂き、お客様に選んで頂いていますが

    Maximo Ultraのチョイス率はやはり高いですね。

     

    グレードをひとつ落としたMaximo6と比べると

    Maximo Ultraは+1万円にはなりますが

    サウンドの差は+1万円どころの騒ぎではないですもんね。

     

    おすすめです。

     

     

    アゴヒゲ白石

    新型N BOX ダイヤトーンスピーカーDS-G500 + サブウーファー インストール

    • 2017.11.14 Tuesday
    • 17:44

     

    行ってきました

    ”佐賀インターナショナル バルーンフェスタ”

     

    バルーンは飛べる条件が結構シビアなので

    10月後半から毎日の様に天気予報と睨めっこ。

     

    朝に弱い僕ですが

    遠足前の子どもの如く、全く熟睡できず

    朝4時の目覚まし1コールで起き

    ワヤワヤと楽しんできました。

     

    かなり近くで見れるので面白かったですヨ。

     

    こんにちは、しらちゃんです。

     

     

     

    さて、本日は新型 N BOXに

     

    ヘッドはお持ち込みのDEH-P01

    DIATONE DS-G500L をインナー、Aピラーで

    Rockford Fosgate P2D2-10用エンクロージャー製作

    フロント用に HELIX パワーアンプ G Four

    サブ用に Carrozzeria GM-D7100

     

    新車にドカンとインストールしたお話です。

     

     

     

     

    まずはヘッドユニット

    本当は8インチのサイバーナビの予定でしたが

    8インチ用のパネルがまだない為

    発売まで手持ちのP01で鳴らすという事でインストール。

     

    パッと見ホンダにしては簡単につきそう!

    と思ったらシッカリ期待を裏切ってくれました。

    相変わらずココは簡単には付きません〜

     

     

     

    ドアはえらく縦長くなりました。

    防振する面が広いので結構大変です。

     

    心配していた窓ですが

    スピーカー裏まで下がってこないので

    奥行きのあるスピーカーもインナーでインストールが可能です。

     

     

     

    スーパーインナーバッフルを製作し

    DS-G500をインストール。

     

     

     

    そして

    これまた相変わらずの内張の形状。

     

    中央右下に見える緑のクリップが

    鉄板と接する面となりますが

    見ての通りインナー鉄板のサービスホールの中に

    ボッコリ入り込むスタイル。

    Nシリーズは殆どがコレですね。

     

    即ち防振は工夫が必要です。

     

     

     

    防振はPAC1Plusなので

    インナー鉄板全面と内張を防振/遮音します。

    新型NBOXのコレは効きますねー。

     

     

     

    Aピラーワンオフでツイーターをインストール。

    N BOXは向こう側にミラーがあるので

    手前側に入れました。

     

    窓が大きい事もあり

    出来る限り反射の影響を抑える為に

    いつも以上に慎重な角度出しを行いました。

     

    またこのピラーは

    太いですがペラいので

    パテの熱で直ぐ反ります。

    修正しながらの製作となり少々時間がかかりました。

     

    また生地貼りも簡単そうに見えたので

    軽い気持ちで貼り始めた訳ですが

    割と焦りました。

     

     

     

    サブウーファーは

    お客様指定位置の運転席後ろ。

    カプラーで簡単に脱着出来る様にし

    縦でも横でも置ける形で製作して

    Rockford P2D2-10をインストール。

     

     

     

    助手席下にアンプボードを製作し

    下段にHELIX G Four

    上段にCarrozzeria GM-D7100をインストール。

    シートを前後スライドさせても

    何処にも干渉しない寸法でボードを製作しています。

     

    前後大きくスライドするグレードの車だと

    アンプの置き場が無いので

    通常のグレードにしたとの事でしたので助かりました。

    アンプの写真を撮っていませんでしたので、
    どんなアンプなのかを画像だけ紹介しときますね。
    HELIX(ヘリックス) G-FOUR
    カロッツェリア GM-D7100

     

     

    最後に音響調整を行い納車となります。

     

     

     

    ドアをシッカリと音響加工した事で

    サブウーファーもきっちり繋がり

    解像度の高いサウンドに仕上がりました。

     

    HELIX の 4chアンプ ”G Four”

    やはり良いですね。

    G500との相性もバッチリです。

    昔のモデルも良かったですが、このアンプもGood。

    少しサイズが大きいのでシート下の場合は要サイズチェックですね。

     

    ロックフォードのウーファーは

    BEATを刻むという所ではスコブル良いお仕事します。

     

    サブウーファーはフロントスピーカーとメーカーを合わせる必要はなく

    フロントスピーカーの方向性と

    よく聴く音楽ジャンル等を考えてチョイスすると良いと思います。

     

     

    ご質問やご相談等あればお気軽にお問い合わせ下さいね。

     

     

    アゴヒゲ白石

     

     

    092-939-0789

    ホンダ アコードツアラー サイバーナビCZ901 と Morel TEMPO Ultra602 インストール!

    • 2017.10.30 Monday
    • 08:58

     

    昼休みにネットサーフィンをしていると

    博多港にクルーズ船が来るじゃぁありませんか!!

     

    撮ってきました。

     

    雨続きだったこの頃ですが

    やっと晴れの夜。

     

    帰りに温泉入ってリフレッシュです。

     

     

    こんにちは、しらちゃんです。

     

     

     

     

    本日はホンダ アコードツアラーに

    サイバーナビAIC-CZ901 と MOREL TEMPO ULTRA602をインストールしたお話です。

     

     

     

     

    サイバーナビ AVIC-CZ901

    噂の高音質、フルスペックナビに交換です。

     

    とは言っても今回はCZ900 → CZ901

    事前調べで、ナビ裏のハーネスは全て同じとの事でしたので

     

    配線はマルチ接続に変更のみ行い

    本体入れ替えという流れ、、の予定でした。

     

    他店様で以前のナビを取付されたとの事でしたが、、、開けてみてビックリです。

     

    お金を頂いている以上

    最低でも、ギボシ等で接続や、余った線のカットor束ねて収める

    ぐらいは当たり前と思っていますが

     

    余った線はグチャグチャポイ

    線同士の接続は、まさかのネジネジ

     

    音質どうこう以前の問題です。

     

     

    ”見えないところこそ、しっかりとやる”

     

    この心構えに全力で反対している状態でしたので、

    時間の問題等の許す限り整理を行い取付しました。

     

     

     

     

    さてドアです。

    防振はPAC1

    スーパーインナーバッフルです。

     

    前回のアコードツアラーの時にも書きましたが

    スピーカーの裏に窓のレールあり、かなり近い。

     

    マグネットが小さいユニットであれば割と素直につきますが

    テンポ ウルトラは奥行きもありマグネットも大きいので

    ガラスに当たってしまう為

    位置出しを細かく行い、何処にも干渉しない事を確認し製作しました。

     

     

     

     

    ドア内張りをかけたら元通りです。

     

     

     

     

    ツイーターはオンダッシュ取付

     

    このお車はダッシュの形状上、

    いつものタケノコマウントを使用すると

    フロントガラスに寄りすぎてしまい

    反射の嵐となってしまいますので

    こちらのマウントをチョイスしました。

     

     

    最後にサイバーナビの持つ調整機能を駆使して調整を行い

    納車となります。

     

     

    テンポ ウルトラは、マキシモシリーズに比べ

    ワンランク上のクラスとなりますが

    音質も勿論ランク上のサウンドです。

     

    温かみのある上質なサウンドに仕上がりました。

     

     

     

    アゴヒゲ白石

    ホンダ アコードツアラー スピーカー交換 と Aピラー製作!

    • 2017.09.20 Wednesday
    • 19:25

     

     

    週末のドタバタからのイベントだったので

    少し間が空いてしまいました。

     

    カッパを着ていても、ずぶ濡れという天気でしたが

    皆さん、楽しめたようで安心しました。

     

    いつも通りエモーションのスタッフという肩書きはポイッとし

    1ユーザーとして純粋にカーオーディオを楽しめました。

     

    とか言ってたら

    また社長に”あいつまたペラペラと”

    と思われそうなのでこの辺にしときます。

     

     

    こんにちは、しらちゃんです。

     

     

     

    さて本日はアコードツアラー

    以前、M5DSPのインストールさせて頂きましたお車です。

     

    今回は、スピーカー交換+SWのシステムアップを実施したお話です。

     

    FスピーカーはHelix P62C

    サブウーファーはカロッツェリア SW-2520

    です。

     

     

    防振はPAC1

    スーパーインナーバッフルを製作しフローティングマウントです。

     

    アコードツアラーは

    いつものホンダ純正スピーカーですが

    パワーウインドウのレールがスピーカーの真後ろにあり、しかもかなり近い。

     

    奥行きのあるユニットは少々工夫して取付しないとスピーカーのマグネットがレールとお友達になり入りません。

     

    幸い内張側のリブが深いので

    手前に出す形でインストールすれば問題ありません。

     

     

    また今までは純正スピーカーをマルチで駆動していたので

    ワイヤリングも変更します。

     

    内張をかけたら見た目は元通りです。

     

     

    ツイーターはAピラーワンオフ

     

    Aピラーの生地の色は元のピラーの色に合わせて貼っています。

    エモーションの作り物は

    サウンドとデザイン性を両立させた

    純正然としたデザインを狙って製作しています。

     

     

    サブウーファーはラゲッジ奥に脱着式でインストール。

     

    このSW2520用エンクロージャーはユニットが下向きにつきます。

    即ち上に物を置いても大丈夫という

    工夫された省スペース設計となっています。

     

    また低価格ながら性能も高いので

    価格以上のサブウーファーの1つとして

    オススメしているセットです。

     

     

     

    純正スピーカーから

    ご自身の気に入ったスピーカーに変更した事で

    より楽しめるサウンドに変化しました。

     

     

     

     

    アゴヒゲ白石

     

    ホンダ FIT Morel Maximo Ultra602 インストール!

    • 2017.09.15 Friday
    • 12:16

    最近

    「アゴヒゲさんですか?」

     「お、しらちゃん!」

    と声をかけて貰える事が増えて嬉しい

    しらちゃんです。こんにちは。

     

     

     

    今回はFIT RSに

    Morel Maximus Ultraをインストールしたお話です。

     

     

     

     

    ヘッドユニットは

    カロッツェリアのDEH-970

     

    スピーカーケーブルを引きなおし

    内蔵アンプを用いてMorel Maximus ultraを駆動します。

     

     

    防振はPAC1

    元々防振が施工されていましたので

     

    今回、PAC1施工に使用する防振材STP BOMB AERO等の

    圧着に関わる部分や背圧処理に関わる部分は少々触りましたが

    活かせる部分は活かしつつPAC1を施工しました。

     

    バッフルはスーパーインナーバッフルを製作し

    フローティングマウントでインストールしました。

     

     

     

    ドア内かけたら見た目は元通りです。

     

     

    ツイーターはオンダッシュ。

     

    適度に傾斜した付属マウントは

    ガラス等の反射を考慮してマウントすれば

    定位感のある繋がりの良いサウンドに仕上がります。

     

    Maximo6はMorelロゴが赤字ですが

    Maximo ultraはシルバーですね。

     

     

    最後に音響調整を行い納車となります。

     

     

     

    Maximo ultraは

    コストパフォーマンスが非常に優れており

    ジャンル問わず鮮度の高いサウンドを奏でてくれるので

    やはり”エントリークラスの刺客”という表現がピッタリです。

     

    低価格ながらポテンシャルが高いというメリットもあるので

    DEH-970内蔵アンプでお楽しみ頂いて

    グレードアップをしたいと思われた時は

    アンプを追加してみると、グッと良くなりますよ。

     

     

     

    さて9月よりインストーラーが二人になり2週間を過ぎました。

    出来る限り今までのペースで回したいと思いつつ作業を行っていますが

    やはり二人で三人分のペースは難しいものがあります。

    そのような中、お客様のご協力により倒れずにインストール作業させて頂いていますので

    感謝いっぱいです。

     

    ご配慮頂いた分をサウンドでお返ししなければと思っていますので

    二人になったからこそ今まで以上のクオリティを目指してインストールしていますので

    皆様よろしくお願い致します。

     

     

    アゴヒゲ白石

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    HOT NEWS!!

    ECS商品

    お問い合わせ

    092-939-0789
    Mail

    Link

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    エモーションズ
    エモーションズ (JUGEMレビュー »)
    マライア・キャリー

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM