>> カーオーディオショップエモーションのサイトはこちら

 トヨタ アルファード に 弩級のフルシステム Micro Precision 3way+SWインストール

 

毎年恒例、年末の超ラッシュにより

ブログが少々空いてしまったと思ったら

 

2017年最後のブログとなりました。

 

こんにちは、しらちゃんです。

 

 

 

本日は、千葉県よりご用命頂きました

トヨタ アルファードに

 

スーパーハイエンドブランド Micro Precision

Z Studio TW・Z Studio 100F・Z Studio 170 の3way

       +

Z Studio 245 のサブウーファー2発

 

BRAX Matrix MX2

Rockford Fosgate T1500-1

 

HELIX DSP PRO Mk2

 

Braims ウルトラレギュレーター HQS-200A

Braims ウルトラキャパシター HQR-25.2F

 

Acoustic Harmony パワーケーブル

Tchernov RCA+スピーカーケーブル

 

 

そして

 

OLIOSPEC Canarino 12V 車載用PC

オーディオテクニカ HRD500

 

更に

 

車内フル防振のスペシャルプランをインストールしたお話です。

 

 

今回は、2度目の入庫で

前回行った分と、今回行った分がありますが

合わせてご紹介したいと思います。

 

 

 

ソースユニットは

・ナビゲーション - アルパイン BIG X

・車載用PC - OLIOSPEC Canarino 12V

・DAP - Sony Walkman

 

の3つの入力を装備。

下2つはデジタル信号のままDSPへ送られます。

 

また入力の切り替えは全てHelix DSPのDirectorで行います。

 

 

 

ドアは下半分を全て作り直し、重量を持たせ、角度を付けた

”ヘヴィーウエイトハイアングル”

 

Micro Precision 170をインストールします。

本来グリルは付属しません。

 

しかしむき出しは”危険が危ない”と言うことでワンオフ製作。

 

グリルは補修できますが

スピーカーを蹴破ると心が折れますからね。

 

 

斜めから。

少し入れ込む事で、スマートにハイアングル化し

シンプルに制作しています。

 

 

Micro Precision TW + 100Fを

Aピラーワンオフにてインストール。

 

ミッドレンジは、バックチャンバーが必要で

尚且つ大口径。

 

製作時は、何度か着脱する仮合わせが必要があり

高級品な事もありドキドキします。。

 

 

 

サブウーファーの

Micro Precision 245 2発はラゲッジ左右にインストール。

 

こちら、本来はシールドエンクロージャーでのインストール予定だったのですが

付属されていた英語の取説を読んでみると。。

 

バスレフ スイショウ!  テキトウ ナ エンクロ Brokenスルヨ!

 

と書いてあり

指定の容量もカー用にしては結構デカい。

 

これにより前回製作していたラゲッジの”造り物”は

下の寸法が大きく変更となったので

ほぼ全て作り直しとなりました。。

 

 

 

完成はこちら。

この中に

アンプ5枚、DSP、レギュレーター、キャパシター

サブバッテリー、ヒューズ類が入っている事を考えると

 

かなりスマートにインストール出来たのではと思います。

 

車は走行中は、ずっと振動していますので

頑丈さ、耐久性を求められます。

 

ヒドゥンインストールもそうですが

下から組み上げて、最上部を狙った位置・高さでピシャっと決める

という作業ですので粗方、完成図が見えてないと

簡単には製作出来ません。

 

 

BRAXのアンプは中々の爆熱でありながら

冷却ファンはシャーシの下側に有るという、マウントに頭を使う仕様ですので

寸法出しが少々時間がかかりました。

 

 

 

Directorはサングラス入れを加工してマウント。

 

30系アルヴェルは定番のポジションですね。

 

 

 

 

そしてフル防振の様子です。

 

まずはルーフ。

耐熱性に優れ、平な面に対して

素晴らしい防振性を誇るレアルシルトで制振。

 

その上から吸音材を貼り、ノイズを抑えます。

 

ルーフ防振は

”バチバチ”と雨水が当たる音で誰でも効果を体感できると思います。

 

音響に関しても外部からのノイズレベルが下がることや

スピーカーから出た音による鉄板共振を抑えることが出来るので

サブウーファーの音の繋がり等が非常に良くなります。

 

 

 

勿論、天井だけでなく、

フロア、サイド、スライドドア、リアゲート、エンジンルーム、ボンネットetc..

と、ぼぼ全てのフル防振を行いました。

 

防振材も適材適所、幾つかの素材を使い分けて防振しています。

 

ビンビン共振する鉄板に囲われた

決して音響特性の良くない車内空間を

 

触れる所はほぼ全て防振し、共振を抑えることで

元の姿とは明らかに違う

特別なアルファードの完成です。

 

 

 

スピーカーのポテンシャルをフルで引き出すBRAX MATRIXをチョイスした事や

徹底的に防振処理を行った事もあり

スピーカーから発する音のみが耳に届き

1度聴いたら忘れないスーパーハイエンドならではの独特のサウンドに仕上がりました。

 

また、車載用PC Canarino 12Vを搭載したことで

出来る事が大幅に増えています。

 

個人的に車載用PCは

車を軸にアウトドアをされる方等にオススメ出来るかもと思っています。

 

 

 

 

 

 

本日を持ちまして2017年の営業終了とさせて頂きます。

今年も多大なるご愛顧頂き、有難う御座いました。

エモーションのモットー

”感動する音を届けて驚いて頂きたい”を

沢山お届け出来たのではと達成感と共に嬉しく思います。

 

新年の営業は1/5(金)から通常営業となりますので

よろしくお願い申し上げます。

 

それでは、皆様良いお年を。

 

 

 

アゴヒゲ白石


 トヨタ アクア グレードアップ M5DSP追加

つい先日までは19:00頃に空が赤く焼け

今日も無事に終了〜なんて思っていましたが

今日は18:30頃に赤く焼けていました。

 

少しずつ灼熱の夏が過ぎようとしているようです。

 

こんにちは、しらちゃんです。

 

 

 

本日はトヨタ アクアにMATCH M5DSPを追加インストールしたお話です。

 

 

 

純正ナビを使用し

エモーションオリジナル パッシブネットワークを通して

Wavecor 2wayを駆動していたシステムを

 

純正ナビ→M5DSP→Wavecor 2wayにグレードアップします。

 

 

 

 

 

 

ドアはインナー、ツイーターはオンダッシュ。

 

 

シート下にMATCH M5DSPをマウント。

 

プリアウト出力の無いヘッドユニットにとって

スピーカーライン入力を持ち

オートパワーオン起動するアンプ内臓DSPは

とてもスマートに音響調整を行うことが出来るようになります。

 

”位相の合っていない音”から”位相を整えた音”は

誰でも分かる程変わります。

 

 

ドアにベタッと張り付いた音だったのが

 

モノラル音源なら

左右スピーカーの中心付近である

ルームミラーの下辺りから聴こえ、

 

ステレオ音源なら

ダッシュボード上にステージが現れます。

 

凝った音源であればある程

そのステージは面白いですよ。

 

ぜひ色々な曲を聴いてみて下さいね。

新たな発見があると思います。

 

 

アゴヒゲ白石


 サウンドナビ と G500 を タクシーに!?

「もしもし〜?音が良いタクシー1台お願いしたいんですけどー。」

 

 

こんにちは、しらちゃんです。

 

 

 

本日はアルファードタクシーにサウンドナビとG500をインストールしたお話。

 

 

 

純正ナビを取り外し

サウンドナビ200プレミをインストール。

内臓アンプでDIATONE DS-G500Lを駆動します。

 

 

インナーバッフルを製作し

防振はPAC1で共振を抑えます。

 

 

ツイーターはオンダッシュ

 

こちらタクシーなので

ダッシュの上に料金メーター等のユニットがあり

普段、設置する場所にツイーターをマウントしてしまうとメーターの陰になってしまうので左右非対称でマウントしました。

 

 

タクシーである事が前提なので

タクシーに必要なユニットは動かさず

音を聴きながらベストな位置、向きを探します。

 

左右非対称と言っても

運転席に座って純正位置の各ユニットを見れば

それぞれ距離、向きが異なるので条件は変わりません。

寧ろ反射の影響を考慮した場所に設置した今回の場合は定位のカッチリしたサウンドに仕上がります。

 

 

最後の納車の際に喜んで頂けました。

車が仕事場であり、一人長距離移動もあると思いますので

”最高のお供”をご提供出来たかなといつもながら達成感のあるオーディオインストールとなりました。

 

 

アゴヒゲ白石


 トヨタ プラド WAVECOR インストール

「親方大変だ!!」

「何!どうした!」

「アイスがなくなった!」

 ( ゚д゚)

 

今日も朝から(一人だけ)テンション全開の ”アゴヒゲしらちゃん” です。こんにちは。

 

 

 

本日はランドクルーザープラドに、

WAVECOR エモーションチューンをインストールしたお話。

 

 

 

 

システムは、サウンドナビ200プレミ内臓アンプでWavecor エモーションチューン2wayを駆動します。

 

 

スーパーインナーバッフル

防振はPAC1です。

 

 

ツイーターはオンダッシュ。

付属のマウントに適度な角度がついていますので、

取り付け位置に注意してマウントすれば、

音の繋がりが良く定位感の良いサウンドが得られます。

 

 

Wavecorエモーションチューンは、

ツイーターが低クロスで使用できるので「カーオーディオ」という環境にはもってこいのユニットなのです。

 

 

どうすればこのユニットの最も良いサウンドを引き出せるのかを研究し

そして解明した「これはお客様に喜んでもらえるぞ!」 という結果。

 

ぜひお試し頂ければと思います。

 

 

また、このプラドとは違いますが、

ドアは触らずの純正スピーカー

ツイーターのみWavecorを使用し外部DSPで音響調整を施した代車

”スーパーVitzちゃん”がいますので

 

店内のディスプレイ共にご視聴頂けます。

 

※スーパーVitzちゃんは代車で出動している事がありますので

もし聴いてみたい!という方はお早目にご連絡お願い致します。

 

 

 

 

以前、同じランドクルーザーで

スピーカーはWavecor

アンプはBraxのGraphicシリーズをインストールしたお車がありますが

インストール後の視聴で鳥肌が立つサウンドに仕上がりました。

 

沢山のお車にインストールして

毎度思う「やっぱこれ良い」

 

自信のあるユニットですので、1度聴いてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、グランドキャニオンとなった木工室で生まれてきた

削りだしバッフル。

 

お客様ご希望のドリンクホルダーもついてます。

 

パテ盛り開始です。

 

 

 

 

 

アゴヒゲ白石


 トヨタ・タンク、サイバー10インチを装着し、純正クオリティに仕上げる、の巻。

 

JUGEMテーマ:車/バイク

 

皆さんこんにちは、

 

エモ親方です。

 

 

本日ご紹介するのは、トヨタタンク。

 

小型なのに、アルファード並みの装備が付いた、よかミニバンです。

 

 

お客様のご要望は、「カロッツェリアサイバーナビか、アルパインBIGXの大画面ナビを装着したい。」という事でしたが、

 

あいにくタンクは新型車として発売されたばかりですので、専用取り付けキットは発売されておりません。

 

純正位置は10インチの開口部があるのですが、カロッツェリアもアルパインも、大型モニターの機種は車種専用設計で、

 

スイッチ類などを枠外に配置するため、他車種への適用が非常に困難な製品ばかりです。

 

そこで今回、カロッツェリア様にご協力いただき、事前にアルファード用とノア用の、10インチサイバーナビをお借りしました。

 

お車の入庫後、どちらがより適合させやすいかで、どちらのモデルにするかを決めようという作戦です。

 

そうして完成したのが次の写真。

 

 

 

 

アルファード専用のサイバーナビ10インチが、きっちり収まるよう、加工しております。

 

 

純正のスイッチ類を移動させ、ナビ下部のコントロールパネルがすっきりと収まっています。

 

 

パネルを超音波カッターで切削し、ファイバーパテとFRPを用いた削り出し加工で形成を行い、ピアノブラック塗装で仕上げしております。

 
仕上がりは、純正そのものか、そのようなパーツが売っているのかと思わせるほどですが、全て手作りです。
 

 

 

 

少し引いた写真です。

 

 

 

実はこのタンク、オーディオレスでご購入されると、10型の開口部が付いているのですが、そのままの位置では、カロッツェリアのアルファード専用サイバーナビ10インチが入りません。

 

 

従って取り付け位置を約1cmほど上にずらし、使いやすく、且つ全く違和感のない仕上がりにしております。

 

 

 

 

 

エモーションでは、このような大画面ナビの取り付けキットのない車種への、8インチ、10インチなどの取り付けを、日常的に行っております。

 

 

 

 

今お乗りのお車に、大画面ナビ用の取り付けキットが無い、または、専用大画面ナビの設定がない、だから取り付けができない、とお悩みの方。

 

 

 

ご遠慮なくご相談ください。

 

 

 

このように、純正クオリティ―で加工、装着いたします。

 

 

ナビ以外の工夫箇所を一つ。

 

 

 

 

 

 

サイバーナビに接続されるUSBケーブルは、センターコンソール下へUSBプレートを設置。


 
ここからサイバーナビにつながります。

  
スマホやUSBメモリーで音楽を楽しまれる際に、非常に使いやすくなります。

 
元々ここにあったスイッチは、配線を延長し、運転席左のスイッチパネル併設。

 
ランプ関連のスイッチでしたので、寧ろ運転席近くにあった方が使いやすいでしょう。

 
このUSBパネルの設置、どんな車種でも可能です。
 
ではオーディオシステムをご紹介します。

 
 
ドアミッドバスはカロッツェリア、TS-Z1000RS

 
このバッフルは、エモーションの「ハイアングルアウターバッフル」と言って、角度をリスナー側へかなり向けるものです。

 
 
 
 
TS-Z1000RSのツイーターは、Aピラーへワンオフ形成で装着されています。

 
ツイーターの角度と位置って本当に大事です。

 
カーオーディオマニアの方でも、角度を気にされる方は多いのですが、位置まで気になさる方はあまり多くないように思われます。
 
実は、位置がとっても大切なんです。
 
 
各反射面から5cm以上離れる位置に設置しないと、二重定位、つまりゴーストが発生します。
 
 
 
サブウーファーは、ロックフォード・フォズゲートのP3D2-10
 
 
鳴りすぎて困るくらいの爆音でしたので、調整でうまく整えています。
 
 
カプラーで接続し、ラゲッジ容量が必要な際には、降ろすことが出来る、脱着式で装着されています。
 
 
 
ラゲッジ床下を開けると、お客様がお持ち込みされた、ロックフォード・フォズゲートPOWER1000、5チャンネルパワーアンプが装着されています。

 
8インチ以上の大型画面ナビをご希望の方で、
 
 
今お乗りの車種に、取り付けキットや車種専用ナビの設定がない場合には、
 
 
一度エモーションにご相談されてみられてはいかがでしょうか。
 
私たちは、この分野で多くの実績を積んでおります。

 
まずはご相談ください。

 
エモ親方
 
 
 

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
エモ蔵
エモーションのネット販売 エモ蔵
天気
九州の天気
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 日産 エクストレイル PAC1防振 と 防振の重要性
    エモ親方 (08/30)
  • サブウーファーについて、その1、選び方とアンプの組み合わせについて。
    通りすがり様、 (08/30)
  • サブウーファーについて、その1、選び方とアンプの組み合わせについて。
    通りすがり (08/22)
  • 日産 エクストレイル PAC1防振 と 防振の重要性
    よし (08/21)
  • カーオーディオコンテスト、雑感。
    少し気になったので・・・ (08/02)
  • イベント、大盛況のうちに終了いたしました。参加された皆様、ありがとうございました。
    高橋 (07/03)
  • いよいよ明日に迫りました!カーオーディオマガジンプレゼンス 石田功×橋本修トークショー!ところが!・・・
    渡邉 寛 (07/02)
  • デジタルプロセッサーの極意〜〜〜HPコンテンツの更新
    へっぽこイース (05/12)
  • 究極の電源カプラー!!
    ぱね (04/02)
  • メルセデス・ベンツ C180ステーションワゴン(W205) FOCAL プロセッサーシステム
    桝田 行伸 (11/05)
recommend
エモーションズ
エモーションズ (JUGEMレビュー »)
マライア・キャリー
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
sponsored links