>> カーオーディオショップエモーションのサイトはこちら

 オーディオテクニカ パワーレギュレター AT-RX100 試聴レポート

皆さんこんにちは、エモ親方です。

 

 

先日、オーディオテクニカより5月31日に発売開始される、

パワーレギュレター

 

AT-RX100の試聴を行いました。

 

 

 

パワーレギュレターとはどういうものかと言いますと、

 

オーディオテクニカのパンフにわかりやすい解説があります。

 

 

 


 

 

車はオルタネーターと呼ばれる発電機を積んでおり、

これをエンジンで回して車で必要とされる電力を作り出しています。

当然、カーオーディオもここから電力を得ているわけです。

 

参考までに、オルタネーターとはこんな形です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが、車のエンジン回転数は一定ではなく、アクセル開度によって大きく変動します。

 

オルタネーターにはレギュレターと呼ばれるパーツが入っていて、

エンジン回転数が上がっても14.5V以上にならないように設定されています。

もしレギュレターがなければ、出力は20Vを超えるところまで上昇し、

電装品を壊してしまいますからね。

 

ところが、14.5V以下には下限がないんです。

 

例えば、アイドリングの時なんかは、バッテリー電圧の12Vよりも低い出力しかしていませんが、

バッテリーが満充電であれば、12Vは維持できます。

 

と言うことで、車の中の電圧は、12Vから14.5Vまで、

エンジン回転数に応じて一番上の図のように大きく変動しているわけです。

 

これを一定にするオーディオ機器がパワーレギュレターです。

 

電圧を一定にするため、「安定化電源」と呼ばれることもあります。

 

 

オーディオテクニカのAT-RX100は、

出力を12Vから15Vまで可変できますが、

恐らく、14Vくらいに調整しておけば十分だと思います。

 

また、カタログ上、入力側、即ち車両の電力が、

11.0Vから16Vまで変動しても、設定した出力を維持します。

 

あくまでカタログ上は11.5V〜16Vと表示されていますが、

メーカーの話では、出力が9.5Vまで落ちても、設定出力を維持するのだそうです。

 

これが何を意味するのか、

 

アイドルストップ車で、

エンジン停止後の再始動時に起こる、

あの不快な音の跡切れがほとんど無くなるということです。

 

バッテリーが劣化していて、始動時に9.5V以下となるような状態であれば、

AT-RX100を入れていても音が止まるでしょうね。

その場合は早急にバッテリーを交換しましょう。

 

 

オーディオ用のパワーレギュレターに関しては、もう一つのメリットがあります。

あまり語られることのないそのメリットとは、

車の電源から、切り離され、

全く別の電力になるということです。

 

それはどういうことかと言うと、

内部にトランスを積んでいるからです。

 

簡単に図解にするとこのような事です。

 

 

車の電源、即ちオルタネーターが作った電力を、

一旦交流に変換し、左側のコイルに流します。

 

コイルに電気を流すと電磁石になることは、小学校の理科で習ったと思います。

交流なので、N極とS極が激しく入れ替わっている状態です。

すると、その右側あるコイルには、電力が発生します。

 

図を良く見てください。

 

オルタネーター側とレギュレター出力側とが、

何かの電線で繋がっていますか?

繋がっていませんよね。

 

つまりトランスとは、

 

入力側(この場合オルタネータ側)の電気で、別の電気を発電するということをやっています。

 

つまり、

 

パワーレギュレターを装着すると、

汚れた車の電気から完全に遮断され、

ノイズや濁りのない、

純粋でクリーンな電気に変わるということです。

 

 

では、このパワーレギュレターを装着すると、音がどう変化するのでしょうか、

 

そのインプレッションを書いてみましょう。

 

 

フォープレイ ベストオブフォープレイ Tr,5 Chant

 

 

アンプ、ナビ、プロセッサー、ケーブルなど、

およそスピーカー以外の機器をテストする際に、

エモーションでは真っ先に用いる音源です。

 

驚きました!アタックが全く違う。音のエネルギー感が全く違う。

更に、奥行き感、立体感などが、劇的に向上します。

 

 

 

 

カサンドラ・ウイルソン COMING FORTH by DAY 

Tr,1  DON'T EXPLAIN

 

非常にリバーブ感が強く、響きの多い録音です。

カサンドラ・ウイルソンの声は低く、ハスキーです。

つまり、定位感が非常に出にくい音源であると言えます。

しかし優秀録音であるため、良いオーディオ装置であるほど、

定位の輪郭がクッキリわかるようになります。

従って製品テストやコンテストの課題曲には最適です。

 

これをAT-RX100を入れたシステムで再生すると、

驚くほど音離れが良くなり、スピーカーの存在が薄れます。

音全体が中心に集まりやすくなり、

定位がよりシャープで輪郭が明瞭になります。

これまで気付かなかった、カサンドラの声の質感が、

非常に良く聞き取れるようになります。

 

 

AT-RX100の性能をまとめると、次のようになるでしょう。

 

電圧が一定になるため、

アイドルストップ後の再スタート時に、

音楽が途切れにくくなる。

 

またそれに加えて、

電源がクリーンで純粋になるため、

音質が著しく向上し、

今まで使っていたオーディオ機器が別ものかと思えるほどの、

音質向上が期待できる。

 

 

私はこれまで試した中では、

 

RSオーディオのパワーレギュレターが最高だと思っていましたが、

残念乍らとうに絶版となっていました。

 

AT-RX100は、私が最強だと思っていたRSオーディオのレギュレターに、

勝るとも劣らない音質を作り出せます。

 

パワーアンプを装着した方が、次のステップアップとして装着するのはこれでしょうね。

 

 

 

 

では、接続の方法をご説明します。

より良く使用するコツなども、

 

 

 

 

配線図は、オーディオテクニカさんのHPのものです。

 

それに私が少し書き加えました。

 

この中で、レギュレターの入力側に良いケーブルを使うのはあまり意味がありません。

 

先ほども説明しましたが、

入力と出力との間は、電気的に完全に遮断されているからですね。

 

しかしながら、出力からパワーアンプまでは、

可能な限り良い電源ケーブルを用いたほうがより良い音になります。

 

またレギュレターをアンプの近くに設置すれば、

ここの電源ケーブルは短くて済みますので、

多少高出力なアンプであっても、8ゲージで十分です。

可能な限り、良いケーブルを入れましょう。

 

 

そこで、

 

 

エモーションでは、

AT-RX1000をご購入、エモーションにて取り付けされたお客様に、

レギュレター〜アンプ間の電源ケーブルに、

旧型ですが、オーディオテクニカのハイエンドケーブル、

レグザットシリーズの8ゲージ電源ケーブルを、

無料でご提供します。

限定15台です。

 

 

 

パワーアンプを装着されている方、AT-RX100、お勧めです。

 

 

問い合わせ

TEL 092-939-0789


 サイバーナビに、Xシリーズ登場、本日発表! 詳細は後日レポートします。

 

皆さんこんにちは、

 

 

本日4月18日、

 

パイオニアからサイバーナビAVIC-CZ902XSが発表されました。

 

 

かつて同社のハイエンドブランドとして君臨した、

 

カロッツェリアXシリーズ。


 

その”X”を冠したサイバーナビです。

 

 

 

 

carrozzeria AVIC-CZ902XS

 

ノーマルモデルのAVIC-CZ901と外観を比較してみましょう。

 

 

 

 carrozzeria AVIC-CZ901

 

 

 

 

 

全体的に、シルバーからコパー基調の色合いへと変わっており、

 

高級感がありますね。

 

こういう色合いにするということは、

 

プレミアム感を出したいという事、

 

そのプレミアム感に見合った音質であろうことは想像に難くないのですが、

 

やはりエモーションでは、お客様利益を最大限に尊重するという観点から、

しっかりと試聴テストをするまで、

 

良し悪しの判断は避けたいと思います。

 

カロッツェリアXの、”X”を冠したナビですので期待しましょう。

 

以下に、ニュースページをリンクしておきます。

 

ご興味がおありの方はご一読ください。

 
 
エモ親方

 

 

 

PHILE WEB

パイオニア、ハイエンドオーディオカーナビ「サイバーナビχ」。80周年記念の80台限定モデルも

 

 

 

Car Watch

パイオニア、創業80周年を記念した新サイバーナビ「Xシリーズ」の80台限定モデル「AVIC-CZ902XS-80」。24万8000円(税別)

 

 

プレスリリース

ハイエンドオーディオ カーナビ “サイバーナビχ シリーズ”

 

 

Auto Sound Online

 
 

 

 

 

 

 


 エモーションでは、ハイレゾ再生も力を入れております(ずっと前から)。

 


皆様こんにちは、エモ親方です。
 
暑くなったり突然寒くなったり、気温の変動が激しい昨今ですが、
体調管理は万全でしょうか。
 
実は最近、各所より、このような話を小耳にはさむことが多くなりました。
 
 
「エモーションの橋本さんは、時代に取り残されている。
ハイレゾには全く力を入れていない」と。
 
 
申し訳ございません。完全に私たちの告知不足です。
 
ハイレゾ音源には古くから取り組んでおります。
 
因みに、昨年発行されたカーオーディオマガジン別冊
「ハイレゾカーオーディオバイブル」
 
これにも、「ハイレゾはじめの一歩」と言う特集記事を執筆させていただいております。
従いまして、ど素人ではないのではないかな?と思っております。
 
 
私がエモーションのHP上でハイレゾ音源の事をあまり扱わない理由は、
音楽ソースに関わる問題だからです。
”どんな音楽ソースをどう楽しむか”と言うのは、お客様自身がお決めになることです。
「良い音で聴きたかったらハイレゾを聞きなさい!」などと言う事を、
お店側である私たちの方から申し上げるのは大変失礼だろうと考えます。
ハイレゾをご存知ないお客様に、
ハイレゾ音源がどういうものであるかと言うことをお伝えすることはありますが、
どの音源を選ぶかは、あくまでお客様のご判断。
私どもが色々申し上げる立場にはありません。
プロは傲慢であってはならないと思います。
 
お客様が選ばれた音源、音楽ジャンルを、
お客様のご予算内で、
車の中で最高に良い音で再生させることが、
本物のプロの仕事だと考えております。
 
エモーションでお勧めする、ハイレゾ再生機にはこのようなものがあります。

ハイエンドクラスでハイレゾ音源を楽しまれる場合、
今や定番となったHELIX DSP PRO Mk
低価格なアンプ内蔵タイプのDSPで、
24bit/96kHzまでの音源を再生可能なGROUND ZERO GZDSP4.80AMP
ナビゲーションで、ハイレゾ音のフルスペックをネイティブ再生可能、
且つ、内蔵DSPの調整機能までフルスペックなカロッツェリア・サイバーナビシリーズ
他にもたくさんハイレゾ再生機が存在しています。
 
お客様の好みと使用環境にてお選びいただければよいでしょう。
エモーションは、ブランドに対しても、極めてニュートラルです。
 
一部のメーカーだけに偏ることはせず、
常にお客様のメリットだけを考えてコーディネートさせていただいております。
また、ハイレゾ音源は、オーディオシステム、音響加工、音質調整の
どれかが劣っても、簡単に劣化します。
「ハイレゾ音源を買って、再生してみたのに、CDとあまり変わらない」
と仰る方が稀におられるようです。
それは、ハイレゾ音源の圧倒的高音質を再生できる性能を持たないオーディオ装置で聴かれている場合が多いんです。
(実際にはマインドの低いハイレゾ音源もたくさんありますが)
これは、40kHzまで再生できる機器がハイレゾ対応機と言う、間違いに起因しているからだと思います。
エモーションは、ハイレゾ再生に必要なオーディオシステムはどうあるべきか
と言うテーマについても、常に研究しております。
更に、
ハイレゾ音源に特化した調整方法も、ほぼ確立しております。
お車の中で、ハイレゾ音源による圧倒的高音質を楽しまれたい方、
エモーションにご相談ください。
 
 
エモ親方 
092-939-0789

 新たに考案しました。298,000円システム

皆さんこんにちは、エモ親方です。

今回は、エモーションの新しいHPコンテンツ、
シチュエーション別、298,000円システムをご案内します。
まずはこちらです。
このシステムをご提案しようと考えた背景は、
カーオーディオは色々と考えなければならない。
まぁ、それがカーオーディオ楽しさの一つでもあるのですが、
そうではなく、色々と悩まなくても、確実に音が良くなる方法を選びたいという、
ユーザー様もいらっしゃるはずです。
では、どのくらいの予算でお考えいただければ、
確実に音が良くなったと思っていただけるシステムに出来るのか。
そのテーマの下、様々なシュミレーションを行った結果、
税込298,000というところに落ち着きました。
普段は税別表示をしておりますが、今回のみ、税込み表示といたします。
ただし、今は昔と違って、
カーオーディオのほぼ全てがヘッド、アンプ、スピーカー、サブウーファーで構成されているわけではありません。
従いまして、様々なシチュエーションに応じたオーディオシステムを
全て298,000円でご提供するという方法を考案しております。
カーオーディオを知り、考え、システムを構築していくという行為を楽しみとされていらっしゃる方は、
私達と一緒に好みど真ん中のシステムを考えていきましょう。
色々考えるよりも、とにかく良い音を得たいとお考えの方、
よろしければ298,000円システムをご検討ください。
エモ親方

 たまには只今の作業状況

日が落ちるのが早くなりました。

 

写真撮りも趣味な僕は

秋が待ち遠しい今日この頃です。

 

こんにちは、しらちゃんです。

 

 

さてさて本日は

施工中のお車ばかりで

完成の写真が無い為

たまには作業中の風景でも、というブログです。

 

 

 

まずは、ホンダ N-WGN。

別のお車にフルシステムで

オーディオインストールをさせて頂いているお客様で

 

N-WGNを増車したとの事で

DEH-970を軸とする

Morel maximo ultra+サブウーファーをインストール中です。

 

 

 

 

続いて30系アルファード

こちらは以前、Micro Precision3way+Brax matrixで

フルシステム施工させて頂いたお車で

今回、全面防振+サブウーファー変更のご依頼で作業中です。

 

天井、フロア、サイドパネル、ドア、ボンネット(E/Gルーム)のフル防振です。

 

フロアはSTP BOMB+吸音材ですが

BOMBはヒートガンで温めて小さいトンカチで叩いています。

 

正直すこぶる時間かかりますが

手で押して圧着するのと、叩いて圧着するのは

結果が大きく変わりますので手を抜かずに施工しています。

 

天井はレアルシルト匠

天井面は夏場、日に照らされて高温になりますので

ブチル系の防振材は避けています。

 

ドアを全て閉めたら

走行しなくても明らかに静かです。

これは間違いなくオーディオ環境としても良くなります。

 

 

 

 

 

そしてレヴォーグ

 

元々ヒドゥンインストレーションで

Morel 38lim+サブウーファーをHelix dspでコントロールしていたお車。

 

今回、DSP PRO Mk2+Directorとグレードアップ。

DAPを入力すると言うことでHRD500も取付しています。

 

さらにサブウーファーを2発にすると言うことで

ラゲッジ作り直しと、これまた大掛かりな作業です。

 

形になってきたので

後はフェイスカット部とレザー貼り、結線です。

 

 

ん〜人手が欲しいですね(切実)

 

 

涼しくなってきたと思ったら

今日は汗がでるほど暑かったですね。

 

皆様、体調にはお気をつけ下さいね。

 

 

 

アゴヒゲ白石


calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
エモ蔵
エモーションのネット販売 エモ蔵
天気
九州の天気
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 日産 エクストレイル PAC1防振 と 防振の重要性
    エモ親方 (08/30)
  • サブウーファーについて、その1、選び方とアンプの組み合わせについて。
    通りすがり様、 (08/30)
  • サブウーファーについて、その1、選び方とアンプの組み合わせについて。
    通りすがり (08/22)
  • 日産 エクストレイル PAC1防振 と 防振の重要性
    よし (08/21)
  • カーオーディオコンテスト、雑感。
    少し気になったので・・・ (08/02)
  • イベント、大盛況のうちに終了いたしました。参加された皆様、ありがとうございました。
    高橋 (07/03)
  • いよいよ明日に迫りました!カーオーディオマガジンプレゼンス 石田功×橋本修トークショー!ところが!・・・
    渡邉 寛 (07/02)
  • デジタルプロセッサーの極意〜〜〜HPコンテンツの更新
    へっぽこイース (05/12)
  • 究極の電源カプラー!!
    ぱね (04/02)
  • メルセデス・ベンツ C180ステーションワゴン(W205) FOCAL プロセッサーシステム
    桝田 行伸 (11/05)
recommend
エモーションズ
エモーションズ (JUGEMレビュー »)
マライア・キャリー
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
sponsored links