>> カーオーディオショップエモーションのサイトはこちら

 トヨタ ヴェルファイア アンプ交換 と アクリルLEDメイク

 

 

割と料理をする僕ですが

愛用していた”しょうゆ”が、変わりました!?

 

数件スーパーを回っても”いつもの”が見つからず

違うメーカーのモノを使っていました。

 

しかし、高血圧まっしぐらな程

”醤油”と”砂糖”と”みりん”を鬼のように使う白石家には

しょうゆの味が大部分を占めており

 

違う醤油だと、どうも好みの味付けにはならず

もしやと調べた所、、

 

パッケージが変わった説。

 

 

まだ使ってないので、味は不明ですが

変わってない事を祈ります。

 

こんにちは、”しらちゃん”です。

 

 

 

さて本日は

常連様の車、トヨタ ヴェルファイアに

 

BRAX Graphic GX2400の取付

フロア、ラゲッジ防振

リアゲート防振

ドアSP、ラゲッジにアクリルLED追加

 

を施工したお話です。

 

 

この車は、1年ほど前に入庫した時の形

 

Helix DSP Pro mk2

オーディオテクニカ AT-HRD500

Carrozzeria TS-Z1000RS 3way+SW

Carrozzeria RS-A99X 2枚

RS Audio レギュレーター

 

アルパインBIG X

SONY ウォークマン

 

のハイレゾOK、超高解像度、モニタライクなサウンドを奏でるシステムでしたが

 

この度、GX2400の奏でる色気のあるサウンドに仕様変更です。

 

 

 

Carrozzeria RS-A99X(20万) → BRAX Graphic GX2400 (38万)

 

と、定価で見ると2倍近くしますが

Carrozzeriaのフラッグシップは他ブランドに比べて

”出音に対して、金額設定が安い”と僕は思ってます。

 

つまり、20万と38万のアンプなら、38万の方が良いに決まってる。と思いがちですが


そうとは限らないわけですね。

 

 

A99Xは、高解像度のCarrozzeriaサウンド。

音楽性豊かで、クセのない色付けのない素直なサウンドがピカイチです。

 

GX2400は、僕的に言えば”エロい音”。

ボーカルに色気があり、濃い音を出します。

 

 

要は、今回のシステム変更は、グレードアップとは言わず

仕様変更って事ですね。

 

 

 

 

前周りは、ドアのLEDのみの変更ですので

全体図でお届け。

 

Aピラーに

ツイーターとミッドレンジをインストールした

Z1000RSの3way構成です。

 

各ユニットにはブルーのLEDリングを仕込み

車内の差し色であるブルーに合わせ、統一感と存在感を演出します。

 

 

 

そしてラゲッジには

 

何もありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

パカっと開けると

ジャジャーン!

 

今回は、お客様ご希望により

 

アクリルに文字を彫り、LEDを仕込む事で

文字が光って浮かび上がる仕様で作り込んでいます。

 

この様なカスタムインストールもお客様ご希望があれば出来ますよ。

 

 

当店ロゴと、チームロゴの奥には

薄っすらとGX2400が収められ

 

フロント3way+SWを

左右2枚のGX2400で駆動しています。

 

この2枚のアクリルは

世界に1枚ずつしかないモノですので所有感あります。

 

 

 

フロントシート下には

RS Audioのレギュレーターをマウント。

 

車のノイズも含んだ電源を

レギュレーターでクリーンにして、アンプに送る事で

S/Nが上がり、高音質で繊細なサウンドになります。

 

 

 

助手席下は、もう入りません。

 

リアのスピーカー用のアンプ

Helix DSP PRO mk2

AT-HRD500

 

がマウントされています。

 

”デジタルケーブルを出来るだけ短くする事”

これはハイレゾをより楽しむ為に重要なポイントなので

DSPはシート下などに設置するのが望ましいと思います。

 

 

 

 

そしてリアスピーカーは

最初につけていたアルパインのスピーカーを

ウーファーはインナー

ツイーターはワンオフアウターでインストールしています。

 

 

ステアリング横のメクラ蓋を加工しスイッチを取り付け

 

リアスピーカーのオンオフ

オーディオ系のLEDのオンオフ

をワンタッチで出来るようにしています。

 

なので

 

THE 高音質カスタムオーディオの時もあれば

 

フロントスピーカー、リアスピーカーを鳴らし 

後ろの人も音楽やテレビを楽しめ、荷物も乗る時と

 

使い分けが出来るわけです。

 

 

 

 

今回の仕様変更+フロアデッドニング施工で

 

今までのサウンドとは違い

高解像度で、女性ヴォーカルのエロさ(生々しさ)が垣間見え

ゾクッとする音に生まれ変わりました。

 

フロントスピーカーのZ1000RSは

カー用スピーカーの中でも、抜群の音離れと高解像度を持つスピーカーなので

GX2400と組み合わせた事により

 

めちゃめちゃクッキリ見える定位感と奥行きがあり、

すべての楽器、ボーカルがリアルになり

曲の世界に吸い込まれそうなサウンドに仕上がりました。

 

 

また、今回はフロアのデッドニングを施工したので

サブウーファーの繋がりが良くなった事も、今回のサウンドの向上に貢献しています。

 

 

 

 

カーオーディオは、取付と音響調整で

同じシステム、同じ車であっても

良くも悪くも”全く別の物”と言える音になります。

 

それを分かっているので

みんな蚊と闘いながら、見えない所も手を抜かず

せっせとインストールを頑張っている今日この頃です。

 

 

もう少しすれば、

蚊を何匹やっつけたか数えながら仕事しなくて良い事と

気温が下がりブチルのドロドロともオサラバになるはずなので

少し回転が良くなると思います。

 

頑張っていきます。

 

 

 

アゴヒゲ白石

 

 


 ダイハツ エッセ Morel PICCOLO 、ELATE Ti 、ULTMO Ti インストール

 

最近のマイブームは

倉庫に眠っている”年季モン”のスピーカーを

我が物の如く引っ張り出し

夜な夜なバスレフ箱を作って遊んで、もとい研究してます。

 

車で、ではなく

部屋の中で、改めてじっくり聴き込むことにより

新たな発見があり、これまた面白いです。

 

 

最近の日中は

スポットクーラーが必要ない日が増えてきたので作業が捗ります。

 

ブログ更新が、ポカンと空いていたりしますが

途中まで書いて、時間がとれずそのままに、、

後日、時間を見つけて更新。

 

なんてやってるので

時系列がおかしかったりするのはご勘弁願います。

 

 

こんにちは、”しらちゃん”です。

 

 

さて本日は

ダイハツ エッセのスピーカーを交換と

ルーフ、フロアのデッドニングを施工したお話です。

 

 

 

今回はヘッドユニットも変更しています。

 

元はDEH-P01でしたが、今回サイバーX AVIC-CZ902XSへ変更です。

P01と比べると

出音は勿論、調整能力も大幅に進化していますので

もはや別物のサウンドに変化します。

 

 

 

 

ウーファーは

Morel Maximusから、ELATE Ti MW6に変更です。

 

マキシマスは、モレルの中では

ドライで、ハイレスポンスの、パンパンなるスピーカーでしたが

 

ELATEは、Tiになり

スピード感がアップし、キレの良いモレルサウンドに進化しましたので

益々どんなジャンルの音楽も楽しく、濃く聴けるサウンドを奏でます。

 

 

 

ツィーターは、同じくMorel Supremo Piccolo 鬚任

いつもの組み合わせですね。

 

今回は

Aピラーではなく

ミラー裏でもなく

 

特製のオンダッシュマウントを製作しました。

 

お客様ご希望の同色に塗装し、絶妙な角度でマウントしています。

 

”オンダッシュか〜い”

となりそうですが、とりあえず聴いてみてください。

 

角度を誤ったAピラーや、ミラー裏にインストールするよりも

よっぽど繋がりが良く、良い音してます。

 

オンダッシュにする事で、

厄介な反射面から距離をとる事が出来ます。

すると

フロントガラスにシャープなボーカルが現れるわけです。

 

取付に問題があると

幾ら調整で補正しても(もはや捻じ曲げ)

ボヤァとした音像にしかなりません。

 

 

こちらは塗装する前のご様子。

 

ん〜ホワイトチョコのようで

 

すごく。。。美味そうです。

 

 

 

 

さてラゲッジには

前回製作したエンクロージャーを再利用し

グラウンドゼロのサブウーファーから

Morel Ultimo Tiへ変更です。

 

レゲェ好きのお客様ですので

クッキリとしたベースラインを出す必要がありますので

サブウーファー交換は効果的です。

 

 

 

 

途中の写真しかなかったのですが

フロア、ルーフ共にデッドニングを施工しています。

 

防振材は

フロアが、サイレントコート。

ルーフが、レアルシルト匠です。
耐熱、遮音材は、サイレントコートだったりSTPだったりします。

車によって使い分けていますよ。

 

 

軽自動車は、特に鉄板の鳴きが ”半端ねぇ”ので

 

何もしていない純正の状態で

鉄板をコンコンと鳴らすと

 

”ベェイイイイン〜〜”

 

デッドニングを施工すると

 

”コッコッ”と変わります。

 

最後にも書きますが、これ想像以上に、めちゃめちゃ効きます。

 

 

 

どの車も、屋根とスペアタイヤハウス(ラゲッジフロア)は

鉄板の鳴きが多い傾向にあります。

 

カーオーディオでは、

ラゲッジにサブウーファーをインストールする場合が多いので

 

ヒドゥンインストレーションなど

ラゲッジ床下等に、サブウーファーを固定する場合は

”必ずやった方が良い”と言えるほど

ラゲッジフロアのデッドニングは効きます。

 

”スピーカーから出た音のみが耳に届く”

から、ラゲッジにあるはずのサブWがフロントガラスから聴こえるわけで

 

”スピーカーから出た音と、床の鉄板と共振した音が耳に届く”

のであれば、サブウーファーの音は後ろから聴こえます。

(調整詰めても、サブの音量が、ある程度しか上げれない)

 

サブウーファーは、ズンドコ言わせる為ではなく

奥行き感や、ボーカルの腹鳴り感(厚み)等を左右する重要なユニットですので、

折角つけたのであれば、最大限の効果を発揮させたいですよね。

 

 

ただ、全面フロア防振だと

全バラになり、どうしても時間と材料がかかるので

工賃、材料費も安くはありません。

 

そこで

車メーカーも、通常使用で余りにも共振がひどい所は

アンダーコートだったりで共振止めしていますが

 

全てではなく、弱い所、共振止めされていない所もあります。

車によっては、ほぼ何もされていない車もあります。(ルーフは特に)

 

その弱い所(ラゲッジフロア、ルーフ)のみの施工にしてみたりと、

ピンポイント施工でコストを抑え、効果的な所を施工するのはアリだと思います。

 

 

 

 

アンプは、それぞれシート下に設置し

 

運転席下に、Morel 2wayを駆動するアンプ

Rockford fosgate T600-4

 

助手席下に、Morel サブウーファーを駆動するアンプ

Carrozzeria GM-D7100をインストールしています。

 

シート下にアンプが入るならば

シート下に入れる事が多いです。

 

それは、施工性(工賃が抑えられる)は勿論

良いケーブルを使用する際、短くて済む等、メリットは多いからです。

 

 

 

 

最後に、サイバーXで最高の調整を行い納車となります。

 

音を聴いてみて、正直驚きました。

前回、アウターバッフル施工した際も

最初の最初のインナーバッフル時と比べると、大幅音質アップだったのですが

 

今回の進化は、スペシャル進化です。

 

 

こちらのお客様は

カーオーディオのイベント等も積極的に参加され

様々な車、様々なシステムの音を聴いているので

 自分の車も、こうしたい!という理想を持っておられます。

 

それをする為には、鉄板の共振を止める必要がある。

となり、今回の施工となったのですが

これは大成功だと思います。

 

 

調整すれば、その車の欠点が分かるのですが

 

この車は、鉄板の共振が凄まじく

車全体が音を出し、不快なモワモワした感覚があり

スピーカー以外から出る音が大きすぎるのが最大の問題点でした。

 

そこで、”ベェイイン〜”と鳴く鉄板のデッドニングを行い

共振を大幅に抑えた結果

 

フロントガラスにパコンとクッキリ出る音像と

スピーカーから音が出ている事を感じさせない奥行きのあるサウンドに仕上がりました。

 

 

お気に入りの”エッセ”という車で

お気に入りの”音楽”を楽しみたい。

 

それを叶える事が出来る施工が出来たのではと思います。

 

 

 

アゴヒゲ白石


 日産 ノート e-power F1XD取付

 

九州で、こんな景色といえば

熊本県の大観峰!

 

前夜に近くの温泉宿に泊まり朝5時前に出発。

日の出から写真撮ってました。

 

早朝のこんな所は

同じ趣味を持つカメラマンが沢山いて

ワイワイ盛り上がる楽しいひと時です。

 

 

 

 

さて、お盆休み明けの1本目。

ゆるりと参ります。

どうも”しらちゃん”です。

 

 

 

 

本日は、日産ノートe-powerに

お客様ご指定の

パナソニック CN-F1XD

COMTEC レーダー+ドラレコ

ETCを取り付けしたお話です。

 

ナビ+オーディオのドア加工等を含む作業であれば

数日間のお預かりとなりますが

 

ナビやレーダー等であれば

ナビ専属のスタッフも在籍していますので

オーディオインストールに比べ、早めの施工日設定、日帰り施工が可能です。

 

 

 

F1XDは、取付後この様になります。

 

本体部は通常の7型2DINナビサイズに収まり

モニタ部が少し手前に出る形になるので

 

本来であれば、大画面が簡単には付かない車でも

このモデルであれば取り付け出来るという事になります。

 

車体側の大掛かりな加工なしで

大画面なナビが希望な方にはピッタリです。

 

 

ただ、モニターが手前に出るという事は

本来何もないはずの空間にモニターが占領する形になります。

その為、車によって、何かに干渉してみたり

奇跡のクリアランスで干渉しなかったりがありますので

事前の取付の可否の調査は必要だと思います。

 

 

 

ダッシュボード右奥と、ルームミラー裏には

レーダーとドラレコを取付しました。

 

両方ともCOMTEC製の物で連動しています。

映像は、レーダーに表示できるので

ドラレコ本体は、モニターレスでスマートサイズです。

 

設定等については動作確認の上、基本的に初期設定の状態で納車しています。

 

 

 

 

 

通常時

 

 

バック時

 

 

こちらは純正の機能の様ですが

リアウインドウ上部にカメラがついていて

常時後ろを映しています。

 

市販品でも、この様なモニターはありますが

流石の純正で、画質も良く

映像と鏡の比率も絶妙で、目の視点を変えれば両方とも良く見えます。

 

こら洒落とる!

 

 

 

 

さて最近では

今トレンドの”サイバーナビ”や”サウンドナビ”などの記事が多いですが

 

当店は

パナソニックやケンウッド、セルスター、コムテック、ユピテル等

国内外問わず車載用機器メーカーの商品は、ほぼほぼ取扱あります。

 

ご希望の商品があれば

ご相談頂ければ対応できますよ。

 

 

お盆明けから、沢山ご来店ご成約頂いています。

多くの方にオーディオを楽しんで頂ける様、

張り切って行きますので宜しくお願いします。

 

 

アゴヒゲ白石


 スバル WRX 念願の1000RSへ

 

夏です!

今年は、まだ何も夏っぽい事してないなぁと

先日の休みの日、近くの渓谷へマイナスイオンを浴びに行ってきました。

 

楽しそうに水遊びをしている家族達を横目に

汗だくになりながらも、重いカメラと三脚持って、セッセと登り

最上部へ。

 

そこは風が通る所で、凄くクリーンで涼しい静かな所でした。

水も超冷たい。心も体もリフレッシュです。

 

次回は、カメラ置いて海パンもって来ようと思いました。

 

こんにちは、しらちゃんです。

 

 

 

 

本日は、スバルWRXに

Carrozzeria TS-1000RSをインナーAピラーでインストールしたお話です。

 

前回、サブウーファーと、中古品のアンプとをお買い上げ頂き

インストールさせて頂いたお車です。

 

今回は、ドア防振と1000RSのインストールを行いました。

 

 

 

まずは、ヘッドユニット。

Carrozzeria サイバーナビ CZ901。

 

最近のブログはサイバーナビばかりなのですが

これ特に選んでブログを書いてるワケでもないんですけど、

事実、入庫する車はサイバーナビを装着する車が殆どです。

 

今のサイバーナビは

まず価格が手頃で、ナビ性能も高く、音が良いというのが強いのでしょうね。

 

 

 

ドア防振はPAC1

今まではご自身で取付されていましたが

防振もエモ流で宜しく!とお任せ頂けましたので


いつもどおり

使える所、やり直した方が良い所を見極め施工しました。

 

バッフルはスーパーインナーバッフルでワンオフ。

スバルの一部の車は、窓のレールが非常に近く

インナーでのインストールが難しい車がありますが

 

この車の場合は、窓は近いですが

内張り側に、ある程度逃げがあるので1000RSサイズであれば収まります。

 

 

 

 

 

内張りを戻したらドアは完成です。

 

やはり、スポーツタイプだからでしょうか。

音響加工していると、ドアの剛性感を凄く感じます。

 

明らかに鉄板に強度があるので

共振さえ止めてしまえば音が良くなる事、間違いなしです。

 

 

 

 

ツイーターはAピラーワンオフ。

RSシリーズは、現行のツイーターが最も容易にすっきりとインストール出来ます。

 

様々な試行錯誤の結果、この形になったのだと思います。

解像度がすこぶる高く、スピード感のあるサウンドです。

 

 

そしてラゲッジに前回インストールの

PRS-A900 2枚と、JLのサブウーファーです。

 

出来るだけ省スペースで、荷物も置ける形で製作しています。

 

盛り上がってくると、結構な熱を持つアンプの場合

見た目<熱の逃げ で優先させた方が良いと思います。

 

熱がこもる作りにしてしまうと

音が止まったり故障の原因にもなりますので

放熱性を考慮して取付した方が良いと思います。

 

 

最後に、音響調整を行い納車となります。

 

 

 

前々のモデルのVシリーズからの変更ですが

やはりサウンドは、”超”レベルアップしました。

 

取付を、しっかりと行い、外部アンプ駆動ですので

クリアで解像度の高いサウンドに仕上がりました。

 

こちらのお客様の場合は、

1000RS良いなぁと、ずっと思っていた。 からの購入ですので

特に満足感の高い結果に出来たのではと思います。

 

「通勤時間が長い」とも言われてました。

通勤時間は、カーオーディオを楽しめる時間でもあるので

今まで以上に音楽を楽しめれば幸いです。

 

 

 

アゴヒゲ白石

--------------------------------------
親方からインフォ
暑い日々が続いていますが、皆様体調は万全でしょうか。
エモーションのデモカー、オーリスが大好評です。
 
聴きに来られた皆様に驚いていただいております。
 
暑い季節の暑気払いにでも、デモカーを試聴に見えられませんか。
こちらのページにデモカーの紹介が載っております。
 
皆様、どうぞ良い夏をお過ごしください。
TEL 092-939-0789

 スバル フォレスター EMO-TUNE インナーAピラーでインストール

 

最近は、ブログを書いていると

日頃の行いが悪いからか、よく途中で消えます。

 

きっと、

日中、暑い中せっせと頑張っている事もあって

あと2時間もすれば ”美味しいビールが待っている”と

そんな事ばかり考えているからでしょう。

 

長文打つ時は、使い慣れた私PCが良いのですが

自宅のPCの前に座った時には大概、へべれけ ですので

会社にいる間に、誤操作に気をつけながら

必要以上に保存しながら書いていこうと思います。

 

こんにちは、”しらちゃん”です。

 

 

 

本日は

スバル フォレスターに、EMOTUNE Limitedをインストールしたお話です。

 

このLimitedというパッケージは

標準のEMOTUNEのウーファーを、1つ上のグレードに入れ替えたモノです。

25周年キャンペーンでご成約頂いた分ですね。

 

ペーパーコーンの様な、色つけがなくパンパンなりますので

すごく良い音ですよ。

 

 

 

ヘッドユニットは、Carrozzeria サイバーナビ。

こちらは既設されていましたので

ワイヤリング変更を行い、ネットワークモードで駆動させます。

 

この型のサイバーナビは

マルチ接続、ネットワークモードで、

適切な音響調整を行う事で

同じナビだとは思えないサウンドに変化しますよ。

 
ズバル純正で、この型のサイバーナビを選ばれた方、
調整だけでも大化けします。

 

 

 

ドア防振はPAC1

この型のフォレスターは、サービスホールが大きいので

少し工夫して防振しています。

 

バッフルは、ワンオフでスーパーインナーバッフル。

純正形状が、楕円で肉厚ですので

音響に適した木を使い、作り変える事で

強度のあるバッフルが制作できます。

 

それにより、スピーカーの前後運動をシッカリと支え

スピーカーから発せられた音が耳に届き、良い音に仕上げることが出来ます。

 

 

 

スピーカーは、EMOTUNE Limitedです。

このスピーカーは、バッフルをいつも以上にピッタリサイズで制作する必要があります。

 

遮音スポンジを巻き、内張りとの隙間を埋めておきます。

 

 

 

内張りを戻したら見た目は変わりません。

 

当店のインナーバッフルは、車にもよりますが

アウターバッフルと、そこまで大きくは変わらないサウンドに仕上げる事が出来る場合が殆どです。

 

これは、遮音スポンジだったり、インナーバッフルの拘りだったりと

様々な工夫によって出来るモノですので

このドアの中に、時間をかけてノウハウ詰め込んでます。

 

 

 

ツイーターはAピラーワンオフ。

このツイーターはオンダッシュマウントも付属し

良い角度を向く作りになっていますが

Aピラーワンオフには勿論叶いませんね。

 

ドライバーに合わせて、適切な高さ、角度を決め

インストールしています。

 

フォレスターのピラーは、太く奥行きがあるので

3wayピラーでも、スマートに制作出来ます。

 

 

最後に音響調整を行い、

入庫の時とは、全く違うクリアで厚みのある音に仕上げて納車しました。

 

 

 

さて、このEMOTUNEスピーカーですが

市販品のウーファーとツイーターを組み合わせて

最適なパッシブネットワークを制作し(マルチの場合は除く)

ご提供しているように見えると思いますが

 

当店のディスプレイでご視聴頂ければ分かるのですが

このEMOTUNEは、市販品と微妙に中身違いますよ。

 

中身が微妙に違うのですが

音は、かなり違います。

 

スピーカーの構造、こうすればこうなるというノウハウからくる

チューニングを施していますので

2wayでも、グッとくるサウンドが出るスピーカーとなっています。

 

過去に手掛けさせていただいた車で、

標準パッケージのEMOTUNEと、Brax GX2400を組み合わせたのですが、

あの音は、未だに忘れられません。

感動して言葉が出なかった1つです。

 

ご興味在る方、ぜひお問い合わせ、ご相談下さいね。

 

 

アゴヒゲ白石

 

 

TEL 092-939-0789

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
エモ蔵
エモーションのネット販売 エモ蔵
天気
九州の天気
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 日産 エクストレイル PAC1防振 と 防振の重要性
    エモ親方 (08/30)
  • サブウーファーについて、その1、選び方とアンプの組み合わせについて。
    通りすがり様、 (08/30)
  • サブウーファーについて、その1、選び方とアンプの組み合わせについて。
    通りすがり (08/22)
  • 日産 エクストレイル PAC1防振 と 防振の重要性
    よし (08/21)
  • カーオーディオコンテスト、雑感。
    少し気になったので・・・ (08/02)
  • イベント、大盛況のうちに終了いたしました。参加された皆様、ありがとうございました。
    高橋 (07/03)
  • いよいよ明日に迫りました!カーオーディオマガジンプレゼンス 石田功×橋本修トークショー!ところが!・・・
    渡邉 寛 (07/02)
  • デジタルプロセッサーの極意〜〜〜HPコンテンツの更新
    へっぽこイース (05/12)
  • 究極の電源カプラー!!
    ぱね (04/02)
  • メルセデス・ベンツ C180ステーションワゴン(W205) FOCAL プロセッサーシステム
    桝田 行伸 (11/05)
recommend
エモーションズ
エモーションズ (JUGEMレビュー »)
マライア・キャリー
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
sponsored links