>> カーオーディオショップエモーションのサイトはこちら

 コルベットC5 2DIN加工で新型サイバーナビ と Morel MAXIMUS 602 インストール!

 

 

日中でも上着が必要になってきました。

 

写真撮るのが趣味な僕と

山登り旅行が趣味なチーフ松浦は

毎日のように

 

紅葉!!紅葉!!

 

と盛り上がっているエモーションピットからお届け。

 

 

こんにちは、しらちゃんです。

 

 

 

 

 

本日は、コルベットC5に

 

新型サイバーナビ AVIC-CZ901を加工取付と

MOREL MAXIMUS602をインナー・ベストアングルマウントで取付したお話です。

 

システムはCZ901の内蔵アンプでネットワークモードを駆使し

MOREL MAXIMUS602を駆動します。

 

 

 

入庫の時は

社外DVDデッキが装着されており

まずは取り外しから。

 

マットをはぐってみると

先端がぶった切られてポイっと。

 

グチャグチャポイの謎の配線達が沢山住んでいました。

以前取付されていたデッキやTVチューナーの配線がそのままになっている様です。

 

先端が裸のまま捨てられている配線も見られた為

通電していたら危険ですし必要ないので

線を辿っていき根元から撤去。

 

撤去後には捨て配線の山ができました。

 

 

そしてやっと作業開始です。

 

 

ナビを取付するスペースを作るため車両側を加工していきます。

ナビを車体に固定するマウント部を製作しフェイス部も加工。

 

 

 

ナビを動かす為に必要な信号(車速、バック等)は

大抵ナビスペースの裏に来ていますが

この車は来ていません。

 

メーター回りやコンソールをバラして探し、全てを延長。

ナビ裏に集め、結線します。

 

結線後、動作チェックを行い正常に動作すれば完了です。

 

 

 

 

続いてドアです。

スーパーインナーバッフルを製作しMOREL MAXIMUS602をインストール。

 

この車は防振材を貼っている面が樹脂製なので

鉄板と同じように防振してしまうと破壊しかねません。

 

とはいえ、ただ貼っても防振効果は期待出来ないので

かなり気を使いながらの圧着作業となり時間がかかりました。

 

またスピーカーケーブルはナビから直接引いています。

 

 

 

 

純正のスピーカー位置では

内張りのスピーカーグリル部と大きくズレていましたので

ここでワンオフのスーパーインナーバッフルの出番です。

 

内張りのグリル部のセンターに来る位置を狙って立ち上げ

音抜けを良くする為に加工し製作しています。

 

 

 

 

 

ドア内張りをかけて元通りです。

見た目は変わりませんが

中は良い音が出ますようにと思いを込めた加工が沢山詰まっています。

 

 

 

 

ツイーターはベストアングルマウント。

 

Aピラーワンオフと違い

完全一体化はしていませんが

 

狙った角度で取付できるので定位感の良いサウンドに仕上がります。

 

 

ビッグ進化を果たしたサイバーナビの調整機能をフルで使い

最高のサウンドに調整し納車となります。

 

 

 

オーナー様はロック好きの方ですので

僕も大好きなタイトでキレのある”MAXIMUS 602”をチョイスした事と

新型サイバーナビの”音離れの良い内蔵アンプ”と”フルスペックの調整機能”を組み合わせた事で

ロック好きには堪らないサウンドに仕上げる事が出来ました。

 

 

新型サイバーナビ

発売から着々と取付していますが

昔のサイバーと比べると半額近く安くなっているにもかかわらず

サウンドやナビの機能、ドラレコ連動等

より磨きのかかったモノとなっていますので

これは本当に素晴らしいナビだと思います。

オススメですよ。

 

 

 

アゴヒゲ白石


 BMW MINI アウター Aピラー で 3way !! ZR SPEAKER LAB インストール

ここ最近

ずっと天気がどんよりで気温も下がり

寒い寒いと慌ててトレーナーを引っ張り出しました。

 

こんにちは、しらちゃんです。

 

今回は以前オーディオインストールさせて頂いたお車のご紹介。

 

 

BMW MINI。

オープンのオシャレなお車です。

純としたオシャレなインストールをしております。

 

 

 

ヘッドユニットは純正ナビ。

独特のデザインが特徴なMINIの内装ですが

前の型のMINIと比べて格段とバラしやすくなりました。

 

大きなMINIの初代〜は

デッキを外すために周りを盛大に外す必要があり

中々大変なのです。

 

 

ZR SPEAKER LAB / ZR Prestige を

アウターバッフルでインストール。

 

純正のスピーカーマウント部をマルっと取り除き

ほぼ同じ形状で木材+パテで成形し製作しています。

 

MINI独特の個性あるデザインを壊すことなく

純正の様な仕上がりになりました。

 

また根本から作り直す事で重量も稼げますので

スピーカーが動くことによる振動を

バッフルで抑え込む事が出来、サウンドもグンと良くなります。

 

 

 

アウター部アップ。

 

曲面、ラインを意識し

落とし込みで製作する事で

取って付けた感のない凝った作品です。

 

 

 

ツイーターはAピラーワンオフ。

 

反射を意識し丁寧に角度出しを行い製作しております。

黒地にキラッと光るシルバーがクールです。

 

 

 

写真を撮り忘れましたが

両シート下のウーファーも交換しております。

コストパフォーマンスが非常に高く

抜群のサウンドを出していたユニットだったのですが、残念ながら販売終了となってしまいました。

価格の倍以上のサウンドだったので残念です。。

 

 

 

ラゲッジには

MOSCONI AS200.4でフロントを

MOSCONI AS200.2でシート下のサブウーファーを駆動します。

 

そして

HELIX DSP PRO mk2でフロント3wayをコントロールします。

 

 

 

尚、トランクに荷物が積めるよう上蓋も製作。

放熱を考え、風が通るように細工しています。

 

ZRのスピーカーはエージングが進むにつれて

次第に音が変化し、どんどん良くなっていきますね。

 

 

当店ではスピーカーを育てるエージングも楽しみの一つと考え

新品をインストールし調整を行い納車しています。

 

取り付けから3ヶ月を目安に

お時間のある時にご来店頂き

今の状態で最も良いサウンドに調整します。

もちろん当店でオーディオ施工させて頂いたお車は無料です。

 

超遠方のお客様の場合は

調整の為に来て頂くのも難しいと思いますので

エージングを行い納車する事もあります。

 

 

 

話は変わって

DIATONEの新商品発表がありましたね。

NEWサウンドナビ二機種とNEWスピーカーです。

 

いつも通り実際に見て触ってから

ブログ書こうと思っていますので

もう少々お待ちください。

 

 

アゴヒゲ白石

 


 スズキ スイフト カロッツェリア Z1000RS 3wayへ

 

久しぶりにカメラを持って

一泊二日のリフレッシュ旅に出てました。

 

別府、何度行っても不思議な町ですね。

 

こんにちは、しらちゃんです。

 

 

 

さて今回はスイフトのご紹介。

 

初めはスピーカー交換から

少しずつグレードアップして

この度スピーカーを カロッツェリア Z1000RS 3way へ変更です。

 

 

 

ヘッドユニットは

DIATONE サウンドナビプレミ。

 

オリジナルパッシブネットワークを製作し

内臓アンプで パッシブマルチ3wayを用いて

Z1000RS 3wayを駆動します。

 

 

 

元々Morel Maximoを

スーパーインナーバッフル、PAC1防振でインストールしていましたので

 

Z1000RS用のインナーバッフルを製作し、交換します。

 

この型のスイフトは

内張り側にもアウター鉄板側にも余裕がありますので

殆どのユニットをインナーバッフルでインストール出来ます。

 

ただ、運転席側のドアに

スピーカーケーブルを通すのが”やおいかん”ので

結構、大変なタイプです。

 

でもでも

ケーブル引きなおして防振してをキッチリと行えば

ビックリするぐらいのサウンドが出てきます。

 

オーディオ特性が良い車です。

 

 

 

Aピラーワンオフでツイーターとミッドレンジをインストール。

 

カロッツェリアのZ1000RSは

海外のスピーカーユニットに比べると

そう大きくはないサイズですが

 

重量と奥行きがあるので

位置決めに少し時間を要します。

 

そしてスイフトのAピラーは

ピラーを車体に固定するクリップ部が

根元に1箇所、天井側に鉄クリップが1箇所の2点です。

 

その根元のクリップ部が

”非常に良い所”についていまして

 

こちらのピラーでいう

ツイーターの真裏辺りにあります。

 

ユニットのみだけでも

中々の重量がありますので

車体との固定部は生かしておきたい所ですが

 

音質、デザインを考えると

出来るだけピラーの中に入れたい。

 

このクリップ部を生かしつつ

ギリギリまで中に入れ込み

ツイーター、ミッドレンジの角度を意識しながら

デザインも考えての製作でしたので

 

いつもながら頑張りました。

 

 

 

そして完成した3way。

”良い音”しています。

 

”サウンドナビ”と”Z1000RS”の組み合わせも良いですね。

”音の広がり”と”高解像度”の良いとこ取りです。

 

余韻までしっかりと再生し

定位も良くカッチリとしたサウンドに仕上がりました。

 

 

アゴヒゲ白石


 サイバーナビのHPコンテンツができました。

皆さんこんにちは、

エモ親方でございます。
サイバーナビのHPコンテンツを書きました。
発売からもう3週間以上たつのに何で今更、
というご意見もあるでしょうが、
書くからには、その真相を確認してからと、
実機を検証するまで待ちました。
先日、我が社の患部、いや、幹部、しらちゃんより、簡潔なレポートが当ブログでも公開されましたが、
HPコンテンツの方は、私が実機を調整し、試聴し、徹底的に確認した結果をレポートしています。
エモーションにしては、文章量が少ないかもしれませんが、
よろしかったら、是非ご覧ください。
TEL 092-939-0789

 ホンダ N-WGN Morel Maximo Ultra を K-PAC1で!

二日ほど前から気温が高くなり

ピットは30度をマークしています。

 

体は夏モードを終え秋の準備をしていた所に

夏が舞い戻ってきたので

営業終了時間にはグッタリです。

 

早く涼しくならないかなぁ〜

 

こんにちは、しらちゃんです。

 

 

 

 

本日はホンダN-WGNのご紹介。

 

 

 

カロッツェリア DEH-970を軸に

Morel Maximo ultra 602 と アルパイン パワードサブウーファーをインストールします。

 

 

 

 

ドアは

カロッツェリア製 インナーバッフルを使用してインストール。

 

防振はスーパースタンダード+内張り防振をパッケージ化した「K-PAC1」です。

登場からご好評頂いています。

 

軽自動車は特にですが、普通車でも

スピーカーのインストール方法がインナーバッフルでも、アウターバッフルでも

内張りの防音(防振)を施すことで

明らかに音質が向上する事が判明しています。

 

 

音量を上げた時、明らかに不快である、

ドアの内張りが「ビリビリビリ」と鳴くのを押さえ込むのは勿論の事ですが

 

スピーカーから出る音に埋もれて気づき難い

小さなビリつき音も押さえ込む事で

非常に解像度の高いサウンドが出てきます。

 

それにより、ツイーター等の音の繋がりが良くなり

とてもクリアで奥行きのあるサウンドに仕上げることが可能になります。


要するに、

鉄板とか内貼りが、

スピーカーに共振して歌いだすんですね。

これが凄く音を悪くしているんです。

 

 

自動車のドアは設計の際

”スピーカーを良い音で鳴らす”という事は

考えられてないであろう事から

 

スピーカーを取り付けるインナーバッフルの工夫や

防振の工夫が大きく影響します。

 

つまり

取り付けによって結果が良くも悪くもスコブル変わるわけです。

 

 

また車種によって

ドアの作りは違いますので

写真では同じような防振に見えても

1台1台、響き方を確かめながら防振しています。

 

 

 

 

ツイーターはオンダッシュ。

 

Morelのツイーターマウントは二つあり

ダッシュボードの形状によって選択しています。

 

今回使用したマウントは設置面積が小さいので

ダッシュボードの形状が左右で違うお車に取付する際は

こちらを使用しています。

 

 

ツイーターの設置も

見てくれの良い場所に設置している様に見えますが

これも様々な角度から検討して”ここじゃ!”という位置に設置しています。

 

オンダッシュの場合の重要なポイントは

”反射面に寄せすぎない事”です。

 

フロントガラスとAピラーに寄せすぎると

ツイーターの音がボッコリ反射して

 

直接音と反射音が混ざり

定位感の悪いサウンドになってしまいます。

 

カーの問題点は”反射の影響”が大きく占めており

実用性を考慮すると0にする事は、ほぼほぼ不可能ですので

 

どのように料理するかがポイントとなります。

 

 

また、お客様のリクエストを最優先にしておりますので

”純正位置” ”オンダッシュ” 等

その条件を満たす中で

最も良い取り付け方法を選択しインストールしています。

 

 

 

 

パワードサブウーファーはシート下に設置。

 

N-WGNのシート下は

平らではない上に盛り上がっているので

入らない様に見えますが

ギリギリで入ります。

 

もちろんシートをスライドしても干渉しません。

 

 

軽自動車は普通車と比べて

ドアの容積が小さく、低音が伸びにくい為

パワードでも良いのでサブウーファーは

インストールした方が幸せになれると思います。

 

 

 

 

純正スピーカー+防振レスの

完全純正の状態では

鉄板が”ブオンブオン”共振して

 

あたかも低音が出ているような音がしていますが

 

これは

スピーカーよりも鉄板の共振音の方が大きいんじゃないのか

という程

CDから出てくる音以外の音が聴こえている訳ですので

 

”良い音”とは程遠い音になっている状態です。

 

これを防振を施す事により

鉄板が共振して出す”ブオンブオン”を封じ込め

”スピーカーが発する音”が耳に届く様になった事で

 

”良い音”といえるサウンドになります。

 

鉄板が出していた解像度もヘッタクレもない低音が抑えられた事により

 

低音が小さくなったと感じる方(昔の僕もそうでした)が多いように思えますが

 

それがスピーカー+音響加工したその車(ドア)の持つ本来の高解像度のサウンドです。

 

そして先ほど書いたとおり

軽自動車では普通車に比べドアの容量が小さい事から

低域が伸び難いのでサブウーファーを入れましょう。

 

となる流れですね。

 

 

 

防振や反射を考慮した設置により

反射音、鉄板の共振音が抑えられた

”スピーカーが発する音”が耳に届く様になっていますので

 

サブウーファーの繋がりも良く

たとえラゲッジにサブウーファーを設置したとしても

フロントスピーカーとカッチリ繋がり

フロントガラスの向こうから

サブウーファーの低音が聞こえるようになるというワケです。

 

 

ただサブウーファーの音により

周りの物が共振してしまうと

これまたスピーカーが発していない共振音が聞こえ後ろに引っ張られる。

なんて現象も起こります。

ドアと同じですね。

 

 

 

”車”ですので実用性とのバランスも重要と思います。

 

「ここのスペースは失いたくないけど音を良くしたい!」等のご希望は

ぜひご相談ください。

 

それにあわせたプランをご提案致します。

 

 

アゴヒゲ白石

TEL 092-939-0789

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
エモ蔵
エモーションのネット販売 エモ蔵
天気
九州の天気
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 日産 エクストレイル PAC1防振 と 防振の重要性
    エモ親方 (08/30)
  • サブウーファーについて、その1、選び方とアンプの組み合わせについて。
    通りすがり様、 (08/30)
  • サブウーファーについて、その1、選び方とアンプの組み合わせについて。
    通りすがり (08/22)
  • 日産 エクストレイル PAC1防振 と 防振の重要性
    よし (08/21)
  • カーオーディオコンテスト、雑感。
    少し気になったので・・・ (08/02)
  • イベント、大盛況のうちに終了いたしました。参加された皆様、ありがとうございました。
    高橋 (07/03)
  • いよいよ明日に迫りました!カーオーディオマガジンプレゼンス 石田功×橋本修トークショー!ところが!・・・
    渡邉 寛 (07/02)
  • デジタルプロセッサーの極意〜〜〜HPコンテンツの更新
    へっぽこイース (05/12)
  • 究極の電源カプラー!!
    ぱね (04/02)
  • メルセデス・ベンツ C180ステーションワゴン(W205) FOCAL プロセッサーシステム
    桝田 行伸 (11/05)
recommend
エモーションズ
エモーションズ (JUGEMレビュー »)
マライア・キャリー
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
sponsored links