>> カーオーディオショップエモーションのサイトはこちら

 トヨタ アルファード に 弩級のフルシステム Micro Precision 3way+SWインストール

 

毎年恒例、年末の超ラッシュにより

ブログが少々空いてしまったと思ったら

 

2017年最後のブログとなりました。

 

こんにちは、しらちゃんです。

 

 

 

本日は、千葉県よりご用命頂きました

トヨタ アルファードに

 

スーパーハイエンドブランド Micro Precision

Z Studio TW・Z Studio 100F・Z Studio 170 の3way

       +

Z Studio 245 のサブウーファー2発

 

BRAX Matrix MX2

Rockford Fosgate T1500-1

 

HELIX DSP PRO Mk2

 

Braims ウルトラレギュレーター HQS-200A

Braims ウルトラキャパシター HQR-25.2F

 

Acoustic Harmony パワーケーブル

Tchernov RCA+スピーカーケーブル

 

 

そして

 

OLIOSPEC Canarino 12V 車載用PC

オーディオテクニカ HRD500

 

更に

 

車内フル防振のスペシャルプランをインストールしたお話です。

 

 

今回は、2度目の入庫で

前回行った分と、今回行った分がありますが

合わせてご紹介したいと思います。

 

 

 

ソースユニットは

・ナビゲーション - アルパイン BIG X

・車載用PC - OLIOSPEC Canarino 12V

・DAP - Sony Walkman

 

の3つの入力を装備。

下2つはデジタル信号のままDSPへ送られます。

 

また入力の切り替えは全てHelix DSPのDirectorで行います。

 

 

 

ドアは下半分を全て作り直し、重量を持たせ、角度を付けた

”ヘヴィーウエイトハイアングル”

 

Micro Precision 170をインストールします。

本来グリルは付属しません。

 

しかしむき出しは”危険が危ない”と言うことでワンオフ製作。

 

グリルは補修できますが

スピーカーを蹴破ると心が折れますからね。

 

 

斜めから。

少し入れ込む事で、スマートにハイアングル化し

シンプルに制作しています。

 

 

Micro Precision TW + 100Fを

Aピラーワンオフにてインストール。

 

ミッドレンジは、バックチャンバーが必要で

尚且つ大口径。

 

製作時は、何度か着脱する仮合わせが必要があり

高級品な事もありドキドキします。。

 

 

 

サブウーファーの

Micro Precision 245 2発はラゲッジ左右にインストール。

 

こちら、本来はシールドエンクロージャーでのインストール予定だったのですが

付属されていた英語の取説を読んでみると。。

 

バスレフ スイショウ!  テキトウ ナ エンクロ Brokenスルヨ!

 

と書いてあり

指定の容量もカー用にしては結構デカい。

 

これにより前回製作していたラゲッジの”造り物”は

下の寸法が大きく変更となったので

ほぼ全て作り直しとなりました。。

 

 

 

完成はこちら。

この中に

アンプ5枚、DSP、レギュレーター、キャパシター

サブバッテリー、ヒューズ類が入っている事を考えると

 

かなりスマートにインストール出来たのではと思います。

 

車は走行中は、ずっと振動していますので

頑丈さ、耐久性を求められます。

 

ヒドゥンインストールもそうですが

下から組み上げて、最上部を狙った位置・高さでピシャっと決める

という作業ですので粗方、完成図が見えてないと

簡単には製作出来ません。

 

 

BRAXのアンプは中々の爆熱でありながら

冷却ファンはシャーシの下側に有るという、マウントに頭を使う仕様ですので

寸法出しが少々時間がかかりました。

 

 

 

Directorはサングラス入れを加工してマウント。

 

30系アルヴェルは定番のポジションですね。

 

 

 

 

そしてフル防振の様子です。

 

まずはルーフ。

耐熱性に優れ、平な面に対して

素晴らしい防振性を誇るレアルシルトで制振。

 

その上から吸音材を貼り、ノイズを抑えます。

 

ルーフ防振は

”バチバチ”と雨水が当たる音で誰でも効果を体感できると思います。

 

音響に関しても外部からのノイズレベルが下がることや

スピーカーから出た音による鉄板共振を抑えることが出来るので

サブウーファーの音の繋がり等が非常に良くなります。

 

 

 

勿論、天井だけでなく、

フロア、サイド、スライドドア、リアゲート、エンジンルーム、ボンネットetc..

と、ぼぼ全てのフル防振を行いました。

 

防振材も適材適所、幾つかの素材を使い分けて防振しています。

 

ビンビン共振する鉄板に囲われた

決して音響特性の良くない車内空間を

 

触れる所はほぼ全て防振し、共振を抑えることで

元の姿とは明らかに違う

特別なアルファードの完成です。

 

 

 

スピーカーのポテンシャルをフルで引き出すBRAX MATRIXをチョイスした事や

徹底的に防振処理を行った事もあり

スピーカーから発する音のみが耳に届き

1度聴いたら忘れないスーパーハイエンドならではの独特のサウンドに仕上がりました。

 

また、車載用PC Canarino 12Vを搭載したことで

出来る事が大幅に増えています。

 

個人的に車載用PCは

車を軸にアウトドアをされる方等にオススメ出来るかもと思っています。

 

 

 

 

 

 

本日を持ちまして2017年の営業終了とさせて頂きます。

今年も多大なるご愛顧頂き、有難う御座いました。

エモーションのモットー

”感動する音を届けて驚いて頂きたい”を

沢山お届け出来たのではと達成感と共に嬉しく思います。

 

新年の営業は1/5(金)から通常営業となりますので

よろしくお願い申し上げます。

 

それでは、皆様良いお年を。

 

 

 

アゴヒゲ白石


 巷で噂の オーディオテクニカ AT-RX5500A

 

こんにちは。

電線病のしらちゃんです。

 

先日の新商品発表会は

スケジュール的に参加出来ずで

気になりまくりながら日々お仕事していましたが

 

聴けるときがやってきました。

 

 

 

最初はカタログ見て

 

”おーいい値段しますなぁ”

なんて思っていましたが

 

音を聴いて

 

”素晴らしか!納得の値段!”

 

全ての帯域で変な癖がなく超ワイドレンジ

誰が聴いても音数が明らかに増えたと体感できると思います。

また奥行感も良くなったと感じました。

 

 

またプラグもシャープで取回しを考慮した設計。

所謂、高級RCAはプラグが太くなる傾向があり

アンプやDSPによっては

 

プラグ同士が当たって入らんがな!!

 

何て事が起こりますが

 

そこはテクニカ良く考えてます。

RX5500Aはプラグ間の距離が狭いアンプ・DSPにも問題なく使えます。

 

RCAケーブルは長く使える物なので

癖がなく純粋にワイドレンジなケーブルは

買って損はしないと思いますよ。

 

 

さて

RCAケーブルは

グレードアップの意味では、忘れられがちなモノですが

RCAケーブルでサウンドは想像以上に変わります。

場合によっては、ヘッドユニットやアンプを変えたのではというレベルで変化します。

 

どうしても目に見えない部分となるので

所有欲という意味では薄れてしまいますが

 

現在使用中のRCAケーブルが

・レンジが狭い、抜けが悪い

・奥行きが全くなく平面的

 

等の”足を引っ張る”ケーブルであった場合

良いアンプを入れても100%の力を引き出す事が出来ませんよね。

 

”RCAは1ユニット”と考えると良いでしょう。

 

更に、

車はノイズの塊であり

RCAは他の配線に比べノイズが乗りやすいモノである為

対ノイズ性も重要な部分です。

S/Nに大きく影響します。

 

 

RCAケーブルは

”価格が高いから良い音”ではありません。

”価格が安いから悪い音”でもありません。

 

低価格でも、抜群のコストパフォーマンスを持つモノがありますし

高級品でも、えっ、なモノもあります。

(明らかに情報量低下を感じるもの等)

 

 

普段、見えない部分だからこそ

”変えてよかった”と思えるモノを、ご紹介するのも

プロショップの仕事と思っていますので

 

多々あるRCAケーブルの聴き比べを行い

予算別にコストパフォーマンスの良い物を選別しご紹介できる様にしています。

 

 

電線は楽しいですが、ハマるとお財布が火の車になりかねませんので

ご興味ある方はお気軽にご相談下さいね。

 

 

アゴヒゲ白石


 ホンダ フリード インナーミラー裏で Maximo Ultra 602 インストール

 

怒涛の年末ラッシュの幕開けにより

毎日大忙しなエモーションです。

 

中々ブログの更新ができず溜まっております。

 

合間合間で書くことは出来た様な気がしますが

数年に1度来る”電線病”を発病してしまったので

 

コスパの高い物から高級品まで

最近のRCA聞き比べをしている次第です。

 

こんにちは、しらちゃんです。

 

 

 

さて本日はホンダ フリードに

Morel Maximo Ultra602をインストールしたお話です。

 

 

 

ナビユニットは

Carrozzeria AVIC-CZ901 サイバーナビです。

 

こちらのナビは前回取付しています。

 

というのもナビは、日帰りで取付できますが

オーディオインストールは内容によって二日〜のお預かりとなりますので

先にナビを取付した次第です。

 

スピーカーケーブルを引き直し

内蔵アンプ、マルチ接続でMaximo Ultraを駆動します。

 

 

 

 

ドアはメーカー製バッフルを小加工し

ウーファーを取付します。

 

防振はスーパースタンダードです。

 

 

 

ドア内張りをかけたら元通りです。

 

 

 

 

ツイーターはミラー裏ワンオフでインストール。

 

行程、材料費等が少なく済む為

Aピラーワンオフに比べると少し安くはなりますが

 

Aピラーにインストールした方がよい車

ミラー裏にインストールした方がよい車と

 

車種によって

ベストなツイーター取付位置が異なりますが

Aピラーにインストール方向でオススメする場合が多いです。

 

理由はここに書くと長くなるので親方に聞いてくださいね。

 

 

 

新型サイバーナビは

ナビとしての性能、内蔵アンプの優秀さ、調整できる幅の広さは

価格を考えるとコストパフォーマンスはピカイチです。

 

”ちょっと音を良くしたいなぁ” ”カーオーディオやってみたいなぁ”

という初めての方や

 

ライトなシステムで高音質を望まれる方へオススメしまくりですね。

 

このナビと、ご自身の気に入ったフロントスピーカーをインストールすれば

長い間、楽しむことが出来ると自信を持って言えます。

(軽自動車の場合は、ドアの容量の問題から+サブウーファーですね)

 

 

Morel Maximo ultra 602

最初にデモカーで音を聴いて、価格聞いて痺れました。

 

エモーションでは

スピーカー交換の際

音を聴いて頂き、お客様に選んで頂いていますが

Maximo Ultraのチョイス率はやはり高いですね。

 

グレードをひとつ落としたMaximo6と比べると

Maximo Ultraは+1万円にはなりますが

サウンドの差は+1万円どころの騒ぎではないですもんね。

 

おすすめです。

 

 

アゴヒゲ白石


 スバル フォレスター SW-G50 追加インストール!

 

佐賀県は小城市

”清水竹灯り” へ。

 

初めて行きましたが

久しぶりに

「おぉ!」と思いました。

 

紅葉・滝・竹灯りの三点セット。

贅沢ですねぇ。

 

オレンジの光に緑の滝。

光の使い方が上手いなぁ!

 

こんにちは、しらちゃんです。

 

 

 

本日は、コツコツとグレードアップして3wayとなっていたスバル フォレスターに

SW-G50を追加して余韻や奥行きがドッと良くなったお話です。

 

車の写真を撮り忘れたので

ヘッドから。

 

サウンドナビMZ200ST

 

今回はDOP楽ナビ→サウンドナビMZ200へと

こちらも交換しています。

 

MZ200はお持込でサクっと取付。

楽ナビと比べると世代が違うので勿論の事ですが

音質、画質グンと向上します。

 

 

 

AピラーにMorel Supremo Piccolo供CDM880

フォレスター+3wayピラーは結構な台数を製作させて頂きましたが

スマートに音の良い角度で作れるGoodデザイン賞なピラーです?

 

 

 

 

ドアはインナーでCarrozzeria TS-Z172PRSがインストールされています。

 

というのも、このお車はZ172PRS 2wayからのスタートでした。

Z172PRSは非常に良く出来ており3wayで活用するなら文句なしのユニットです。

 

そこでミッドバスはそのままに、TWを交換→3wayにしちゃいましょう!という流れです。

 

 

 

そしてサブウーファーは

DIATONEが誇る低容量で30Hz以下から、しっかりと出るSW-G50。

フロントの音色を壊すことなく下を支える”縁の下の力持ち”

 

エンクロージャーを製作し左奥にインストールしました。

 

 

今回は、ラゲッジフロアの防振も行いました。

フルの防振ではなくスタンダードプランです。

 

スタンダードプランの防振は

材料量も限られていますので、最も効果の高い所を狙って防振しています。

 

この車のフロアは太鼓のように鳴くので

走行中のノイズも下がるのではと思いました。

 

勿論、特にサブウーファーによる共振も抑える事が出来るので

スピーカーから出た音のみがより耳(体)に伝わり

繋がりの良いサブウーファーの存在を感じさせないサウンドに仕上がります。

 

 

 

アンプはRS-A99Xが2枚

DSPはHelix DSP PRO Mk2です。

 

3way+SWとマルチWAYだからこそ

Helix DSPの様な細かくユニット別で触れるDSPがあると最高ですね。

”車”なので左右のドアは作りが違うし

メーターフード等による左右の音の反射も違います。

 

何も音の邪魔をする物がなく

左右のスピーカーの中心で聴けるならDSPは不要ですが

音に関しては悪影響な物が多い車内では必須と言えるでしょう。

 

 

PRSはローエンドが良く伸びるユニットなので

サブなしでも楽しめるサウンドでしたが

あるのとないのでは全然違います。

 

録音された反響音や余韻など

サブの帯域にも多く含まれていますので

このあたりが大変良くなったと感じました。

 

 

 

サブウーファーにも沢山種類があり

お客様の好みや車、システムによって

”これが良い”というユニットをチョイスしています。

 

またエンクロージャーの作り方(容量、構造)によっても

別物ではないのかというレベルでサウンドが変化します。

 

ワンオフで1から作っていますので

”ここに収まる形にして欲しい”等の要望があれば

それに沿った形で製作できますので

普段使いで邪魔になりにくいインストールが可能となります。

 

 

ご興味あればお気軽にご相談くださいね。

 

 

アゴヒゲ白石

 

092-939-0789

 新型N BOX ダイヤトーンスピーカーDS-G500 + サブウーファー インストール

 

行ってきました

”佐賀インターナショナル バルーンフェスタ”

 

バルーンは飛べる条件が結構シビアなので

10月後半から毎日の様に天気予報と睨めっこ。

 

朝に弱い僕ですが

遠足前の子どもの如く、全く熟睡できず

朝4時の目覚まし1コールで起き

ワヤワヤと楽しんできました。

 

かなり近くで見れるので面白かったですヨ。

 

こんにちは、しらちゃんです。

 

 

 

さて、本日は新型 N BOXに

 

ヘッドはお持ち込みのDEH-P01

DIATONE DS-G500L をインナー、Aピラーで

Rockford Fosgate P2D2-10用エンクロージャー製作

フロント用に HELIX パワーアンプ G Four

サブ用に Carrozzeria GM-D7100

 

新車にドカンとインストールしたお話です。

 

 

 

 

まずはヘッドユニット

本当は8インチのサイバーナビの予定でしたが

8インチ用のパネルがまだない為

発売まで手持ちのP01で鳴らすという事でインストール。

 

パッと見ホンダにしては簡単につきそう!

と思ったらシッカリ期待を裏切ってくれました。

相変わらずココは簡単には付きません〜

 

 

 

ドアはえらく縦長くなりました。

防振する面が広いので結構大変です。

 

心配していた窓ですが

スピーカー裏まで下がってこないので

奥行きのあるスピーカーもインナーでインストールが可能です。

 

 

 

スーパーインナーバッフルを製作し

DS-G500をインストール。

 

 

 

そして

これまた相変わらずの内張の形状。

 

中央右下に見える緑のクリップが

鉄板と接する面となりますが

見ての通りインナー鉄板のサービスホールの中に

ボッコリ入り込むスタイル。

Nシリーズは殆どがコレですね。

 

即ち防振は工夫が必要です。

 

 

 

防振はPAC1Plusなので

インナー鉄板全面と内張を防振/遮音します。

新型NBOXのコレは効きますねー。

 

 

 

Aピラーワンオフでツイーターをインストール。

N BOXは向こう側にミラーがあるので

手前側に入れました。

 

窓が大きい事もあり

出来る限り反射の影響を抑える為に

いつも以上に慎重な角度出しを行いました。

 

またこのピラーは

太いですがペラいので

パテの熱で直ぐ反ります。

修正しながらの製作となり少々時間がかかりました。

 

また生地貼りも簡単そうに見えたので

軽い気持ちで貼り始めた訳ですが

割と焦りました。

 

 

 

サブウーファーは

お客様指定位置の運転席後ろ。

カプラーで簡単に脱着出来る様にし

縦でも横でも置ける形で製作して

Rockford P2D2-10をインストール。

 

 

 

助手席下にアンプボードを製作し

下段にHELIX G Four

上段にCarrozzeria GM-D7100をインストール。

シートを前後スライドさせても

何処にも干渉しない寸法でボードを製作しています。

 

前後大きくスライドするグレードの車だと

アンプの置き場が無いので

通常のグレードにしたとの事でしたので助かりました。

アンプの写真を撮っていませんでしたので、
どんなアンプなのかを画像だけ紹介しときますね。
HELIX(ヘリックス) G-FOUR
カロッツェリア GM-D7100

 

 

最後に音響調整を行い納車となります。

 

 

 

ドアをシッカリと音響加工した事で

サブウーファーもきっちり繋がり

解像度の高いサウンドに仕上がりました。

 

HELIX の 4chアンプ ”G Four”

やはり良いですね。

G500との相性もバッチリです。

昔のモデルも良かったですが、このアンプもGood。

少しサイズが大きいのでシート下の場合は要サイズチェックですね。

 

ロックフォードのウーファーは

BEATを刻むという所ではスコブル良いお仕事します。

 

サブウーファーはフロントスピーカーとメーカーを合わせる必要はなく

フロントスピーカーの方向性と

よく聴く音楽ジャンル等を考えてチョイスすると良いと思います。

 

 

ご質問やご相談等あればお気軽にお問い合わせ下さいね。

 

 

アゴヒゲ白石

 

 

092-939-0789

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
エモ蔵
エモーションのネット販売 エモ蔵
天気
九州の天気
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 日産 エクストレイル PAC1防振 と 防振の重要性
    エモ親方 (08/30)
  • サブウーファーについて、その1、選び方とアンプの組み合わせについて。
    通りすがり様、 (08/30)
  • サブウーファーについて、その1、選び方とアンプの組み合わせについて。
    通りすがり (08/22)
  • 日産 エクストレイル PAC1防振 と 防振の重要性
    よし (08/21)
  • カーオーディオコンテスト、雑感。
    少し気になったので・・・ (08/02)
  • イベント、大盛況のうちに終了いたしました。参加された皆様、ありがとうございました。
    高橋 (07/03)
  • いよいよ明日に迫りました!カーオーディオマガジンプレゼンス 石田功×橋本修トークショー!ところが!・・・
    渡邉 寛 (07/02)
  • デジタルプロセッサーの極意〜〜〜HPコンテンツの更新
    へっぽこイース (05/12)
  • 究極の電源カプラー!!
    ぱね (04/02)
  • メルセデス・ベンツ C180ステーションワゴン(W205) FOCAL プロセッサーシステム
    桝田 行伸 (11/05)
recommend
エモーションズ
エモーションズ (JUGEMレビュー »)
マライア・キャリー
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
sponsored links