スポンサーサイト

  • 2020.03.16 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    珍車来ました。トゥクトゥクにオーディオ取付 三輪 freedom250

    • 2020.01.26 Sunday
    • 18:51

     

     

     

    エモーションには、稀に珍しい車が入庫します。

    クールなブレーキが光るそれは、タイヤが3個。

     

    幌屋根で、運転席はセンターポジション。

    後ろには2人程乗れそうな座席付き。

     

    そんな車のお悩みは、

    デッキとスピーカーをココに付けたい。

     

    "無いものを作る"

     

    こんな風にしたいんだけど、

    どっかしてくれないかなぁ。

     

    そんな、お悩みを解決すべく存在するのが専門店。

    お任せください。

     

    こんにちは、しらちゃんです。

     

     

     

     

    本日は、トゥクトゥク!

    正式には、freedom(フリーダム)250と言うらしい。

    オート三輪で、普通免許で乗れる様子。

     

     

    座ってみると、

    左側に"カブ"の様な仕様の5速ミッションと、

    右側には、フットリアブレーキ。

    ステアリングは二輪のそれ。

     

    実にクール。

     

    このマシーン、入庫時はオーディオレス。

     

    そこで

    オーバーヘッドコンソールを製作し、

     

    メディアプレイヤー の Carrozzeria MVH-6600と

    左右に10cmの Kicker KM44をインストール。

     

    更にリアデッキに

    Carrozzeria TS-WX400DAをマウント。

     

    といった内容。

     

    スピーカーのキッカーKM44は防水設計のマリン用

     

    吹きさらしのサイドからもし雨が入り込めば、

     

    ペーパーコーンのスピーカーなんかだったら一発アウト。

     

    メディアプレイヤーも、マリン用の防水パネルに入れて装着します。

     

     

     

     

    純正の使えそうなボルトを使い、

    固定強度を考えつつ、車両への穴あけは最小限。

     

    奥行きを出すと、圧迫感を感じてしまうので、

    出来るだけ薄く、出来るだけスマートな形で製作しています。

     

    勿論、こんな所にこんな物を付ける設計ではないので、

     

    動かす為に必要な電源等をかき集め、

    辛うじて袋になっているピラーの中を通し、デッキ裏に集結させています。

     

    ラジオもご希望だったのですが

    デッキが付いていないということは、ラジオアンテナも付いていません。

     

    そこで、テレビ用フィルムアンテナをチョチョっと加工し、

    ラジオアンテナ化させています。

     

     

     

    リアデッキには、

    Carrozzeria パワードサブウーファー TS-WX400DAを装着。

     

    フロントが10cmなので、低域を補う用途です。

     

     

    車が車なので、

    通常の脱着式の様に、

    マジックテープ等での取付も考えましたが、

     

    もし走行中に外れた時、吹っ飛ぶ先は幌。

    想像しただけで、ゾッとする。

     

    かと言って、

    車両への穴開けも出来る限り最小限にしたいという事で、

     

    既存のビス穴をボルトに変更し、

    サブマウント用のボードを製作し固定。

    そこにサブをネジ止めする事にしました。

     

     

     

    最後に不思議な体勢で音響調整。

    鉄板に直付されていたルームランプもコンソールに移植しています。

     

     

    こんな開放的な車でも、調整が決まれば 

    サブウーファーからは音を感じず、

    フロントスピーカーの低域が増えた様に聴こえるので

    毎度ながら不思議なものです。

     

     

    トゥクトゥク。

    車庫さえあれば、

    趣味車、時に仕事車として面白いかもしれませんね。

     

    ちと操縦に癖があり、

    ギクシャクしながらソロっとピットに入れましたが、

     

    流石オーナー。

    納車の時は、華麗に帰って行きました。

    有難う御座いました。

     

     

    アゴヒゲ白石

     

     

    instagram

     

    FACEBOOK

     

    メールで問い合わせ

     

    TEL 092-939-0789

    スポンサーサイト

    • 2020.03.16 Monday
    • 18:51
    • 0
      • -
      • -
      • -

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << April 2020 >>

      HOT NEWS!!

      ECS商品

      お問い合わせ

      092-939-0789
      Mail

      Link

      selected entries

      categories

      archives

      recommend

      エモーションズ
      エモーションズ (JUGEMレビュー »)
      マライア・キャリー

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM