トヨタ プリウス MorelMaximo Ultra602

  • 2019.11.12 Tuesday
  • 09:36

 

大分県の九重連山の一つ"大船山"

紅葉時期の九州の山と言えば!なスポット。

 

山頂直下には、

御池と呼ばれる火口跡に水を蓄えている池があり、

この時期は全国から登山家が集います。

 

駐車場から往復で約15kmと、

ボリュームたっぷりのコースですが、行く価値ありますね!

 

と言いつつ、

この写真を撮ったのは10/22!

下は今からが紅葉シーズンですが、

上は終わりかけな今日この頃。

 

年末ラッシュが既に始まりつつある

エモーションからこんにちは。

 

どうも、しらちゃんです。

 

 

 

さて本日は

トヨタ 50プリウス!

 

アルパインナビが既設されているので

当店オリジナル パッシブネットワークを用いて

Morel MaximoUltra602をインストール。

 

コストを抑えて高音質化を行ったお話です。

 

 

ヘッドユニットは、

アルパイン BIG-X。

 

 

 

オリジナル パッシブネットワークを用いて

フロントchをドアウーファー

リアchをツイーター

へ接続することにより、

独立でタイムアライメントを取る事が出来るので、

 

各スピーカーと耳までの距離が異なる

車ならではの問題点を解消する事で

気持ち良く音楽を楽しめる環境に仕上げます。

 

 

ツイーターは、オンダッシュ。

 

Morel MaximoUltra602に付属する

絶妙な角度を向いたマウントを使って、取付しています。

 

 

 

ドアは、

カロッツェリアバッフル、PAC1防振です。

まずは、スピーカー交換から。なシステムの場合の定番作業です。

 

市販バッフルを用いて、インナー鉄板を全面防振する事で、

コストを抑えて

”オーディオ再生に不向きな純正ドア”から

”オーディオ再生に向いていて+遮音性も備えたドア”へ加工しています。

 

ちなみに、カロッツェリアバッフルでMorelを取付する場合は小加工が必要です。

 

 

 

内張りを戻したら完成です。

 

 

最後に音響調整です。

音を聴きながら、正確なタイムアライメントを入力し

車だからこその問題のある帯域をイコライザーで調整。

仕上がった音には、皆さんに驚いて、そして喜んで頂いています。

 

 

プリウスや最近のトヨタ車は

ドアジャバラがカプラー式になり、音響加工の難易度が上がっています。

これは台数をこなしても、かかる時間は短縮できません。

急げば急ぐほど、”やらかすリスク”が上がるので

丁寧に間違いのない作業を心がけています。

 

 

 

 

さて、新型サイバーナビ

中々ブログを書くタイミングがなく、紹介出来ていませんが

沢山取付させて頂いています。

 

 

実際に何台も取付、調整して感じていますが

旧モデルと比べると、明らかに音が変わりましたね。

内蔵アンプ、プリアウト共に良くなっています。

 

前モデルの良さでもある

ワイドレンジで解像度の高い音を残したまま

聴いていてワクワクするような、躍動感のある音だなぁと感じています。

 

キャンペーンも実施しているので

この機会にぜひ!オススメです。

 

 

アゴヒゲ白石

 

 

新型サイバーナビ キャンペーン

 

instagram

 

FACEBOOK

 

メールで問い合わせ

 

TEL 092-939-0789

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

HOT NEWS!!

ECS商品

お問い合わせ

092-939-0789
Mail

Link

selected entries

categories

archives

recommend

エモーションズ
エモーションズ (JUGEMレビュー »)
マライア・キャリー

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM