スポンサーサイト

  • 2020.03.16 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    スズキ スペーシア カスタム ハイブリッド 新車にオーディオインストール

    • 2018.09.30 Sunday
    • 13:44

     

    このブログを書くときは

    いつも写真(カメラ)はiphone6sで撮ってます。

     

    ご存知の通りカメラも趣味な僕は

    フルサイズ一眼レフという、デカくて重いキャノンの5Dシリーズを使っているのですが

    如何せん、持ち運ぶのが億劫なサイズの為

     

    ”今日は写真を撮りに行くぞ!”って時にしか登場しません。

     

     

    しかしながら、日常生活をスナップ撮りしたいなぁと、前から思っていて

     

    ”コンパクトで、軽くて、絵が良いカメラが欲しい”と物欲に燃えてました。

     

    まぁこういう時は、お酒をがぶ飲みしてネットサーフィンしていれば

    何故か3,4日後に手元にあるものです。

     

    そしてついに念願の富士フイルムのミラーレス一眼(旧型フラッグシップ)を手に入れました。

     

    富士の色は独特で味があり

    他のメーカーのカメラでは、そう簡単に出ない写真が撮れます。

     

    しかも撮って出しjpeg(撮った後、PCなどで色調整していない)で幸せです。

    ぶっちゃけ想像以上に良かったので、メインにしようかとも思ってるぐらい。

     

     

    そんなこんなで

    今回のブログから、一眼+iphoneの写真でお届けしていく事にしました。

     

    写真の需要もあると思うし、僕も楽しく書けるので一石二鳥!

     

    さぁ張り切って参りましょう。こんにちは、しらちゃんです。

     

     

     

     

     

    本日は、スズキ スペーシアカスタム ハイブリッドに

    DIATONE NR-MZ300PREMI

    DIATONE DS-G500L

    Carrozzeria GM-D7100+TS-W2520+UD-SW250D

    をインストールしたお話です。

     

     

     

     

    全貌はこちら。

    この、どこかノスタルジックな色が、たまらんとです。

     

     

     

     

     

    ナビゲーションは

    DIATONE NR-MZ300PREMI

     

    最近は8インチ以上のナビが付く車が増えてきました。

    大きい画面で音が良い。

     

    良いですよね。

     

     

     

    ドア防振はPAC1 PLUS

    インナー鉄板全面+内張り防振です。

     

    ドアが大きいので貼る面積は広いです。

     

    左上の、純正の防水ビニールを残している理由は

     

     

    これです。

     

    最近の、”中が広い車”は、こうなっている車が多いです。

    この部分は、肘が乗る部分です。

     

    窓をおろしている時、

    窓とスレスレになるほど鉄板の中まで内張りを入れ込んで

    広さを作っているのであろうと思われます。

     

    この部分を、防振材を凹ませて塞ぐ事も出来るのですが

    温度変化や、肘をついた時(外に押した時)

    ブチルと窓がお友達になる可能性が大なので

     

    当店では”塞がない”という方法を取っています。

     

     

    音質へのご心配は大丈夫です。

    当店はプロショップです。

     

     

    内張り裏も、防振、遮音をしています。

     

    内張りが大きい割に薄いので

    プラスチックの音が、もの凄く響きます。

     

    音も良くなりますし、外から入るノイズも小さくなりますよ。

     

     

     

    内張りを戻したら、見た目は元通りです。

     

     

     

    ツイーターはAピラーワンオフ。

    この形状のピラーは毎回思いますが

    二股の3wayより生地貼るのが難しいです。

     

    1本物の2wayであれば、きつい部分だけ引っ張れば貼れたりするのですが

    この形状は、全ての部分を均等に引っ張りまくらないと貼れません。

     

    貼りやすい形状で作ってパテを盛るのも手ですが

    角度は、絶対に譲りたくないと思って作ったら

    見事に貼る時、大変でした。

     

     

     

    サブウーファーを駆動するアンプは、運転席下へ設置。

     

    Carrozzeria GM-D7100

    こいつのおかげでアンプ別サブウーファーの金額的ネックを大きく解消でき

    尚且つ性能も十分。

     

    大人気の商品の一つです。

     

    強いて言うなら、工場出荷時設定が

    強制で効くLPFが低い方に全開なっているのは、誤解を生むと思います。

     

     

    ご自身でインストールされた方は

    ココを触った記憶がなければ、高い方に全開にしてみてください。

     

    DSPでクロスオーバーを設定している方が多いと思うので

    アンプでのLPFは不要です。

     

    別物のアンプ並のパワー感になりますよ。

     

     

    ラゲッジに

    Carrozzeria TS-W2520+UD-SW250Dを合体させたサブウーファーを

     

    左に見える白いカプラーで、すぐ取り外しできるよう接続し、マウントしています。

     

    最近のトールワゴン系の車は

    ラゲッジが、そこまで広くない車が多いので

    省スペースで、25cmのサブウーファーは、めちゃ使えます。

     

    この上に、バンスカ荷物を積んでいただいても、ぜんぜん大丈夫です。

    このエンクロージャーはかなり丈夫にできています。
    また大きな荷物やたくさんの荷物を積む時などには、

    カプラーを外し、サブウーファーを下ろして頂ければ大丈夫です。

     

     

     

    最後に音響調整をして納車となります。

     

     

     

     

    オーディオレスの新車でご入庫、作業させて頂くと

    ”このセットは間違いない!”

    というシステムを1から構築でき、ご満足頂ける音に仕上げる事ができます。

     

    新しい車で

    これからずっと良い音で、快適なドライブが楽しめますね。

     

    もし、お車乗り換えの際に

    オーディオで悩む事があれば、お気軽に電話ください。

     

    こんな内容で、契約すれば

    オーディオ組む時、無駄なくいけますよ。とアドバイス出来ます。

     

     

    アゴヒゲ白石

    スポンサーサイト

    • 2020.03.16 Monday
    • 13:44
    • 0
      • -
      • -
      • -

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << April 2020 >>

      HOT NEWS!!

      ECS商品

      お問い合わせ

      092-939-0789
      Mail

      Link

      selected entries

      categories

      archives

      recommend

      エモーションズ
      エモーションズ (JUGEMレビュー »)
      マライア・キャリー

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM