<< 三菱デリカD:5 Helix P62C インストール と 最近 | main | ホンダ FIT Morel Maximo Ultra602 インストール! >>
>> カーオーディオショップエモーションのサイトはこちら

 ダイハツ ムーブ DEH-970 と TS-V173S +サブウーファー

調整用PCを新調(追加)しようという事で話がまとまり

ポチっと購入したわけですが

 

勢いで自分用のPCもポチりました。

小遣い内(のはず)なのでだいじょうぶです。

 

たぶんだいじょうぶです。

 

 

完全にパソコン屋と化したエモーション秘密基地よりお届け。

 

こんにちは、しらちゃんです。

 

 

 

 

さて本日は、ダイハツ ムーブに

DEH-970、TS-V173S、TS-WX120Aをインストールしたお話です。

 

 

 

ヘッドユニットは純正CDデッキを取外し

DEH-970を取り付けます。

内蔵アンプでTS-V173Sとサブウーファーをコントロールします。

 

 

 

ドアはインナーバッフルを制作しV173Sをインストール。

 

純正スピーカーは鉄板直付けでついていますので

パッと見、社外スピーカー入らないのでは、、

といった感じですが交換できます。

 

バッフルの厚みを算出し、製作。

インシュレーターをひいてフローティングマウントしています。

 

この車はインナー鉄板内に入り込む部分が2箇所あるので

入り込む部分は防水ビニールを切り取って再利用しています。

防振材を膨らませて施工することも出来ますが

窓と干渉する可能性がある事を考慮すると

この施工方法が良いという判断です。

 

 

防振は新プランの「K-PAC1」

軽自動車をメイン対象とするプランで

インナー鉄板はスーパースタンダードで施工し

内張りの防振(遮音)を追加するプランです。

 

車種によって

インナー鉄板全面のPAC1と

インナー鉄板半分+内張りのK-PAC1とでは

後者のほうが費用対効果が高い事があると言うことで

NEWプランとして追加しました。

尚、PAC1とK-PAC1は同じ金額に設定していますので

お車に合わせた防振をご提案させて頂いております。

 

勿論、よりスピーカーのポテンシャルを引き出す事を目指すのであれば

PAC2がオススメですが

”出来るだけコストを抑えて良い音を”という方にオススメです。

 

 

 

ツイーターはオンダッシュ

V172Aと比べてデザインがクールになりました。

 

 

サブウーファーTS-WX120Aはシート下に設置。

軽自動車の宿命で

ドアスピーカーのみでは低域の量感を稼げない為

サブウーファーの追加は全力でオススメしています。

 

 

最後に調整を行い納車となります。

 

 

新型Vは旧型と比べて

スピード感と解像度が格段と良くなりました。

”解像度の高いパンパン系”です?

 

定価6万円を維持したままのサウンド変更なので

ローエンドの量感が少し薄くはなりましたが

きちんとストロークしていれば音波になっていますので

サブウーファーを綺麗に繋げてあげれば問題ありません。

 

総評として”良くなった”と言えるでしょう。

 

 

シート下のパワードSWって

シート下からブンブン聞こえるだけなんじゃ。。

と思われがちですが

 

調整をきっちり行い

フロントSPとしっかり繋げれば

シート下であっても存在は消え

フロントガラスから低音が聴こえます。

 

最初の頃は不思議でたまらず

「なんやこれ!すげぇ!」と騒ぎまくった記憶があります。

カーオーディオの面白い所ですね。

 

 

アゴヒゲ白石


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
エモ蔵
エモーションのネット販売 エモ蔵
天気
九州の天気
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
エモーションズ
エモーションズ (JUGEMレビュー »)
マライア・キャリー
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
sponsored links