<< フィット3 ハイブリッド デジタルプロセッサーとアンプのインストール | main | スバル レヴォーグ ダイヤトーンサウンドナビ NR−MZ90PREMI スピーカー交換 >>
>> カーオーディオショップエモーションのサイトはこちら

 1967年式 ジャガー Mk2 スピーカー交換 内装リペア

JUGEMテーマ:車/バイク

皆さまこんばんは。
齊藤三段です。

本日は大変貴重なお車のご紹介です。


1967年式 ジャガーMk2 3.8
姿形こそ年代を感じさせますが、内外装共に大変きれいな状態です。



実はこの人(松浦大将)も同じ年式です。
日頃のアルコールによるメンテナンスにより外装・機関共に良好です。
内装はあけてみないとわかりません...

さて、今回のジャガーの施工内容はスピーカー交換と一部内装のリペアです。

それでは詳細を。


リペア .哀蹇璽屮椒奪スアンダーカバーの貼り替え
左が施工前。 右が施工後。
レザーが浮いてボロボロになりかけていました。
又、センターコンソールとの隙間も気になります。
カバーパネルを製作してレザー仕上げです。


リペア◆.螢▲棔璽匹梁い蠡悗
左:施工前 右:施工後
元々スピーカーが取り付けられており、表面のレザーも浮いていました。
スピーカーを取り外し、インテリアの木目に合わせて仕上げてあります。


センターコンソールのヘッドユニット


ドアの様子です。
このお車、ドアには電気的な物が一切有りません。
元々何もなかったところにスピーカーをアウターバッフルでインストールです。
スピーカーはFOCALのPS130Vです。

もちろんスピーカーケーブルも通しています。
配線用のジャバラなんてありませんし、鉄板はぶ厚い。
しかし、電ドラが入るスペースは無い。
よってスピーカー配線用の穴はハンド加工です。
「うりゃっ うぉっっ あぁぁ〜」 松浦大将の声が聞こえてきました。


ドア鉄板の様子です。
ドア防振はスーパースタンダードです。



ツイーターはオンダッシュマウントです。


助手席側の景色

音を聞いてみたところ、これが意外にいい!
軽量化至上主義の現代の車とは異なる剛性の高さゆえだろうと思いました。

ところで、エモーションってなんでこんなに旧車が多いんだろう......

齊藤・三段






 

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
エモ蔵
エモーションのネット販売 エモ蔵
天気
九州の天気
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 日産 エクストレイル PAC1防振 と 防振の重要性
    エモ親方 (08/30)
  • サブウーファーについて、その1、選び方とアンプの組み合わせについて。
    通りすがり様、 (08/30)
  • サブウーファーについて、その1、選び方とアンプの組み合わせについて。
    通りすがり (08/22)
  • 日産 エクストレイル PAC1防振 と 防振の重要性
    よし (08/21)
  • カーオーディオコンテスト、雑感。
    少し気になったので・・・ (08/02)
  • イベント、大盛況のうちに終了いたしました。参加された皆様、ありがとうございました。
    高橋 (07/03)
  • いよいよ明日に迫りました!カーオーディオマガジンプレゼンス 石田功×橋本修トークショー!ところが!・・・
    渡邉 寛 (07/02)
  • デジタルプロセッサーの極意〜〜〜HPコンテンツの更新
    へっぽこイース (05/12)
  • 究極の電源カプラー!!
    ぱね (04/02)
  • メルセデス・ベンツ C180ステーションワゴン(W205) FOCAL プロセッサーシステム
    桝田 行伸 (11/05)
recommend
エモーションズ
エモーションズ (JUGEMレビュー »)
マライア・キャリー
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
sponsored links