>> カーオーディオショップエモーションのサイトはこちら

 ホンダ アコードツアラー スピーカー交換 と Aピラー製作!

 

 

週末のドタバタからのイベントだったので

少し間が空いてしまいました。

 

カッパを着ていても、ずぶ濡れという天気でしたが

皆さん、楽しめたようで安心しました。

 

いつも通りエモーションのスタッフという肩書きはポイッとし

1ユーザーとして純粋にカーオーディオを楽しめました。

 

とか言ってたら

また社長に”あいつまたペラペラと”

と思われそうなのでこの辺にしときます。

 

 

こんにちは、しらちゃんです。

 

 

 

さて本日はアコードツアラー

以前、M5DSPのインストールさせて頂きましたお車です。

 

今回は、スピーカー交換+SWのシステムアップを実施したお話です。

 

FスピーカーはHelix P62C

サブウーファーはカロッツェリア SW-2520

です。

 

 

防振はPAC1

スーパーインナーバッフルを製作しフローティングマウントです。

 

アコードツアラーは

いつものホンダ純正スピーカーですが

パワーウインドウのレールがスピーカーの真後ろにあり、しかもかなり近い。

 

奥行きのあるユニットは少々工夫して取付しないとスピーカーのマグネットがレールとお友達になり入りません。

 

幸い内張側のリブが深いので

手前に出す形でインストールすれば問題ありません。

 

 

また今までは純正スピーカーをマルチで駆動していたので

ワイヤリングも変更します。

 

内張をかけたら見た目は元通りです。

 

 

ツイーターはAピラーワンオフ

 

Aピラーの生地の色は元のピラーの色に合わせて貼っています。

エモーションの作り物は

サウンドとデザイン性を両立させた

純正然としたデザインを狙って製作しています。

 

 

サブウーファーはラゲッジ奥に脱着式でインストール。

 

このSW2520用エンクロージャーはユニットが下向きにつきます。

即ち上に物を置いても大丈夫という

工夫された省スペース設計となっています。

 

また低価格ながら性能も高いので

価格以上のサブウーファーの1つとして

オススメしているセットです。

 

 

 

純正スピーカーから

ご自身の気に入ったスピーカーに変更した事で

より楽しめるサウンドに変化しました。

 

 

 

 

アゴヒゲ白石

 


 ホンダ FIT Morel Maximo Ultra602 インストール!

最近

「アゴヒゲさんですか?」

 「お、しらちゃん!」

と声をかけて貰える事が増えて嬉しい

しらちゃんです。こんにちは。

 

 

 

今回はFIT RSに

Morel Maximus Ultraをインストールしたお話です。

 

 

 

 

ヘッドユニットは

カロッツェリアのDEH-970

 

スピーカーケーブルを引きなおし

内蔵アンプを用いてMorel Maximus ultraを駆動します。

 

 

防振はPAC1

元々防振が施工されていましたので

 

今回、PAC1施工に使用する防振材STP BOMB AERO等の

圧着に関わる部分や背圧処理に関わる部分は少々触りましたが

活かせる部分は活かしつつPAC1を施工しました。

 

バッフルはスーパーインナーバッフルを製作し

フローティングマウントでインストールしました。

 

 

 

ドア内かけたら見た目は元通りです。

 

 

ツイーターはオンダッシュ。

 

適度に傾斜した付属マウントは

ガラス等の反射を考慮してマウントすれば

定位感のある繋がりの良いサウンドに仕上がります。

 

Maximo6はMorelロゴが赤字ですが

Maximo ultraはシルバーですね。

 

 

最後に音響調整を行い納車となります。

 

 

 

Maximo ultraは

コストパフォーマンスが非常に優れており

ジャンル問わず鮮度の高いサウンドを奏でてくれるので

やはり”エントリークラスの刺客”という表現がピッタリです。

 

低価格ながらポテンシャルが高いというメリットもあるので

DEH-970内蔵アンプでお楽しみ頂いて

グレードアップをしたいと思われた時は

アンプを追加してみると、グッと良くなりますよ。

 

 

 

さて9月よりインストーラーが二人になり2週間を過ぎました。

出来る限り今までのペースで回したいと思いつつ作業を行っていますが

やはり二人で三人分のペースは難しいものがあります。

そのような中、お客様のご協力により倒れずにインストール作業させて頂いていますので

感謝いっぱいです。

 

ご配慮頂いた分をサウンドでお返ししなければと思っていますので

二人になったからこそ今まで以上のクオリティを目指してインストールしていますので

皆様よろしくお願い致します。

 

 

アゴヒゲ白石


 フィットシャトル カロッツェリア Z172PRS インストール!

 

今度こそ涼しくなってきました!?

 

先日は糸島の白糸の滝に

マイナスイオンを浴びに行ってきました。

 

滝って撮り方によって姿を変えるので面白いですね。

 

 

こんにちは、しらちゃんです。

 

 

 

本日はホンダ フィットシャトルに

カロッツェリア TS-Z172PRSをインストールしたお話です。

 

 

 

ヘッドユニットはサイバーナビ

入庫時、ナビの動作がおかしいという事でしたので

見積依頼→修理となり

動作バッチリの状態で戻ってきました。

 

”使い慣れたナビ”を用いてサウンドをグンと良くしていきます。

 

スピーカーケーブルを引きなおし

エモーション オリジナル パッシブネットワークを製作。

バイワイヤリング接続でZ172PRSを駆動します。

 

 

 

 

防振はPAC2

 

インナー鉄板、アウター鉄板、内張りを防振、遮音します。

 

純正では防水ビニールがついていますが

ホンダブチルは相変わらず厄介ですね。

水っぽくて掃除が大変です。

 

アウター鉄板をレアルシルト匠で防振し

レアルシルトディフュージョンを追加。

 

アウター鉄板に跳ね返った音はコーンの動きを抑制してしまいますので拡散させ緩和させます。

 

スピーカーは、表と裏、両方から音が出ていますので

どちらも意識してインストールを行う必要があります。

 

 

 

インナーバッフルを製作しフローティングマウント。

 

 

内張りの音漏れ防止リブにあわせて

遮音スポンジを貼ります。

 

 

内張りの防振(遮音)も行います。

 

 

ツイーターはAピラーワンオフ。

 

フィットシャトルは

Aピラーと鉄板の間が殆ど無い

二股ピラー

なので難易度は少し高いかもしれません。

 

 

最後に調整を行い納車となります。

 

 

アウトドアを楽しむお客様でしたので

システムはシンプルですが

 

スーパーインナーバッフル

防振をPAC2

Aピラーワンオフと

 

フロントを固める事でPRSならではのローエンドの伸びた

鮮度の高いサウンドに仕上がりました。

 

 

最高の音楽で最高のアウトドアライフを。

 

 

 

アゴヒゲ白石

 

 

 

 

 

お問い合わせ

 

 

 

 

 

 

 


 ホンダ アコードツアラー M5DSP 取付

 

夏季休暇は大分県巡りに行き

お猿さんと戯れてきました”しらちゃん"です。

 

本日より通常営業に戻りますので

皆様よろしくお願い致します。

 

 

 

 

さて本日はアコードツアラー

走っている台数は少ないですが

まとまったデザインで好きな車です。

 

 

 

純正ナビを用いて

MATCH M5DSPを追加して音響を整え

純正スピーカーに戻します。

 

アコードツアラーはラゲッジに純正アンプがあるので

DSP取付の場合、ヘッド周りはバラさず施工できます。

 

 

 

ツイーター、ミッドバスを独立で制御する為

ドアにスピーカーケーブルを2本通します。

 

 

 

M5DSP本体はシート下にインストール。

相変わらず小さいユニットなのでインストール場所は困りません。

 

ハーネスの中にインプット、アウトプット、電源とあり

ケーブルの本数は多いので丁寧にワイヤリングを行わないとモコモコになりますね。

 

 

M5DSPは外部入力がありますので

純正ヘッドユニットと外部入力でiphoneやウォークマン等を使用する

といったシステムも面白いのではと思います。

 

 

近年の国産車やVW等の輸入車の純正ナビも

プリセットで音響加工されている車が多いので

 

まずは外部DSPのインストールを行い

その結果に応じて判断されると良いと思います。

 

 

 

アゴヒゲ白石


 MOPナビ装着車だったホンダ VEZELにオーディオインストール

一日3回はトイレに駆け込む僕からすれば、

 

猛暑が続く今日この頃

トイレは修行部屋に他ならない。

 

こんにちは、快便しらちゃんです。

 

 

そういえばうちのブログ

”もしもし”からご覧頂いている方が多いようなので、

見やすくしてみましたが如何でしょうか。

 

 

 

さて本日は、

ナビにちと苦戦しつつ、バチっとオーディオインストールしたお話。

 

 

 

お車はホンダ Vezel

 

 

既に8インチサイバーナビが取付されていましたが

どうも車速が取れていないご様子。

 

蓋を開けてみると、

おや、いつものホンダハーネスと違う。

 

さてはMOPナビ(メーカーオプションナビ)装着車だったんですか?もしかして。

 

最近のホンダのMOPナビ装着車は、

 

オーディオレス、DOPナビ装着車とナビ裏のハーネスが異なり、

 

 

市販の社外ナビ取付キットでは取付不可になっているようです。

 

 

メインのカプラーが形状は同じだが、中の配列が異なるという、

実にいやらしい感じになっています。

 

イルミと車速がいないんですねこれが。

 

そこは、「ん〜」とか「ヒョー!」とか言いながら配線加工して

ナビを正常動作するようにし、

 

オーディオインストール開始!

 

システムは、、、、

 

サイバーナビ

Helix DSP Pro mk2

カロッツェリアRS3way

RS-A99x(2台)

です。

 

スピーカーケーブルは

ZONOTONE 6NSP-Granstar2200α

です。

 

 

スーパーインナーバッフル

防振はPAC1です。

 

 

Aピラーワンオフ

車、シートポジション等によって位置、角度を変えて製作しているので、

同じように見えて1台ずつ違います。

 

 

A99X2台とHelixDSPはラゲッジにインボックス。

上に物を置いても大丈夫な様、

丈夫な箱を製作してアンプ、DSPをマウントしています。

 

 

 

元々足元に両面で取付されていたETCを、純正位置に付け替え。

 

 

ガーニッシュの下に、両面で取付されていたバックカメラも、純正位置に付け替えました。

 

 

 

 

 

 

最後に、DSP Pro mk2の調整機能をフル活用して

再興のサウンドに仕上げ、納車になります。

 

DSP内蔵のナビもありますが、

調整していると

「ここが触れたらもっと良くなるのに〜!」

って事が良くあります。

 

そこが触れる外部DSPは、

カーオーディオにとって非常に効果があるアイテムです。

 

また近年増えてきている

交換できないナビ装着車にもおすすめです。

 

 

 

 

さて木工室では

 

 

 

チーフ松浦がグラインダー握って

ヘヴィウエイトの削り出しのバッフルを製作中です。

 

その間、木工室はグランドキャニオンと化します・・・・・・

 

総員退避〜!

 

 

 

アゴヒゲ白石


 ホンダ フリード DYNAUDIO スピーカー交換

JUGEMテーマ:車/バイク
皆さまこんばんは。
齊藤三段です。

怒涛の年始から始まった本年ですが、このままあっという間に1年が経ちそうな
気さえしてきました。
親方、ピットに仮眠用の小屋が欲しいです。
表札は「ポチ」でお願いします。
日本では犬はポチ、猫はタマと昔から決まっていますね。

さて、くだらない話はさておき本日はこの一枚から。

ランチア ムーザのオーディオパネルを製作中です。
完成をお楽しみに。

本日はホンダのフリードをご紹介します。
残念ながら車両のお顔を撮り忘れました。
スミマセン。。

それではインストレーションを。


ヘッドユニットは三菱のダイヤトーンサウンドナビ NR−MZ60PREMIです。
今回は内蔵アンプをOFFにしてロックフォードのパワーアンプでフロント2WAYを
駆動します。



ツイーターはDYNAUDIOのESOTEC MD−102を
Aピラーワンオフでのインストールです。


ミッドバスは同じくDYNAUDIOのESOTEC MW162を
コスメティックアウターバッフルによるインストールです。
エモーションのコスメティックアウターバッフルとは、内張りの面まで
インナーバッフルを立ち上げ、スピーカー付属のグリルネットを使用すべく
内張りを開口し、化粧パネルを制作して仕上げるバッフルシステムです。
位置付けとしてはスーパーインナーバッフルとアウタースタンダードの
間になります。


ドア内部の写真です。
ドア防振はPAC1です。
このお車は鉄板開口部が大きく、面積も広いため付帯音の除去が難しいです。
バッフルはフローティングマウントしてあります。


内張り加工前の状態です。


助手席シート下の様子です。
パワーアンプはロックフォードのT400−4。
このアンプでフロント2WAYマルチを駆動します。

フリードのシート下はこのアンプの大きさが限界でしょうか。
ギリギリというか、丁度収まりました。
高さには余裕があるのですが...

60PREMIにパワーアンプ。
ツイーターはAピラーワンオフ。
ドア防振はPAC1にバッフルはコスメティックアウターバッフル。
カーオーディオは小さい事の積み重ねでより良い音質になっていきますが、
まさにそんなバランスのとれた1台になっていると思います。

今年に入ってからパテの使用量がすごいエモーションです。

齊藤・三段

 

 フィット3 ハイブリッド デジタルプロセッサーとアンプのインストール

JUGEMテーマ:車/バイク

皆さまこんばんわ。
齊藤三段です。

最近何故か寒さに慣れてきた様な気がしております。
もちろん風邪をひくこともなく絶好調であります。
ただ単に先週から我が身にインストールした○ートテックの効果かもしれません...
いや、他にありません....
これ以上寒くなったら2重にして対応致します。

さて、本日はホンダの人気(話題?)コンパクト・ハイブリッドである
フィット3ハイブリッドをご紹介します。



オーディソンのデジタルプロセッサー「bitten」を用いて
カロッツェリアのパワーアンプ「PRS−D700」でモレルの
2WAYを駆動します。

システム図です。



それではインストール状態を。


ヘッドユニットはホンダ純正のナビゲーションです。
スピーカーレベルの音声信号を取り出し、bittenに入力します。


助手席シート下の状態です。
手前がオーディソンのデジタルプロセッサー「bitten」
奥がスピーカーを駆動するパワーアンプ「PRS−D700」です。


エンジンルーム バッ直配線の状態
パワーアンプ2基分のヒューズホルダーを固定してあります。


インナーバッフルですのでドアの外観は変わりません。
スピーカーはモレルの「VIRTUS MW6」です。


ツイーターはモレルの「MT220」
専用のマウントを用いてオンダッシュです。

今回のシステムのようにコマンダーなしのbittenであれば
パワーアンプの追加も視野に入ります。
純正ナビを活かして外観はオンダッシュのツイーター以外
純正然としていますが、デジタルプロセッサーを駆使して
完璧に調整された音質はケタ違いです。

3代目フィットではシート下のスペースが少しだけ広くなっています。
初代・2代目に比べて高さにゆとりがあるため、パワーアンプの選択肢も
ひろがりそうです。

齊藤・三段



 

 ホンダ オデッセイ アブソリュート 3WAYシステム スピーカー インストール

JUGEMテーマ:車/バイク

皆さまこんばんは。
齊藤三段です。

本日はホンダ・オデッセイ アブソリュート(現行RC1)への取り付けをご紹介します。


3WAY+サブウーファーのオーディオシステムにオリジナルセンターコンソールの製作と
フリップダウンモニター&DVDプレイヤー&地デジチューナー取り付け。
更にセキュリティ取り付けという内容です。
その造り物の多さ、システムの複雑さからチーフインストーラーの松浦大将を中心として
エモーションが渾身の力を込めて仕上げた1台です。

それではインストレーションを。


ヘッドユニットはカロッツェリア RS−D7X



ツィーターとミッドレンジは「Aピラーワンオフ」2連です。
フロント3WAYのスピーカーはカロッツェリアPRSシリーズです。



ドアスピーカーのマウントは「アウタースタンダード」




ドア防振は「PAC2」です。
ドアアウター鉄板、インナー鉄板、内張りの全てに防振・遮音処理を施します。


ラゲッジルームのサブウーファーボックス
RC1型のオデッセイはラゲッジルーム下部に3列目のシートを格納する
構造になっているため、コネクター脱着式のエンクロージャーです。


フロントシート下とセンターウォークスルー部の状態です。
シートを取り付ける前の状態ですが、助手席下にキャパシタ、
運転席下にカロッツェリアのデジタルプロセッサー「RS−P99X」を
インストールしてあります。
センターコンソール内部には全スピーカーを駆動するARC AUDIOの
パワーアンプを2基搭載しています。



オリジナルセンターコンソールの状態
純正の機能はそのままご使用頂けます。


天井にはフリップダウンモニターをインストール。
後部座席からセンターコンソールのDVDと地デジを切り替えて視聴できます。


後部座席から見たセンターコンソール
後部座席でのディスク操作が可能です。
DVDプレイヤーはカロッツェリアのDVH−570
音声はRS−D7X靴愼力してあります。

ファミリーカーとしての機能性を確保したまま、ハイエンドのオーディオ機器を交えた音響システムと
後部座席で楽しめる映像システムを詰め込んだ1台です。
今回は概要をご紹介しましたが、後々詳細なインストレーションや付随する小ネタもご紹介していきます。
長くなりましたが、本日は以上で失礼致します。

齊藤・三段(今日は朝寝坊)









 

 ホンダ フィットシャトル・ハイブリッド サブウーファーシステム

JUGEMテーマ:車/バイク
皆さまこんばんは。
齊藤三段です。

本日はフィットシャトル・ハイブリッドへのサブウーファーシステム取り付けをご紹介します。



運転席下のパワードサブウーファーを撤去して、エモーションオリジナルの本格的サブウーファー、
小型エンクロージャーシステムをインストールします。

それではインストレーション状態を。


ヘッドユニットはサイバーナビ AVIC−ZH07



スピーカーはTS−C1710A


運転席下にカロッツェリアのパワーアンプ GM−D7100を取り付け
このアンプでラゲッジのサブウーファーを駆動します。



ラゲッジルームのサブウーファーはロックフォードのP2シリーズ
DVCの8インチ(20cm)です。
エンクロージャーはコネクター脱着式のオリジナル製作品です。
今回はオプションのグリルが取り付けてあります。
しっかりとした鉄製グリルですので安心です。

今回ご紹介しました「サブウーファー・システム」ですが、
ご要望に合わせて様々なプランが可能です。
ホームページにコンテンツを掲載しておりますので一度ご覧いただければと思います。

「サブウーファーを高音質で鳴らしきる極意」
http://www.emotion-jp.com/sub-woofer/index.html


齊藤・三段
 

 ホンダ N-BOX + Custom スピーカー交換とTS-WH1000A取り付け

JUGEMテーマ:車/バイク
皆さまこんばんは。
齊藤三段です。

朝晩は寒いと感じるようになってきました。
体調管理には気をつけなければなりませんね。
軽量・肉薄の私にとっては辛い季節の始まりです。

本日納車しましたN-BOX + Customをご紹介します。


ラゲッジの床を斜めにするなどして更にユーティリティ性能を高めたお車です。
このお車にはアルミスロープが取り付けされていました。

今回の内容はスピーカー交換とラゲッジへのパワード・サブウーファー取り付けです。

それでは取り付け状態を。


ヘッドユニットはダイヤトーン・サウンドナビ NR−MZ60です


スピーカーはカロッツェリアのTS−V171
ツィーターはオンダッシュマウントです。


音響加工前のドア


ドア防振は「スーパースタンダード」


インナーバッフルはカロッツェリアのMDF製をフローティングマウントしています。
インナーパネル⇔内張り間の音漏れを防ぐスポンジにも密度の高いものを使用しております。
(スポンジというよりゴムに近い)



インナーバッフルですので外観は変わりません。


最後にラゲッジのパワード・サブウーファー TS−WH1000Aです
今回は簡単に脱着できる状態での納車となりました。

さて、NR−MZ60は上位機種の60PREMIと違い、
サブウーファー用のRCA出力が有りません。(MZ80系も同様)
これはハーネス交換によりRCA接続でき、サブウーファーとしての
調整が可能となります。


齊藤・三段





 

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
エモ蔵
エモーションのネット販売 エモ蔵
天気
九州の天気
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 日産 エクストレイル PAC1防振 と 防振の重要性
    エモ親方 (08/30)
  • サブウーファーについて、その1、選び方とアンプの組み合わせについて。
    通りすがり様、 (08/30)
  • サブウーファーについて、その1、選び方とアンプの組み合わせについて。
    通りすがり (08/22)
  • 日産 エクストレイル PAC1防振 と 防振の重要性
    よし (08/21)
  • カーオーディオコンテスト、雑感。
    少し気になったので・・・ (08/02)
  • イベント、大盛況のうちに終了いたしました。参加された皆様、ありがとうございました。
    高橋 (07/03)
  • いよいよ明日に迫りました!カーオーディオマガジンプレゼンス 石田功×橋本修トークショー!ところが!・・・
    渡邉 寛 (07/02)
  • デジタルプロセッサーの極意〜〜〜HPコンテンツの更新
    へっぽこイース (05/12)
  • 究極の電源カプラー!!
    ぱね (04/02)
  • メルセデス・ベンツ C180ステーションワゴン(W205) FOCAL プロセッサーシステム
    桝田 行伸 (11/05)
recommend
エモーションズ
エモーションズ (JUGEMレビュー »)
マライア・キャリー
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
sponsored links