>> カーオーディオショップエモーションのサイトはこちら

 トヨタ ヴェルファイア Focal 165W-XP インストール


"松浦チーフ"と"しらちゃん"とで山活!


ミヤマキリシマシーズンの九重連山へ行ってきました。

 

不安定な天気が続く中、当日はドピーカンの晴天!

 

登る途中は、汗と一緒にストレスも流し、

やっとの思いで山頂に着いた時に疲れも吹っ飛びます。

 

自分の足で登った人だけが観れる

最高の景色です。クセになります。

 

九州本土最高峰の"中岳"も

しっかり縦走してきたので、

 

これで僕も"趣味は登山です!"って言えそうです。



ブログは少しずつ書き上げているので、

時系列が狂ってますがご了承!

 

こんにちは、しらちゃんです。

 

 

 

本日は、

元々当店でオーディオ施工させて頂いていた車の仕様変更です。

 

ナビゲーションを 旧型サイバー → Carrozzeria CZ902XSへ

スピーカーを Focal Utopia 165W-XPへ

入れ換えしていきます。

 

 

まずは全体から。

 

旧型となる165W-RCと、色も違えば大きさも違います。

 

 

 

ツイーターはAピラーワンオフ。

上位クラスのUtopia Mと同じ、黒フェイスです。

 

W-RCと比べると、

ひと回り大きくなったので、存在感がありますね。

 

純正に似た生地で巻きフィニッシュです。

 

 

 

ドアは、

スーパーインナーバッフルを製作し、ウーファーを取り付けます。

 

遮音スポンジもドア内張りのリブに合わせて貼り付け、

音の内張りへ回り込みを防ぎます。

 

 

また防振も旧式でしたので、

PAC1へグレードアップ兼、見直しを行い、

ストローク量のあるウーファーに負けないドアに仕上げます。

 

 

 

内張りを戻したら、元通りです。

 

 

他、既にインストール済みのCarrozzeria PRS-A900、

イメージダイナミクスのサブウーファーと1chアンプはそのまま使用。

 

ワイヤリングをマルチシステムに変更して完成です。

 

 

 

現行サイバーナビの最大の魅力は音質は勿論、調整能力にもあります。

従来の調整機能にプラスされたサブウーファー独立EQ。

これが非常に使えます。

 

ピークやディップを調整し、

ドアスピーカーの低域が伸びた(サブが消えた)様になればバッチリです。

 

 

高解像で、音源の全てを引き出すサイバーXで、

解像度が高く、豊かな音色を奏でるFocalを鳴らし、

 

最新の機器を用いて、より良い音で

お気に入りの音楽を楽しめる空間が完成しました。

 

 

 

アゴヒゲ白石

 

 

 

instagram

 

FACEBOOK

 

メールで問い合わせ

 

TEL 092-939-0789


 ツイーターのグレードアップで音質向上! トヨタ C-HR オーディオインストール

 

有名な写真スポットでも

カメラを向ける位置、角度で

全く違うモノが撮れるのが写真の面白みの1つ。

 

同じ趣味を持つ方々との井戸端会議に花を咲かせ

一人で行っても、楽しいひと時を味わえるのも

写真の良いところかもですね。

 

こんにちは、しらちゃんです。

 

 

 

さて本日は、

トヨタ C-HRのご紹介。

 

初めはスピーカー交換プランから始まったお車ですが

少しずつグレードアップして今の形になりました。

 

お客様の中には、最終的な目標の形はあるものの

 

"少しずつやって音の変化を楽しみたい"

 

というスタンスに合わせて

汎用性のあるシステム、製作をしているお車です。

 

 

 

全体はこちら。

ツイーターは、Morel Supremo piccolo髻

ウーファーは、Morel Maximo ultra602。

 

フロントは Morel Maximo ultra602の2wayから、

ツイーターのみグレードアップしてピッコロに変更。

 

ツイーターのクオリティを上げると

想像以上の音質向上を感じて頂けると思います。

 

 

 

さて少し前に、

当店のデモカー兼代車で活躍していた黄色Vitzをご存知の方であれば

ピンと来るかもと思いますが

 

"ドアには触れず、ツイーター+DSPでココまで音質向上出来ますよ"

な、デモカーでした。

 

当時のシステムは、

安価な型落ちのナビ+DSP+EMOツイーター。

 

触ったところと言えば、DSPを取付して、ツイーターをつけただけ。

 

どノーマルのドアの音が何故良くないのか。

を理解して音響調整を行えば

 

多くの人に

本当にドア何もしてないの??

と言われる程の音質向上が可能です。

 

 

また様々な理由で

”音を良くしたいけど、ドアは触りたくない”

 

という方もいらっしゃるので、

 

そんな時はツイーター取付がもってこい。

 

現行の純正ナビは、タイムアライメントが付いている型も増えてきましたし

サイバーナビ、サウンドナビ、彩速ナビ等が付いていたら尚良し。

 

ツイーターを付けて音響調整を行うだけで

低コストで、びっくりするほど良い音にする事ができますよ。

 

更に更に

当店オリジナル EMOツイーターは

そんなシステムにも対応出来る様に開発したツイーターなので

 

これまたオススメ。

 

御視聴希望の方は

黄色Vitzは使命を果たして、今頃フライパンになっているので

デモボードで聴いてみてください。

 

耳触りの良い優しい音色なので

気に入って頂けると思います。

 

 

 

 

 

ナビはトヨタ純正ナビ。

 

・車買う時に選んだ!ついてきた!

・新たにナビを買うのはちょっと。。

 

そのまま使いましょう、そうしましょう。

 


音声信号を頂いて、Helix DSPへ入力。

外部DSPにて音響調整を行います。

 

 

ツイーターは、Aピラーワンオフ。

 

オプションのLED仕様でのインストールです。

 

LEDのオンオフは、純正のイルミスイッチに連動。

好きなタイミングでON/OFF出来ます。

 

 

 

ドアは、

Maximo ultra602のウーファーを

スーパーインナーバッフル、PAC1 Plus防振でインストール。

 

最近は樹脂パネルが増えてきたので

THE鉄板。な共振音よりは幾分マシな気はしますが

やはり止めてあげたほうが明らかに良い音になります。

 

そして内張り防振、効きますよ。

内張りが音を出すと、逆相音が混ざり、

ドアスピーカーの音が飛びません。

 

ドアに張り付いたような音がする時は

内張りが歌っているかもしれませんね。

 

 

 

そしてラゲッジ。

 

ヒドゥンインストレーションで

Rockford fosgateの10インチサブウーファーが二発と

フロントとサブを鳴らすMMATSパワーアンプです。


意外かもですが、MMATSとモレルの相性は非常に良いですよ。


モレルのウォームな音色を生かしつつ

アンプの駆動力の強さで、カーオーディオだからこそカチッとしておきたい

"定位感" "音離れの良さ"を実現出来るナイスな組み合わせです。

 


後の3way化に備えて

アンプ部は、大きくスペースを取って製作しているので

アンプがもう一台増えたり、変更になった場合も小加工で交換できます。

 

 

またツインサブウーファーにする事で

量感とハイレスポンスの両取りを実現。

 

1度ツインサブを知ってしまうと

シングルではモノ足りなくなるほど世界が変わったりしますよ。

 

勿論、ツイン用のエンクロの容量と音響調整が必要なので

ここにもノウハウが詰まってます。

 

 

 

ご興味あればぜひお問い合わせください。

 

 

アゴヒゲ白石




メールで問い合わせ

TEL 092-939-0789


 素晴らしい防振材を発見!50プリウス後期 スピーカー交換プラン MOREL

 

新年度、初ブログです。

 

福岡県は朝倉市、草場川の桜並木。

 

夜は豆電球が光るちょっとしたライトアップもある場所です。

 

出店等は無く、シンプルに桜と菜の花が咲いている所ですが

風の音が聞こえる静かなところで、中々良いスポットです。

 

子どもと散歩する親子がいたり

じーちゃんばーちゃん仲良く散歩していたり

 

見ているだけで心が安らぐ景色が、そこにはありました。

 

 

”春”は、様々な環境の変化がある季節ですが

 

天気が良い日に、ちょっと外に出てみると

新しい環境で不安がある自分を

そっと癒やしてくれる様な景色が、そこに広がっているかもしれません。

 

 

こんにちは、しらちゃんです。

 

 

 

 

さて本日は、

 

顔も、お尻も変わって

新しくなった50プリウスのスピーカー交換を行ったお話です。

 

 

 

コスパが良すぎて

もはやスピーカー交換では定番になりつつあるスピーカー

Morel Maximo ultra 602を

インナーAピラーでインストールしました。

 

 

ナビゲーションは、トヨタ純正ナビ。

 

画面が大きいモデルが選択出来る

+純正ナビでないと使えない機能がある?様で

純正ナビを選択される方も多くいらっしゃいます。

 

そのような場合は、

 

今回の様に当店オリジナル パッシブネットワークを用いて

バイワイヤリング接続し、高音質化を図ったり、

 

外部DSP(デジタル入力あり)+アンプを用いたりと

 

様々なアプローチの仕方がありますので

予算はいくらで、この様にしたい!とご相談頂ければと思います。

 

 

 

ところで、最近のトヨタ純正ナビには

タイムアライメントと、ゲインが触れます。 

 

調整ステップがザックリではありますが

あるのと無いのでは雲泥の差。

 

使える機能は存分に使って

最も音が良い状態に調整します。

 

 

この時、バイワイヤリング接続してあげれば

各ユニット独立でコントロール出来る様になるので

 

純正ナビでも、こんなに良くなるの!?

と驚いて頂けるレベルのサウンドまで持っていく事が可能です。

 

 

13バンドイコライザーもありますね。

 

肝心な周波数がいない様な気はしますが

これまた、あるのとないのでは大違い。

 

車だからこそ起きる反射、定在波等の影響で起きたピーク、ディップを整えます。

 

 

そういえば

オーディオ屋さん的に嬉しい機能も発見しました。

 

今までのモデルは、

作業の為にバッテリーのマイナスを抜くと

再始動時にナビパスワードを要求され

 

"OH.."

 

となる事が多々ありましたが

 

今のモデルは、

車両情報の何かを拾ってやりとりしている様で、

盗難ではなく整備の為に外したのね。と判断して

パスワード入力をパスする事が出来るようになったみたいです。

 

かしこい!

 

 

 

ドアは、

Carrozzeriaバッフル + PAC1防振。

 

当ブログを毎回読んで頂ける

心優しい皆様であれば、お気付きかも知れませんが

 

防振材、新たに良い物を見つけて

いつもの様にテストの末、採用しています。

 

パッと見た感じでは、レジェトぽい様に見えますが違います。

 

絵書いたりの表面処理は特にせず

シンプルな構造な事もあって価格が手頃なのですが

 

厚みが絶妙で、鉄板の凹凸にしっかりと追従し

ブチルの質がすこぶる良く、音が良い。

 

所謂、安い防振材は

ソコソコ止まるけど、防振材の音がするケースが良くあるのですが

これは感じません。

 

勿論、いつも通り

トンカチで”ぼてくりまわす”必要はありますが

しっかりと圧着出来ていれば、固有音を出さずにシッカリ止まります。

 

本来は、カー用ではなく

別業界でノイズ低減用として販売されている様ですが

オーディオにも向いてますよこれ。

 

 

バッフル付属のスポンジも必ず付けて

ドア内張りを戻します。

 

 

元通りです。

 

 

 

ツイーターは、Aピラーワンオフ。

 

50プリウスは、

純正ピラーが生地仕上げのモノになっています。

 

通常のシボ加工されたプラスチックの物であれば

パテが乗る様にする”アシ付け”作業は、そこまで時間を必要としないのですが

 

このピラーは、プラスチックに生地が植えてある様な付き方をしているので

モサモサが取れるまで削り取る必要があり

アシ付けに、結構な時間がかかります。

 

ここをサボると、ピラー脱着時に

パテ部が剥がれたりする恐れがあるので

しっかりとアシ付けしてから

パテを盛って削ってを繰り返し、形にしていきます。

 

そして成形後、生地を貼り完成です。

 

 

全てのインストール作業終了後

音響調整を行い、納車となります。

 

 

 

 

50プリウスが発売されたのは

つい最近のような感覚ですが、2015/12〜なんですね。

時が経つのは早いなぁ。



新年度ということで

今年度も気合を入れて、良い音を届けていこうと思いますので

皆様、よろしくお願い致します。

 

 

アゴヒゲ白石


 トヨタ ノア サイバーナビ、Morel他 インストール

 

見よう見ようと思っていたのですが

先日の休日にやっと見てきました。

 

ボヘミアンラプソディ。

 

IMAXも初体験でしたが、とても良かったです。

 

内容は勿論ですが興味あったのはやはり音。

PAサウンドな音作りで、ライブで感じる音に近い印象でした。

 

映画後半は、

学生時代のバンドやってた記憶がフラッシュバックして一人でシクシク。

 

一方二つ隣の方は、

膝を叩いて楽しそうに見ておられました。

まるで、そのライブに自分も行っているような感覚だったのだと思います。

 

改めて音楽は、人を楽しませ、

時には感動させる力があるなぁと思った映画でした。

 

 

そんな音楽を移動中に楽しめるのがカーオーディオなのですが

近年の車の純正オーディオは、

コストダウン等で音が悪くなっている傾向があります。

 

そんな事もあって

車は、音楽を楽しめる環境でもあるのだから

より多くの人に、良い音で好きな音楽を楽しめる

カーオーディオを広めたいなと思った休日でした。

 

 

こんにちは、しらちゃんです。

 

 

今回取付させて頂いた車はパキパキの新車。

 

誰しも車を手にしたら出来る限り早く、

ナビやオーディオの取付もしたいと思われる方が多いと思います。

 

そこで前もって、お車の納車予定日と、施工内容が決定していれば

スムーズに当店に入庫出来ますので

 

増車、乗換等があれば

納車予定日が決定次第、ご連絡頂けたらと思います。

 

急遽決まった場合でも

ナビやバックカメラのみであれば、早めに入庫出来るのでご連絡ください。

 

 

 

さて本日は、トヨタ ノアに

 

Carrozzeria AVIC-CZ902 サイバーナビ

Carrozzeria ND-BC8 バックカメラ

Morel Tempo Ultra602

Carrozzeria TS-WX1010A パワードサブウーファー

 

を取付したお話です。

 

 

まずはドアです。

防振はPAC1、

バッフルは、ワンオフ製作のスーパーインナーバッフルです。

 

最近は書いてませんが

当店が製作する全てのスーパーインナーバッフルは、

鉄板とバッフルの間にインシュレーターを挟み、

振動を極力伝えないように工夫しています。

 

インナー取付の場合、

バッフルに重量や剛性を持たせる事に限界があるので

この工夫は効きます。

 

勿論、鋼材屋さんに、様々な材料、寸法で作ってもらい

テストして生まれたインシュレーターなので効きも違いますよ。

 

 

 

スピーカーを固定した後、

インナー取付では必ず必要な、遮音スポンジを表側に取付し、

内張りを戻します。

 

 

 

見た目は元通りになりました。

 

 

Morel Tempo Ultra602のツイーターは、オンダッシュマウント。

 

角に寄せた方が、見た目がスッキリはしますが

音がボッコリ反射して、散ってしまいます。

 

その為、窓と窓、ピラーから少し離して取付しています。

 

 

 

Carrozzeria TS-WX1010A。

 

パイオニア グローバルシリーズという

世界販売されているモデルが、国内でも取り扱いが開始され

このサブウーファーもその1つ。

 

見た目は、アンプ別のサブウーファーの様ですが

箱の中にアンプが入っているパワードサブウーファーです。

 

お値段、3万円(税別)也。

 

図体が大きい分、お弁当箱型サブウーファーとは違い、音圧を感じます。

 

安定性の都合で、寝せれる車であれば寝せるようにしていますが

立てれば軽自動車のラゲッジでも入ると思います。

 

 

 

Carrozzeria ND-BC8鬟丱奪カメラも取付。 

 

トヨタの場合、大半の車種が、

”ここにバックカメラ付けてねスペース”があるので

比較的、埋め込み取付が容易な車種が多いです。

 

 

 

取付終了後、音響調整を行い納車となります。

 

サイバーナビは、10万円台でハイレゾ対応、高音質なので

新車取付でも良く選ばれています。

 

今回は7インチモデルのCZ902ですが、

8インチのCL902、

そして、Xシリーズの7インチモデルのCZ902XS

8インチのCL902XS、

からの車種専用モデルと

 

バリエーション豊富で、ニーズにあった選択が出来るので良いですね。

 

 

アゴヒゲ白石

 

 

 

PS.インスタの方ですが

今のところ、ほぼ毎日更新です。

また、フォローして頂いたら全員フォローバックしていますが

このアカウントでは、投稿のみで

観覧や質問の返信等は基本的にしておりません。

 

 ご質問等あれば、メール、電話にてお願いします。

 

 

instagram

https://www.instagram.com/emotion.jp/

 

 

問い合わせ

 

TEL 093-939-0789

 


 トヨタ ヴェルファイア アンプ交換 と アクリルLEDメイク

 

 

割と料理をする僕ですが

愛用していた”しょうゆ”が、変わりました!?

 

数件スーパーを回っても”いつもの”が見つからず

違うメーカーのモノを使っていました。

 

しかし、高血圧まっしぐらな程

”醤油”と”砂糖”と”みりん”を鬼のように使う白石家には

しょうゆの味が大部分を占めており

 

違う醤油だと、どうも好みの味付けにはならず

もしやと調べた所、、

 

パッケージが変わった説。

 

 

まだ使ってないので、味は不明ですが

変わってない事を祈ります。

 

こんにちは、”しらちゃん”です。

 

 

 

さて本日は

常連様の車、トヨタ ヴェルファイアに

 

BRAX Graphic GX2400の取付

フロア、ラゲッジ防振

リアゲート防振

ドアSP、ラゲッジにアクリルLED追加

 

を施工したお話です。

 

 

この車は、1年ほど前に入庫した時の形

 

Helix DSP Pro mk2

オーディオテクニカ AT-HRD500

Carrozzeria TS-Z1000RS 3way+SW

Carrozzeria RS-A99X 2枚

RS Audio レギュレーター

 

アルパインBIG X

SONY ウォークマン

 

のハイレゾOK、超高解像度、モニタライクなサウンドを奏でるシステムでしたが

 

この度、GX2400の奏でる色気のあるサウンドに仕様変更です。

 

 

 

Carrozzeria RS-A99X(20万) → BRAX Graphic GX2400 (38万)

 

と、定価で見ると2倍近くしますが

Carrozzeriaのフラッグシップは他ブランドに比べて

”出音に対して、金額設定が安い”と僕は思ってます。

 

つまり、20万と38万のアンプなら、38万の方が良いに決まってる。と思いがちですが


そうとは限らないわけですね。

 

 

A99Xは、高解像度のCarrozzeriaサウンド。

音楽性豊かで、クセのない色付けのない素直なサウンドがピカイチです。

 

GX2400は、僕的に言えば”エロい音”。

ボーカルに色気があり、濃い音を出します。

 

 

要は、今回のシステム変更は、グレードアップとは言わず

仕様変更って事ですね。

 

 

 

 

前周りは、ドアのLEDのみの変更ですので

全体図でお届け。

 

Aピラーに

ツイーターとミッドレンジをインストールした

Z1000RSの3way構成です。

 

各ユニットにはブルーのLEDリングを仕込み

車内の差し色であるブルーに合わせ、統一感と存在感を演出します。

 

 

 

そしてラゲッジには

 

何もありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

パカっと開けると

ジャジャーン!

 

今回は、お客様ご希望により

 

アクリルに文字を彫り、LEDを仕込む事で

文字が光って浮かび上がる仕様で作り込んでいます。

 

この様なカスタムインストールもお客様ご希望があれば出来ますよ。

 

 

当店ロゴと、チームロゴの奥には

薄っすらとGX2400が収められ

 

フロント3way+SWを

左右2枚のGX2400で駆動しています。

 

この2枚のアクリルは

世界に1枚ずつしかないモノですので所有感あります。

 

 

 

フロントシート下には

RS Audioのレギュレーターをマウント。

 

車のノイズも含んだ電源を

レギュレーターでクリーンにして、アンプに送る事で

S/Nが上がり、高音質で繊細なサウンドになります。

 

 

 

助手席下は、もう入りません。

 

リアのスピーカー用のアンプ

Helix DSP PRO mk2

AT-HRD500

 

がマウントされています。

 

”デジタルケーブルを出来るだけ短くする事”

これはハイレゾをより楽しむ為に重要なポイントなので

DSPはシート下などに設置するのが望ましいと思います。

 

 

 

 

そしてリアスピーカーは

最初につけていたアルパインのスピーカーを

ウーファーはインナー

ツイーターはワンオフアウターでインストールしています。

 

 

ステアリング横のメクラ蓋を加工しスイッチを取り付け

 

リアスピーカーのオンオフ

オーディオ系のLEDのオンオフ

をワンタッチで出来るようにしています。

 

なので

 

THE 高音質カスタムオーディオの時もあれば

 

フロントスピーカー、リアスピーカーを鳴らし 

後ろの人も音楽やテレビを楽しめ、荷物も乗る時と

 

使い分けが出来るわけです。

 

 

 

 

今回の仕様変更+フロアデッドニング施工で

 

今までのサウンドとは違い

高解像度で、女性ヴォーカルのエロさ(生々しさ)が垣間見え

ゾクッとする音に生まれ変わりました。

 

フロントスピーカーのZ1000RSは

カー用スピーカーの中でも、抜群の音離れと高解像度を持つスピーカーなので

GX2400と組み合わせた事により

 

めちゃめちゃクッキリ見える定位感と奥行きがあり、

すべての楽器、ボーカルがリアルになり

曲の世界に吸い込まれそうなサウンドに仕上がりました。

 

 

また、今回はフロアのデッドニングを施工したので

サブウーファーの繋がりが良くなった事も、今回のサウンドの向上に貢献しています。

 

 

 

 

カーオーディオは、取付と音響調整で

同じシステム、同じ車であっても

良くも悪くも”全く別の物”と言える音になります。

 

それを分かっているので

みんな蚊と闘いながら、見えない所も手を抜かず

せっせとインストールを頑張っている今日この頃です。

 

 

もう少しすれば、

蚊を何匹やっつけたか数えながら仕事しなくて良い事と

気温が下がりブチルのドロドロともオサラバになるはずなので

少し回転が良くなると思います。

 

頑張っていきます。

 

 

 

アゴヒゲ白石

 

 


calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
エモ蔵
エモーションのネット販売 エモ蔵
天気
九州の天気
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 日産 エクストレイル PAC1防振 と 防振の重要性
    エモ親方 (08/30)
  • サブウーファーについて、その1、選び方とアンプの組み合わせについて。
    通りすがり様、 (08/30)
  • サブウーファーについて、その1、選び方とアンプの組み合わせについて。
    通りすがり (08/22)
  • 日産 エクストレイル PAC1防振 と 防振の重要性
    よし (08/21)
  • カーオーディオコンテスト、雑感。
    少し気になったので・・・ (08/02)
  • イベント、大盛況のうちに終了いたしました。参加された皆様、ありがとうございました。
    高橋 (07/03)
  • いよいよ明日に迫りました!カーオーディオマガジンプレゼンス 石田功×橋本修トークショー!ところが!・・・
    渡邉 寛 (07/02)
  • デジタルプロセッサーの極意〜〜〜HPコンテンツの更新
    へっぽこイース (05/12)
  • 究極の電源カプラー!!
    ぱね (04/02)
  • メルセデス・ベンツ C180ステーションワゴン(W205) FOCAL プロセッサーシステム
    桝田 行伸 (11/05)
recommend
エモーションズ
エモーションズ (JUGEMレビュー »)
マライア・キャリー
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
sponsored links