>> カーオーディオショップエモーションのサイトはこちら

 ツイーターグレードアップのススメ、と、出物のツイーターがあります。

 

皆さんこんにちは、エモ親方です。

 

しらちゃんこと、うちの白石が写真が好きで、

 

良くブログのオープニングに自分が撮った写真を載せているものですから、

 

私は好きな絵画、アートの類でも貼っていきたいと思います。

 

これは19世紀、イギリスの挿絵画家、アーサー・ラッカムによるもので、

 

「真夏の夜の夢」の1シーンです。

 

 

 

さて、皆さんはスピーカーをグレードアップする際、どうされていますか?

 

ほとんどの方が、より良いスピーカーへと買い替えをされるのだと思います。

 

もちろん、それがベストです!

 

 

しかしながら、ツイーターだけ交換するという手もあることをお知り置きください。

 

ツイーターの再生帯域は概ね3.5kHz以上で、これ以上の高音はハーモニクスのみの領域となり、基音はありません。

 

判りやすく言うと、ドレミの音階で最も高い音は、

 

フルスケールのグランドビアノとパイプオルガン、電子楽器とかを除けば、約3.5kHz

 

つまりこれ以上の高音に音階はなく、

 

この帯域を担当するツイーターは、

 

ほぼハーモニクスだけを再生していることになります。

 

音色は、ハーモニクスがどれだけ綺麗に重なるかで決まりますので、

 

ツイーターの音色決定要素は非常に強いという事になります。

 

もっとわかりやすく言うと、

 

例えばあなたが3万円のスピーカーをお使いで、

 

30万円のスピーカーはとても買えないとします。

 

しかしながら、30万円のスピーカーの、ツイーターだけが、10万円で売っているのだとしたら、

 

今の3万円のスピーカーのツイーターだけを、

 

その10万円のツイーターに交換することで、

 

20万円クラスのスピーカーに匹敵する音質にすることが可能なのです。

 

再度になりますが、ツイーターにはほとんど基音がなく、ハーモニクスばかりです。

 

従って、ブランドを同じにする必要もなく、

 

全く別のメーカーのものを組み合わせても、

 

よほど特殊なものではない限り大丈夫です。全く問題ありません。

 

ただし、以下のツイーターは要注意。

 

組み合わせを吟味の上、選択する必要があります。

 

・ホーン型ツイーター

・コーン型ツイーター

・特殊な振動板素材を持つツイーター

・能率が88dB以下のツイーター

 

カー用のツイーターは、

 

ほとんどがドーム型ですので、大丈夫です。

 

大抵のミッドバスには合うと思います。

 

また、上記のツイーターでも、

 

組み合わせを吟味し、音色に違和感がないことを確認できれば、

 

異なるメーカーのミッドバスとの組み合わせは全く問題ありません。

 

ツイーターチューニングは、低価格帯からハイエンドまで行えます。

 

では、シチュエーション別に、代表的なものを少しご説明しておきましょう。

 

 

〇純正スピーカーをツイーターチューニングする場合。

 

純正スピーカーでも、ツイーターを装着、或は追加することにより、

 

かなり音質向上をすることができます。

 

予算は、取り付け費込で5万円から6万円といったところでしょう。

 

ご予算が10万円くらいある方なら、スピーカーを交換してしまった方が良いからです。

 

純正スピーカーの多くが、車メーカーへの納入価格100円〜200円/1個の代物です。

 

つまり乱造品です。

 

これの問題点は、500円玉を10枚くらい重ねた程度の小さなマグネットや、

 

樹脂製のフレームバスケットなども問題ですが、

 

最大の問題点は、コーンが安物の紙製で、

 

分割共振歪みが極めて起きやすい所にあります。

 

だからあんなに音がこもっているんです。

 

ですから、純正スピーカーに装着するツイーターの条件としては、

 

|羚皺三茵3.0kHz)あたりまで再生できること。

 

1万円台で購入できること

 

ツイーターを3.15kHzのクロスポイントで使用できれば、

 

純正スピーカーを、2.0kHzでローパスすることができます。(マルチシステムの場合)

 

これにより、純正スピーカーのこもり音の原因である分割共振歪みを、

 

かなり削除することができ、音質をよりクリアにすることができます。

 

こんなツイーターがお勧めです。

 

 

 

 

 

 

carrozeria(カロッツェリア)TS-T730

 

カロッツェリアのCシリーズスピーカーのモデルチェンジに伴い、

 

TS-C1730Sと同じツイーターが、チューンナップツイーターとして登場しました。

 

これはかなり傑作だと思います。

 

エモーションでも、ご予算のあまりないお客様(5万円程度)の場合、

 

1万円台や2万円台のスピーカーをポン付で交換するよりも、

 

寧ろドア純正スピーカーはそのままで、このツイーターの装着をお勧めしております。

 

このツイーター、カタログ価格は12,000円(税別)です。

 

これにエモーション設計のバイワイヤリング(バイアンプ)対応ネットワークを用い、

 

ツイーターの3.5kHz以下を、純正スピーカーの2.5kHz以上を、-12dBスロープでカット。

 

これにより、純正ドアスピーカーのままでありながら、

 

1万円台や2万円台のスピーカーに交換した時よりも、音質を向上させることができます。

 

 

 

 

 

HELIX(ヘリックス)P1T

 

カロッツェリアがメリハリのある、シャープな輪郭を得意としていたのに対し、

 

ヘリックスは、柔らかめのヨーロピアントーン。

 

高音の主張が強い音をあまり好まれない方は、

 

こちらが良いと思います。

 

カタログ価格は¥18,000(税別)

 

3.15kHz、-12dBのクロスオーバーで使用可能です。

 

 

〇3万円以上、10万円以下の市販スピーカーをお使いの場合。

 

この場合は、思い切ってハイミドルクラス、ハイエンドクラスのツイーターを持ってくることをお勧めします。

 

カーオーディオスピーカーは不思議なことに、

 

3万円というところにボーダーがあるような気がします。

 

3万円以下のスピーカーは、たとえ有名メーカーであったとしても、

 

残念ながらあまり見るべきものがなく、

 

音楽を楽しく聞くことができるという視点を基準にするなら、

 

3万円以上が良いスピーカーの最低条件になると思います。

 

そういったスピーカーを、

 

思い切ってハイミドル、ハイエンドクラスのツイーターに交換します。

 

音は10万円を超えるスピーカーに間違いなく匹敵するでしょう。

 

また、今お使いのスピーカーが6万円から8万円のものであれば、

 

ミッドバスのクオリティーが3万円台よりはもっと高くなりますので、

 

音質はハイミドルクラスと同等か、それ以上になると思われます。

 

 

 

 

 

 

 

DIATONE(ダイヤトーン)TW-G500+DR-G500-TW

 

ダイアトーンには、現在、DS-G300、DS-G500、DS-SA1000の三種類のスピーカーがありますが、

 

これら中で、ツイーターを単体販売しているのが、ハイミドルクラスのDS-G500

 

TW-G500とDR-G500-TWは、それぞれ単体販売ですので、

 

ペア価格で¥66,400(税別)となります。

 

これは優秀なツイーターとして、ハイミドルクラスの中では、比較的安価だといえます。

 

DIETONE以外のスピーカーとの組み合わせでも、全く問題ありません。

 

しかしエモーションではお客様のイメージからか、

 

過去に販売したDS-G20や、DS-G300をお使いのお客様への交換が多数を占めます。

 

このツイーターに交換することによる音質向上は圧倒的です。

 

旧型のDS-G20をお使いの方には、特にお勧めします。

 

 

 

 

 

MOREL(モレル)Pupremo Piccolo2

 

モレルのハイエンドであるSupremo(スプリーモ)シリーズのツイーターで、

 

単体販売もされています。

 

価格は¥150,000(税別)と高価ですが、

 

その音質効果は絶大で、

 

MORELの最も安い2ウエイスピーカー、MAXIMO6のミッドバスと組み合わせても、

 

20万円超級の音質に変身させます。

 

やはり、ツイーターは物量がものをいうと実感させられる躯体の大きさですね。

 

エモーションでも、MORELのレギュラーモデル、ローミドルクラスモデルへの装着が多いですが、

 

フォーカルに装着した時も、かなりの音質向上を確認しました。

 

また、カロッツェリアのTS-Z172PRSとの組み合わせは、

 

同じメーカーなのではないかと思えるほど相性ピッタリでした。

 

 

 

 

BLAX(ブラックス)MATRIX ML-1

 

ブラックスのハイエンド、マトリクスシリーズのツイーターです。

 

価格は¥150,000(税別)です。

 

この下位モデルのGXシリーズにも単品販売のツイーターがありますが、

 

こちらの価格は¥100,000(税別)

 

それなら、あと5万円頑張ってこちらにした方が良いと思います。

 

MOREL Supremo Piccolo と比べると、やや認知の低いツイーターですが、

 

これの音質向上はSupremo Piccolo に勝るとも劣りません。

 

寧ろこちらの方が癖がなく、ミッドバスを選びませんので、

 

今お使いのスピーカーが何であろうと、一定以上の音質向上を得られます。

 

エモーションでは、15年以上前のMBクオートQシリーズ3WAYをお使いのお客様に、

 

このツイーターとの交換をお勧めし、施工したところ、

 

私自身が驚くほどの音質向上を見せ、

 

その車はカーオーディオコンペでぶっちぎりの優勝を果たしています。

 

 

 

緊急告知!!

 

 

ツイーターグレードアップによるサウンドチューニング、

 

もっともっと広がりを見せてほしいなと思う今日この頃ですが、

 

年末になって、エモーションではビッグな入荷がありました。

 

それは、旧型ですが、ハイエンドクラスのツイーターです。

 

当然、クオリティは最高級です。

 

旧型とはいえ、中古品ではありません。立派な新品です。

 

 

限定5ペア!

 

エモーション価格¥45,000(税別)です。

 

取り付け条件付きです。

 

 

メーカーさんの意向によりこの場で名称をお伝えすることはできませんが、

 

歴史的傑作スピーカーに用いられていたツイーターです。

 

人によっては現行モデルよりも好きだとおっしゃる方もいらっしゃいます。

 

詳細は、お電話かメールにて、

 

 

それでは、どなたさまも、良い年末をお過ごしください。

  


 

 

TEL 092-939-0789

お問い合わせ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 純正ナビのままスピーカーを変えるより、ナビを変えたほうが音が良くなる件。

JUGEMテーマ:車/バイク

 

 

皆さんこんにちは、エモ親方です。

 

 

出来るだけ低価格で、良い音を得るにはどうしたらいいんでしょう。

 

そうお悩みの方も多いと思います。

 

 

 

カーオーディオで、低価格でも良い音を作るために、なくてはならないのが、ナビやヘッドユニットにどれだけ調整機能が搭載されているか。という事だと思います。

 

 

それは、カーオーディオが「音が出た時点で壊れている」という事実に起因しています。

 

 

左右のスピーカーの中心で音を聴くことが出来ないとか、

ユニットからの距離がバラバラであるとか、

ガラスによる音の反射を全く減少させることが出来ないなど、

  

 

これら以外にも、音を壊す要因が満載なのが、車室内の現状です。

 

 

それを信号レベルから解決するのが、”デジタルプロセッサー”という機器で、

実際、これがあるのと無いのとでは、音質は雲泥の差が出ます。

 

 

今、巷で、ナビの調整機能と言えば、このデジタルプロセッサーのことを指すことが多いのですが、

調整機能があればよいというわけではありません。

デジタルプロセッサーの機能で重要なのは、以下の三機能です。

優先順位の高い順に申し上げれば、
  
 
・タイムアライメント(タイムコレクション、或はディレイなどとも呼ばれます)
・デジタルイコライザー(バンド数が少なくても、ポイントを抑えたものであればOK)
・デジタルクロスオーバー
 
 
一般的な市販ナビに搭載されているプロセッシング機能は、一機種を除いて非常に簡易的なもので、外付けタイプの別体型デジタルプロセッサーのフルスペックには到底及びませんが、それでも、プロセッサーというものは、あるのと無いのとでは、決定的な音質差を生みます。
 
ところで、昨今は、低価格の市販ナビにも、簡易型デジタルプロセッサーが導入されるようになり、
素の音質も、モデルチェンジの度に向上しているように思えます。
パナソニックの最新モデルは、低価格モデルまでタイムアライメントが入りました。
 
 
このように、市販ナビの音質機能が発展していく一方で、純正ナビにはいまだにデジタルプロセッサーが装備されているものが非常に少なく、新車購入時にタダでついてくるレベルのものなどでは、バス、トレブル調整しかなく、ものによってはそれすらないという、音楽好きにとっては聴くに堪えないものも増えています。
 
 
そのような場合、私はデジタルプロセッサーの装着からお勧めしておりました。
以下のエモーションHPコンテンツにチャートがありますので、試してみてください。
 
 
さて、純正ナビが付いている場合には、まずはデジタルプロセッサーの装着からってことになるわけですが、

 

こう言うものですね。

 

どんなに安くても、プロセッサーの調整機能は、ナビに内蔵されたそれとは比べるべくもなく、特に上の写真にあるような、ドイツ、オーディオフィッシャー社のブランドは、全てがフルスペックの調整機能を持ちます。

 

 

しかしながら、最もリーズナブルなプランでも、13万円から、マルチシステムにすると14万円、ちょっと良いものだと16万円から20万円になります。(取り付け費、調整料込みの価格で)

 

 

「これだとちょっと予算オーバーかな」とお考えの方がいらっしゃるのも事実です。

 

 

「では、スピーカー交換から始めようか、」とお考えになられる方もいらっしゃるでしょう。

 

 

確かに、スピーカー交換だと、エモーションのスピーカー交換プランでは、MOD,1だと税別76,100円からご提案しております。またこれだけでも非常に良い音になるのですが、問題はナビの音質です・・・・・・

 

 

実際に、スピーカー交換御希望でご来店されるお客様は非常に多くおられます。しかし肝心のナビの音質が最低レベルであれば、如何に高音質なスピーカーを装着しても、その性能をフルに発揮することが出来ません。

内蔵アンプや音響素子に少々チープなものを使ってあっても、せめて簡易的でもいいので、デジタルプロセッサーが内蔵されてさえいれば、音質は雲泥の差が出ます。

 

そこで、

 

市販であれば、低価格ナビの音質も非常に良くなってきたことだし、

いっそのこと・・・・・・

 

 

ナビを交換してみられませんか?

 

 

というご提案になるわけです。

 

 

昨今は、”ナビ付き特選車”をご購入される方も多く、軽自動車の場合は低価格な新古車販売も人気です。

 

そんな車に初めからついてくるナビは、最低レベルのものが多いのです。

 

しかしこのレベルであっても、ナビ機能は目に見える部分ですので、手を抜くわけにはいかず、もっぱら音響性能の低いパーツを用い、再生メディアなどを限定的とし、コストダウンした機種が非常に多くなります。

つまり”安ナビは、ナビ機能はそこそこでも、音はすこぶる悪い”という事になります。

 

 

いっそのこと、ナビを交換してから、スピーカー交換などをなさった方が、手に入る音質は、純正ナビのままスピーカーを交換した場合と比べ、全く別次元のものになります。

 

 

というわけで、音の良い低価格ナビを少しご紹介します。

 

 

 

 

カロッツェリア ”楽ナビ” AVIC-RZ700、900

 

 

カロッツェリアの楽ナビシリーズは、以前のMRZシリーズの時代には、お世辞にも高音質とは言い難かったのですが、RZシリーズ以降は、非常に音が良くなりました。私が視聴した限りでは、サイバーナビの2013年くらいのモデルとそう大きく変わらない印象です。(もっともサイバーは2016年モデル以降、飛躍的に音質向上しましたが)

 

タイムアライメントは2.5cmステップで、今となっては決して細かいとは言えません。

しかしカロッツェリアナビの音質機能の真骨頂は、イコライザーのバンドにあると思います。

 

楽ナビとサイバーの、グラフィックイコライザーの周波数バンドは、50Hz 80Hz 125Hz 200Hz 315Hz 500Hz 800Hz 1.25kHz 2kHz 3.15kHz 5kHz 8kHz 12.5kHz 13バンドですが、これらの周波数は、平均的に、車室内で最も問題となりやすい周波数と、その近似値であり、調整できるバンド数が少ないながら、上手く調整すると、かなり音質を向上させることが出来ます。

 

特に、以下のようなカーブに調整することで、まず基礎となる車室内の問題点をある程度解消できます。まずこのカーブにした後、微調整を施していけば、調整が成功する確率は飛躍的に向上します。

 

 

 

 

 

楽ナビは、非常に種類が豊富で、最も高価なAVIC-RZ900でも、市場価格は10万円を下回っています。最も低価格な機種がRZ300で、そのほかにはワイドモデルや8型モデルが存在します。

 

しかしすべてのモデルで、調整機能、音質性能が同じであり、価格の差は、再生できるメディアの種類が違うとか、SDに録音できるかできないかとか、Blutoothができるかできないか、また、音質には関係ありませんが、地図の無料更新が付いているかいないかと言ったところです。

つまり音質はどれも同じという事です。

 

「楽ナビでもフルスペックが欲しいよ、テレビも良く見る」と言う方には、地デジタイプのRZ900か、RZ700が良いでしょう。

 
「テレビはほとんど見ないからワンセグで十分」と言う方には、RZ500、「SDに録音する機能なんていらないよ、家でパソコンからWAV(非圧縮)音源を入れたSDを用意したほうが音がいい。」とお考えの方は、RZ300でも十分かもしれません。
 
また、特質すべきは内蔵アンプの品質で、総じてカロッツェリアの内蔵アンプは非常に品質が良く、同じ出力の他社製ナビよりも、クリアでパワフルな音質を再生します。
詳しくは、カロッツェリアHPでご確認ください。
 
 
 
 

パナソニック CN-RX03D

 

 

パナソニックは、現在のモデルより、タイムアライメント機能が搭載されました。
 
実を言うと、私もパナソニックナビにタイムアライメントが装着されているのに気付くのが非常に遅れました。
なぜなら、どこにも書いていないからです。
しかしカタログを良く見ると、音響性能のところに”スピーカーディレイ”と小さな文字で書いてあることが確認されます。
これがタイムアライメントのことです。
 
実際には、お客様がパナソニックナビを搭載したお車で、スピーカー交換のご相談でご来店された時、ナビの音響機能を確認させていただいている最中に発見した次第です。
 
 
パナソニック・・・・・・音質を売りにするつもりは全くないようです。
 
 
一般的に全く無名なタイムアライメントを大々的に宣伝するよりも、より効果が判りやすく、難しい調整をしなくて済む”音の匠モード”を売りにした方が、判りやすいからでしょうね。
 
ただし、腕の良い人がきっちりと調整すれば、音の匠モードよりも遥かに良い音に出来る機能がタイムアライメントとイコライザーです。
 
パナソニックナビのタイムアライメントは1cmステップ。しかしこれは眉唾です。1cmという刻みはできないはずです。
恐らく、設定は1cm刻みとなっていても、実際には1.75cmステップで、設定した数値の近似値に合わせられるのだろうと推測されます。
 
イコライザーも、カロの楽ナビほどではないですが、的を得た調整ポイントとなっています。
内蔵アンプ性能は、あくまで一般的なナビと同等。カロッツェリアが良すぎるのだと思います。
 
パナソニックナビで最大のポイントは、ブルーレイ(BD)の再生機能にあると思います。
BDディスクで再生すれば、192kHz/24bitのハイレゾ音源まで再生可能。
ただし、WAVやFLACファイルには対応していませんので、ダウンロード購入したハイレゾ音源は非対応。
BDで映像や音楽を楽しまれたい方には、恐らくパナソニック一択となります。
パナソニックは、下位モデルのREシリーズにもタイムアライメントが搭載されていますが、こちらは音響性能が少し落ちますので、最低でもRXシリーズにされておいた方が良いと思います。
詳しくはパナソニックナビのHPをご覧ください。
 
 
 
 
さて、今お乗りのお車に、純正ナビか格安ナビが付いていて、デジタルプロセッサーを導入するご予算にはちょっと足りないと言う方は、まずはこれらの低価格だけど高音質なナビに交換され、もしご予算があるなら一緒に、無ければまたお金を貯めてから、スピーカー交換を行われるとよいでしょう。
 
スピーカーの性能を発揮させるのもさせないのも、デジタルプロセッシング機能の有無にかかっています。
高価なデジタルプロセッサーを導入するだけが能ではなく、ご予算が足りない場合は、ナビを交換するという方法もあるのだと、お知り置きください。
 
ナビを高音質な低価格機に交換し、スピーカーを交換すると、こんなシステム図になります。
 
 
 
 

 

 

ご興味がおありの方は、ご遠慮なくお問い合わせください。

 
それではまた、
 
エモ親方

 


calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
エモ蔵
エモーションのネット販売 エモ蔵
天気
九州の天気
selected entries
categories
archives
recommend
エモーションズ
エモーションズ (JUGEMレビュー »)
マライア・キャリー
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
sponsored links