VW Tiguan オーディオ載せ替えと仕様変更。

  • 2019.10.06 Sunday
  • 13:20

 

昔々ライブなんてやっていた頃に

ヘッドぶつけてお蔵入りしたYas(安) Paul。

 

急に、コイツの存在を思い出し、

久しぶりに引っ張り出して、リペア開始。

 

ヘッドのリペアと、メッキパーツを磨いてリフレッシュ!

ピックアップのみ新調してEMG81.85をマウント。

ここぞとばかりに18V仕様にして完成です。

図太いサウンドで気持ちの良いサウンドでめでたく復活しました。パチパチパチ。

 

が、

 

いつもの事ながら

ちょっと弾いたら満足したので

またメッキが腐食するまでお蔵入りの予感です。

 

典型的な買って満足な”しらちゃん”です。こんにちは。

 

 

 

本日は、新車のフォルクスワーゲン ティグアン。

 

純正ナビを用いて、Helix DSPにて音響調整。

フロントの外部アンプにSTEGをチョイス。

お持ちの1chアンプを使ってサブウーファーも取付し、

 

新車の乗り出しから、前車よりも良い音でドライブ出来る

快適オーディオカーに仕上がったお話です。

 

 

 

全体はこのような感じ。

インナー、Aピラーなので

シンプルな見た目に仕上がっています。

 

 

メインソースとなる純正ナビ。

大型モニタは当たり前の時代になってきました。

 

車両情報や、車両の設定等もコイツで操作出来るので

便利ではあるのですが、

音の方は純正の状態では満足出来ない方が多いようです。

 

そこでDSPの出番。

外部DSPも進化していますので

純正の”ひちゃがちゃ”な音も、本来の音に修正して出力出来るので

 

純正ナビで良い音にしたい。

そんなご要望も叶える事が出来ます。

 

勿論、そうなってくると

外部DSPを付けただけ、では良い音にはならず

音響調整こそが肝になってきますので

調整も自信がある当店にお任せください。

 

びっくりするほど変わりますよ。

 

 

今回は、AUXも装着しているので

運転の邪魔にならない、この位置にリモコンを取付して

入力の切り替え/サウンドチューニングの切り替え に対応します。

 

 

ツイーターは、Morel MT350。

Morelはユニット別の購入が出来るので

ちょっとしたグレードアップに対応出来るのが嬉しい所。

 

最近は、あまり大々的にはやっていませんが

ミッドウーファーはそのまま、

ツイーターをグレードアップして音質アップをしましょう!

のソレです。

 

前車より引き継いだTempo 2wayのツイーターを

MT350へ変更したわけですが

情報量もグンと良くなり、解像度も高い。

グッと良くなります。

 

 

 

ドアは、

インナーバッフルを製作し、PAC1防振です。

 

これをやっておけば後からも困らない。

の定番のドア工事内容ですね。

 

 

 

ラゲッジにTS-W2520をセット。

下向きにサブウーファーが付いているので

”心置きなく上に物を置ける”という

ラゲッジスペースを狭くしない所が最大のメリット。

 

勿論、サウンドもナイス。

しっかりと重低音を支え、高音質化に貢献し

調整次第で、

低音好きの方も、満足できる量感を出す事も可能です。

 

 

 

シート下に

Helix DSP MINI と

1ch小型D級アンプ JL audio HX300/1 と

 

 

フロント駆動用のSTEGをマウント。

この大きさでシート下はギリギリです。

写真は、シートを引いているので出ている様に見えますが

通常使うポジションにすると隠れます。

 

STEGのアンプというと久しいイメージかもしれませんが

実は現役。

名機Qmosシリーズパワーアンプが

新たにQMシリーズとしてリニューアルしたモデルなので

”あの音”がします。

 

Morelとの相性も良く、

グッと来る、味のあるサウンドに仕上がりました。

 

 

VW車をはじめ、輸入車の純正ナビは

ソースの音源をそのまま出力しておらず、

”いらんこと”イコライジングされてあったり、エフェクトが入っていたりと

スタイルや走りは気に入っているけど、音がちょっと。。

と、よくご相談を頂きます。

 

その音、外部DSPを導入して、

経験と知識で培った音響調整を施すと大化けしますよ。

 

ご興味あればぜひお問い合わせください。

 

 

アゴヒゲ白石

 

 

instagram

 

FACEBOOK

 

メールで問い合わせ

 

TEL 092-939-0789

VW ”TOURAN” DSPプランでZ1000RS

  • 2019.06.01 Saturday
  • 16:46

 

この時期は、九州の高山に自生する”ミヤマキリシマ”を求めて、

全国各地から山を愛する人たちが、ここ九州に集まります。

 

”ミヤマキリシマ”は、桜並みに見頃のピークタイムが短いので

最高の瞬間に出会える事が中々難しい植物です。

 

 

去年の今頃は、松浦チーフ一人で”ミヤマミヤマ”と盛り上がっていたのですが

今年は違いまして、僕も混ざって盛り上がっています。

 

そんなこんなで先日、大分県の百年山(はねやま)へ行ってきました。

王道”くじゅう連山”より、早く開花するので一足お先です。

 

ここは、基本的に”ミヤマキリシマ”花畑メインです。

一面緑の牧場に、紫、桃色の花畑があり

誰しも美しいと感じるスポットではないかと思います。

 

山頂へ登っていくと

自然に咲く”ミヤマ”もあるので両方楽しめるのでオススメです。

 

 

とはいえ、自称ひよっこ登山家としては

山の上から山肌に咲く”ミヤマキリシマ”を見たい撮りたいと思うわけで

”くじゅう”の様子もチェックしている毎日です。

 

天気が傾いて、雨や曇りが続きそうなので

このまま入梅しそうな雰囲気があって悩みどころです。

 

 

こんにちは、”しらちゃん”です。

 

 

 

 

さて本日は

 

新車のフォルクスワーゲンのトゥーランに

Helix DSP Mini + Carrozzeria GM-D1400鬚料箸濆腓錣擦DSPプランと

Carrozzeria TS-Z1000RSをインストールしたお話です。

 

 

 

全体はこの様な感じに。

 

今回は、フロント2wayのみでシンプルに良い音を奏でる構成です。

 

 

 

メインユニットは純正ナビ。

今や純正ナビも大画面ですね。大きいほうが快適です。

 

 

 

ゴルフ等は、グローブボックス内の上側に純正アンプがあるのですが

トゥーランはここにあります。

 

ふたを閉じた状態だと、小物入れかと思いますね。

 

 

 

Carrozzeria Z1000RSのツイーターはAピラーワンオフでインストール。

 

裏側のスペースが広いので、大きめのスピーカーでも

ベストな角度、位置に設置できます。

 

純正に似た生地で巻いて仕上げ、シンプルに纏めます。

 

 

 

ドアです。

輸入車の鉄板は、少し樹脂ぽい材質なので

叩いても国産車のTHE TEPPANよりは残響が残りません。

 

とはいえ、プラスチック部がペコペコと音を出したり

やはり鉄板の共振音も出ますのでPAC1を施し、共振を抑えます。

 

 

6点止めの大型インナーバッフルが製作可能なので

スピーカーの前後運動をしっかりと押さえ込む事が可能です。

 

バッフル製作時に

スピーカーと内張りの間を割り出し、厚みを調整。

仕上げに遮音スポンジを付ける事で、

 

インナー取付では最もポイントとなる

”内張りに回り込んで逆相化する音”を防ぐ対策もしっかりとしています。

 

 

 

インスタに上げる時に撮ったので、こちらでもご紹介。

 

最近のブログでは、

”フローティングマウント”のワードは出さない事が多いのですが

もちろん現在も浮いています。

 

インシュレーターで浮いた部分は、

音の透過性0のシール材で塞いでいるので、音漏れも勿論ありません。

 

 

バッフルは、出音に大きく影響するので、かなり拘って製作しています。

 

ガッチリと固定できて、湿気や雨水に負けない耐久性も備えたバッフルなので

スーパーインナーバッフルという名前だったりもします。

 

 

 

ドア内張りをかけたら元通りです。

いつものように沢山のノウハウを詰め込んでいます。

 

 

 

Helix DSP MINIと、Carrozzeria GM-D1400鬚魯掘璽伐爾棒瀉屐

 

 

格安16,000円の4ch、D級パワーアンプのD1400鬚

ゲイン調整が触れないので無音時のノイズは少々ありますが

この価格、このサイズからは考えられないほどのパワー感があります。

 

将来アンプを交換したいと思った時、この組み合わせにしておけば

比較的簡単に、低コストでアンプ交換できるのでオススメです。

 

 

 

 

取り付け完了後、音響調整を施し納車となります。

 

Helix DSPは、

クロスオーバーやタイムアライメントなどを非常に細かく触る事ができるので、

 

車ならではのガラスの反射や、

定在波の影響などの問題点解消に、めちゃめちゃ効果があります。

 

 

”音がどのようになっていれば良い音に聴こえるのか”を理解した上で

音の動きを見ながら音響調整する事で

 

位相がピッタリと合い

時にはワクワク、時にはグッとくるサウンドに仕上がります。

 

 

言い方をかえると、調整によって

出てくる音が、雲にも泥にもなります。

 

 

”DSPをつけたけど、思ってたのと違う”と思う方がいらっしゃいましたら

ご相談ください。調整のみも承ります。

 

 

 

アゴヒゲ白石

 

 

インスタグラム

 

FACEBOOK

 

メールで問い合わせ

 

TEL 092-939-0789

 

フォルクスワーゲン ゴルフ カブリオレ ハイエンドシステム!

  • 2016.03.22 Tuesday
  • 22:43
JUGEMテーマ:車/バイク

皆さまこんばんは。
齊藤三段です。

桜の満開は今週末でしょうか?
来週でしょうか?
皆さま、お花見(酒飲み)のタイミングが大変に気になる事でしょう。。

私の家の目の前は公園でして、桜の木が多く植えてあるので
この時期は毎年にぎやかになるのですが、昨日は1、2輪咲き始めた様子でした。

・・・まだ全く咲いていないのに昼間お花見でにぎわっているのだとか。
完全にただの飲み会ですね。

さて、本日はガッツリ造り込みのハイエンドシステムをご紹介します。


お車はフォルクスワーゲン ゴルフ カブリオレです。

内容はカロッツェリアRSを軸としたフロント3ウェイ+サブウーファーの
ハイエンドシステムです。

それではご紹介します。


メインユニットは下段のRS−D7X靴任后
上段はサイバーナビ AVIC−VH0999です。
サイバーナビの音声信号をD7X靴貌力し、光出力でラゲッジの
プロセッサーを通して音響制御します。
高音質でCDを再生させていても、ナビゲーションの音声案内は
リヤスピーカーから聞こえますのでご安心ください。


モニターをオープンした状態です。


サイバーナビ本体と連動ETCはグローブボックスにスマートインストールです。


続いてドアのご紹介です。
フロント3ウェイスピーカーはカロッツェリア RSシリーズです。
TS−Z1000RSのミッドバスをコスメティック・アウターバッフルで
インストールします。


コスメティック・アウター用のインナーバッフルです。
感覚的には通常のインナーバッフルを立ち上げてくるだけなのですが、
アウターバッフルという名を冠しておりますので強固にできております。


ドア防振はPAC1です。
インナー鉄板全面を複合防振します。
スピーカーケーブルはカナレの4S8です。


ドアミッドバスの外観です。


助手席側のツイーターとミッドレンジです。


運転席側のツイーターとミッドレンジです。
ドアを閉めた状態の絶妙なクリアランスにシビれます。


続いてラゲッジです。
カブリオレの狭いラゲッジにこんなものが。

ラックスマンのCM60001基、その下にプロセッサーRS−P99X1基と
サブウーファー用パワーアンプ ARC AUDIOのKS500.1が1基、
そしてグラウンドゼロの8インチサブウーファーGZHW20Xが2発!!

 
こうして見ると普通に見えますが大変苦労している様子でした。。。
電源・RCAケーブル共にアコースティック・ハーモニーでしたので、
ワイヤリングも大変でした。
その分、出音が楽しみでもあります。


蓋付きですので、荷物を載せていただいても大丈夫です。
又、蓋をした状態でも音抜けが良いように加工してあります。


運転席からの景色です。
いかがでしょうか?

さて、試聴です。
インストレーションに抜かり無しのRSシステムですが、さすがです。
静けさの中から立ち上がり鋭く広大な音場が現れます。
そのエネルギー感と解像度の高さに圧倒されました。

今回はラゲッジスペースのバランスからサブウーファーにグラウンドゼロの
8インチを2発用いました。
これがまたイイ!
小容積エンクロージャーでシンプル且つ強固なインストレーションのおかげか
リヤからの不快な振動は皆無ですが、量感は十分です。
フロントスピーカーとの繋がりもすばらしく、各スピーカーユニットの位置を
感じさせません。

RSスピーカーの表現力の高さがしっかりと出ています。

冬も終わり、これから活動的な季節になっていきます。
お気に入りの音楽と共に楽しんで頂ければ幸いです。


それではこの辺で。。

齊藤・三段






 

VWゴルフ6カブリオレ 8インチサイバーナビ フェイスパネル加工取り付け

  • 2015.07.12 Sunday
  • 21:46
JUGEMテーマ:車/バイク

皆さまこんばんは。
齊藤三段です。

前回の更新はいつだったか...
申し訳ありません。

本日は8インチサイバーナビのワンオフ加工取り付けをご紹介します。

お車はフォルクスワーゲン ゴルフ6のカブリオレです。


このお車にパイオニアの8インチサイバーナビ 「AVIC−ZH0999L」と
バックカメラ 「ND−BFC200」の取り付けです。


いきなり完成です。
ゴルフ用の取り付けキットは販売されておりませんのでブラケットと
フェイスパネルをワンオフ加工製作です。
純正の枠いっぱいいっぱいで取り付け可能です。


バックカメラも同時施工です。
機種はパイオニアの「ND−BFC200」

ND−BC7やBC8にはない機能が映像表示アングルの切り替えです。


通常のバック映像です。(ノーマルアングル)


こちらがハイアングルモードの表示映像です。

切り替えはバックカメラ映像表示状態(シフトレバー R)
で、画面をタッチすることで可能です。

バンパーの直下を確認することができます。



5月に発表された8インチのサイバーナビですが、
やはり高精細の大画面は魅力的です。
たった1インチですが、この違いは大きいですね。
地図もテレビも見やすさが全然違います♫

又、音質も良くなっている様です。
オーディオ機能の進化としてはバイアンプモードの搭載でしょうか。

対応する取り付けキットがない車種の方が多いので、導入を躊躇されている
方も多いのではないでしょうか?

物理的に付く、付かないはありますが、是非一度ご相談ください。

齊藤・三段

 

フォルクスワーゲン・ポロ MORELスピーカー、TEMPO6 と、デジタルプロセッサー MATCH PP52-DSP 取り付け

  • 2013.09.11 Wednesday
  • 12:45
JUGEMテーマ:車/バイク


おはようございます。

昨日は、フォルクスワーゲン・ポロに、オーディオ取り付けと音響加工を行いました。

お客様はとても耳の肥えた方です。ご自身が使用されているゴルフGtiには、ハイエンドクラスに近いシステムが装着されているのですが、今回のポロは奥様がお乗りになるお車とのこと。ご自身もお乗りになることがあるとお伺いしましたので、単にスピーカーを交換するだけではなく、プロセッサーシステムまでお勧めしました。

従って、スピーカー交換プランMOD,2 + デジタルプロセッサーMATCH PP52-DSP というシステムになります。




運転席側のツイーター装着状態です。
ベストアングルツイーターマウントですが、これは高級バージョンです。
ツイーターの前にある三角形のスリット(えぐり)は、デザインの為ではなく、反射による“ゴースト定位”を防止するためですが、通常ベストアングルツイーターマウントにはつきません。





助手席側のツイーター装着状態です。




ドアは、最近非常に好評の“新スーパーインナーバッフル”を用いています。




インナーバッフルですので、外観は変わりません。




MATCH PP52-DSP本体は、助手席下。シートを一番後ろまでずらすと、チョコりんと顔を見せます。


MATCH(マッチ)デジタルプロセッサーは、三種類あります。

どれもアンプ内蔵ですが、ヘッドユニットやナビの内蔵アンプとは異なり、DC/DCコンバーターを持つ本格的なパワーアンプが内蔵されています。

● PP41-DSP
あらかじめ保存されている車種別セットアップデータを選択するだけの調整機能しかありません。 セットアップは簡単ですが、システムやスピーカーの取り付け位置に応じた細かな調整が不可能なため、あまりお勧めしていません。

● PP52-DSP
PCを用いた細かな調整が可能です。音質や調整機能は抜群です。入力系統がスピーカーライン入力しかありませんので、i-podやその他デジタルソースユニットをお使いになりたい方は、PP-82DSPの方を選ばれた方がいいでしょう。 8chアウトプットを持ちますが、その内4chはサブウーファー専用ですので、システムは実質フロント2WAYまでです。

● PP82-DSP
PP-52DSP同様、音質・調整機能ともに抜群。スピーカーライン入力以外にデジタル入力を持ちますので、デジタルオーディオディバイスの接続が可能です。
8ch出力に専用を設けていませんので、実質フロント3WAY+サブウーファーシステムが可能となります。

MATCHデジタルプロセッサー全体を通じた特徴として、RCAアウトプットがありません。
従って、パワーアンプを別に 取り付けされたい方は、MATCH以外のプロセッサーがお勧めです。

詳しくは輸入元HPにてご確認ください。
http://www.ms-line.co.jp/helixpp_processor.html



エモ親方




calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

HOT NEWS!!

ECS商品

お問い合わせ

092-939-0789
Mail

Link

selected entries

categories

archives

recommend

エモーションズ
エモーションズ (JUGEMレビュー »)
マライア・キャリー

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM