>> カーオーディオショップエモーションのサイトはこちら

 DIATONE デモカー来店! サウンドナビ 300PREMI と DS-G300 聴いてみた

 

寒い!

 

ヒートテックとトレーナー着て、

無駄に動いて体温を上げて、

いつも以上に騒がしい僕です。

 

こんにちは、しらちゃんです。

 

 

巷で噂のDIATONEの新製品を載せて

デモカーがエモーションにもやってきました。

 

早速聴いて触ったのでレビューしていきます。

 

まずはこちら。

DIATONE サウンドナビ NR-300PREMI

 

世の中はデカモニターの時代。

サウンドナビも8インチとなり登場しました。

 

まずは画面から。

サウンドナビはココにも拘っている様で

”光の反射による見えにくさ”は

かなり意識して工夫をしているとの事。

 

通常の7インチから、8インチと画面が大きくなったけど

モロに光を浴びて見えませんじゃ本末転倒ですよね。

 

グレア(光沢)の画面なのに見やすいってのは中々手が込んでいます。

 

 

手持ちにDVDが無かったのでTVでしか確認してませんが

解像度も十二分です。

PVやライブDVDも楽しめると思います。

 

 

さて本題のサウンド。

前作の200PREMIも、鮮度の高い音楽性に優れたサウンドでしたが

本作300PREMIも更に磨きが掛かっています。

サウンドナビの特徴である音楽性の良さを残したまま

解像度を更により良くなった印象を受けました。

 

 

 

 

スピーカーは新作のDS-G300

 

G20の後継ではなく新たなシリーズとの事で

ツイーターの見た目も大きく変わりました。

 

今までは首振りの出来ないマウントでしたが

今回は首振りにも対応。

 

また取付面との距離も少し離した形となり

ダッシュへの反射が軽減したのではと思います。

 

車である以上、反射は避けれません。

如何に反射を避けてインストールするか で

定位感や音の繋がり等

音質に関わる部分が大きく向上しますので

このマウントはアリだと思いますね。

 

 

さて気になるサウンドの方は

分かりやすく言えば、

G20とは全く違う、一から作り直したようなサウンド。

 

G20のモデルチェンジ版というよりも、

G500の廉価版と言った方が近い感じがします。

 

調整と取付をしっかりと行えば

ステージがクッキリと出るタイプでしょう。

音の塊と言うより、抜けの良い明るく見晴らしの良いサウンドといった感じ。

 

個人的に低域の量感が少し物足らないかな。と感じはしましたが

これは好みの問題程度だと思います。

価格を考えるとバランスの整ったDIATONEらしい完成度の高いスピーカーです。

 

上から下までしっかりと再生していますので

同じくハイスピードのサブウーファーSW-G50との組み合わせて上げれば

しっかりと繋がり、ハイスピード高解像度なサウンドに仕上がるでしょう。

 

価格は

G20は¥60,000でしたが

G300は¥80,000 。

2万アップしています。

 

 

音の出口であるスピーカーは

この音に惚れた!でも予算的に。。

となった時は

 

よくよくを考えると

奮発してでも、そのスピーカーをチョイスした方が良いのではと僕は思います。

 

防振等は後から追加グレードアップ出来ますが

スピーカーは買い直しとなってしまいますからね。

長く付き合うのなら、尚更かもしれません。

 

 

話が逸れましたが

 

今回のDIATONEの新製品も

やはり進化していました。

 

特にG300の進化は大きいですね。

G20の欠点がほぼ解消されています。

 

他のメーカーのナビや、スピーカーとの比較

が皆様の気になるところでは、とも思いますが

ブログでは避けますね。

僕が書くと独断と偏見の塊になり

親方からボテくりまわされかねません〜

 

 

とは言え

それぞれ性能や価格の意味で長所短所あります。

ご相談頂ければ

親方の的確なコメントや

僕の独断と偏見の塊なコメントを致しますので

悩んだ時はご相談くださいね。

 

 

アゴヒゲ白石

 

 

 

 

エモ親方追記

ダイヤトーンの新しいスピーカー、DS-G300は、明らかに新開発のスピーカーだと思います。
ダイヤトーン特有の鳴り方は継承しているように感じますが、DS-G20とは全く異なるカテゴリーの音色だと感じました。
故に、今回の新型は、DS-G20がモデルチェンジしたのではなく、DS-G300という新しいシリーズが始まったと受け止めます。
DS-G20よりも、寧ろDS-G500に近い音質。情報量抜群でクリアネス。
こうなると、真の意味でのDS-G20の後継版となりうる、低価格スピーカーが欲しいですね。
092-939-0789

 デモカー来店。個性が光る STEG スピーカー

 

 

本日は

お世話になっているTAMの古本さんが

STEGのスピーカー ”RE65C (¥168,000+tax) "を付けたデモカーに乗って来店。

試聴ターイム!!と言う事で聴いてみました。

 

 

さてSTEGと言えば

もはや説明不要のフラッグシップ Master Strokeや

音の良さは折り紙付きのQ mosシリーズ等のアンプがピンと来る

イタリアのオーディオメーカーですが

ある時より国内に正規輸入されない状態が続いておりました。

 

ところが最近、STEG輸入再開と言うことで

気になっていた所、デモカーが来るとのお話。

 

更に今回はアンプではなくスピーカーだというので興味津々。


ここでちょっと、親方に変わりますね。

 

-----------------------------------------------------

 

ども、エモ親方です。

 

STEG全盛期は学生だった白石君に代わり、

私が少しSTEGについてお話させていただきます。

 

STEGはイタリアのGT-Trading社のカーオーディオブランドで、

当初はパワーアンプ専門メーカーでした。

 

エモーションでもかつては随分取り扱っていまして、

一時期はパワーアンプで最も多い販売をしていたくらいでしたね。

 

良く販売していたのがQ-MOSシリーズの4チャンネルアンプ

 

 

 

それからハイエンドのマスターストロークシリーズも多く販売していましたね。

 

 

音質は、非常に厚みのある、中域重視のパワー型で、制動力抜群。

イタリアのアンプと聞いて豊かな余韻を思い起こしそうですが、

実際には質実剛健な鳴りっぷりです。

 

ホームオーディオの、JBLとマッキントッシュの組み合わせがお好きな方には好まれる音色かもしれません。

 

とにかくパワー感と音離れが良かったので、
音の立体感に優れ、

音場感や定位感を明瞭にするに持って来いのアンプでした。


しかし突然輸入されなくなり、
エモーションでもほかのアンプを多く手掛けるようになって有余年。
STEGも「かつては良いアンプがあったな」という程度の思い出となりつつあった昨今。

 

輸入再開との情報を得ました。

しかも強敵(とも)であり、親友(とも)である、古本さんが取り扱うと聞いて、

今のSTEGの音を確かめるべく、アクションを起こしたわけであります。はい。

 

今のSTEGは、スピーカーも販売しているそうで、

しかもセラミック振動板という、非常に興味をそそるものではないですか。

それでデモカー試聴という流れになったわけであります。

本当は、アンプをじっくり試したかったんですけどね。

また今度。

 

スピーカーの印象は、白石君が正確に書いてくれているだろうと思いますので、

安心しています。

 

また欲しいとか言い出さないか、少し心配していますが。


では、白石君に代わりますね。
------------------------------------------------------

 

 

 

車の仕様は

ヘッドユニット:旧型サイバーナビのZH09

プロセッサーアンプ:Audison Prima

スピーカー:STEG RE65C

 

アウターAピラーでインストール。

 

 

 

165mm セラミックコーン

 

 

32mm シルクドームツイーター

 

 

ツイーターが32mmと少し大きめなご様子のRE65C。

ウーファーは狙って低域に振っているという事だと思われます。

 

音を聴くと、やはりその通りで

太い低域が印象的です。

シルクドームツイーターなので高域の耳障りは良く

大きめの音量で楽しめるサウンド。

 

”セラミックコーン”という人工質の音のイメージとは違って

ペーパーコーンに近いナチュラルな音色が見え隠れする

良い意味で独特なサウンドを出すスピーカーです。

好きな方は好きなタイプですね。

 

ウーファーが低域に振ってあるからか

中域に少し物足らなさを感じます。

また低域は太いですが緩さも感じますので

制動力の高い外部アンプでシッカリと駆動させると良さそうです。

 

 

3way用の

75mmセラミックコーンスピーカー  SQ35C(¥98,000+tax)も

ラインナップにありますので

2wayだとやや中域の物足らなさを感じる事から3wayが良さそうです。

 

 

ポテンシャルが高そうな雰囲気を醸し出していましたので

アンプの組み合わせで大化けするであろうワクワクするスピーカーでした。

 

 

ちょっと欲しい。。

 

アゴヒゲ白石


 大進化した新型サイバーナビ、デモカー来店。

またまた週末のドタバタにより

間が空いたと思ったら10月になりました。

 

 

さて、この記事を書くのは聴いて触ってから。

と思っていましたので

 

聴いて触ったので書きます。

 

”これは良いぞ”

 

こんにちは、しらちゃんです。

 

 

 

デモカーはFitちゃん

お兄さんはパイオニアの吉井さんです。

いつもニコニコしていて

何となく似たような雰囲気を感じます。

 

 

 

さてお待ちかねの新型サイバーはこちら!

ちなみにこれは8インチですね。

 

デザインは1つ前のモデルと変わりませんが

中身はボッコリ変わっています。

 

まずはハイレゾ対応。

カロッツェリアのサウンドと言えば

”解像度の高い、透明感のある音”

 

これは、もちろん今も健在で

今回のサイバーナビは

ハイレゾ再生が可能になった事で

磨きのかかったサウンドになっています。

 

 

 

そしてやっと来ましたね。

”フロント、リア、サブウーファーLR独立31バンドEQ”

 

当ブログやHPを読んで頂いている方ならば

すでに耳タコかもしれませんが、

”車だからこそ調整は必要”なんです。

 

今回の進化により

やっと欲しかった調整機能が追加されたわけです。

 

さて、”LR独立EQ”は今時の音が良いヘッドユニットには大概ついています。

 

が、今回のサイバーナビの一味違う所は

スピーカーユニット別でEQが使えます。

 

システムがフロント2way+サブウーファーとすると

サブウーファーの繋がりを

今まで以上に良くする事が出来ます。

 

つまり

今まで以上にサブウーファーの存在が消え

奥行き感が良くなりフロントガラスの向こうから音が飛んでくるのです!

 

 

 

 

あまり広まってないみたいなのですが

P01やXではあった画面OFFのまま、オーディオを再生する事が出来る機能もありましてね。

 

ナビである以上

使える電力は限られています。

そこでモニタという電力食いをオフにすれば、あらびっくり!

 

その分、音に回せる訳なので、そういう事です。

 

ん〜今回のサイバーナビは

カロッツェリアXのソレを匂わせる仕様ですね。

 

 

またナビゲーションとしても

歴史の長いサイバーナビですから

操作性、精度、見易さ等も磨きが掛かっていますね。

 

 

一般的な7インチと8インチ、車種専用10インチのデカモニも登場ですね。

 

「えーうちの車、適合に入ってないし〜」って方!

 

エモーションでは

本来は7インチしか取り付けできないお車でも

ワンオフ製作する事で8インチ〜のインストールも承っております。

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

 

今回、「音」の部分が大進化した事により

 

新型サイバーナビ+スピーカー(+サブウーファー)

のライトなシステムで

 

費用対効果の高い

”ハイレゾ再生も可能で、ご満足頂けるサウンドに仕上げる事が出来る”

と自信を持って言えます。


でも今回のサイバーが本当にすごいのは、

 

これだけの音質性能、

最高クラスのナビが付いて、

10万円台半ばから買えるという事です!

 

今回のサイバーナビ

全力でオススメです。

 

 

また近々デモカー入れ替えにつき

 

今回の新型サイバーナビを導入して

ライトなシステム+αで製作予定です。

 

新型サイバーナビは

「調整能力」が売りのひとつです。

 

これは”車の中”だからこそ分かる機能です。

 

出来る限りお急ぎ便でデモカー製作頑張ります。

 

とは言ってもまだ

おnewデモカーが来てないので気分だけ張り切ってます。

 

 

 

価格については

近日、HPにサイバーナビのご紹介+プランのご紹介をアップしますので

少々お待ちください。

 

 

 

また、

”新型サイバーナビつけたけど調整分からん!”

という方は

調整のみのご依頼も承っております。

 

 

また、よりお安くするためには、

代車 兼 デモカーのVitz(黄)の様に

ツイーターのみ取付して新型サイバーナビ内臓アンプで鳴らす

というのもありだと思います。

 

超ライトプランですが

これまた満足度が高く面白いのではと思います。

 

 

まだ書きたい事は沢山ありますが

長くなりますのでこの辺で。

 

 

ご相談、ご質問はお気軽にご相談くださいね。

 

 

アゴヒゲ白石

TEL 092-939-0789

 エントリークラスのスピーカーに刺客現る

こんにちは。

しらちゃんです。

 

 

多くのお客様に選んで頂きインストールさせて頂いている

低価格ながらも豊かな音場と臨場感を実現した傑作

Morel Maximo6(モレル・マキシモ6)

 

こいつの兄貴分として

モレルからNewスピーカーが誕生しました。

 

その名も

Morel Maximo ultra 602(モレル、マキシモ・ウルトラ602)

 

インピーダンス:4Ω

定格入力(瞬間最大入力):90W(180W)

音圧感度(2.83V/M):90.5dB

周波数特性50~20kHz

 

価格は¥50,000(税別)

 

Maximo6が¥39,000(税別)なので

約1万UPです。

 

総販売元である明宝自動車様の

Maximo ultra602のデモカーが来店した時の様子をご紹介。

 

 

 

とりあえず聴いてみましょうということで

親方を始めスタッフ皆、視聴させて貰いました。

 

 

 

 

 

 

 

ヘッドユニットはサウンドナビ60Premi

内蔵アンプでMaximo ultra602を駆動。

 

インナーバッフル

ツイーターは付属マウントでオンAピラーでした。

 

 

「ウッドベースの解像度すげ!」

 

まず最初に感じるのは低域の解像度の良さ。

低域から高域までしっかり伸びており

自然で豊かな音楽性を感じます。

 

この適度にタイトでよく伸びた低域をこの価格で実現させたのは

これはもはや事件です。

 

 

 

 

 

ミッドバスはこんな感じ。

Tempo ultraに似ています。

 

 

60Premi内蔵アンプで余裕を感じたので

 

”これはポテンシャル高いぞ”と。

 

エモーションのディスプレーにも導入が決まりました。

 

入荷次第、お聞かせできるようになると思います。

 

システムアップも視野に入れたモレル マキシモ ウルトラ602

オススメです。

 

 

 

 

 

実はMorelのエントリーシリーズ

 

Maximus 602(マキシマス 602)

 

インピーダンス:4Ω

定格入力(瞬間最大入力):60W(120W)

音圧感度(2.83V/M):94dB

周波数特性60~22kHz

 

というスピーカーもありまして

こちらは¥55,000

 

このMaximus602は

”The ペーパーコーン”

 

なサウンドを出すスピーカーユニット。

 

どんな音よ?

 

もうパンパン鳴ります。

 

高能率でハイスピード。

 

パンパン鳴ります

 

このサウンドがお好きな方多いと思いますよ。

 

 

Maximo6 が ¥39.000

Maximo Ultra602 が ¥50,000

Maximus602 が ¥55.000

 

 

これはもう悩みますよね。。

 

それぞれ”キャラ"が違うので

値段で決めるよりも音の好みで選ばれたほうが良いと思います。

 

 

 

 

ご自身の好きな音楽を最も楽しく奏でるスピーカーをご提案致しますので

これじゃ!と思ったスピーカーをチョイスして下さいね。

 

後は僕らインストーラーが

選んで頂いたスピーカーの性能を最大限引き出します!

 

 

ご興味有る方は、ご気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

アゴヒゲ白石

 


 エモーション展示情報!新型ダイアトーンサウンドナビがディスプレーに入りました。ロック系向けのサブウーファーについて、

JUGEMテーマ:車/バイク


おはようございます。
さわやかな季節になりましたね、
今エモーションでは、この季節に合ったカントリーミュージックやトラッド・フォークミュージックがへヴィローテーションされています。


ディスプレー情報です。 ダイアトーン・サウンドナビ、NR-MZ80PREMI が入りました。




オーディオは聴いてみてなんぼ、お気に入りの音源をたくさんお持ちになり、心行くまで視聴されてください。

ところで、視聴に来られるのに、どんな音源を持ってきたらいいのかとよく聞かれることがあります。 しいて言えば、“いつもお聴きになっている音源をお持ち下さい”と申し上げております。

専門店でカーオーディオの視聴をする際、違いがわかりやすい音源というのは確かにあります。 でも普段聞きなれた音楽でないとわからない違いもたくさんあるんです。 それは私たちよりも、お客様だけがわかる違いであることも多いようです。

オーディオ機器の違いがわかりやすい音楽は、私たちの方でたっぷりご用意できますので、お客様は、ぜひ愛聴盤をお持ちください。どんなジャンルでもかまいません。



さて、先日ご紹介した、へーヴィーメタル・ハードロックがお好きな方向けのサブウーファーの作り方が好評で、もっと詳しく教えてくれといくつか問い合わせをいただきました。
そこで、甚だ簡単ではありますが、もう少し詳しく解説させていただきたいとおみます。

ロック系の低音のポイントは、

“リズム感と重低音の両立”

これにつきます。まずここをしっかりと頭に置いていてください。






この図のように、エンクロージャーの容積が小さい場合と大きい場合とでは、低音の出方に違いがあります。 大きいと、超低音がよく伸びるようになりますが、締り感の無い、言い換えれば“リズム感のない低音となりがちです。逆にエンクロージャーの容積が小さい場合は、締り感の良い、“リズム感の問い”低音を再生しますが、超低音の伸びはあまり良くありません。

これを周波数特性図にすると、下のようになります。




容積が小さい場合は、ローエンドに伸びが無く、少し高い音(25cmサブウーファーの場合、80Hz〜125Hz付近)にピークが出ます。
容積が大きい場合は、ローエンドがよく伸びていますね。 これが矛盾なんです。
つまり、「リズム感を出そうとしてエンクロージャーの容積を小さく作ると、ローエンドの伸びが失われてしまう」という矛盾です。

それを解決するためにサブウーファーを複数個使用します。





サブウーファーを複数個使用すると、音圧が上がり、ローエンドのレベルが、容積が大きい時とあまり変わらなくなるのがわかります。ところが、ピークも大きくなってしまっています。このままではゴツゴツした質感となって気持ちよくありません。




ここでイコライザーを使ってこのピークを取ります。 そうすることで、リズム感とローエンドを両立させたサブウーファーとなります。





今回は4個のサブウーファーを用いておりますが、ダブルボイスコイル仕様の駆動系が強力なサブウーファーであれば、2個でも十分その機能を発揮します。


エモ親方




 カロッツェリアの新型スピーカーが聴けます。

今、エモーションのディスプレイには、カロッツェリアの新型スピーカー、TS-V172Aと、TS-C1720Aが入っていてご試聴することが可能です。 音質は凄いの一言! 恐らく、同価格帯では叶うものが無いでしょう。正直ここまで良いとは私も驚きです。 是非、ご視聴にご来店ください。 カロッツェリア TS-V172A カロッツェリア TS-C1720A

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
エモ蔵
エモーションのネット販売 エモ蔵
天気
九州の天気
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 日産 エクストレイル PAC1防振 と 防振の重要性
    エモ親方 (08/30)
  • サブウーファーについて、その1、選び方とアンプの組み合わせについて。
    通りすがり様、 (08/30)
  • サブウーファーについて、その1、選び方とアンプの組み合わせについて。
    通りすがり (08/22)
  • 日産 エクストレイル PAC1防振 と 防振の重要性
    よし (08/21)
  • カーオーディオコンテスト、雑感。
    少し気になったので・・・ (08/02)
  • イベント、大盛況のうちに終了いたしました。参加された皆様、ありがとうございました。
    高橋 (07/03)
  • いよいよ明日に迫りました!カーオーディオマガジンプレゼンス 石田功×橋本修トークショー!ところが!・・・
    渡邉 寛 (07/02)
  • デジタルプロセッサーの極意〜〜〜HPコンテンツの更新
    へっぽこイース (05/12)
  • 究極の電源カプラー!!
    ぱね (04/02)
  • メルセデス・ベンツ C180ステーションワゴン(W205) FOCAL プロセッサーシステム
    桝田 行伸 (11/05)
recommend
エモーションズ
エモーションズ (JUGEMレビュー »)
マライア・キャリー
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
sponsored links