スポンサーサイト

  • 2020.03.16 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    14日のイベント搬入、ダモーレアンプが来る!

    • 2020.02.12 Wednesday
    • 23:52

    皆さんこんにちは、

     

    明後日14日は夜7時よりイベントです。

    最高のカーオーディオシステムで聞く”ラブソング特集”
    前回の試聴会でも登場したスピーカー、
    RS MASTER 3 Mk2(¥1,280,000)を駆動するのに、
    D'AMORE ENGINEERING  A1500.2 がやってまいります。
     
     
    ●仕様:4ch(4/3/2ch)パワーアンプ(税別¥900,000)
    ●定格出力:325W x4(4Ω)500W x4(2Ω)1000Wx2(4Ωブリッジ)
    ●周波数特性:3Hz〜100kHz(+0,-3dB)
    ●S/N比:109dB
    ●ダンピングファクター:700
    ●サイズ(幅×奥行×高さ):590×293×57mm
    ●質量:12.6kg
     
     
    不定期の第二金曜日に行う夜の試聴会。
     
    毎回テーマを決めて、
    それに即した音楽を良い音でたっぷり聴いていただきたいというもの。
     
    売り込みや営業はいたしませんよ。
     
    ただ、皆さんと一緒に良い音楽をじっくり聴きたいだけです。
     
    それでは、14日金曜日の夜7時に、
    エモーションにてお待ちしております。
     
     
    セッティングも完了しました。
     
     
    お問い合わせ 
    TEL 092-939-0789 

    最高音質スピーカー、RSオーディオ RS MASTER 3 Mk兇再びやってきます。バレンタインイベントにも重ねて。

    • 2020.01.15 Wednesday
    • 19:41

     

     

     

    皆さんこんにちは、エモ親方です。

     

    先日試聴し、驚きと衝撃を受けたスピーカー、

     

    RSオーディオ、MASTER3 MK兇、

     

    再びエモーションへやってきます。

     

    期間;2月14日(金)〜2月16日(日)

     

    毎夜10時まで。

     

      

    カタログ価格128万円と言うのも凄いですが、

     

    その音質は、わたくしエモ親方が秘かに「もしかしたら世界一じゃね?」

     

    と、まじめに思っているスピーカーです。

     

    いわゆるレンジが広いとか、音離れが良いとか言う、

     

    スピーカーに対する音質評価の次元はとうに超えており、

     

    音楽を描き出す能力が圧倒的なのであります。

     

    例えば、

     

    ベーシストがどこでミュートして、サスティンをどこまで伸ばしているのか、

     

    ボーカルのビブラートは腹で作っているのか、それとも喉で作っているのか。

     

    そのような微妙なニュアンスの違いがありありと聴き取れるんです。

     

    オーディオは音楽を聴く装置です。

     

    従ってオーディオから奏でられる音が、より心地よく、感動的に聴こえるほど、

     

    音楽鑑賞は深まっていきます。

     

    アーティストが駆使する様々なテクニックも、

     

    音楽をより感動的に聴かせようとするものであって、

     

    それ以外の何物でもありません。

     

    音が良いという評価は、

     

    音楽がより感動的に聴こえるという所へ繋がらなければ。

     

    オーディオはその本質を見失うと思います。

     

    これが私の持論です。

     

    その上で、

     

    このRS MASTER 3 Mk兇蓮

     

    極めて感動的、且つ恐ろしいほど感情的に、

     

    聴く者の魂を揺さぶるスピーカーだと言えます。

     

     

    借入期間は、2月14日から16日までの3日間です。

    この間は、夜10時まで開店しています(営業はしません)
     
    また、2月14日は、イベントを行います。 
     
    バレンタインにちなんで‥‥ラブソング特集です。
     
    愛と一口に言っても、
    求める愛、与える愛、子への愛、無条件の愛、様々な愛があるでしょう。
    奪う愛や報われない愛などもあります。
    また、宗教色の強い欧米などでは、神への愛を歌った音楽もたくさんあります。
     
    そのような様々な愛の形を歌った音楽を、
    とことんご紹介するイベントです。
     
    皆様、ふるってご参加ください。どうかお楽しみに。
     
     
    TEL 092-939-0789

     

    緊急告知 RSオーディオのハイエンド、128万円のRS MASTER 3 Mk兇展示中です。視聴可能

    • 2020.01.05 Sunday
    • 20:58

     

     

     

     

    皆さんこんにちは、エモ親方です。

     

    本日1月5日の夜、RS AUDIOのハイエンドモデル、RS MASTER 3 Mkを、

     

    試聴テストのため借り受けました。

     

    128万円という価格もさることながら、

     

    現在、販売されているカー用スピーカーの中では、

     

    間違いなく、ぶっちぎりNo,1音質スピーカーの一つだと思います。

     

    (間違いなくNo,1と言えないのは、まだ私が聴いたことのないスピーカーの中に、これを超えるものがあるかも知れないからです)

     

    テスト試聴のため、借り受け期間は水曜日まで。

     

    ご興味がおありの方は試聴にいらしてください。

     

    お電話をいただいておけば、遅くまで待ちますよ。(夜10時くらいまで)

     

    何の準備もなかったので、スマホで撮った映像を添付しておきます。

     

    動画の音は今一ですが、それでもこのスピーカーの凄さが伝わってくると思います。

     

    動画その1

     

    動画その2

     

     

     

    お問い合わせ

    TEL 092-939-0789

    冬に合う音楽、今度のイベントで紹介する曲を少しだけ。

    • 2019.11.23 Saturday
    • 11:55

     


    皆様こんにちは、
    今日の福岡は雲一つない晴天。
    あ、わたくしエモ親方は今日、店を開けています。
    ご試聴、オーディオのご相談など、お時間のある方はぜひお越しください。
     
    先日ご案内しました。12月13日の夜に行うプチイベントですが、
    その中でご紹介する予定の曲を、予告編もかねて少しだけ披露いたします。
     
    冬に合う音楽と言えば、
    寒さを連想させるような寒くてダークな音楽。
    それと対比するあたたかくて安らぐ音楽。
    暖かい季節へのあこがれを感じる音楽。
    こんなところでしょうか。
     
     
     
    Bressarello(ブレサレロ、若しくはブレサレッロ)と言う、
    15世紀、ルネサンス時代初期の南仏プロバンス地方のクリスマスソングです。
    今でも演奏されることの多い、プロバンスでは大変ポピュラーな音楽です。
    これは今私が一番好きな古楽演奏グループ、Zefiro Torna(ゼフィーロ・トルナ)による演奏。
    リズムがあり、メロディーも古楽にありがちな不安定感がなく、調和がとれていますので、
    素朴なフォーク系の女性ボーカル、或はエンヤなどのニューエイジ系がお好きな方なら、すんなり聴くことができるでしょう。
    高音質で有名なNAXOSレーベルの音源ですので、言わずもがな高音質です。
     
     
    同じ曲でも、演奏家が異なれば全く違った感じになるのが古楽の特徴。
     
     
    こちらは、The Terra Nova Consort(ザ・テラ・ノヴァ・コンソート)による演奏。
    どちらかと言うと南仏感を表に出しているので、冬と言うイメージからは少し遠のいています。
    しかしこちらの方がよりリズミカルですので、カーオーディオには向いているのかもしれません。
    ジプシーキングスなどがお好きな方ならすんなりは入れるでしょう。
    音源は高音質なDORIANレーベルのものですが、
    残念ながらDORIANレーベルはなくなってしまいましたので、
    この音源の入手が困難になりました。
    Amazonなどで中古が多く出回っていますが、
    The Terra Nova ConsortのHPからも直接買えるようです。
     
    ダイナミックで冬を感じる曲はこんなのがあります。
     
    Celtic Thunder(ケルティック・サンダー)と言う、アイルランドのグループです。
    ケルティック・ウーマンの男性バージョンと思っていただいて結構です。
    グループと言うよりも、同じアイルランドのケルティック・ウーマンなどと同じく、企画もののグループ。
    その為、常時30人ほどの登録があり、コンサートの度、レコーディングの度に、メンバーが入れ替わったりもします。
    このHeart Landと言う曲は、アイルランドの大地と神に感謝する歌。
    Celtic Thunderのテーマ曲となっています。
    サブの部分がアイリッシュゲール語です。
    (『ひい婆ちゃんこけた、ひい爺さんこけた』と聞こえるのは、たぶん私だけでしょうから、皆さんは気になさらず聞いてください。)
    ケルト系の音楽と言うのは、寒々としたものが多い(暖かいものもありますよ)ですので、
    冬にはよく合いますね。
     
     
    寒い日に、暖かい部屋の中で聞いているように感じる音楽は、こんな感じですかね。
     
     
    60年代から70年代の英国では、「ブリティッシュトラッド」という音楽ジャンルがありました。
    (今でも存在していますけどね)
    世界的に成功したわけではありませんが、その後のハードロックやプログレッシブロックなどに、
    多大な影響を与えています。
    そのグループの一つでPentangle(ペンタングル)と言います。
    その代表曲の一つが、このLet No Man Steal Your Tyme(レット・ノ・マン・スティール・ユア・タイム)。
    68年の作品。
    歌詞の内容はまるでマザーグースのようです。
    枯葉や枯れ枝などを連想させるイメージですね。
     
    オールディーズの中では、ママス・アンド・パパスのCalifornia Dreamin'(夢のカリフォルニア)があります。
     
    カリフォルニアという言葉から来る印象や、映画の影響などもあり、
    この曲は。明るい太陽の元サーフィンをやっているようなイメージがありますが、
    実はれっきとした冬の音楽です。
    ジョン・フィリップスとミシェル・フィリップスがニューヨークの寒さに耐えきれず、
    暖かいカリフォルニアを夢見て作った曲です。
    寒い冬に暖かい季節を夢見て聴くには最適な曲でしょう。
     
     
    調子に乗ってあんまり出しすぎると、当日出すネタがなくなりますので、このくらいにしておきます。
     
    12月13日は、夜7時から始めます。遅れて参加されても結構です。
    緩い、ゆる〜いイベントです。
     
      
    エモ親方
     
     
    TEL092-939-0789

    エモーションイベント、冬、クリスマスの音楽をとことん紹介する会

    • 2019.11.19 Tuesday
    • 10:13

    皆さんこんにちは、

    エモ親方です。
     
    今日の福岡は、昨日とは打って変わってうららかな天気です。
    でも気温が下がってしまいました。寒い、、
     
    寒くなったら、皆さんはどんな音楽を車の中で聴きたくなるのでしょうか。
     
    いつもと同じもの、
     
    季節に関係なく好きな音楽、
     
    季節を演出する音楽、
     
    皆さん様々でしょう。
     
    今回のイベントは、平日の夜、短時間ですが、
    皆さんに冬に合う音楽をとことんご紹介するというものです。
    ポップス、クラシック、ジャズ、J-POP、ワールドミュージック、ニューエイジミュージックなど、
    様々なジャンルから、冬によく合う音楽を集めてみました。
     
    それらを、時間の許す限り、皆さまにご紹介するという、
    とても気楽なイベントです。
    日時は12月13日の金曜日(だからと言ってホラー特集ではないですよ)
    19:00〜
    エモーションにて、
    飲みに行くご予定のない方は、週末の2,3時間、エモーションに音楽を聴きに来られてみてはいかがですか?
     
    このチラシでは、19:00から20:30となっていますが、
     
    興に乗ればだらだらと長くやります。
     
    また、遅れてこられても大丈夫ですよ。
     
    より多くの皆様のご参加をお待ちしております。
     
     
    TEL092-939-0789

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    HOT NEWS!!

    ECS商品

    お問い合わせ

    092-939-0789
    Mail

    Link

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    エモーションズ
    エモーションズ (JUGEMレビュー »)
    マライア・キャリー

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM