>> カーオーディオショップエモーションのサイトはこちら

 スズキ JB64 ジムニー お手軽高音質計画!

 

くじゅう連山の”扇ヶ鼻”からの景色。

 

こちら側のミヤマキリシマはポツポツでしたが

快晴のお陰で、これまた絶景。

 

ずっと眺めていられる。

そんな景色がそこにはありました。

 

都会での日常を忘れ

大自然を浴びるヒトトキは至福です。

 

 

さぁあなたも登山靴を買ってレッツ登山!

 

 

こんにちは、しらちゃんです。

 

 

 

本日は、新車のジムニーに

ナビゲーションを取り付けするついでにツイーターを追加して

ナビ+約2万円で、お手軽音質アップ計画を実施しましたのでご紹介。

 

 

 

全体です。

オーディオレス車へ、

Carrozzeria AVIC-CZ902 サイバーナビを取付し

Carrozzeria TS-T730(1.2万円)を追加しました。

 

 

 

ナビゲーションは

ハイコストパフォーマンスのCZ902。

 

高音質ナビとしては安価ですが

調整能力に優れ、内臓アンプも優秀。

 

このナビが発売されてから、

高音質な環境を比較的簡単に作れる様になりました。

 

 

 

Cシリーズのツイーターの単品販売版、TS-T730(1,2万円)

 

オンダッシュで追加し、マルチ接続で結線しています。

 

 

 

ドアは純正そのままです。

 

新たにスピーカーユニット、バッフル等を準備し、防振もするとなると、

それなりの費用がかかります。


そこで、

今回はココには触れずに、ツイーターのみ追加というお手軽システム。

 

即ちスピーカーシステムはドア純正13cm+社外ツイーターとなります。

 

 

 

インストール完了後、音響調整を行い納車となります。

 

 

 

さて、ツイーターを追加するとどうなるのか。

 

簡単に言うと、人の声がハッキリ聞こえるようになります。

 

この車は13cmなので、16cmと比べると比較的、聞き取りやすい方ではありますが

純正のままだと、モゴモゴ言って聞き取りにくいと感じませんか?

 

音量を上げれば、少しは聞き取れるようになるけれど

モコモコと不快な音に包まれて、心地よく聴く事は難しいですよね。

 

それが、あらびっくり。

小音量でもシッカリと聴き取れます。

 

 

 

ここで重要なのが、しっかりと音響調整を施す事。

 

ツイーターを只付けただけ。では

ドアスピーカーとミックスされずに、

高音であるツイーターの音ばかりが目立ち、チキチキキンキンとなります。

 

タイムアライメントで、

耳から各スピーカーへの距離(音のタイミング)を合わせ、

音量の違いを埋めるゲインを合わせる事で

 

ツイーターから音が鳴っているはずなのに、ツイーターから音が聴こえない。

不思議で、聴きやすく自然な音になります。

 

そして

ツイーター,純正スピーカーの持つ、ピークやディップ、

防振未施工の状態だからこそ発生する、音を悪くする原因等をEQで整えます。

 

勿論、社外スピーカー+防振の音には届きませんが

 

ナビをつけただけ。

ツイーターをつけただけ。

 

と比べると、比べ物にならないほど

良い音になりますよ。

 

 

 

ご興味あれば、ご連絡ください。

 

 

アゴヒゲ白石

 

 

 

エモ親方追記、

 
純正スピーカーのまま、低価格でサウンドチューニングするには、ツイーターの追加が適切です。
 
純正スピーカーの問題点って、中高音~高音の濁り感(こもり感)にあると思います。
従って、中高音よりも上をカットするとすっきりとさせることができます。
そのためには、中高音域まで再生できる高性能なツイーターが必要です。
カロッツェリアのチューンナップツイーター、TS-T730は、そのためのツイーターとしては、最も低価格だと思われます。
エモーションでは、高音質カーオーディオの研究を日夜行っていますが、低価格で如何に良い音にするかと言う研鑽も怠りません。

 

instagram

 

FACEBOOK

 

メールで問い合わせ

 

TEL 092-939-0789


 スズキ スイフト Helix P62C インストール

 

私、なんとトレッキング始めました。

 

当店には、自称・部活動がありまして

フィッシング部、ゴルフ部、写真部

そして登山部。

 

今までの自称登山部は

部長兼部員の松浦チーフの一人だったのですが

 

"楽して行けない山の上には、

それはそれは美しい世界が広がっているのではないのか"

と、登山について調べ始めた三日後には

シューズ、トレッキングポール、ウェア、リュックを揃えてました。

 

これだから形から入るヤツはいかん。

 

 

まだ初心者マークなので

1000M以下の低山しか行ってませんが

 

えぇ、凄く楽しいです。

 

いつかは雪と太陽が絡んだ山々を撮りたいなぁ。

 

ということで

写真部兼登山部の"しらちゃん"です。こんにちは。

 

 

 

 

さて本日は、

スズキ スイフトスポーツにHelix P62C 2wayをインストールしたお話です。

 

こちらのお車は、新車早々

CarrozzeriaのAVIC-CW902-M、バックカメラを先に取り付け

改めて時間を頂き、オーディオをインストールしたパターンの車です。

 

 

 

システムは

サイバーナビ CW902内蔵アンプで

Helix P62C 2wayをネットワークモードで駆動します。

 

ツイーターは、ベストアングルマウントを選択頂きましたので

反射の影響を考慮し、高さ、角度をピシャリと決め

音の繋がり、定位感が良いサウンドを目指し施工しました。

 

 

 

ヘッドユニットは、AVIC-CW902。

現行サイバーは、超コストパフォーマンスが良い高音質ナビとして

沢山の方が使っていますね。

 

スタンダードモードからネットワークモードに変更して

各スピーカーを独立でコントロールします。

 

 

 

ドアは、

Carrozzeriaのバッフルを用いてインストールしています。

また、防振はPAC1です。

 

最近は、めっきりPAC1が多くなりました。

カーオーディオは、ドアが肝ですので

ここをキッチリとしておけば、

 

皆さんに

"おぉ!想像以上に良くなった!"

 

と言って頂けます。

 

調整していれば、すぐ分かりますが

ドア防振が甘いと、

フロントガラスから音が飛んでくる様なサウンドにするのは難しくなります。

 

スピーカー以外の鉄板音などが耳に届いてしまうと、いくら調整で弄り倒しても

 

"明らかに、ドアから音が鳴っている"感を消すことは出来ません。

と言うことは、

"ツイーターから音が鳴っている"感を消す事も、同じく出来ない訳ですので

 

ツイーター付けたけど、高音が煩い〜

なんて事が起きてしまうのです。

 

もし、この様に感じる方は

調整も勿論ですが、ドアの施工に問題がある可能性もありますよ。

 

 

 

ツイーターは、ベストアングルマウントです。

 

Aピラーワンオフと比べ

材料費、制作時間が少なく済みますので

価格も1万円程、安くなります。

 

どうしても、"付いてます感"が出てしまいますが

サウンドは、オンダッシュに比べると、大きく向上しますので

インストール費を抑えて、高音質を狙う際は

オススメです。

 

 

ハイコスパな、ノーマルサイバー。

技術を詰め込んだ超高音質な、サイバーX。

 

今年の12月には、8インチのサイバーXも出ますね。

 

現在の車は、大きな加工を必要とせず

取り付けキットで8インチナビが取付出来る車種も増えてきたので

8インチサイバーXも、大いに需要ありだと思います。

 

 

そして

 

エモ電(通販、業販OK)

 

ECSサイバーハーネス(当店取付限定商品)

 

の方も、効果ありとの事で

沢山の方にお使い頂けて、嬉しい限りです。

 

 

高価で音が良いのは当たり前。

安価で音が良いのを目指すのが、面白くもあり需要のある商品だと思います。

これからも、研究開発していきますので

よろしくお願いします。

 

 

アゴヒゲ白石


 スズキ スペーシア カスタム ハイブリッド 新車にオーディオインストール

 

このブログを書くときは

いつも写真(カメラ)はiphone6sで撮ってます。

 

ご存知の通りカメラも趣味な僕は

フルサイズ一眼レフという、デカくて重いキャノンの5Dシリーズを使っているのですが

如何せん、持ち運ぶのが億劫なサイズの為

 

”今日は写真を撮りに行くぞ!”って時にしか登場しません。

 

 

しかしながら、日常生活をスナップ撮りしたいなぁと、前から思っていて

 

”コンパクトで、軽くて、絵が良いカメラが欲しい”と物欲に燃えてました。

 

まぁこういう時は、お酒をがぶ飲みしてネットサーフィンしていれば

何故か3,4日後に手元にあるものです。

 

そしてついに念願の富士フイルムのミラーレス一眼(旧型フラッグシップ)を手に入れました。

 

富士の色は独特で味があり

他のメーカーのカメラでは、そう簡単に出ない写真が撮れます。

 

しかも撮って出しjpeg(撮った後、PCなどで色調整していない)で幸せです。

ぶっちゃけ想像以上に良かったので、メインにしようかとも思ってるぐらい。

 

 

そんなこんなで

今回のブログから、一眼+iphoneの写真でお届けしていく事にしました。

 

写真の需要もあると思うし、僕も楽しく書けるので一石二鳥!

 

さぁ張り切って参りましょう。こんにちは、しらちゃんです。

 

 

 

 

 

本日は、スズキ スペーシアカスタム ハイブリッドに

DIATONE NR-MZ300PREMI

DIATONE DS-G500L

Carrozzeria GM-D7100+TS-W2520+UD-SW250D

をインストールしたお話です。

 

 

 

 

全貌はこちら。

この、どこかノスタルジックな色が、たまらんとです。

 

 

 

 

 

ナビゲーションは

DIATONE NR-MZ300PREMI

 

最近は8インチ以上のナビが付く車が増えてきました。

大きい画面で音が良い。

 

良いですよね。

 

 

 

ドア防振はPAC1 PLUS

インナー鉄板全面+内張り防振です。

 

ドアが大きいので貼る面積は広いです。

 

左上の、純正の防水ビニールを残している理由は

 

 

これです。

 

最近の、”中が広い車”は、こうなっている車が多いです。

この部分は、肘が乗る部分です。

 

窓をおろしている時、

窓とスレスレになるほど鉄板の中まで内張りを入れ込んで

広さを作っているのであろうと思われます。

 

この部分を、防振材を凹ませて塞ぐ事も出来るのですが

温度変化や、肘をついた時(外に押した時)

ブチルと窓がお友達になる可能性が大なので

 

当店では”塞がない”という方法を取っています。

 

 

音質へのご心配は大丈夫です。

当店はプロショップです。

 

 

内張り裏も、防振、遮音をしています。

 

内張りが大きい割に薄いので

プラスチックの音が、もの凄く響きます。

 

音も良くなりますし、外から入るノイズも小さくなりますよ。

 

 

 

内張りを戻したら、見た目は元通りです。

 

 

 

ツイーターはAピラーワンオフ。

この形状のピラーは毎回思いますが

二股の3wayより生地貼るのが難しいです。

 

1本物の2wayであれば、きつい部分だけ引っ張れば貼れたりするのですが

この形状は、全ての部分を均等に引っ張りまくらないと貼れません。

 

貼りやすい形状で作ってパテを盛るのも手ですが

角度は、絶対に譲りたくないと思って作ったら

見事に貼る時、大変でした。

 

 

 

サブウーファーを駆動するアンプは、運転席下へ設置。

 

Carrozzeria GM-D7100

こいつのおかげでアンプ別サブウーファーの金額的ネックを大きく解消でき

尚且つ性能も十分。

 

大人気の商品の一つです。

 

強いて言うなら、工場出荷時設定が

強制で効くLPFが低い方に全開なっているのは、誤解を生むと思います。

 

 

ご自身でインストールされた方は

ココを触った記憶がなければ、高い方に全開にしてみてください。

 

DSPでクロスオーバーを設定している方が多いと思うので

アンプでのLPFは不要です。

 

別物のアンプ並のパワー感になりますよ。

 

 

ラゲッジに

Carrozzeria TS-W2520+UD-SW250Dを合体させたサブウーファーを

 

左に見える白いカプラーで、すぐ取り外しできるよう接続し、マウントしています。

 

最近のトールワゴン系の車は

ラゲッジが、そこまで広くない車が多いので

省スペースで、25cmのサブウーファーは、めちゃ使えます。

 

この上に、バンスカ荷物を積んでいただいても、ぜんぜん大丈夫です。

このエンクロージャーはかなり丈夫にできています。
また大きな荷物やたくさんの荷物を積む時などには、

カプラーを外し、サブウーファーを下ろして頂ければ大丈夫です。

 

 

 

最後に音響調整をして納車となります。

 

 

 

 

オーディオレスの新車でご入庫、作業させて頂くと

”このセットは間違いない!”

というシステムを1から構築でき、ご満足頂ける音に仕上げる事ができます。

 

新しい車で

これからずっと良い音で、快適なドライブが楽しめますね。

 

もし、お車乗り換えの際に

オーディオで悩む事があれば、お気軽に電話ください。

 

こんな内容で、契約すれば

オーディオ組む時、無駄なくいけますよ。とアドバイス出来ます。

 

 

アゴヒゲ白石


 スズキ ラパン スピーカー交換プラン + Aピラーワンオフ

 

毎日ムシムシの日が続いている今日この頃ですが

6月は、月初からスピーカー視聴やご成約、インストール作業と

沢山のお客様に来て頂き、大忙しの月でした。

 

このブログも6月に下書きして

結局書ききったのは7月に入ってからという始末です。

 

という事で、時系列が明らかに変な所を書き換えてお届け。

こんにちは、”しらちゃん”です。

 

 

さて本日はスズキ ラパンに

スピーカー交換プランMOD2+Aピラーワンオフを施工したお話です。

 

 

スピーカーは

Morel Maximo Ultra 602。

オリジナルパッシブを製作し

既設のパナソニック F1XDの内臓アンプで駆動するシステムです。

 

 

 

ヘッドユニットは

パナソニック CN-F1XD。

取り付け部は通常の2DINサイズで

大きなモニタ部のみ、手前に出ているモデルですね。

 

この形であれば、通常7インチ以上のナビが入らない車でも

通常のナビ取り付け作業で大画面ナビが設置できます。

 

調整機能は

タイムアライメントと、各チャンネルのゲイン設定、FR独立EQがあります。

ステップは細くないのですが

あるのとないのでは大違いですので

使える機能を活用して高音質に仕上げます。

 

 

 

防振はK-PAC1。

 

インナー鉄板全面を制振するPAC1と

スピーカー側半分を防振するスーパースタンダード+ 内張防振のK-PAC1。

 

この二つを軽自動車で比べた時

内張が太鼓の様に音を出す方が明らかに不快である事より

 

軽自動車には、K-PAC1、もしくはPAC1Plus等を選択頂ける方が多くなっています。

 

内張を全体的に防振しているので

ビリつきも、かなり抑えれるので好評です。

 

バッフルは

Carrozzeria製 MDFバッフルを小加工しインストールしています。

 

 

 

Aピラーワンオフでツイーターをインストール。

軽自動車のピラーは、普通車等に比べると薄く柔らかいので

急いでパテ盛りすると熱で反り、エラい事になるので

時間をかけて製作しています。

 

Maximo Ultra602のツイーターは

小さすぎず、大きすぎずな大きさなので

純正に溶け込む様な見た目になりますね。

 

見た目は小さいですが、出てくる音は濃厚そのもの。

初めて聴いたときは驚いたものです。

 

 

インストール作業終了後

音響調整をバッチリ仕上げて納車になります。

 

 

 

 

誰が聴いても良いと思うスピーカーを

価格を抑えて出せるというのは

沢山のトライ&エラーによって生み出され

金額を抑えようとしている企業努力の賜物だと思います。

 

また、最近の各メーカーのナビは、低価格モデルのものから

 

調整機能が色々と付いているケースが多くなってきたので

期待以上のサウンドに仕上げる事が出来る割合が

圧倒的に多くなっています。

 

僕たちも、

頼んで良かった!と笑顔で帰って頂きたいので

調整機能があるナビをお持ちだと、

よし、任せろ!と思いますね。

 

 

 

さて当店のブログを、巡回ルートに入れて頂いてる方ならお気づきかと思うのですが

 

最近は、ノーマルの状態から

Morel Maximo Ultra602のインストール、

同時にAピラーワンオフをご依頼頂ける方が多いと思います。

 

というのも、

同時にAピラーワンオフをする事によって

見た目の変化は勿論、

お客様のポジションに合わせる事

反射の影響を最大限抑える事など

様々な事を考慮しながら出した角度で製作していますので

 

パキーンと見える音像と

音の繋がりが良く、高解像度、高音質で

耳障りな音がなく、心地よい音にする事が出来ます。

 

特にカーオーディオにおいて

ツイーターの影響力は絶大ですので

 

ツイーターから出た直接音が

ストレートに耳に届く様、インストールする事で

濃厚で、人間味のあるサウンドに仕上げる事が出来るのです。

 

 

Maximo Ultra602は

ナビの内臓アンプから、外部アンプにする事で

これまた大化けできるポテンシャルを秘めてますので

最初にドアとAピラーにインストールしておいて

少しずつ進化させていくのも楽しみ方の一つだと思います。

 

 

アゴヒゲ白石

 

 


 スズキ スイフト カロッツェリア Z1000RS 3wayへ

 

久しぶりにカメラを持って

一泊二日のリフレッシュ旅に出てました。

 

別府、何度行っても不思議な町ですね。

 

こんにちは、しらちゃんです。

 

 

 

さて今回はスイフトのご紹介。

 

初めはスピーカー交換から

少しずつグレードアップして

この度スピーカーを カロッツェリア Z1000RS 3way へ変更です。

 

 

 

ヘッドユニットは

DIATONE サウンドナビプレミ。

 

オリジナルパッシブネットワークを製作し

内臓アンプで パッシブマルチ3wayを用いて

Z1000RS 3wayを駆動します。

 

 

 

元々Morel Maximoを

スーパーインナーバッフル、PAC1防振でインストールしていましたので

 

Z1000RS用のインナーバッフルを製作し、交換します。

 

この型のスイフトは

内張り側にもアウター鉄板側にも余裕がありますので

殆どのユニットをインナーバッフルでインストール出来ます。

 

ただ、運転席側のドアに

スピーカーケーブルを通すのが”やおいかん”ので

結構、大変なタイプです。

 

でもでも

ケーブル引きなおして防振してをキッチリと行えば

ビックリするぐらいのサウンドが出てきます。

 

オーディオ特性が良い車です。

 

 

 

Aピラーワンオフでツイーターとミッドレンジをインストール。

 

カロッツェリアのZ1000RSは

海外のスピーカーユニットに比べると

そう大きくはないサイズですが

 

重量と奥行きがあるので

位置決めに少し時間を要します。

 

そしてスイフトのAピラーは

ピラーを車体に固定するクリップ部が

根元に1箇所、天井側に鉄クリップが1箇所の2点です。

 

その根元のクリップ部が

”非常に良い所”についていまして

 

こちらのピラーでいう

ツイーターの真裏辺りにあります。

 

ユニットのみだけでも

中々の重量がありますので

車体との固定部は生かしておきたい所ですが

 

音質、デザインを考えると

出来るだけピラーの中に入れたい。

 

このクリップ部を生かしつつ

ギリギリまで中に入れ込み

ツイーター、ミッドレンジの角度を意識しながら

デザインも考えての製作でしたので

 

いつもながら頑張りました。

 

 

 

そして完成した3way。

”良い音”しています。

 

”サウンドナビ”と”Z1000RS”の組み合わせも良いですね。

”音の広がり”と”高解像度”の良いとこ取りです。

 

余韻までしっかりと再生し

定位も良くカッチリとしたサウンドに仕上がりました。

 

 

アゴヒゲ白石


calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
エモ蔵
エモーションのネット販売 エモ蔵
天気
九州の天気
selected entries
categories
archives
recommend
エモーションズ
エモーションズ (JUGEMレビュー »)
マライア・キャリー
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
sponsored links