>> カーオーディオショップエモーションのサイトはこちら

 Audi A4 Clarion FDS インストール

 

最近のAudiは、メーターはフル液晶。

内装は、シンプルでスタイリッシュであり

外装は、誰が見ても”かっこ良い”と感じるまとまり方。

 

うん、欲しい!

 

輸入車は、国産車に比べて

オーディオ等、カスタムが難しいイメージがありますが

フィアットや、ボルボ等は、思いのほか、施工しやすかったりします。

 

仕事柄、そんな経験もしますので

いざ自分のマイカーを購入する時は、非常に悩みます。

 

とはいえ結局、一番の考え所は”お財布”です。

 

こんにちは、”しらちゃん”です。

 

 

 

 

さて本日は

Audi A4へ、前車から取り外しした

Clarion FDS Z3,Z7,Z25Wの載せ変えと

電源ノイズイレイサー”エモ電”のインストールを行ったお話です。

 

 

 

まずは、全体から。

 

シンプルで纏まった内装ですので

FDSも純正に馴染むインストールを行いました。

 

 

Audi MMIナビゲーションから音声信号を頂き

FDSのインプットへ接続します。

 

また、デジタル入力でDAPの再生出来るようにもしています。

 

 

コントローラーはこちらへ。

お客様ご指定で、目立たない位置へ取付しました。

 

 

 

 

ドアです。

インナーバッフルでの施工ですが、

見るからに大きなバッフルが入りそうです。

 

 

 

という事で、大きなバッフルを製作し

スピーカーをガッチリと固定します。

 

防振は、PAC1 Plus。

インナー鉄板と、ドア内張りを防振し

スピーカーから出た音のみが耳へ届くよう施工しました。

 

FDSは、プロセッサー、スピーカーが決まっているので

”どんな車でも、同じ音が出るのでは。”

と思われがちですが、違います。

 

FDSが持つ性能を最大限引き出す為には

しっかりとしたインストールが必要なのです。

 

同じユニットだからこそ

最高の音質が出るよう施工していきますので中々燃えますね。

 

 

 

ツイーターはAピラーワンオフ。

質感が高く、貼りやすいジャージ生地を発見したので

今回より採用しています。

 

純正のAピラーと、ほぼ同じ見た目になるので

今まで以上に、後付け感のないインストールが可能となっています。

 

 

 

ラゲッジ左奥には、Z25Wを台形のエンクロージャーを製作し

脱着式でインストールしています。

 

サブウーファーは

ユニットの性能と同じ程、箱の容量や工夫が音質に影響します。

つまり、同じユニットでも箱の出来で、良し悪しが大きく変わるわけです。

 

当店は長年のノウハウがあるので

時には、取説に記載されている推奨容量ではないサイズで製作する事もあります。

 

サブウーファーは、低音を増幅させるだけでなく

ドアに取付したウーファーでは再生が難しい超低域の再生を担当しますので

しっかりとフロントと音が繋がれば

空気感や、声の太さが非常に良くなります。

 

 

また、長物をラゲッジに載せる際、サブウーファーを降ろさず

トランクスルーを利用できるように、

片側の背もたれの幅で収まるように製作しているので

日常の使用への影響は最低限で収まっているかと思います。

 

 

 

そして、FDSのプロセッサーの電源部に

ご好評頂いている例のアレ ”エモ電”の取付も行っています。

 

VW,AUDIの電源は

バッテリーから直で電源を引いていたとしても

少々ノイズが多いように感じる事や

 

デジタルスピーカーシステムである事もあり

これは効果抜群間違いなしです。

 

小さく、常時電源に割り込ますだけなので

すぐ取付出来て、すぐ音質向上を感じて頂けると思います。

 

 

 

最後に調整を行い、納車となります。

 

クッキリとステージが見え、

耳触りの良い高解像度なサウンドに仕上がりました。

 

輸入車は、国産車に比べると

防音、吸音材がシコタマ入っていますので施工は大変ですが

 

その分、音響特性が良い場合が多く

こちらのA4も、その例でした。

 

 

最近は、ペース良く作業できているので

以前と比べると、待ち時間も短く出来ています。

 

今の音にご不満があれば、お気軽にご相談下さい。

 

 

アゴヒゲ白石


 コルベットC5 2DIN加工で新型サイバーナビ と Morel MAXIMUS 602 インストール!

 

 

日中でも上着が必要になってきました。

 

写真撮るのが趣味な僕と

山登り旅行が趣味なチーフ松浦は

毎日のように

 

紅葉!!紅葉!!

 

と盛り上がっているエモーションピットからお届け。

 

 

こんにちは、しらちゃんです。

 

 

 

 

 

本日は、コルベットC5に

 

新型サイバーナビ AVIC-CZ901を加工取付と

MOREL MAXIMUS602をインナー・ベストアングルマウントで取付したお話です。

 

システムはCZ901の内蔵アンプでネットワークモードを駆使し

MOREL MAXIMUS602を駆動します。

 

 

 

入庫の時は

社外DVDデッキが装着されており

まずは取り外しから。

 

マットをはぐってみると

先端がぶった切られてポイっと。

 

グチャグチャポイの謎の配線達が沢山住んでいました。

以前取付されていたデッキやTVチューナーの配線がそのままになっている様です。

 

先端が裸のまま捨てられている配線も見られた為

通電していたら危険ですし必要ないので

線を辿っていき根元から撤去。

 

撤去後には捨て配線の山ができました。

 

 

そしてやっと作業開始です。

 

 

ナビを取付するスペースを作るため車両側を加工していきます。

ナビを車体に固定するマウント部を製作しフェイス部も加工。

 

 

 

ナビを動かす為に必要な信号(車速、バック等)は

大抵ナビスペースの裏に来ていますが

この車は来ていません。

 

メーター回りやコンソールをバラして探し、全てを延長。

ナビ裏に集め、結線します。

 

結線後、動作チェックを行い正常に動作すれば完了です。

 

 

 

 

続いてドアです。

スーパーインナーバッフルを製作しMOREL MAXIMUS602をインストール。

 

この車は防振材を貼っている面が樹脂製なので

鉄板と同じように防振してしまうと破壊しかねません。

 

とはいえ、ただ貼っても防振効果は期待出来ないので

かなり気を使いながらの圧着作業となり時間がかかりました。

 

またスピーカーケーブルはナビから直接引いています。

 

 

 

 

純正のスピーカー位置では

内張りのスピーカーグリル部と大きくズレていましたので

ここでワンオフのスーパーインナーバッフルの出番です。

 

内張りのグリル部のセンターに来る位置を狙って立ち上げ

音抜けを良くする為に加工し製作しています。

 

 

 

 

 

ドア内張りをかけて元通りです。

見た目は変わりませんが

中は良い音が出ますようにと思いを込めた加工が沢山詰まっています。

 

 

 

 

ツイーターはベストアングルマウント。

 

Aピラーワンオフと違い

完全一体化はしていませんが

 

狙った角度で取付できるので定位感の良いサウンドに仕上がります。

 

 

ビッグ進化を果たしたサイバーナビの調整機能をフルで使い

最高のサウンドに調整し納車となります。

 

 

 

オーナー様はロック好きの方ですので

僕も大好きなタイトでキレのある”MAXIMUS 602”をチョイスした事と

新型サイバーナビの”音離れの良い内蔵アンプ”と”フルスペックの調整機能”を組み合わせた事で

ロック好きには堪らないサウンドに仕上げる事が出来ました。

 

 

新型サイバーナビ

発売から着々と取付していますが

昔のサイバーと比べると半額近く安くなっているにもかかわらず

サウンドやナビの機能、ドラレコ連動等

より磨きのかかったモノとなっていますので

これは本当に素晴らしいナビだと思います。

オススメですよ。

 

 

 

アゴヒゲ白石


 プジョー407 新境地へ。アウターヘヴィウエイト完成!

 

納車前の最終チェックからこんにちは。

 

しらちゃんです。

 

 

長らくお待たせしました。

プジョー407 アウターヘヴィウエイト完成しました!!

 

 

まずはシステムのご紹介から参ります。

 

 

ヘッドユニットは、

DIATONE サウンドナビ100プレミ。

 

こちらは前回の施工で取付しております。

取付ステーからパネル製作、純正パーツの移設等、全てワンオフ製作です。

 

 

 

 

スピーカーはカロッツェリア TS-Z1000RS

ツイーターはAピラーワンオフ。

こちらも前回施工の際に製作しております。

 

 

 

そして。。

 

 

 

 

ジャン!

 

どげんですか!奥さん!!

どげんですか!おとっさん!!

 

松浦インストーラーのセンスと拘りが随所に光る、

 

”純正でこういう仕様あるの?”

 

と言わんばかりの一体感。

 

下半分を”共振の極めて少ない”木材を贅沢に使用した

”ヘヴィウエイト”仕様のアウターバッフルです。

 

スピーカーが動くことによって生じる振動を

バッフルでほぼ完全に吸収し、ドアに振動を伝えない。


つまり出てくる音は共振音の混ざっていない、

純粋な1000RSのサウンド。

 

 

今までは、

 

バッフルのサイズに制限があり、

どうしてもドア鉄板に振動を伝えて共振音を少なからず出してしまう、

インナーバッフルでの取付だった訳ですが、

 

それがアウターとなり、姿を見せた上に

ブンブン動いても共振音が混ざらないので

 

VERY GOOD SOUND!!

 

 

調整前の音出しテストの時点で

入庫時とは

 

”誰が聴いても全く違う音を奏でています”

 

 

さらにプジョーさん

ドリンクホルダーが少ない為

 

「ドリンクホルダーも作って欲しい」

 

というお客様のご要望にもお答えしまして

 

両ドア、使いやすい絶妙な位置に

ドリンクホルダーも一体成型の一部として製作しました。

 

 

 

ラゲッジには脱着式でDIATONE SW-G50とPRS-D700がインストール済みです。

 

 

 

 

ここからは

車の利便性を良くしましょうカスタム編です。

 

 

 

まずエアコンのデフロスターカバー。

 

エアコン使用時に

フロントガラスが曇ってくる様で

「カバーを作って欲しい」

 

との事でしたので製作しました。

 

 

塞いじゃうとアレなので

室内側に風が抜けるようなカバーを製作。

 

 

 

 

続いてUSB充電用プレート。

 

センターコンソール内のOBDコネクタの下側に増設しました。

 

USBで充電する端末が増えてきている今日この頃ですので

このプレートはあると便利ですね。

 

 

 

 

 

カーオーディオは

ミッドバスが軸です。

 

即ち

バッフルや防振等、インストールが十二分に出来ていれば

音の繋がりが良く位相ズレのない

 

”クッキリした定位感で奥行きのある感動的なサウンドに仕上がります”

 

逆にそこが不十分だと

他を頑張ってインストールしても結果がついてきません。

 

 

今回の様に

スピーカーの持つポテンシャルをフルで引き出す事を目的とした

 

ノーマルのアウターバッフルの更に上をゆく

アウターヘヴィウエイト。

 

 

まさに

”新境地”

ですね。

 

 

 

 

車である以上、鉄板にスピーカーをつける訳ですので

いくら良いスピーカーでも

ポン付けでは共振音の混ざった音となり

感動的なサウンドにはなりません。

 

 

エモーションでは

スーパースタンダード+スーパーインナーバッフル(orメーカー製バッフル)等の

ライトプランのインストールでも

防振、バッフル製作、取付は時間をかけて施工しています。

 

 

ちょっとした工夫で、すこぶる良くなったりするので面白い所です。

 

 

__________________

 

明日より夏季休業となります。

 

8/10〜/8/15 夏季休業

8/16 通常営業

8/17 定休日

8/18 通常営業

 

となりますのでよろしくお願い致します。

 

 

 

アゴヒゲ白石

 

 

お問い合わせ


 VW ゴルフ6 小さな体で力持ち M5DSP と HRD1取付

日本の下の方で踊っていた台風が

まさかの九州に軌道修正して上陸する模様。

 

早めに台風対策しましょうね。

 

こんにちは、しらちゃんです。

 

 

 

本日はフォルクスワーゲン ゴルフ6に

 

MATCHのアンプ内蔵DSP M5DSPと

そのリモコン(URC-3A)

オーディオテクニカ AT-HRD1をインストールしたお話。

 

M5DSPを用いてマルチ駆動させ

位相を整えたグッとくる音にしよう!

という内容です。

 

 

ヘッドユニットは純正ナビ

一度取り外して、ナビ裏のスピーカー出力を頂きます。

 

 

スピーカーはお客様ご自身でMorel マキシモ6を純正位置にインストールしているとの事でしたので、

M5DSPでマルチ駆動させる為にドア内にスピーカーケーブルを2本引き込みます。

 

ドアインナーとバッフル

バッフルとドア内張りの間は

しっかり遮音されていましたので

インナーでの取付のポイントはバッチリおさえてありました。

 

 

シート下に

MATCH M5DSPとその横に

オーディオテクニカ AT-HRD1をインストール。

 

先ほど純正ナビから頂いたスピーカー出力と

新しく引き直したスピーカーケーブル

そしてバッテリーから直引きした電源をシート下に集合させ結線し

AT-HRD1からM5DSPまでは光デジタルケーブルでリンクさせます。

 

 

AT-HRD1はお持ちのiPhone等、DAPで聴く時に用います。

デジタル入力の際に必要なリモコン(URC-3A)は

ご指定位置のセンターコンソール内にインストールしました。

 

 

最後に外部DSPだからこそ出来る細かいステップで調整を行い納車になります。

 

 

M5DSP

小さいボディながら鮮度の高いサウンドでいて中々パワフル。

インストール場所も柔軟に選択でき、細かく調整出来るのでgoodです。

 

 

AT-HRD1

これもまた小さいボディながら

入力は192kHz/32bit、出力は192kHz/24bitが出来て

尚且つお手頃価格なので

ハイレゾに興味がある方にはオススメです。

 

 

アゴヒゲ白石


 アバルト595 グレードアップ

夏だ!海だ!花火大会だ!

 

 

仕事終わりにダッシュで

シーサイドももち花火大会に行ってきました。

 

仕事も趣味も全力投球

しらちゃんです。こんにちは。

 

 

 

 

以前

サウンドナビ200Premiを取付させていただき、

内蔵アンプで、元々装着されていたソニックデザインの2wayと、同じくソニックデザインのサブウーファーを駆動させるシステムをインストールした、アバルト595です。

 

今回はスピーカー、サブウーファーを交換し、防振もしましたってお話です。

 

 

 

システムは

サウンドナビ200Premi

スピーカー:Dynaudio Esotec 2way

サブウーファー:TS-W2520+UD-SW250D (エンクロ)

サブウーファー用アンプ:カロッツェリアGM-D7100
Aピラーワンオフ

防振Pac1Plus

 

です。

 

 

ヘッドユニットはサウンドナビ200Premi

内蔵アンプでディナウディオ Esotec 2wayを

外部アンプGM-D7100でカロッツェリアのTS-W2520を駆動させます。

 

 

スーパーインナーバッフルを製作し、防振はPac1Plusです。

 

Plusはドア内張りの防振で、太鼓のように響くドア内張りの不快な響きを抑えます。

 

この内張りの防振は、特に軽自動車やコンパクトカーに効果抜群です。

 

ドア内張りの防振の写真はしっかり撮り忘れました。スミマセン

 

 

インナーバッフルなので、ドア内張りをかけたら純正通りです。

 

 

 

 

ピラー製作途中です。

Fiat500のピラーは平らな面が多く、車両側の鉄板までの距離が広いので、ピラー製作しやすいですね。

盛って削ってを繰り返し、形を整えていきます。

 

 

 

生地を貼って完成です。

反射を抑え、クッキリとした定位感のあるサウンドステージになります。

 

サブウーファーもインストールし、調整を行い納車になります。

 

 

 

実はFiat500、

車が持つ音響特性が優れています。

奥行きのある大きめのスピーカーユニットがインナーバッフルでインストール出来るので、

ご自身が気に入ったスピーカーをお手軽にインストール出来ます。

 

お気に入りの車でお気に入りの音楽を。

ご興味ある方、ご気軽にご相談くださいませ!

 

 

 

アゴヒゲしらちゃん

 


calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
エモ蔵
エモーションのネット販売 エモ蔵
天気
九州の天気
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 日産 エクストレイル PAC1防振 と 防振の重要性
    エモ親方 (08/30)
  • サブウーファーについて、その1、選び方とアンプの組み合わせについて。
    通りすがり様、 (08/30)
  • サブウーファーについて、その1、選び方とアンプの組み合わせについて。
    通りすがり (08/22)
  • 日産 エクストレイル PAC1防振 と 防振の重要性
    よし (08/21)
  • カーオーディオコンテスト、雑感。
    少し気になったので・・・ (08/02)
  • イベント、大盛況のうちに終了いたしました。参加された皆様、ありがとうございました。
    高橋 (07/03)
  • いよいよ明日に迫りました!カーオーディオマガジンプレゼンス 石田功×橋本修トークショー!ところが!・・・
    渡邉 寛 (07/02)
  • デジタルプロセッサーの極意〜〜〜HPコンテンツの更新
    へっぽこイース (05/12)
  • 究極の電源カプラー!!
    ぱね (04/02)
  • メルセデス・ベンツ C180ステーションワゴン(W205) FOCAL プロセッサーシステム
    桝田 行伸 (11/05)
recommend
エモーションズ
エモーションズ (JUGEMレビュー »)
マライア・キャリー
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
sponsored links