>> カーオーディオショップエモーションのサイトはこちら

 ダイハツ エッセ Morel PICCOLO 、ELATE Ti 、ULTMO Ti インストール

 

最近のマイブームは

倉庫に眠っている”年季モン”のスピーカーを

我が物の如く引っ張り出し

夜な夜なバスレフ箱を作って遊んで、もとい研究してます。

 

車で、ではなく

部屋の中で、改めてじっくり聴き込むことにより

新たな発見があり、これまた面白いです。

 

 

最近の日中は

スポットクーラーが必要ない日が増えてきたので作業が捗ります。

 

ブログ更新が、ポカンと空いていたりしますが

途中まで書いて、時間がとれずそのままに、、

後日、時間を見つけて更新。

 

なんてやってるので

時系列がおかしかったりするのはご勘弁願います。

 

 

こんにちは、”しらちゃん”です。

 

 

さて本日は

ダイハツ エッセのスピーカーを交換と

ルーフ、フロアのデッドニングを施工したお話です。

 

 

 

今回はヘッドユニットも変更しています。

 

元はDEH-P01でしたが、今回サイバーX AVIC-CZ902XSへ変更です。

P01と比べると

出音は勿論、調整能力も大幅に進化していますので

もはや別物のサウンドに変化します。

 

 

 

 

ウーファーは

Morel Maximusから、ELATE Ti MW6に変更です。

 

マキシマスは、モレルの中では

ドライで、ハイレスポンスの、パンパンなるスピーカーでしたが

 

ELATEは、Tiになり

スピード感がアップし、キレの良いモレルサウンドに進化しましたので

益々どんなジャンルの音楽も楽しく、濃く聴けるサウンドを奏でます。

 

 

 

ツィーターは、同じくMorel Supremo Piccolo 鬚任

いつもの組み合わせですね。

 

今回は

Aピラーではなく

ミラー裏でもなく

 

特製のオンダッシュマウントを製作しました。

 

お客様ご希望の同色に塗装し、絶妙な角度でマウントしています。

 

”オンダッシュか〜い”

となりそうですが、とりあえず聴いてみてください。

 

角度を誤ったAピラーや、ミラー裏にインストールするよりも

よっぽど繋がりが良く、良い音してます。

 

オンダッシュにする事で、

厄介な反射面から距離をとる事が出来ます。

すると

フロントガラスにシャープなボーカルが現れるわけです。

 

取付に問題があると

幾ら調整で補正しても(もはや捻じ曲げ)

ボヤァとした音像にしかなりません。

 

 

こちらは塗装する前のご様子。

 

ん〜ホワイトチョコのようで

 

すごく。。。美味そうです。

 

 

 

 

さてラゲッジには

前回製作したエンクロージャーを再利用し

グラウンドゼロのサブウーファーから

Morel Ultimo Tiへ変更です。

 

レゲェ好きのお客様ですので

クッキリとしたベースラインを出す必要がありますので

サブウーファー交換は効果的です。

 

 

 

 

途中の写真しかなかったのですが

フロア、ルーフ共にデッドニングを施工しています。

 

防振材は

フロアが、サイレントコート。

ルーフが、レアルシルト匠です。
耐熱、遮音材は、サイレントコートだったりSTPだったりします。

車によって使い分けていますよ。

 

 

軽自動車は、特に鉄板の鳴きが ”半端ねぇ”ので

 

何もしていない純正の状態で

鉄板をコンコンと鳴らすと

 

”ベェイイイイン〜〜”

 

デッドニングを施工すると

 

”コッコッ”と変わります。

 

最後にも書きますが、これ想像以上に、めちゃめちゃ効きます。

 

 

 

どの車も、屋根とスペアタイヤハウス(ラゲッジフロア)は

鉄板の鳴きが多い傾向にあります。

 

カーオーディオでは、

ラゲッジにサブウーファーをインストールする場合が多いので

 

ヒドゥンインストレーションなど

ラゲッジ床下等に、サブウーファーを固定する場合は

”必ずやった方が良い”と言えるほど

ラゲッジフロアのデッドニングは効きます。

 

”スピーカーから出た音のみが耳に届く”

から、ラゲッジにあるはずのサブWがフロントガラスから聴こえるわけで

 

”スピーカーから出た音と、床の鉄板と共振した音が耳に届く”

のであれば、サブウーファーの音は後ろから聴こえます。

(調整詰めても、サブの音量が、ある程度しか上げれない)

 

サブウーファーは、ズンドコ言わせる為ではなく

奥行き感や、ボーカルの腹鳴り感(厚み)等を左右する重要なユニットですので、

折角つけたのであれば、最大限の効果を発揮させたいですよね。

 

 

ただ、全面フロア防振だと

全バラになり、どうしても時間と材料がかかるので

工賃、材料費も安くはありません。

 

そこで

車メーカーも、通常使用で余りにも共振がひどい所は

アンダーコートだったりで共振止めしていますが

 

全てではなく、弱い所、共振止めされていない所もあります。

車によっては、ほぼ何もされていない車もあります。(ルーフは特に)

 

その弱い所(ラゲッジフロア、ルーフ)のみの施工にしてみたりと、

ピンポイント施工でコストを抑え、効果的な所を施工するのはアリだと思います。

 

 

 

 

アンプは、それぞれシート下に設置し

 

運転席下に、Morel 2wayを駆動するアンプ

Rockford fosgate T600-4

 

助手席下に、Morel サブウーファーを駆動するアンプ

Carrozzeria GM-D7100をインストールしています。

 

シート下にアンプが入るならば

シート下に入れる事が多いです。

 

それは、施工性(工賃が抑えられる)は勿論

良いケーブルを使用する際、短くて済む等、メリットは多いからです。

 

 

 

 

最後に、サイバーXで最高の調整を行い納車となります。

 

音を聴いてみて、正直驚きました。

前回、アウターバッフル施工した際も

最初の最初のインナーバッフル時と比べると、大幅音質アップだったのですが

 

今回の進化は、スペシャル進化です。

 

 

こちらのお客様は

カーオーディオのイベント等も積極的に参加され

様々な車、様々なシステムの音を聴いているので

 自分の車も、こうしたい!という理想を持っておられます。

 

それをする為には、鉄板の共振を止める必要がある。

となり、今回の施工となったのですが

これは大成功だと思います。

 

 

調整すれば、その車の欠点が分かるのですが

 

この車は、鉄板の共振が凄まじく

車全体が音を出し、不快なモワモワした感覚があり

スピーカー以外から出る音が大きすぎるのが最大の問題点でした。

 

そこで、”ベェイイン〜”と鳴く鉄板のデッドニングを行い

共振を大幅に抑えた結果

 

フロントガラスにパコンとクッキリ出る音像と

スピーカーから音が出ている事を感じさせない奥行きのあるサウンドに仕上がりました。

 

 

お気に入りの”エッセ”という車で

お気に入りの”音楽”を楽しみたい。

 

それを叶える事が出来る施工が出来たのではと思います。

 

 

 

アゴヒゲ白石


 ダイハツ ムーブ DEH-970 と TS-V173S +サブウーファー

調整用PCを新調(追加)しようという事で話がまとまり

ポチっと購入したわけですが

 

勢いで自分用のPCもポチりました。

小遣い内(のはず)なのでだいじょうぶです。

 

たぶんだいじょうぶです。

 

 

完全にパソコン屋と化したエモーション秘密基地よりお届け。

 

こんにちは、しらちゃんです。

 

 

 

 

さて本日は、ダイハツ ムーブに

DEH-970、TS-V173S、TS-WX120Aをインストールしたお話です。

 

 

 

ヘッドユニットは純正CDデッキを取外し

DEH-970を取り付けます。

内蔵アンプでTS-V173Sとサブウーファーをコントロールします。

 

 

 

ドアはインナーバッフルを制作しV173Sをインストール。

 

純正スピーカーは鉄板直付けでついていますので

パッと見、社外スピーカー入らないのでは、、

といった感じですが交換できます。

 

バッフルの厚みを算出し、製作。

インシュレーターをひいてフローティングマウントしています。

 

この車はインナー鉄板内に入り込む部分が2箇所あるので

入り込む部分は防水ビニールを切り取って再利用しています。

防振材を膨らませて施工することも出来ますが

窓と干渉する可能性がある事を考慮すると

この施工方法が良いという判断です。

 

 

防振は新プランの「K-PAC1」

軽自動車をメイン対象とするプランで

インナー鉄板はスーパースタンダードで施工し

内張りの防振(遮音)を追加するプランです。

 

車種によって

インナー鉄板全面のPAC1と

インナー鉄板半分+内張りのK-PAC1とでは

後者のほうが費用対効果が高い事があると言うことで

NEWプランとして追加しました。

尚、PAC1とK-PAC1は同じ金額に設定していますので

お車に合わせた防振をご提案させて頂いております。

 

勿論、よりスピーカーのポテンシャルを引き出す事を目指すのであれば

PAC2がオススメですが

”出来るだけコストを抑えて良い音を”という方にオススメです。

 

 

 

ツイーターはオンダッシュ

V172Aと比べてデザインがクールになりました。

 

 

サブウーファーTS-WX120Aはシート下に設置。

軽自動車の宿命で

ドアスピーカーのみでは低域の量感を稼げない為

サブウーファーの追加は全力でオススメしています。

 

 

最後に調整を行い納車となります。

 

 

新型Vは旧型と比べて

スピード感と解像度が格段と良くなりました。

”解像度の高いパンパン系”です?

 

定価6万円を維持したままのサウンド変更なので

ローエンドの量感が少し薄くはなりましたが

きちんとストロークしていれば音波になっていますので

サブウーファーを綺麗に繋げてあげれば問題ありません。

 

総評として”良くなった”と言えるでしょう。

 

 

シート下のパワードSWって

シート下からブンブン聞こえるだけなんじゃ。。

と思われがちですが

 

調整をきっちり行い

フロントSPとしっかり繋げれば

シート下であっても存在は消え

フロントガラスから低音が聴こえます。

 

最初の頃は不思議でたまらず

「なんやこれ!すげぇ!」と騒ぎまくった記憶があります。

カーオーディオの面白い所ですね。

 

 

アゴヒゲ白石


 ダイハツ ESSE Maximus 602 + GZサブウーファーインストール

 

光のはしごを通って、天使が天と地上を上り下りしている。ということから

「天使のはしご」と呼ぶそうです。

 

実に美しい自然現象です。

 

 

こんにちは。

しらちゃんです。

 

 

 

 

今回はダイハツ エッセに

Carrozzeria DEH-P01

Morel Maximus 602 (マキシマス602)

Carrozzeria GM-D7100 + Ground zero GZUW10SQX

をインストールしたお話です。

 

 

 

 

ヘッドユニットはCarrozzeria DEH-P01

 

ナビは不要という方ならば

車内を”オーディオルーム”にする為に必要な機能を兼ね備えたDEH-P01はオススメです。

クールでスタイリッシュなデザインも◎

 

 

 

 

 

スピーカーは

Morel Maximus602(モレル マキシマス 602)

前回ブログでご紹介した例のパンパン鳴るスピーカーです。

 

 

ピンポーン♪

ここで豆ですが

 

スピーカーの上についてるスポンジ。

 

スピーカー交換されているお車で、このスポンジがついていない車を結構見ますが

これは必須です。

 

難しい説明は親方に任せるとして

 

もしご自身で交換されている方

つけた記憶ないぞと思ったら早急にご購入+取付オススメします。

 

ぼやけた定位と音の繋がりが抜群に良くなりますよ。

 

 

豆終わり

 

 

 

 

 

防振はPAC1Plus

内張りも防振(遮音)します。

軽自動車はここをするのとしないのは大きく差が出ます。

 

内張りをボッコリ凹ませて

室内を広く見せる?デザインの内張りが多いダイハツ車は

防振に工夫が必要なので少し時間を要します。

 

 

 

内張りをかけたら元通りです。

 

 

 

ツイーターはオンダッシュ。

 

 

サブウーファーはエンクロージャーを製作して

ラゲッジにインストール。

 

サブウーファーは「ユニットよりも箱が重要」と言っても過言ではない程

エンクロージャーで音が変わります。

 

ユニットの特性を理解し

適した容量のエンクロージャーを与えることで

初めて「サブウーファー」としてお仕事するのです。

 

寸法出しした板を組み上げて箱を作るわけですが

組み立て時も拘って製作しています。

 

「良い音が出ますように。」と想いを込めて。

 

 

 

サブウーファーを適当に置くのと

しっかりとしたボードの上に置くのとでは

これまた大きく差がでます。

 

純正のボードは如何せんフニャフニャなので

ジャストサイズのボードを作り

簡単に取り外しできるエンクロージャーボードを製作しました。

 

 

 

P01アンプと

サブウーファー用のアンプ カロッツェリアのGM-D7100は

シート下に設置。

 

GM-D7100は1Ωからいけるので

様々なサブウーファーをベストの状態で駆動させることができ

手頃な価格なのでこれまたGOOD。

 

 

 

最後に使える機能をすべて駆使して

ベストなサウンドを奏でる調整を行い納車です。

 

 

 

今回は

過去にオーディオ経験のあるお客様だったので

ヘッドユニットからサブウーファーまで一回の施工で行いましたが

 

「まずはスピーカー交換から」といった様に

少しずつグレードアップしていく形も大歓迎です。

 

”1つ1つの変化を楽しみながら少しずつ音を良くしていく”

というのも楽しみ方のひとつですね。

 

 

 

 

 

 

思い出の曲、辛い時、落ち込んだ時に聴くと元気になれる曲。

 

純正の音で聴く、その曲と

グッとくる音で聴く、その曲は

全く違うモノと感じるはずです。

 

ぜひ1度、エモーションが作る”グッとくる音”を体験して頂きたい。

 

 

人生、音楽と共にあり。

エモーションは感動を届けるのが使命ですから。

 

 

アゴヒゲ白石


 ダイハツ ハイゼット イイオトシステム アウターバッフル

JUGEMテーマ:車/バイク

皆さまこんばんは。
齊藤三段です。

私、実はちょっとだけ遠いところから通勤しております。
ちょっとだけですよ。
ほんとにちょっとだけです...○☓△□※....

昨年車を買い替えてからなーんにもオーディオをいじっていないんです。
ここ最近急激に我慢できなくなってきました。
カーオーディオは一度でも良い音の車に乗り慣れると、それがなくてはならない存在になります。
通勤や仕事に使用する車であれば尚更でしょう。

ということで、本日はダイハツのハイゼットをご紹介します。


説明するまでもなく我らの味方、軽のハコバンです。
ローコストで最高のパフォーマンスを発揮してくれます。
私個人的にですが、軽トラと軽のハコバン大好きです。

このお車にイイオトシステムをインストールします。
それではインストレーションを。

ヘッドユニットはイイオトシステムの要 カロッツェリアのDEH−970です。
3WAYまで構築可能なDSP機能やUSB2系統にSDカード、RCA外部入出力
等の多彩な対応メディアが魅力です。

今回は内蔵アンプを使用して、カロッツェリアのTS−C1720Aをマルチで鳴らします。



ツイーターはオン・Aピラーマウントです。
スピーカーに付属のマウントを用いて、理想的な位置と角度で
Aピラーにネジ止めします。


ミッドバスはアウターバッフルにて固定です。
今回は下1/3程の面積を使用するワイドサイズで製作しております。


グリルを外した状態。


ドア防振はスーパースタンダードです。


この種のお車はドア内張りが大変薄い(鉄板との間に空間がない)為、
バッフルサイズを大きくしようとしますと、必然的にこの様な
アウターバッフルになります。

さて、肝心の音ですが、乗り込んでビックリしました。
ハッキリ申し上げます。
おおよそ想像できる軽のハコバンのオーディオの音ではありません。
調整機能を持ったヘッドユニットにオンダッシュよりも理想的な取り付けを
可能にするオン・Aピラー、そして重量級のアウターバッフル。
問題点を解決する積み重ねです。
間違いなく価格以上の音がしてます。

実はこの様なお車も度々入庫します。
一日の内の大半の時間が車の運転という方もおられるでしょう。
通勤やお仕事用のお車でも、好きな音楽を最高の音質で聴いて楽しんで
頂きたいと思っております。
お気軽にご相談ください♪

齊藤・三段







 

 ダイハツ 新型タント に8インチのナビ?? 取り付けキットがなくても大丈夫! ワンオフパーツのご紹介

JUGEMテーマ:車/バイク

みなさまこんばんは。
齊藤三段です。

先日、取り付けキットの設定がない車種へ8インチナビゲーションを
取り付けするという記事を書きました。
仕上がり品をご紹介します。


写真はダイハツ・タントのものです。
ナビゲーションはカロッツェリアの新・楽ナビ「AVIC−RL09」です。
お車によってはスイッチ類の移設等が発生しますが、それをクリアすれば実現可能です。
又、基本的に純正のオーディオパネルを加工致します。

もう一つご紹介します。



フリップダウンモニターです。
これも取り付けキットの設定がない車種があります。
又、設定があっても実際取り付けると隙間ができてしまったりもします。
フリップダウンモニターについてもオリジナルの化粧パネルとブラケットを製作
することでハイクオリティなインストールを可能としています。

通常のお取り付けが不可能な場合でもエモーションでは、基本的に「なんとかしてインストール」します。
(松浦大将がそう言ってました...)

可能か不可能か。
そんな事案をお持ちの方、是非一度お問い合わせ下さい。

齊藤・三段




 

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
エモ蔵
エモーションのネット販売 エモ蔵
天気
九州の天気
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 日産 エクストレイル PAC1防振 と 防振の重要性
    エモ親方 (08/30)
  • サブウーファーについて、その1、選び方とアンプの組み合わせについて。
    通りすがり様、 (08/30)
  • サブウーファーについて、その1、選び方とアンプの組み合わせについて。
    通りすがり (08/22)
  • 日産 エクストレイル PAC1防振 と 防振の重要性
    よし (08/21)
  • カーオーディオコンテスト、雑感。
    少し気になったので・・・ (08/02)
  • イベント、大盛況のうちに終了いたしました。参加された皆様、ありがとうございました。
    高橋 (07/03)
  • いよいよ明日に迫りました!カーオーディオマガジンプレゼンス 石田功×橋本修トークショー!ところが!・・・
    渡邉 寛 (07/02)
  • デジタルプロセッサーの極意〜〜〜HPコンテンツの更新
    へっぽこイース (05/12)
  • 究極の電源カプラー!!
    ぱね (04/02)
  • メルセデス・ベンツ C180ステーションワゴン(W205) FOCAL プロセッサーシステム
    桝田 行伸 (11/05)
recommend
エモーションズ
エモーションズ (JUGEMレビュー »)
マライア・キャリー
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
sponsored links