>> カーオーディオショップエモーションのサイトはこちら

 スバル WRX 念願の1000RSへ

 

夏です!

今年は、まだ何も夏っぽい事してないなぁと

先日の休みの日、近くの渓谷へマイナスイオンを浴びに行ってきました。

 

楽しそうに水遊びをしている家族達を横目に

汗だくになりながらも、重いカメラと三脚持って、セッセと登り

最上部へ。

 

そこは風が通る所で、凄くクリーンで涼しい静かな所でした。

水も超冷たい。心も体もリフレッシュです。

 

次回は、カメラ置いて海パンもって来ようと思いました。

 

こんにちは、しらちゃんです。

 

 

 

 

本日は、スバルWRXに

Carrozzeria TS-1000RSをインナーAピラーでインストールしたお話です。

 

前回、サブウーファーと、中古品のアンプとをお買い上げ頂き

インストールさせて頂いたお車です。

 

今回は、ドア防振と1000RSのインストールを行いました。

 

 

 

まずは、ヘッドユニット。

Carrozzeria サイバーナビ CZ901。

 

最近のブログはサイバーナビばかりなのですが

これ特に選んでブログを書いてるワケでもないんですけど、

事実、入庫する車はサイバーナビを装着する車が殆どです。

 

今のサイバーナビは

まず価格が手頃で、ナビ性能も高く、音が良いというのが強いのでしょうね。

 

 

 

ドア防振はPAC1

今まではご自身で取付されていましたが

防振もエモ流で宜しく!とお任せ頂けましたので


いつもどおり

使える所、やり直した方が良い所を見極め施工しました。

 

バッフルはスーパーインナーバッフルでワンオフ。

スバルの一部の車は、窓のレールが非常に近く

インナーでのインストールが難しい車がありますが

 

この車の場合は、窓は近いですが

内張り側に、ある程度逃げがあるので1000RSサイズであれば収まります。

 

 

 

 

 

内張りを戻したらドアは完成です。

 

やはり、スポーツタイプだからでしょうか。

音響加工していると、ドアの剛性感を凄く感じます。

 

明らかに鉄板に強度があるので

共振さえ止めてしまえば音が良くなる事、間違いなしです。

 

 

 

 

ツイーターはAピラーワンオフ。

RSシリーズは、現行のツイーターが最も容易にすっきりとインストール出来ます。

 

様々な試行錯誤の結果、この形になったのだと思います。

解像度がすこぶる高く、スピード感のあるサウンドです。

 

 

そしてラゲッジに前回インストールの

PRS-A900 2枚と、JLのサブウーファーです。

 

出来るだけ省スペースで、荷物も置ける形で製作しています。

 

盛り上がってくると、結構な熱を持つアンプの場合

見た目<熱の逃げ で優先させた方が良いと思います。

 

熱がこもる作りにしてしまうと

音が止まったり故障の原因にもなりますので

放熱性を考慮して取付した方が良いと思います。

 

 

最後に、音響調整を行い納車となります。

 

 

 

前々のモデルのVシリーズからの変更ですが

やはりサウンドは、”超”レベルアップしました。

 

取付を、しっかりと行い、外部アンプ駆動ですので

クリアで解像度の高いサウンドに仕上がりました。

 

こちらのお客様の場合は、

1000RS良いなぁと、ずっと思っていた。 からの購入ですので

特に満足感の高い結果に出来たのではと思います。

 

「通勤時間が長い」とも言われてました。

通勤時間は、カーオーディオを楽しめる時間でもあるので

今まで以上に音楽を楽しめれば幸いです。

 

 

 

アゴヒゲ白石

--------------------------------------
親方からインフォ
暑い日々が続いていますが、皆様体調は万全でしょうか。
エモーションのデモカー、オーリスが大好評です。
 
聴きに来られた皆様に驚いていただいております。
 
暑い季節の暑気払いにでも、デモカーを試聴に見えられませんか。
こちらのページにデモカーの紹介が載っております。
 
皆様、どうぞ良い夏をお過ごしください。
TEL 092-939-0789

 スバル フォレスター EMO-TUNE インナーAピラーでインストール

 

最近は、ブログを書いていると

日頃の行いが悪いからか、よく途中で消えます。

 

きっと、

日中、暑い中せっせと頑張っている事もあって

あと2時間もすれば ”美味しいビールが待っている”と

そんな事ばかり考えているからでしょう。

 

長文打つ時は、使い慣れた私PCが良いのですが

自宅のPCの前に座った時には大概、へべれけ ですので

会社にいる間に、誤操作に気をつけながら

必要以上に保存しながら書いていこうと思います。

 

こんにちは、”しらちゃん”です。

 

 

 

本日は

スバル フォレスターに、EMOTUNE Limitedをインストールしたお話です。

 

このLimitedというパッケージは

標準のEMOTUNEのウーファーを、1つ上のグレードに入れ替えたモノです。

25周年キャンペーンでご成約頂いた分ですね。

 

ペーパーコーンの様な、色つけがなくパンパンなりますので

すごく良い音ですよ。

 

 

 

ヘッドユニットは、Carrozzeria サイバーナビ。

こちらは既設されていましたので

ワイヤリング変更を行い、ネットワークモードで駆動させます。

 

この型のサイバーナビは

マルチ接続、ネットワークモードで、

適切な音響調整を行う事で

同じナビだとは思えないサウンドに変化しますよ。

 
ズバル純正で、この型のサイバーナビを選ばれた方、
調整だけでも大化けします。

 

 

 

ドア防振はPAC1

この型のフォレスターは、サービスホールが大きいので

少し工夫して防振しています。

 

バッフルは、ワンオフでスーパーインナーバッフル。

純正形状が、楕円で肉厚ですので

音響に適した木を使い、作り変える事で

強度のあるバッフルが制作できます。

 

それにより、スピーカーの前後運動をシッカリと支え

スピーカーから発せられた音が耳に届き、良い音に仕上げることが出来ます。

 

 

 

スピーカーは、EMOTUNE Limitedです。

このスピーカーは、バッフルをいつも以上にピッタリサイズで制作する必要があります。

 

遮音スポンジを巻き、内張りとの隙間を埋めておきます。

 

 

 

内張りを戻したら見た目は変わりません。

 

当店のインナーバッフルは、車にもよりますが

アウターバッフルと、そこまで大きくは変わらないサウンドに仕上げる事が出来る場合が殆どです。

 

これは、遮音スポンジだったり、インナーバッフルの拘りだったりと

様々な工夫によって出来るモノですので

このドアの中に、時間をかけてノウハウ詰め込んでます。

 

 

 

ツイーターはAピラーワンオフ。

このツイーターはオンダッシュマウントも付属し

良い角度を向く作りになっていますが

Aピラーワンオフには勿論叶いませんね。

 

ドライバーに合わせて、適切な高さ、角度を決め

インストールしています。

 

フォレスターのピラーは、太く奥行きがあるので

3wayピラーでも、スマートに制作出来ます。

 

 

最後に音響調整を行い、

入庫の時とは、全く違うクリアで厚みのある音に仕上げて納車しました。

 

 

 

さて、このEMOTUNEスピーカーですが

市販品のウーファーとツイーターを組み合わせて

最適なパッシブネットワークを制作し(マルチの場合は除く)

ご提供しているように見えると思いますが

 

当店のディスプレイでご視聴頂ければ分かるのですが

このEMOTUNEは、市販品と微妙に中身違いますよ。

 

中身が微妙に違うのですが

音は、かなり違います。

 

スピーカーの構造、こうすればこうなるというノウハウからくる

チューニングを施していますので

2wayでも、グッとくるサウンドが出るスピーカーとなっています。

 

過去に手掛けさせていただいた車で、

標準パッケージのEMOTUNEと、Brax GX2400を組み合わせたのですが、

あの音は、未だに忘れられません。

感動して言葉が出なかった1つです。

 

ご興味在る方、ぜひお問い合わせ、ご相談下さいね。

 

 

アゴヒゲ白石

 

 

TEL 092-939-0789

 スバル フォレスター あのアンプに交換!

 

お休み、晴れ、満開の3点セットが揃い

何とか今年も桜を撮影できました。

 

福岡県太宰府市にある ”宝満宮 竈門神社”

”結びの社”として知られる神社です。

 

欲張りなワタクシは、家族はもちろん

オーディオを通じて沢山の方と、良いご縁を結べますように。

と参拝してきました。

 

好きでやっている事なので、これは本心です。

めっちゃよーなった!と喜んで頂けた時、苦労も吹っ飛びますね。

 

 

さて、こう見えて御朱印集めなんかもしてまして

頂いた御朱印のページに、そこで撮った写真を現像して挟んで

自分だけの御朱印帳作りなんかもしてます。

記憶と紐付け出来るので、捗りますよ。

 

毎日、暇なしのタイトスケジュールが続いていますが

休みの日は、しっかり息抜きをして

良い音を沢山届けていこうと思います。

 

こんにちは、しらちゃんです。

 

 

 

さてさて本日は

久しぶりのインストールブログ。

前回、スバルフォレスターに乗り換えられたお客様の車に

乗せ換えインストール行いましたが

 

今回、ドンと進化です。

 

 

 

 

チラッ

 

 

ジャジャーン!

 

エモーションスタッフ全員が

これは良い!!というアンプ

 

BRAX GX-2400 Graphic

 

美しい。

iphoneで撮っても、この輝きです!

 

えぇ、勿論サウンドも輝いていますよ。

 

 

サイバーナビ

SONY NW-WM1Z

HELIX DSP PRO Mk2

Carrozzeria TS-Z1000RS+TS-S1000RS+TS-W1000RS (3way+SW)

そして

BRAX GX-2400 2枚

 

前回、アウターAピラーでバシッとインストールしているので

今回の作業はアンプを変えただけ。

 

再確認できました。

良いアンプは音良いよやっぱり!凄いです!

 

BRAXと1000RSの良さが合成されて

音楽性のあるクッキリとした高解像度のサウンドです。

 

グッと感情を込めた歌声

強弱のある演奏

それが1つになって音楽になるわけですが

しっかりと伝わってきます。

 

また、車で聴く1000RSの良さは

”音が見える事”も挙げられますが

 

きっちり描き出されたステージもまた圧巻ですよ。

 

 

 

沢山の方にカーオーディオの良さ、楽しさを広めたいと

かなりのハイペースで作業をしていますが

実質二人で回しているので

2ヶ月程、入庫待ちが続いていたり、作業日程の変更のご協力を頂いたりが現状ですが

 

待ってでもご依頼して頂いてるわけなので

その期待を裏切るわけにはいきません。

 

莫大な知識と経験を腹にも蓄えた橋本親方を始め

莫大な数の車に音響、電装機器をインストールしてきた松浦チーフ

莫大な明るさだけが取り柄なんじゃないのかと自負するアゴヒゲしらちゃん

 

そんなエモーションメンバーだから出来る

低価格システムでも、ハイエンド級システムでも驚いて頂ける

究極のカーオーディオをお届けしていきますので

これからもよろしくお願いします。

 

PS.全力でスタッフ募集中です。

   カーオーディオが好きで仲間を大切にする方であれば大丈夫ですよ。

 

 

アゴヒゲ白石

 

 

092-939-0789

 スバル レガシィ アウトバック オーディオ載せ換えました。

 

 

近頃、日中は暖かくなってきました。

寒すぎて指先が動かない季節は過ぎたと思いたいところです。

 

前回のオーディオインストールブログを書いた頃は

指先が痛い寒さだったような気がします。

 

前回から結構空いてしまいましたが

ブログをサボってるんじゃないですよ!

 

書く暇あるなら、オーディオインストールせねば!と思う毎日が続いており

ブログを書ける時間を作れない程、忙しくさせて頂いています。

 

ただ今、需要と供給が合っていない状況が続いておりまして

クオリティを下げない中でのスピーディなインストールをしている大忙しな毎日です。

人が足りません〜。オーディオ好きな方、誰か来て下さい。

 

 

さて基本、僕は年中喋っていたいタイプなので

毎日の様にブログを書きたいと思っているのですが

こうも時間がないと中々難しいですね。。

 

 

久しぶりにブログを書ける時間を発見したので投稿です。

 

長くなりましたが、こんにちは、しらちゃんです!

 

 

 

さて本日は

お車乗りかえの為、オーディオ一式載せかえさせて頂いた

スバル レガシィ アウトバックのご紹介。

 

システムが前車と変わりますので

仕様変更も含めた作業となりました。

 

システムは

サウンドナビ純正タイプ

Helix DSP PRO Mk2

Brax GX-2400

Carrozzeria Z172PRS

のフロント2wayシステムです。

 

 

 

ヘッドユニットは、サウンドナビ純正タイプ。

純正タイプはフェイスパネル一体でスマートなデザインです。

 

レヴォーグやフォレスターは、ナビの着脱作業の工程は、ほぼ同じですが

このアウトバックはビスがあったりと、他車種とは異なります。

更にツメが硬いので気を使いますね。

 

 

 

防振はPAC1

バッフルはスーパーインナーバッフルです。

 

 

純正が楕円タイプのスピーカーの場合は

必然的にワンオフバッフルを大きく作ることが出来ます。

より強固に、そして重量もつきますので

スピーカーが駆動する際のロスを最大限無くす事が出来るので

インナー取り付けの際、大きなメリットとなります。

 

勿論、ただ大きくするだけでは背圧が抜けにくくなったりとしてしまうので

そこは工夫しています。

 

 

 

内張りをかけて完了です。

スピーカーと内張りの隙間も

ピシャリと遮音スポンジで漏れを防止します。

 

ここに隙間があると車によっては

良い音が出るよう時間をかけて施工した防振やバッフルが水の泡になる事があるので

隙間の遮音はインナー取り付けのポイントです。

 

 

 

ツイーターはオンダッシュ。

後に3way化する予定ですので

今回はピラーは作らず簡単にオンダッシュとなりました。

 

 

 

シート下に

HELIX DSP PRO Mk2

 

当店は

デジタル調整で使える機能は全て使います。

勿論イコライザも使います。

 

この”調整”は

車という環境である以上、

耳と各スピーカーの距離が異なる事や、音の反射等は避けられません。

それらの影響により壊れてしまった音を生き返らせる作業です。

 

この調整技術により

取付費用を最低限に抑えたにも関わらず、”音が良い車”を作ることが出来る

コストパフォーマンスが非常に高い”イイオトシステム”等が存在します。

 

 

 

そしてパワーアンプは、BRAX GX-2400

GX-2400は、このアンプでないと出せない魅力的なサウンドを持っています。

このアンプの素晴らしさは、当店スタッフ全員が認めるお墨付きです。

 

決して安くはない価格ですが

何年、何十年と使うのであればコストパフォーマンスは良いと思いますし

何年、何十年の間、幸せになれると思います。

 

 

 

アンプの上に熱を逃がす細工をしたボードをマウントし

荷物も置けるようにしています。

ナマ物は煮えますのでご注意ください。

 

 

 

インストール作業が終わり

最後の仕上げ、もといメインディッシュの”オーディオ調整”を行って納車となります。

 

ツイーターをオンダッシュというライトなマウントですが

しっかりとインストールしたドアと、BRAX GX-2400の力

そしてDSP PROならではの細かな調整により

 

音の繋がりが良く、カッチリとしたステージの中

人間味のあふれるボーカルを感じることが出来る

幸せになれる1台が完成しました。

 

 

 

毎日沢山の方が当ブログを覗いて頂いているようなので

出来る限りこまめな更新を心がけていますが

難しい日が続きそうなので内容を濃くして行こうと思っています。

 

 

アゴヒゲ白石


 スバル フォレスター SW-G50 追加インストール!

 

佐賀県は小城市

”清水竹灯り” へ。

 

初めて行きましたが

久しぶりに

「おぉ!」と思いました。

 

紅葉・滝・竹灯りの三点セット。

贅沢ですねぇ。

 

オレンジの光に緑の滝。

光の使い方が上手いなぁ!

 

こんにちは、しらちゃんです。

 

 

 

本日は、コツコツとグレードアップして3wayとなっていたスバル フォレスターに

SW-G50を追加して余韻や奥行きがドッと良くなったお話です。

 

車の写真を撮り忘れたので

ヘッドから。

 

サウンドナビMZ200ST

 

今回はDOP楽ナビ→サウンドナビMZ200へと

こちらも交換しています。

 

MZ200はお持込でサクっと取付。

楽ナビと比べると世代が違うので勿論の事ですが

音質、画質グンと向上します。

 

 

 

AピラーにMorel Supremo Piccolo供CDM880

フォレスター+3wayピラーは結構な台数を製作させて頂きましたが

スマートに音の良い角度で作れるGoodデザイン賞なピラーです?

 

 

 

 

ドアはインナーでCarrozzeria TS-Z172PRSがインストールされています。

 

というのも、このお車はZ172PRS 2wayからのスタートでした。

Z172PRSは非常に良く出来ており3wayで活用するなら文句なしのユニットです。

 

そこでミッドバスはそのままに、TWを交換→3wayにしちゃいましょう!という流れです。

 

 

 

そしてサブウーファーは

DIATONEが誇る低容量で30Hz以下から、しっかりと出るSW-G50。

フロントの音色を壊すことなく下を支える”縁の下の力持ち”

 

エンクロージャーを製作し左奥にインストールしました。

 

 

今回は、ラゲッジフロアの防振も行いました。

フルの防振ではなくスタンダードプランです。

 

スタンダードプランの防振は

材料量も限られていますので、最も効果の高い所を狙って防振しています。

 

この車のフロアは太鼓のように鳴くので

走行中のノイズも下がるのではと思いました。

 

勿論、特にサブウーファーによる共振も抑える事が出来るので

スピーカーから出た音のみがより耳(体)に伝わり

繋がりの良いサブウーファーの存在を感じさせないサウンドに仕上がります。

 

 

 

アンプはRS-A99Xが2枚

DSPはHelix DSP PRO Mk2です。

 

3way+SWとマルチWAYだからこそ

Helix DSPの様な細かくユニット別で触れるDSPがあると最高ですね。

”車”なので左右のドアは作りが違うし

メーターフード等による左右の音の反射も違います。

 

何も音の邪魔をする物がなく

左右のスピーカーの中心で聴けるならDSPは不要ですが

音に関しては悪影響な物が多い車内では必須と言えるでしょう。

 

 

PRSはローエンドが良く伸びるユニットなので

サブなしでも楽しめるサウンドでしたが

あるのとないのでは全然違います。

 

録音された反響音や余韻など

サブの帯域にも多く含まれていますので

このあたりが大変良くなったと感じました。

 

 

 

サブウーファーにも沢山種類があり

お客様の好みや車、システムによって

”これが良い”というユニットをチョイスしています。

 

またエンクロージャーの作り方(容量、構造)によっても

別物ではないのかというレベルでサウンドが変化します。

 

ワンオフで1から作っていますので

”ここに収まる形にして欲しい”等の要望があれば

それに沿った形で製作できますので

普段使いで邪魔になりにくいインストールが可能となります。

 

 

ご興味あればお気軽にご相談くださいね。

 

 

アゴヒゲ白石

 

092-939-0789

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
エモ蔵
エモーションのネット販売 エモ蔵
天気
九州の天気
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 日産 エクストレイル PAC1防振 と 防振の重要性
    エモ親方 (08/30)
  • サブウーファーについて、その1、選び方とアンプの組み合わせについて。
    通りすがり様、 (08/30)
  • サブウーファーについて、その1、選び方とアンプの組み合わせについて。
    通りすがり (08/22)
  • 日産 エクストレイル PAC1防振 と 防振の重要性
    よし (08/21)
  • カーオーディオコンテスト、雑感。
    少し気になったので・・・ (08/02)
  • イベント、大盛況のうちに終了いたしました。参加された皆様、ありがとうございました。
    高橋 (07/03)
  • いよいよ明日に迫りました!カーオーディオマガジンプレゼンス 石田功×橋本修トークショー!ところが!・・・
    渡邉 寛 (07/02)
  • デジタルプロセッサーの極意〜〜〜HPコンテンツの更新
    へっぽこイース (05/12)
  • 究極の電源カプラー!!
    ぱね (04/02)
  • メルセデス・ベンツ C180ステーションワゴン(W205) FOCAL プロセッサーシステム
    桝田 行伸 (11/05)
recommend
エモーションズ
エモーションズ (JUGEMレビュー »)
マライア・キャリー
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
sponsored links