>> カーオーディオショップエモーションのサイトはこちら

 スバル フォレスター カロッツェリアRSスピーカー3way + SW でハイレゾサウンド!

つい先日

「やっと涼しくなってきました」

と言いましたが前言撤回です。

 

まだ暑い!

 

ドタバタとしていましたのでブログが滞りました。

少しずつ再開です。

 

 

こんにちは、しらちゃんです。

 

 

 

今回はスバル フォレスター。

お車乗り換えの為、システム変更を含めた載せ替えインストールです。

 

 

 

ヘッドユニットはcarrozzeriaサイバーナビ。

こちらは既設されていましたので

プリアウトを取り出してHelix DSP Pro mk2に入力します。

 

 

DAPはSONY ウォークマン

純正部品を加工しウォークマンがスッポリ収まるマウントを製作。

 

ウォークマンのデジタル出力は

Helix DSP Pro mk2オプションの拡張カード

USB HD AUDIO INPUT MODULEを追加。

USB AUDIOを入力できるようにし、そこにダイレクト接続しています。

 

 

 

ディレクターはこちらに埋め込みインストール。

 

 

 

カロッツェリア TS-Z1000RSをアウターハイアングルでインストール。

背圧を考慮しつつ、アングルをつけたアウターバッフルにする事で

定在波による悪影響を避け音離れの良いサウンドに仕上がります。

 

 

フォレスターはバッフルを大きく作れるので

重量のあるインナーバッフルに重量のあるアウターバッフルを合体させることで

スピーカーユニット自身の前後運動を抑制し、振動を吸収させます。

 

また、エモーションのバッフルは、必ずフローティングマウントを施してあります。

オリジナルで製作したインシュレーターを用い、

バッフルが鉄板に面接触ではなく、点接触で固定されるため、

スピーカーからの振動が直接伝わりにくくなっています。

フローティングマウントはインナーバッフルで一か所、

アウターバッフルだと2カ所

どんなに格安なスピーカー交換プランでも必ず行います。

こういうところがエモーションの徹底しているところだと思います。

フローティングマウント以外にも

細かな高音質への工夫が満載です。

 

防振はPAC2

インナー鉄板全面、アウター鉄板全面、内張り全面のフルコースです。

 

これらにより解像度の高い、上質なサウンドを引き出しています。

 

 

 

 

Z1000RSのツイーターとミッドレンジを

Aピラーワンオフでインストール。

 

反射を考慮した角度、向きで製作し

定位感の良いサウンドを実現します。

 

 

 

ラゲッジには脱着式でエンクロージャーを製作しTS-W1000RSをマウント。

ローエンドを支えます。

 

サブウーファーはあくまで”サブ”

出来る限りドアのミッドバスで低い帯域まで再生させた方が

解像度の高いサウンドとなります。

 

フロントの取付を抜け目なくシッカリとインストールしていますので

サブウーファーの存在を感じさせない

繋がりの良いサウンドに仕上がりました。

 

 

 

アンプはカロッツェリア PRS-A900が2枚。

ラゲッジ床下にインストール。

 

こちら、正面に見える取っ手に手を入れ持ち上げることで

アンプの下にある車載工具等にアクセス出来るよう製作しています。

 

 

 

スピーカーのインストールに力を入れて行えば行うほど

イコライザーの補正が少なく済みますので

結果的に定位感、解像度の良い上質なサウンドに仕上がります。

 

また仕上げの調整とは言っても

調整では出てない音(音波になってない音)は引き出せないので

取付(音響加工)は非常に重要なポイントであり

取付の出来によって結果が大きく変わります。

 

今回のインストールは

スピーカーのポテンシャルをしっかりと引き出したインストールとなりました。

 

 

 

 

 

今インストールしているスピーカー

防振の見直しや、取付の見直しを行うことで

”こんなに良くなるの?”

となる可能性がありますよ。

 

ピラー製作のみ

防振のみ等も承ります。

 

ご興味があるの方はぜひお気軽にご相談くださいね。

 

 

アゴヒゲ白石

 

 

お問い合わせ


 インプレッサに SW-G50 インストール

JUGEMテーマ:車/バイク

 

台風前の空は異様な雰囲気であり、

それがまた不思議と惹かれるものです。

 

こんにちは、しらちゃんです。

 

 

 

今回はスバル インプレッサに、

DIATONE SW-G50と、

Ground zero GZHA1.1850DX兇鯆媛奪ぅ鵐好函璽襪靴燭話です。

 

 

ヘッドユニットは、カロッツェリア DEH-970

マルチ駆動が出来る1DINデッキです。

バンド数は少ないですが左右独立で調整できる、お手頃価格な1DINユニットです。

 

 

 

 

スピーカーはインナー、ツイーターはオンダッシュで。

カロッツェリアのTS-C1720Aが既設されています。

 

 

 

 

エンクロージャーを製作しDIATONE SW-G50を、

アンプはGround zeroのハイパワーアンプ GZHA1.1850DX兇鬟ぅ鵐好函璽襪靴泙靴拭

 

SW-G50はマグネットが超大きく、小さい容量のエンクロージャーでお仕事出来るサブウーファーです。

 

小さい容量のエンクロージャー → タイトになるがローエンドが伸びにくい

強力なマグネット+ハイパワーアンプ → 駆動力でローエンドを伸ばす

 

という事でタイトでローエンドの伸びた素敵なサブウーファーの完成です。

 

最後に調整を行い納車になります。

 

 

お盆前という事でドタバタとした毎日ですが、あと数日フルブーストで頑張ります。

 

 

 

アゴヒゲ白石

 

 

お問い合わせ


 スバル レヴォーグ パワーアンプ投入 組み合わせの奇跡!

JUGEMテーマ:車/バイク

皆さまこんばんは。
齊藤三段です。

昨日から急に寒くなりましたねぇ...
寒さに弱すぎる私ですが、今年は少し事情が違います。
いや、違うと思いたい。

実は年始から夏にかけて8kg程の脂肪?を蓄えることに成功しました。
...親方に2kg程分けてもらえば+10kgの目標クリアです......

まぁ、確実に通勤車の燃費を悪化させているわけですが。
少しは水に浮くようになっただろうし、耐寒性も向上しておるのではないかと。。

何にしても風邪だけはひかぬように気をつける毎日です。

さて、本日はスバルのレヴォーグをご紹介します。

以前よりディナウディオの2WAYシステムをナビ内蔵アンプで
お楽しみ頂いておりました。
今回はパワーアンプを追加します。

それではインストレーションを。


ヘッドユニットはDIATONEのディーラーオプションタイプ
「NR−MZ80Limited」
非PREMIの「NR−MZ80」とほぼ同じです。


PREMIモデルではないのでRCA入出力ハーネスがありません。
DIATONE純正のハーネスでも仕事はこなすのですが、
今回はオーディオテクニカの高音質ハーネス「HCH−02DS」
を使用します。
余談ですが、非PREMIのサウンドナビでもこのハーネスを追加
することでサブウーファーのコントロールも可能になります。


RCAケーブルはチェルノフの「Standard 1 IC」を使用します。
ロシア製で、音質・造り共に非常に良い製品です。
ケーブルとしては決して細くなく、硬めですのでワイヤリングはやや大変です。


パワーアンプはロックフォードの「T600−4」です。
レヴォーグの助手席シート下にジャストフィットします♪
今回は電源配線にもこだわりました。
電源ケーブルはアコースティック・ハーモニーのAWG8。
ヒューズホルダー&ヒューズはサウンドクオリティーアイです。


スピーカーケーブルはこれまでカナレの4S8を使用していました。
今回SAECのSUPRA Linc4.0に引き換えます。

4S8は4芯のケーブルですので、通常の2芯ケーブルに比べて複雑な
構造をしています。
LINC4.0は2芯なのですが、さらに複雑な構造でした。
外からシース層、アルミ箔層、PETラッピング層、そしてその中に
被覆された2芯+ドレインワイヤという内容です。


ドアミッドバスはディナウディオのESOTEC「MW−162」です。
バッフルはエモーションワンオフのスーパーインナーバッフル。
ドア防振はスーパースタンダードです。



ツイーターはディナウディオのESOTEC「MD−102」。
マウントはAピラーワンオフです。

ドアミッドバスもツイーターもオリジナルパッシブを使用して
パワーアンプで駆動します。

調整後の音ですが、これは驚愕の音になりました。
親方が調整を終えて降りてきた時にこう言いました。
「これはイイ! すごい!!」

パワーアンプ追加というとある程度の想像はできますが、今回はそれを
遥かに超えてしまっていました。
全体的にクリアでありながら、低域のパンチと解像度の高さが
印象的でした。
ベースの低い音が生々しくエネルギッシュに、かつ正確な音階が聞こえて
きます。
低域再生が満足であると、全体の音の印象もグッと良くなります。

ロックフォードのパワーアンプですが、T400−4とT600−4では
低域の駆動力がまるで違います。
今回はディナウディオとの組み合わせで、各ケーブルやハーネスにも
良い物を使用しました。
いつも計画段階から間違いなく良くなるであろう組み合わせで
お客様と一緒にシステム設計をしますが、今回の様に想像を超えた
音質になる場合があります。組み合わせの奇跡です。

今回はパワーアンプ追加というシステムアップです。
このシステムアップで更なる高音質を得るためには、
初回のスピーカー交換時に施工したバッフルやドア防振、Aピラーワンオフ等
がしっかりと機能している事が前提であり、当然であると言えます。

齊藤・三段








 

 スバル WRX S4 スピーカー交換プラン TS−C1720A

JUGEMテーマ:車/バイク

皆さまこんばんは。
齊藤三段です。

先日の話ですが、家族で某回転寿司(非メジャーなところです)で食事をしました。
そこはオーダーが電子化されておらず、カウンターの外にオーダー兼レジの
おねーちゃんが2人とカウンター内に調理の方が2人という小規模の店舗でした。
値段は基本的に1皿¥100で味も量もそこそこ満足できました。

食べ終わってそろそろ帰ろうかという頃、オーダーのおねーちゃんの1人が、
カウンター内の調理の人のところに駆け寄ってきました。

おねーちゃん : 「からしくださーい♪」
調理の人   : 「ん?  わさび??」
おねーちゃん : 「あ、一味唐辛子やった」

決して聞こえにくい声量ではありませんでしたし、どちらが天然なのかも不明ですが
なんか微笑ましいやりとりでした。
からしだかわさびだか一味唐辛子が最終的に適正に使用されていることを祈りながら
お店を後にしました。

カーオーディオとは全く関係のない話を長々と失礼しましたところで本題に入りましょう。

本日はスバルのWRX S4をご紹介します。


スバルがラリーベース車両の「インプレッサWRX」から「WRX」を
独立派生させたセダンです。
昔から「WRX」が付くとやや過激。「WRX STI」で超過激。
そんなイメージがあるかと思います。

この「WRX S4」は見た目は普通のセダンですが、実はターボエンジン搭載で
300馬力の過激なお車です♪

今回はスピーカー交換プランMOD1 TS−C1720Aの
インストレーションをご紹介します。


ヘッドユニットはカロッツェリアのサイバーナビ
AVIC−ZH0099です。
タイムアライメント機能を活かしてバイワイヤリング接続します。



カロッツェリアの2WAYスピーカー TS−C1720Aの
ツイーターはオンダッシュマウントです。


施工前のドアの状態です。
ハッチバックのインプレッサやレヴォーグのドアとよく似ています。
(同じ?)


純正スピーカーはやや上向きにスラントしています。


今回はカロッツェリアの金属製インナーバッフル UD−K615を
フローティングマウントさせて使用します。
スピーカーケーブルはカナレの4S8。
吸音・拡散材はレアルシルト・ディフュージョンです。


ドア防振はスーパースタンダードです。
以前、レヴォーグの時にもご紹介しましたが、最近のスバルのドアは
鉄板の開口部が非常に大きく、防振の効果を高めるのに大変苦労します。


インナーバッフルですのでドアの外観は変わりません。

さて、今回はサイバーナビのタイムアライメントとイコライザーを駆使して
バイワイヤリング接続にてフロント2WAYを駆動しています。

TS−C1720Aはエントリークラスのスピーカーですが、インストールと
調整の適正化によってクラスを超えた音質に化けます。
又、エモーションのラインナップはその様なセレクトになっています。

ただトレードインしたTS−C1720Aと比較試聴すれば差は歴然です。
ドア防振の効果もあって引き締まった低音と強すぎず弱すぎない高音により
どんなジャンルを聴いてもバランスの良い音がします。

低価格帯のオーディオ機器を用いて、音質において如何にしてクラス超えさせるか。
プロショップの腕の見せどころではないでしょうか。

齊藤・三段




 

 スバル レヴォーグ MZ90PREMI DS−G20 ブルーレイ!

JUGEMテーマ:車/バイク
皆様こんばんは。
齊藤三段です。

更新が滞り申し訳ございません。。。
サボっているのではないですよ。
大変忙しいのです。
(要するに、忙しさに負けて結果的にサボってるだけです...スミマセン)

さて、本日はスバルのレヴォーグをご紹介します。


ナビ+スピーカー交換ですが、今回はちょいと違います。
ブルーレイプレイヤーを取り付けします。

それではインストレーションを。


ヘッドユニットはダイヤトーンサウンドナビ NR−MZ90PREMI。
内蔵アンプを使用してスピーカーをマルチ駆動します。



スピーカーはダイヤトーンのDS−G20です。
ツイーターは付属のマウントを用いてオンダッシュマウントです。

何気なく見えるいつものオンダッシュマウントですが、取り付け方次第で
少なからず音質に影響があります。
フロントウインドウ・Aピラートリム・メーターフード・ハンドル等
直接音と反射音を考慮した配置に取り付けます。
一見どこでもいいようでよくないのです。

又、音質以外ではサイドウインドウ用のデフロスターや後付けのレーダー、
露出してしまう配線部の美しさ等のバランスもとる必要があります。


純正状態のドアです。
黒い部分が鉄板の開口部になります。
又、レヴォーグの純正スピーカーはやや上手前向きに角度がついています。


ドア防振はスーパースタンダードです。
スピーカーケーブルはカナレの4S8をドアに通線してあります。
インナーバッフルはカロッツェリアのMDF製 UD−K525です。
DS−G20は小加工で取付可能で、奥行きも問題有りません。
UD−K525は純正スピーカーに合わせて角度が付いています。



インナーバッフルですのでドア内張りの外観は変わりません。


今回はバックカメラも同時施工しました。
カロッツェリアのND−BC7です。
90PREMIにはバックカメラ用ハーネス LE−40BCを用いて接続します。


グローブボックス下のブルーレイプレイヤーです。
今回は三菱製のBD−P100を使用しました。
ダイヤトーンサウンドナビとの接続は付属の専用ケーブルを使用します。

レヴォーグのアンダーカバーは平らな面が少ないため、ワンオフのボードを
制作して強固に取り付けてあります。



やはりブルーレイは綺麗ですね。
日頃DVDに見慣れていると尚更そう感じます。
テレビでいうと地上波とBSハイビジョンの比較よりも差があるように思います。
BD−P100は車載用のピックアップを使用していますので、走行中の振動も
問題ありません。

90PREMI内蔵アンプとDS−G20の組み合わせですが、
クリアで心地よい大変バランスの良い音がします。
簡単に申し上げますと、「内臓アンプでもこんな音になるのか」という感じでしょうか。

今回の様にグローブボックス下に1DINを吊り下げる場合は、アンダーカバーの有無や
その形状で工賃が変わってきます。
1DINスペース製作と比較すればディスク操作(出し入れ等)が多少犠牲にはなりますが、
ご予算に合わせて一緒に検討させて頂きますのでお気軽にご相談ください。


齊藤・三段







 

 スバル フォレスター(SH) スピーカー交換 HELIX

JUGEMテーマ:車/バイク

皆さまこんばんは。
齊藤三段です。

本日はスバルのフォレスターをご紹介します。



純正スピーカーをHELIXのスピーカーに交換します。
エモーションのスピーカー交換プランではなく、スピーカー交換です。

それではインストレーションを。


ヘッドユニットはスバルディーラーオプションのクラリオン製 MAX670です。
HDDナビです。

今回はBW バイワイヤリング接続しませんのでフロントスピーカーをヘリックスに交換し、
リヤスピーカーは純正のままです。
したがってフロント2WAYスピーカーは、スピーカーに付属のパッシブネットワークを使用
します。


スピーカーはHELIXのB62C BLUEです。
超・低価格帯ですが、そうは思えない音が出てきます。

パイオニアのMDF製インナーバッフル UD−K525を
フローティングマウントさせて固定します。


純正のドアスピーカーです。


インナーバッフルですのでドアの外観は変わりません。



ツイーターは、付属のマウントを用いてオンダッシュマウントです。

エモーションでは、ご予算に合わせてパッケージプラン以外の施工も多くございます。
今回はドア防振無し、ドアケーブル通線無し、スピーカー付属のパッシブネットワークを
使用という、本当のトレードインです。

しかし、スピーカーの固定、オンダッシュツイーターの配置、ヘッドユニットが持つ能力の範囲内での
調整によって価格以上の真価を発揮します。
お気軽にご相談頂ければと思います。

齊藤・三段



 

 スバル XV NR−MZ60PREMI ラインドライバー ALD Limited のインストール

JUGEMテーマ:車/バイク

皆さまこんばんは。
齊藤三段です。

世の中は今日が納会という企業さんが多いみたいですが、
例年のごとくエモーションは大忙しであります。。

皆さんクリスマスは楽しめたでしょうか?
今年は私がサンタの帽子をかぶって(齊藤サンタ)作業をしておりました。
しかし、なかなか冷ややかな反応でしたので来年は何を
かぶろうか思案中です。。
       トナカイ ソリ プレゼントの袋 エントツ?

プレゼントがなかったのがイケナイんでしょうか....


さて、本日はスバルのXVをご紹介します。


システムはヘッドユニットにダイヤトーン NR−MZ60PREMI。
スピーカーはDS−G50とSW−G50を用いたフロント2WAY+サブウーファーです。
RS−A99XでDS−G50を、PRS−D700でサブウーファーのSW−G50を駆動します。

今回はヘッドユニットとRS−A99Xの間にARC AUDIOのラインドライバー
「ALD Limited」をインストールします。

それではインストレーションを。


ヘッドユニットはダイヤトーンサウンドナビ NR−MZ60PREMI。


ダイヤトーン DS−G50のツイーターマウントはAピラーワンオフです。


ラゲッジルームのサブウーファー SW−G50です。
これを駆動するパワーアンプ PRS−D700は助手席シート下に有ります。
コネクター脱着式のワンオフエンクロージャーです。


ラゲッジルーム手前側の床を開けるとフロントスピーカーを駆動するパワーアンプ
RS−A99Xがインストールされています。
この床の開閉はサブウーファーを載せたまま可能です。
最近の車に多い黒い発泡スチロールでできた床下収納ですが、フェイスカットでアンプを
インストールするのもカッコイイのではと思います。


フェイスパネルを取り外した状態です。
フェイスパネルはメンテナンス性を考慮してネジ止めではありませんが、
しっかりと嵌るように製作しています。
アンプの右側にある黒い箱がラインドライバー ALD Limitedです。


上下2段になっています。
ヘッドユニットとパワーアンプの間にインストールするだけですが、
効果絶大でした。

今回のポイントは60PREMIのRCA出力の弱さをラインドライバー
で補うというものです。
このALD Limitedは、従来信号を昇圧する際に一緒に昇圧されていた
ノイズ成分に対策を施した製品です。

試聴した感想です。
まず明らかに情報量が増しています。
そしてアンビエントの豊かさと明瞭度の向上を感じました。
情報量が増して濃く、深い音になったのにどこかクリアで心地よい音です。
毎日の様に色々なシステムを試聴しますが、久しぶりに鳥肌が立ちました。

簡単に言えばRCAラインの間にかますだけの製品ですが、
今回の様に狙いを絞った使い方と調整を施すことで効果絶大です。
是非試して頂きたいですね。オススメです。

齊藤・三段

 スバル レヴォーグ ダイヤトーンサウンドナビ NR−MZ90PREMI スピーカー交換

JUGEMテーマ:車/バイク

皆さまこんばんは。
齊藤三段です。

本日はスバル レヴォーグをご紹介します。


納車間もないピカピカの新車です。
オーディオレスのこのお車にナビ・バックカメラ取り付け及び
スピーカー交換という内容です。

それではインストレーションを。

ナビヘッドはダイヤトーン サウンドナビ NR−MZ90PREMIです。
ナビゲーション機能・音響調整能力・付属ハーネス等、大変改良が進んだ最新型です。
今回は、本機の内蔵アンプを用いてモレルの2WAYをマルチで鳴らします。


バックカメラの取り付け状態です。
パイオニアの「ND−BC7」です。



インストール前のドアの状態です。
最近のスバル車の特徴として、防水ビニールにゴムスポンジ状の
マットがコンポジットされています。
(写真では、ビニール中央の黒い部分)


スピーカーはモレルの「MAXIMO6」です。
ドア防振はスーパースタンダード。
インナーバッフルはパイオニアのMDF 5シリーズを
フローティングマウントです。


インナーバッフルですのでドアの外観は変わりません。


ツィーターはモレルの専用マウントを用いてオンダッシュです。

さて、90PREMI内蔵アンプの音について。
DSP搭載とはいえ一瞬、アンプ内蔵のメモリーナビゲーションで
あることを忘れそうでした。
解像度が明らかに向上しています。


上:90PREMI 下:80PREMI

90PREMIですが、ユニット背面のコネクタ配置に変更はありません。
つまり、既に60PREMIや80PREMIをご使用中であれば
今回仕様変更された「電源ハーネス」と「RCA接続ハーネス」を
交換するだけで、アンテナやカメラといった周辺機器はそのまま
ご使用頂けます。

音質向上・パッシブマルチ3WAYの調整能力・ナビ機能等、
従来機からの載せ替えだけでもオススメです!


齊藤・三段

 スバル・フォレスター パワーアンプのインストール

JUGEMテーマ:車/バイク

皆さまこんにちは。
齊藤三段です。

最近ますます寒くなってきました。
人間界にも冬眠のシステムが欲しいものです。(私だけ?)

さて、本日はSJフォレスターのご紹介です。



今回はラゲッジルームのフロアボード下に、フロント2WAYを駆動する
パワーアンプをインストールします。
システムの仕上がりはフロント2WAYマルチ+サブウーファーです。


ヘッドユニットは「DIATONE NR−MZ60PREMI」


ツィーターはエモーションオリジナルの「ベストアングルマウント」です。
スピーカーはカロッツェリアの「TS−V172A」


インナーバッフルですのでドアの外観は変わりません。


シート下のパワード・サブウーファー カロッツェリア「TS−WH1000A」


ラゲッジフロアボード下の状態です。
アンプはARC AUDIOのXDi450.4JEです。
純正の発泡スチロール製収納スペースの下にはスペアタイヤと車載ジャッキがあります。
配線が繋がったまま収納スペースごと持ち上げればスペアタイヤとジャッキにアクセスできます。

今回はスペアタイヤへのアクセスを出来る限り犠牲にしない様インストールしました。
日々、多種多様なインストールをしているエモーションですが、可能な限り純正の機能性を
損なわないお取り付けを心がけております。

齊藤・三段

 スバル・ステラ パワードサブウーファー追加とドア防振グレードアップ

JUGEMテーマ:車/バイク

皆様こんばんは!!
長い間ブログの更新が滞り、申し訳ございません。
本日よりどんどんご紹介していきますのでよろしくお願い申し上げます。

さて、本日の取り付けをご紹介します。
スバルの軽自動車「ステラ」の取り付けです。
このお車にはすでにイイオトシステムがインストールされております。

・ヘッドユニット   カロッツェリア DEH-P940
・スピーカー     カロッツェリア TS-C1710A
・スピーカーケーブル カナレ 4S8
・インナーバッフル  カロッツェリア MDF


ツイーターはオンダッシュ取り付け。
ドアスピーカーはインナーバッフルですので外観は変わりません。
スピーカーの接続はマルチです。
今回はパワードサブウーファーの取り付けとドア防振のグレードアップです。

それでは取り付け状態を。


パワードサブウーファー パイオニアのTS-WH1000Aを助手席シート下へ取り付け




ドア防振を「スーパースタンダード」から「PAC1PLUS」に変更



ドアスピーカーの取り付け状態

以上簡単にではありますが、ご紹介させていただきました。
 

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
エモ蔵
エモーションのネット販売 エモ蔵
天気
九州の天気
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 日産 エクストレイル PAC1防振 と 防振の重要性
    エモ親方 (08/30)
  • サブウーファーについて、その1、選び方とアンプの組み合わせについて。
    通りすがり様、 (08/30)
  • サブウーファーについて、その1、選び方とアンプの組み合わせについて。
    通りすがり (08/22)
  • 日産 エクストレイル PAC1防振 と 防振の重要性
    よし (08/21)
  • カーオーディオコンテスト、雑感。
    少し気になったので・・・ (08/02)
  • イベント、大盛況のうちに終了いたしました。参加された皆様、ありがとうございました。
    高橋 (07/03)
  • いよいよ明日に迫りました!カーオーディオマガジンプレゼンス 石田功×橋本修トークショー!ところが!・・・
    渡邉 寛 (07/02)
  • デジタルプロセッサーの極意〜〜〜HPコンテンツの更新
    へっぽこイース (05/12)
  • 究極の電源カプラー!!
    ぱね (04/02)
  • メルセデス・ベンツ C180ステーションワゴン(W205) FOCAL プロセッサーシステム
    桝田 行伸 (11/05)
recommend
エモーションズ
エモーションズ (JUGEMレビュー »)
マライア・キャリー
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
sponsored links