>> カーオーディオショップエモーションのサイトはこちら

 マツダ NDロードスターに PP86DSP取付

お盆前ラッシュ入りまして、只今8月7日、23:41!

FM福岡(FMラジオ)のジェットストリーム(0時の時報曲)を楽しみに

ナチュラルハイでお届け。

 

こんばんは、しらちゃんです。

 

 

今回はマツダ NDロードスターに

MATCH PP86DSPをインストールしたお話です。

 

こちらのお車、ハードトップ!

ソフトトップの幌車とは横から見たときのラインが違ってカッコ良いですね。

 

 

 

ヘッドユニットは純正マツコ(マツダコネクト)

 

スピーカー信号を頂いて

PP86DSPでサウンドをコントロールして純正スピーカーに戻します。

 

PP86DSPはアンプ内蔵DSPなので

純正アンプのパワー不足を補います。

 

アンプ内蔵という事で

電源はバッテリーから直接引いてPP86に結線します。

 

 

設置場所はこちら。

助手席の後ろ側に貼り付ける様な形でインストール。

 

シート下は、スペースがないに等しいクリアランスなので

ケーブルの長さ増によるコスト等を考えるとココがベストかと思われます。

 

 

純正スピーカーは

「何故、音が良くないのか」

を理解した上で調整する事により

純正とは思えないサウンドに仕上げる事が可能です。

 

 

純正スピーカーで外部DSPを導入してみる

という最初のグレードアップは

”カーオーディオの面白さ、奥深さ”を肌(耳)で感じれる出来る第一歩として

興味心をくすぐるスタートと言えると思います。

 

 

純正ツイーターに一体化してコンデンサが入ってるタイプも存在するので

その場合は少し苦戦しますが

 

インストールする僕達としても

調整でココまで変わるんです!

という純粋な調整力で勝負なので気合が入ります。

 

 

 

アゴヒゲ白石


 マツダ CX−5 スピーカー交換プラン + プロセッサー

JUGEMテーマ:車/バイク

〜謹賀新年〜

昨年は格別 の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。
本年もエモーションスタッフ一同、皆様にご満足頂ける音創りを心がける
所存でございますので、 何とぞ昨年同様のご愛顧を賜わりますよう、
お願い申し上げます。
皆様のご健勝と益々のご発展を心よりお祈り致します。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

皆さまこんばんは。
齊藤三段でございます。

毎年ですが、エモーションは怒涛の年末年始でありました...
忙しくない年末年始などというのもおかしいとは思いますが。。
皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

私事ですが、毎年年始には自分なりにスローガンを掲げて気合バッチリで
物事に取り組んでいきます。昨年もそうでした。

ところがGWあたりから勢いがなくなり(早いゾ、オイ!)、お盆休み頃には惰性で転がり始め、(夏バテ?)
そこから年末が近づくにつれて得体のしれないものに追いかけられるようになります....(怖)

と、まぁ新年早々暗いのでこの話はこれぐらいにしておきますが、
今年は追われるでなく追いかける年にしたいと思っております♪



さて、無駄でよくわからん話が長くなり申し訳ありません。

2016年1台目のお取り付けです。
マツダのCX−5をご紹介します。


今回はスピーカー交換プランとプロセッサーのインストールを同時施工しました。
純正ナビ(マツダコネクト)の音声信号をアンプ内蔵プロセッサーに入力し、
フロント2WAYを鳴らします。(リヤスピーカーは鳴らしません)

それではインストレーションを。


ヘッドユニットはマツダ純正ナビです。
マツダコネクトなので音声信号だけを頂きます。


使用したプロセッサーはARC AUDIO のDSP8です。
アンプ内蔵で本体は超コンパクト。
入出力が多く、ミックスもでき、音質もグッドで優秀なDSPです。

今回は助手席シート下にインストールしました。


フロントスピーカーはモレルのMAXIMO6です。
ドア防振はスーパースタンダード。
インナーバッフルはエモーションワンオフのスーパーインナーバッフルです。
スピーカーケーブルはカナレの4S8。
マツダ車はドアケーブルがコネクタですが、きっちり通してあります。


ドア内部の写真はないのか??




スミマセン。
撮り損ねました。




MAXIMO6のツイーターはオン・Aピラーです。
しっかりとネジ止めしてあります。


運転席からです。


CX−5はインナーバッフルを大型化することができ、背圧処理のテーパーも
大きくとることができるため、しっかりと振動を抑えることができます。
今回はDSP8のクッキリとした輪郭とMAXIMO6が持つ豊かな音場と臨場感が
合わさって、非常に聴きやすい、綺麗で心地良い音に仕上がりました。

純正ナビはそのままですので操作系は今までどおりにお使い頂けます。
DSP8はアンプ内蔵のプロセッサーですが、
非常に小型・省電力で高音質ですのでオススメです。

齊藤・三段


 

 マツダ CX−3 オーディオシステム

JUGEMテーマ:車/バイク

皆さまこんばんは。
齊藤三段です。

...あまりにも更新がなさすぎてカーオーディオファンの皆さまの、
ネットサーフィン巡回リストから外れてしまったのではないかと
恐怖している今日この頃です。

申し訳ありません。

さて、久しぶりの更新ですが濃いインストールをお届けしたいと思います。

今回ご紹介するのはマツダのCX−3です。


今年の2月に発表されたマツダのコンパクトクロスオーバーSUVです。
SKYACTIV-D 1.5を名乗るディーゼルエンジンですが、かなり静かです。
ボディサイズは大きすぎず小さすぎずといったところでしょうか。

話はそれましたがオーディオシステムを。
インストレーションを見ていきましょう。



ヘッドユニットは純正です。
そう。通称”マツコネ”ことマツダコネクトです。
モニター部分とAVナビシステム本体が別体となっており、
事実上交換が容易ではありません。

今回は純正システムを生かしてオーディオシステムを構築します。


運転席下のプロセッサーです。
カバーの下に「HELIX DSP PRO」が配置されています。
純正システムの入力とデジタルケーブルによるハイレゾプレーヤーの
入力を切り替えて使用します。


ハンドルコラム左側のDSP用リモコン「URC−2A」です。
上のボリュームがデジタル信号用に割り当てられています。
一番下のスイッチでアナログ入力とデジタル入力を切り替えます。


シフトの側にデジタルケーブルを出してあります。


続いてラゲッジルームのパワーアンプです。
今回使用するスピーカーはDIATONEのSA−3です。

左の「RS−A99X」でツイーターをBTL駆動、
右の「RS−A09X」でミッドバスを駆動します。
RCAケーブルはオーディオテクニカの「AT7728」 です。
スピーカーケーブルはサウンドクオリティーアイの「4S8 CRYO」です。



ツイーターマウントは「Aピラーワンオフ」です。



ミッドバスは「アウターハイアングル」です。
リスナー向きにかなり角度がつきます。
ただカッコイイから角度をつけるわけではありません。
パテ使用量の増加による重量増、センターコンソール間に発生する定在波
によるキャンセリングの減少等...見た目のインパクト以上にいいコトだらけ
なのです。


アウター部分の取り付け前です。


ドア防振は「PAC2」です。
アウター鉄板の防振 + インナー鉄板の防振 + 内張りの遮音・防振です。


アウターハイアングル用のドアバッフルです。
最近のマツダ車全般に言えますが、かなり大きなバッフルになります。
樹脂のインナーパネルは切り取って、鉄板に固定します。
きっちりフローティングマウントさせてあります。
インナー鉄板が平らでは無いため、正直なところを申しますと造るのは大変です。


最後に。
何故か天井です。


ルーフ防振です。


ルーフを叩いて「カンカンカン」という響きが無くなるように貼り付けてあります。
天井を触ってみるとわかりますが、音楽の再生中、ルーフもかなり振動しています。
付帯音を出しているのはドアだけではありません。



かなりハイエンドな内容のCX−3になりましたが、使用するオーディオ機器の
良さもあり、インストールの要所もきっちりと抑えてあります。
サブウーファー無しのシンプルなフロント2WAYですが、力強く繊細な音がします。
特にスピーカーユニットの固定に関しては、シンプルなシステムであるからこそ、
改めてインストールの重要性を感じます。

入力の拡張性が高いHELIX DSP PROですので、今後のハイレゾ再生も
楽しみです。

齊藤・三段










 

 マツダ デミオ スピーカー交換 DS−G500

JUGEMテーマ:車/バイク

皆さまこんばんは。
齊藤三段でございます。

本日はマツダのデミオをご紹介します。


スピーカー交換+サブウーファーのインストールです。
フロント2WAYはDIATONE DS−G500 新型です。
サブウーファーもパワードではありません。

それではインストレーションを。


ヘッドユニットはディーラーオプションのダイヤトーンサウンドナビ
NR−MZ80です。
PREMIではありませんので音響調整にいくつか制限があります。


フロント2WAYの調整をするには、ネットワークの調整に制限がありますので、
エモーションのオリジナルパッシブネットワークを使用して帯域分割をします。


RCA出力ハーネスです。
左がPREMI用。 右が非PREMI用です。
サブウーファー出力の有無が違います。
(他にも違う点がありますが...)
非PREMIであってものPREMI用のハーネスを使用する事で
サブウーファーのコントロールが可能になります。


スピーカーはDIATONE DS−G500です。


スーパーインナーバッフルを制作し、フローティングマウントにて固定。
ドア防振はPAC1です。


DS−G500のミッドバス背面には吸音・拡散処理を施し、
スピーカーケーブルはカナレの4S8を通しています。
マツダ車はドア配線がコネクタですので簡単には通りません。


施工前のドアの状態です。



ツイーターはオンダッシュマウントです。


ラゲッジのサブウーファーです。
カロッツェリアのユニット TS−W2520を、同じくカロッツェリアの
エンクロージャー UD−SW250Dに組み合わせてあります。
TS−W2520はSVCです。


運転席シート下のパワーアンプ GM−D7100です。
ラゲッジルームのサブウーファーを駆動します。
コントロールはNR−MZ80のサブウーファー項目です。
電源はバッテリーからAWG8をワイヤリングしてあります。
将来的にオリジナルエンクロージャーで更に高音質の低域再生を
得ることができます。


GM−D7100は1chモノラルアンプですので、レベル調整用の
ボリュームが付属しています。
運転席ハンドルコラムの左下に固定してあります。


今回はバックカメラも同時施工でした。
カロッツェリアのND−BC7です。
ダイヤトーンサウンドナビはガイド線表示機能を持っていますので、
ガイド線表示が可能です。

さて、車載DS−G500Lの音ですが、中域の情報量とクリア感のバランスが
大変良いスピーカーだと感じました。
全帯域で過不足なくバランスの良い音がします。
インストールの終盤で車両の動作チェックをしますが、ミッドバス単体での
出音が大変綺麗な印象を受けました。
パワーアンプの追加が楽しみです。

今回使用のフロントスピーカー、DS−G500ですが、正確にはDS−G500Lです。
G500になってからユニット単体の販売やネットワークレスモデルの設定等、販売形態が
大変フレキシブルになっております。
今回の型番末尾の”L”はネットワークとツイーターのダイレクターを省いたモデルです。
(ミッドバス用のダイレクターとグリルネットは付属しています)

Aピラーワンオフによるインストールにおいてはダイレクターは必要不可欠ですが、
オンダッシュマウントをご希望であれば今回からオンダッシュ用のマウントをご用意
できますので、導入しやすくなっています。
是非ご検討頂きたいと思います。

齊藤・三段






 

 マツダ アテンザワゴン スピーカー交換 スーパーインナーバッフル

JUGEMテーマ:車/バイク

皆さまこんばんは。
齊藤三段です。

本日はマツダ・アテンザワゴンのスピーカー交換プラン MOD2 
バイワイヤリングをご紹介します。


早速インストレーションを。


ヘッドユニットはサイバーナビ 「AVIC-ZH0009」です。
フロントとリヤの内蔵アンプスピーカー出力を全部フロント2WAYに
ぶち込むバイワイヤリングです。
パッシブネットワークはエモーションオリジナル品を使用します。

 
加工前の純正状態のドアです。


加工後のドアです。
スピーカーはカロッツェリアのTS−V172A。
ドア防振はスーパースタンダード。
バッフルはワンオフのスーパーインナーバッフルをフローティングマウントです。


インナーバッフルですので外観は変わりません。



ツイーターはオン・Aピラーです。
TS−V172Aですと見た目、音質共にGOODな仕上がりになります。




さて、今回はエモーションオリジナルのワンオフインナーバッフルである
「スーパーインナーバッフル」について触れてみたいと思います。
写真は上が純正のドアスピーカー、下がスーパーインナーバッフルとTS−V172Aのミッドバスです。

インナーバッフルですので基本的に内張りの制限内に収まる寸法です。
パッと見は似たような形ですが、中身が違います。


今回製作したバッフルです。
しっかりと詰まった材料で最大限大きく制作します。
特にGJアテンザ、CX−5等は体積が大きくとれるため、
製作は大変ですが、重量がある良いバッフルになります。


ドア鉄板の開口ギリギリまでテーパーを当てることも可能です。
この背圧処理も音質面では重要な要素の1つです。

既製のインナーバッフルに比べて音響的に有利な処理をたくさん施せる
スーパーインナーバッフルのご紹介でした。

齊藤・三段
 

 マツダ・RX-8 「DEH-P01特別システム」のインストール

JUGEMテーマ:車/バイク
 
皆さまこんばんは。
齊藤三段です。

本日はRX−8へ施工しました、「DEH−P01特別システム」のご紹介です。
正確にはオプション多数の「DEH−P01特別システム + α」でしょうか。



それではインストレーションを。


ヘッドユニットはカロッツェリアのDEH−P01です。
アンプは付属の6chアンプを助手席シート下に取り付けてあります。
純正デッキを取り外し、フェイスパネルと取り付けキットを使用してのインストールですが、
RX−8は年式・内容によって純正デッキの交換方法が違ってきますので注意が必要です。


スピーカーはHELIXのP1T(ツィーター)とP6B(ミッドバス)です。
ドアバッフルはエモーションオリジナルの「スーパーインナーバッフル」です。
内張りとの空間ギリギリまで大きく製作し、フローティングマウントしております。


ドア防振は「スーパースタンダード」です。
スピーカーケーブルはカナレの4S8をシート下のP01純正アンプから直配線です。


ツィーターマウントはオプションの「Aピラーワンオフ」をお選びいただきました。
この写真は「Aピラーワンオフ」角度決めの様子です。


左Aピラーの完成状態です。


最後にドアの外観を。
インナーバッフルですので外観は変わりません。

今回は「DEH−P01特別システム」に以下の内容を同時施工しております。
・Aピラーワンオフ
・RCAケーブル変更(今回はオーディオテクニカ AT−RS25)
・P01純正アンプ 電源をAWG8へ変更
・ステアリングリモコンアダプターの取り付け

以上、DEH−P01特別システムのご紹介でした。

齊藤・三段

 マツダ・アテンザ パワーアンプインストールとドア防振グレードアップ

JUGEMテーマ:車/バイク
皆様こんばんは!!

本日は先日納車完了していたお取り付けをご紹介します。
アテンザ(GJ)にトランクにパワーアンプのインストールとドア防振のグレードアップです。

このお車のシステムはDEH−P01を使用したフロント3WAY+サブウーファーです。
今回は運転席シート下のP01純正アンプで駆動していたフロント3WAYを
トランクにインストールしたRS−A99XとRS−A09Xで駆動します。
又、ドア防振をPAC1からPAC2へグレードアップします。

それでは取り付け状態を。


パワーアンプの取り付け状態です。
奥のRS−A99Xでツィーターとミッドレンジを駆動。
手前のRS−A09Xでドアミッドバスを駆動します。


ドア防振の状態です。
インナーパネルは変わりません。
GJアテンザはバッフルが大きい!



PAC2ですのでアウターパネルと内張りも防振します。


電源の増設に伴いワンオフのヒューズホルダーブラケットを製作しました。


上が純正ナビ。
エアコン操作パネルの下には本来小物入れがありますが、
1DINスペースを製作してP01のヘッドユニットをインストールしています。


ツィーターとミッドレンジはAピラーワンオフです。


ドア防振の写真でお気付きかもしれませんが、ドアバッフルは
アウターバッフルです。
写真ではわかりにくいですが、リスナー向きに角度がついている
ハイアングル・アウターバッフルです。


最後に運転席からの眺めを。

本日は以上で失礼致します。

齊藤三段





 

 フルパッシブ3WAY RX-7

皆さん今晩は、

今日ご紹介するのは、本日出来上がりましたRX-7です。

先ずはいつものようにシステム図から。


いつものように、方チャンネルは省略しております。

ご覧のように、フルパッシブ3WAYでございます。

取り付けの状態は以下の通りです。



ヘッドユニットは、DAIATONE サウンドナビ、NR-MZ80PREMIです。
今回はこいつが持つ、唯一無二の特徴を最大限に生かすシステムです。





ミッドバスはドア純正位置へアウターバッフル装着、
ツイーターはAピラー、
そしてミッドレンジはドアアッパーにマウントされています。




運転席から、ミッドレンジとツイーターを見たところです。




ミッドレンジの拡大図です。




リアハッチを開けるとそこには、メジャーブランドでは最も高価なアンプが鎮座しております。




アンプの前にある蓋を開けると、先日ご紹介したパッシブが、、、、


このシステムは、確かにフルパッシブ3WAYなのですが、ダイアトーンサウンドナビ・プレミアムだと、パッシブであってもタイムアライメントが独立調整できます。通称”パッシブマルチ”、ただしアンプのチャンネルがスピーカー分ないので、マルチと呼ぶのはどうかと思います。

難しいのは、サウンドナビの調整モードで、どこから切るかというところ。

今回のパッシブは、計算上は、600Hzと4kHzで切っていますが、実際にはそことは異なることろでクロスされてしまいます。
これがパッシブの宿命です。
従って、”実際にはどこで切れているのか”をサウンドナビのクロスオーバーモードを駆使しながら探さないといけません。
ここにも重要なノウハウがありますね。
今回は、800Hzと3.15kHzが”実クロスポイント”でした。

それにしても、今回のパッシブ製作は時間がかかりました。
ユニットの位相特性、インピーダンス特性や、パッシブを入れた時の位相の変化などを読み取りながら製作していきます。
本気で作ると本当に大変です。
結局、フィルターを一つ、入れるか入れないか迷った挙句、オンオフスイッチを付けました。エージング後にどうするか決めます。

今回は、アンプもスピーカーもハイエンドクラスでしたが、アンプによる一点豪華主義もありだと思います。
特にサウンドナビプレミアムのパッシブマルチを用いると、2chアンプでも各ユニットが独立タイムアライメントができるというのは大きいでしょう。
スピーカーは10万円以下のもの、アンプは30万円以上、こんな組み合わせも十分ありです。


エモ親方

 

 マツダ・ロードスターへの、カロッツェリアTS-WH1000Aの取り付け。

JUGEMテーマ:車/バイク


こんにちは、

本日ご紹介するのは、つい先日スピーカー交換とダイアトーンサウンドナビを取り付けたマツダロードスターへの、サブウーファー設置です。

使用するサブウーファーは、カロッツェリア、TS-WH1000A、



取り付け位置は助手席の後ろ後ろ側です。


参考までに、
すでにご紹介していますが、スピーカーの取り付け状態もご紹介しておきます。



ナビゲーション ダイアトーンNR-MZ80PREMI




ツイーターはAピラーワンオフで取り付けられています。



ドア防振PAC1とミッドバスの取り付け状態です。


カロッツェリア TS-WH1000Aは、手軽にサブーファーチューンし、その効果を最大限に得ることのできる、最も最適なパワードサブウーファーだと思います。

パワードサブウーファーは、20cm以上の口径で、十分な容積のエンクロージャーに入っているもの(輸入物に多い)を除き、小型サブウーファーでは40Hz付近までしか再生してくれていません。

ドア防振をしていなかったり、強固なバッフルを装着していない、或いは軽自動車のように、ドアが薄く容積が小さい場合など、フロントスピーカーの低域限界は高くなり、100Hzくらいまでしか出ていません。
そのような状態で、一般のパワードサブウーファーを付けると、それなりの効果を発揮してくれます。

ところがドア防振を施し、バッフルでしっかりと固定してやると、17cmのフロントスピーカーは、40Hzあたりまでは出してくれるようになります。

そうなると、一般的な小型パワードサブウーファーは、低音を不必要に増強させてしまうだけであり、ともすると、不快な音になりがちです。

きちんと取り付けられたドアスピーカーで、そのスピーカーが再生できる低音以下の、フロントスピーカーでは再生できないレベルの“超低音”こそ、出してほしいわけであります。

カロッツェリアTS-WH1000Aは30Hz以下が出せる唯一の小型パワードサブウーファーであると言ってもよいでしょう。

唯一の欠点は、音量が小さい点。従って爆音派の方には向きません。
しかしながら、コンパクトな形状を活かし、フロントシートの下にレイアウト出来れば、全く問題になりません。

手軽に低音を増強したいのなら、最適なアイテムです。



サブウーファーについて、詳しくはエモーションHPコンテンツをご覧ください。
http://www.emotion-jp.com/sub-woofer/index.html



エモ親方



 

 マツダ・アテンザ スピーカー交換プランMOD,2 MOREL TMPO6の取り付け、音響加工

JUGEMテーマ:車/バイク



おはようございます。
今朝は風が冷たいくらいに肌寒く感じました。
季節の変わり目、皆さま、体調を崩されませんよう、お気をつけください。
私は早速寝冷えして風邪気味です。

さて、マツダ・アテンザに、スピーカー交換プランMOD2の、モレル TEMPO6 スピーカーの取り付けと、音響加工を行いましたので、ご紹介いたします。





ドアバッフルは、エモーションの“スーパーインナーバッフル”です。
マツダ車は総じてドアインナー鉄板と内張りの隙間が広い特徴があります。
これは欠点でもあり、長所でもあるということができます。
通常、スピーカーを交換しただけだと、スピーカーの正面から出る音が、鉄板と内張りの隙間に侵入しやすくなります。これが音のとって極めてよろしくない。





図が見にくいかもしれませんが、スピーカーの正面から出る正相音が、振動素材を透過すると、一部の周波数が逆相化します。これを積極的に利用する方法がパッシブラジエーターです。
http://www.olasonic.jp/tvspeaker/twd7opt.html

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC


パッシブラジエーターは、バスレフなどと同じで、スピーカーの後方から出る逆相音を位相反転させ、正相化し、フロント側に放出することで、低音を増強させようというものです。別名“ドロンコーン”(泥んこ〜ん、ではない)
パッシブラジエーターは、バスレフポートによるヘルムホルツの共振を、スピーカーから駆動系を排除した振動板を代替品に用いています。 これは、スピーカーの後方音が逆相音だから、正相化させることでその効果を発揮しますが、 ドアの内張りがパッシブラジエーター化し、スピーカーの前方から出る正相音を逆相化させてしまっては、音質を劣化させるだけでしかありません。 そこで私は、スピーカーをインナーバッフルで取り付ける際には、音波通過性の低いスポンジのような素材を、スピーカー周囲に張り巡らし、スピーカー前方の音がインナー鉄板と内張りの間に侵入しないようにしようと言い続けています。
マツダ車の場合、インナー鉄板と内張りの間の隙間が大きく、音漏れしやすいという特徴があります。 これが欠点と言える要素です。
では長所はというと、 インナー鉄板〜内張り間の隙間が大きいということは、大型のインナーバッフルが製作可能であるということです。 バッフルは、大きくて重量のある方が、スピーカーの振動をより抑えることができ、音質は向上します。 マツダ車は、ドア内張りの中の隙間が大きいことを利用して、写真のように、大型で重量のあるインナーバッフルを製作することが可能というわけです。




ドアの外見は変わりません。インナーバッフルですから。




運転席側のツイーターです。 MORELのスピーカーは、このTEMPO6でも、一つ下のMAXIMO6でも、ツイータースタンドのデザインがよく、このようにダッシュボードにポン置きした場合でも、デザイン的に違和感なく溶け込みます。





助手席側のツイーター装着状態です。




エモーションのスピーカー交換プランの特徴である、バイワイヤリング用のパッシブが、純正ナビに装着されようとしているところです。
バイワイヤリングとは、本来、スピーカーのユニットごと(ミッドレンジとか、ウーファーとか、ツイーターとか言われている奴)に配線する方法を言いますが、エモーションでは、純正、或いは市販ナビ、ヘッドユニットなどの、4チャンネルスピーカー出力を全てフロントスピーカーにだけ入力してやろうというやり方です。
そのためには、各チャンネルごとに、クロスオーバーフィルターが必要となるため、それをオリジナルで製作しております。


エモ親方




calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
エモ蔵
エモーションのネット販売 エモ蔵
天気
九州の天気
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 日産 エクストレイル PAC1防振 と 防振の重要性
    エモ親方 (08/30)
  • サブウーファーについて、その1、選び方とアンプの組み合わせについて。
    通りすがり様、 (08/30)
  • サブウーファーについて、その1、選び方とアンプの組み合わせについて。
    通りすがり (08/22)
  • 日産 エクストレイル PAC1防振 と 防振の重要性
    よし (08/21)
  • カーオーディオコンテスト、雑感。
    少し気になったので・・・ (08/02)
  • イベント、大盛況のうちに終了いたしました。参加された皆様、ありがとうございました。
    高橋 (07/03)
  • いよいよ明日に迫りました!カーオーディオマガジンプレゼンス 石田功×橋本修トークショー!ところが!・・・
    渡邉 寛 (07/02)
  • デジタルプロセッサーの極意〜〜〜HPコンテンツの更新
    へっぽこイース (05/12)
  • 究極の電源カプラー!!
    ぱね (04/02)
  • メルセデス・ベンツ C180ステーションワゴン(W205) FOCAL プロセッサーシステム
    桝田 行伸 (11/05)
recommend
エモーションズ
エモーションズ (JUGEMレビュー »)
マライア・キャリー
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
sponsored links