>> カーオーディオショップエモーションのサイトはこちら

 マツダ アクセラ 新車から良い音で楽しめる車に。

 

晴天!が待ち遠しい梅雨時期。

 

上手い事、休みが晴れる日が少ないので

休日は引きこもり。

 

このままでは、ストレスが溜まっちまうぜ!

 

という事で、

割と重度のポチポチ病が数人在籍している当店には、

毎日の様に”アマゾン”だったり”楽天”だったりと書かれた箱が届きます。

 

便利な世の中になったものです。

 

 

こんにちは、しらちゃんです。

 

 

 

さて本日は、新車のアクセラ!

勿論、マツダコネクトナビ。

 

もう定番ともなりつつある

Helix DSP MINI + Carrozzeria GM-D1400鬚離札奪函

オプションのUSBデジタル入力を追加して、

Directorもインストールします。

 

スピーカーは、

Morel Tempo ultra602。

 

サブウーファーに

Carrozzeria TS-W2520 + GM-D8100。

 

新車から楽しいドライブが出来るシステムに仕上げます。

 

 

さて同じ音源を、

マツコで再生したものと、デジタル入力で再生したもので聴き比べると

1発で違いが分かります。

 

明らかにデジタルの方が音が良い。

 

 

近年は、マツダ車に限らず、

純正ナビ標準装備の車が増えています。

 

音が良い!というレベルを純正に期待するのも酷だと思うので

せめて、不快ではない音であれば良いのですが

"残念ながら"な車が多いのが現実です。

 

 

そこで、デジタル入力の出番。

 

 

URC-3 又は Directorを取り付けて、

 

純正入力と、デジタル入力の切り替えやプリセット変更を、

コントローラで切り替え出来る様にセット。

 

これで、どちらでも楽しめる仕様になります。

 

 

 

ソースの一つであるマツコネ。

モニターだけのスッキリとしたデザインですね。

 

 

もう一つのソースとなるデジタル入力と

純正ナビ入力を切り替えたりするコントローラDirectorは、

グラサン入れを加工して、すっきりインストール。

 

仕上げに生地を巻いてフィニッシュ。

Aピラーと同じ生地なので、違和感なく仕上がります。

 

Directorは、そう頻繁に操作するモノでもないので

スッキリと収まるところを見つけてインストールすると良いと思います。

 

 

ちなみにですが

塗装仕上げの場合は、少し工賃を頂いています。

 

パテで整形後、

樹脂をかけてツンツルテンになるまで磨いて、

サフ吹いて黒吹いてと、

生地仕上げと比べると時間と手間がかかるのが理由です。

 

 

Tempo ultra602のツイーターはAピラーワンオフ。

 

 

 

ドアの中は撮り忘れてしまいました。

 

PAC1防振、スーパーインナーバッフルです。

 

最近のマツダ車は、

バッフルを大きく作る事が出来るので

 

再生能力が高い社外スピーカーをしっかり受け止める事が出来ます。

 

ここまでしておけば、

将来的に問題となる事はほぼ無い。という

当店では定番の施工内容ですね。

 

 

車種によって

内張りが音を出しやすい車もあります。

 

そのような場合は、

内張りの制振、遮音を施行するとバッチリ。

ビックリするほど良くなります。

 

 

シート下に、

DSPとフロント用アンプ、サブ用アンプを取り付け。

 

 

ラゲッジに、

スピーカーを下向きにマウントしたサブウーファーを設置して完成です。

 

このTS-W2520セットは、

スピーカーユニットが2.5万円、エンクロが1万円の

合計35,000円のサブウーファーですが、

これが結構良く出来ていて、当店でも人気です。

 

アンプ別体の本格サブウーファーとしては価格が手頃で

パワードサブとは比較にならない量感と低域の再生力。

そして上に物を置ける構造である事。

 

人気なのも頷けます。

 

 

 

最後に音響調整を施して、納車となります。

 

 

最近よく取り付けしている

DSP MINI+GM-D1400鬚離札奪箸任垢、

 

現在、音響がノーマルのお車の場合は

1,スピーカー交換

2,DSP+アンプの取付

 

と、取付するタイミングを分ける。というのも手です。

 

カーオーディオは

”趣味”として楽しまれている方も大勢いますので

 

”ここを変えたから、音がこんな風に変わった。”

 

という変化を感じながら、音質向上させていく楽しみ方もアリです。

 

 

お客様ご自身の環境に合った、カーオーディオの楽しみ方をご提供するのも

当店のような専門店の仕事ですので、お気軽にご相談ください。

 

 

 

アゴヒゲ白石

 

 

instagram

 

FACEBOOK

 

メールで問い合わせ

 

TEL 092-939-0789


 マツダ NDロードスターに PP86DSP取付

お盆前ラッシュ入りまして、只今8月7日、23:41!

FM福岡(FMラジオ)のジェットストリーム(0時の時報曲)を楽しみに

ナチュラルハイでお届け。

 

こんばんは、しらちゃんです。

 

 

今回はマツダ NDロードスターに

MATCH PP86DSPをインストールしたお話です。

 

こちらのお車、ハードトップ!

ソフトトップの幌車とは横から見たときのラインが違ってカッコ良いですね。

 

 

 

ヘッドユニットは純正マツコ(マツダコネクト)

 

スピーカー信号を頂いて

PP86DSPでサウンドをコントロールして純正スピーカーに戻します。

 

PP86DSPはアンプ内蔵DSPなので

純正アンプのパワー不足を補います。

 

アンプ内蔵という事で

電源はバッテリーから直接引いてPP86に結線します。

 

 

設置場所はこちら。

助手席の後ろ側に貼り付ける様な形でインストール。

 

シート下は、スペースがないに等しいクリアランスなので

ケーブルの長さ増によるコスト等を考えるとココがベストかと思われます。

 

 

純正スピーカーは

「何故、音が良くないのか」

を理解した上で調整する事により

純正とは思えないサウンドに仕上げる事が可能です。

 

 

純正スピーカーで外部DSPを導入してみる

という最初のグレードアップは

”カーオーディオの面白さ、奥深さ”を肌(耳)で感じれる出来る第一歩として

興味心をくすぐるスタートと言えると思います。

 

 

純正ツイーターに一体化してコンデンサが入ってるタイプも存在するので

その場合は少し苦戦しますが

 

インストールする僕達としても

調整でココまで変わるんです!

という純粋な調整力で勝負なので気合が入ります。

 

 

 

アゴヒゲ白石


 マツダ CX−5 スピーカー交換プラン + プロセッサー

JUGEMテーマ:車/バイク

〜謹賀新年〜

昨年は格別 の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。
本年もエモーションスタッフ一同、皆様にご満足頂ける音創りを心がける
所存でございますので、 何とぞ昨年同様のご愛顧を賜わりますよう、
お願い申し上げます。
皆様のご健勝と益々のご発展を心よりお祈り致します。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

皆さまこんばんは。
齊藤三段でございます。

毎年ですが、エモーションは怒涛の年末年始でありました...
忙しくない年末年始などというのもおかしいとは思いますが。。
皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

私事ですが、毎年年始には自分なりにスローガンを掲げて気合バッチリで
物事に取り組んでいきます。昨年もそうでした。

ところがGWあたりから勢いがなくなり(早いゾ、オイ!)、お盆休み頃には惰性で転がり始め、(夏バテ?)
そこから年末が近づくにつれて得体のしれないものに追いかけられるようになります....(怖)

と、まぁ新年早々暗いのでこの話はこれぐらいにしておきますが、
今年は追われるでなく追いかける年にしたいと思っております♪



さて、無駄でよくわからん話が長くなり申し訳ありません。

2016年1台目のお取り付けです。
マツダのCX−5をご紹介します。


今回はスピーカー交換プランとプロセッサーのインストールを同時施工しました。
純正ナビ(マツダコネクト)の音声信号をアンプ内蔵プロセッサーに入力し、
フロント2WAYを鳴らします。(リヤスピーカーは鳴らしません)

それではインストレーションを。


ヘッドユニットはマツダ純正ナビです。
マツダコネクトなので音声信号だけを頂きます。


使用したプロセッサーはARC AUDIO のDSP8です。
アンプ内蔵で本体は超コンパクト。
入出力が多く、ミックスもでき、音質もグッドで優秀なDSPです。

今回は助手席シート下にインストールしました。


フロントスピーカーはモレルのMAXIMO6です。
ドア防振はスーパースタンダード。
インナーバッフルはエモーションワンオフのスーパーインナーバッフルです。
スピーカーケーブルはカナレの4S8。
マツダ車はドアケーブルがコネクタですが、きっちり通してあります。


ドア内部の写真はないのか??




スミマセン。
撮り損ねました。




MAXIMO6のツイーターはオン・Aピラーです。
しっかりとネジ止めしてあります。


運転席からです。


CX−5はインナーバッフルを大型化することができ、背圧処理のテーパーも
大きくとることができるため、しっかりと振動を抑えることができます。
今回はDSP8のクッキリとした輪郭とMAXIMO6が持つ豊かな音場と臨場感が
合わさって、非常に聴きやすい、綺麗で心地良い音に仕上がりました。

純正ナビはそのままですので操作系は今までどおりにお使い頂けます。
DSP8はアンプ内蔵のプロセッサーですが、
非常に小型・省電力で高音質ですのでオススメです。

齊藤・三段


 

 マツダ CX−3 オーディオシステム

JUGEMテーマ:車/バイク

皆さまこんばんは。
齊藤三段です。

...あまりにも更新がなさすぎてカーオーディオファンの皆さまの、
ネットサーフィン巡回リストから外れてしまったのではないかと
恐怖している今日この頃です。

申し訳ありません。

さて、久しぶりの更新ですが濃いインストールをお届けしたいと思います。

今回ご紹介するのはマツダのCX−3です。


今年の2月に発表されたマツダのコンパクトクロスオーバーSUVです。
SKYACTIV-D 1.5を名乗るディーゼルエンジンですが、かなり静かです。
ボディサイズは大きすぎず小さすぎずといったところでしょうか。

話はそれましたがオーディオシステムを。
インストレーションを見ていきましょう。



ヘッドユニットは純正です。
そう。通称”マツコネ”ことマツダコネクトです。
モニター部分とAVナビシステム本体が別体となっており、
事実上交換が容易ではありません。

今回は純正システムを生かしてオーディオシステムを構築します。


運転席下のプロセッサーです。
カバーの下に「HELIX DSP PRO」が配置されています。
純正システムの入力とデジタルケーブルによるハイレゾプレーヤーの
入力を切り替えて使用します。


ハンドルコラム左側のDSP用リモコン「URC−2A」です。
上のボリュームがデジタル信号用に割り当てられています。
一番下のスイッチでアナログ入力とデジタル入力を切り替えます。


シフトの側にデジタルケーブルを出してあります。


続いてラゲッジルームのパワーアンプです。
今回使用するスピーカーはDIATONEのSA−3です。

左の「RS−A99X」でツイーターをBTL駆動、
右の「RS−A09X」でミッドバスを駆動します。
RCAケーブルはオーディオテクニカの「AT7728」 です。
スピーカーケーブルはサウンドクオリティーアイの「4S8 CRYO」です。



ツイーターマウントは「Aピラーワンオフ」です。



ミッドバスは「アウターハイアングル」です。
リスナー向きにかなり角度がつきます。
ただカッコイイから角度をつけるわけではありません。
パテ使用量の増加による重量増、センターコンソール間に発生する定在波
によるキャンセリングの減少等...見た目のインパクト以上にいいコトだらけ
なのです。


アウター部分の取り付け前です。


ドア防振は「PAC2」です。
アウター鉄板の防振 + インナー鉄板の防振 + 内張りの遮音・防振です。


アウターハイアングル用のドアバッフルです。
最近のマツダ車全般に言えますが、かなり大きなバッフルになります。
樹脂のインナーパネルは切り取って、鉄板に固定します。
きっちりフローティングマウントさせてあります。
インナー鉄板が平らでは無いため、正直なところを申しますと造るのは大変です。


最後に。
何故か天井です。


ルーフ防振です。


ルーフを叩いて「カンカンカン」という響きが無くなるように貼り付けてあります。
天井を触ってみるとわかりますが、音楽の再生中、ルーフもかなり振動しています。
付帯音を出しているのはドアだけではありません。



かなりハイエンドな内容のCX−3になりましたが、使用するオーディオ機器の
良さもあり、インストールの要所もきっちりと抑えてあります。
サブウーファー無しのシンプルなフロント2WAYですが、力強く繊細な音がします。
特にスピーカーユニットの固定に関しては、シンプルなシステムであるからこそ、
改めてインストールの重要性を感じます。

入力の拡張性が高いHELIX DSP PROですので、今後のハイレゾ再生も
楽しみです。

齊藤・三段










 

 マツダ デミオ スピーカー交換 DS−G500

JUGEMテーマ:車/バイク

皆さまこんばんは。
齊藤三段でございます。

本日はマツダのデミオをご紹介します。


スピーカー交換+サブウーファーのインストールです。
フロント2WAYはDIATONE DS−G500 新型です。
サブウーファーもパワードではありません。

それではインストレーションを。


ヘッドユニットはディーラーオプションのダイヤトーンサウンドナビ
NR−MZ80です。
PREMIではありませんので音響調整にいくつか制限があります。


フロント2WAYの調整をするには、ネットワークの調整に制限がありますので、
エモーションのオリジナルパッシブネットワークを使用して帯域分割をします。


RCA出力ハーネスです。
左がPREMI用。 右が非PREMI用です。
サブウーファー出力の有無が違います。
(他にも違う点がありますが...)
非PREMIであってものPREMI用のハーネスを使用する事で
サブウーファーのコントロールが可能になります。


スピーカーはDIATONE DS−G500です。


スーパーインナーバッフルを制作し、フローティングマウントにて固定。
ドア防振はPAC1です。


DS−G500のミッドバス背面には吸音・拡散処理を施し、
スピーカーケーブルはカナレの4S8を通しています。
マツダ車はドア配線がコネクタですので簡単には通りません。


施工前のドアの状態です。



ツイーターはオンダッシュマウントです。


ラゲッジのサブウーファーです。
カロッツェリアのユニット TS−W2520を、同じくカロッツェリアの
エンクロージャー UD−SW250Dに組み合わせてあります。
TS−W2520はSVCです。


運転席シート下のパワーアンプ GM−D7100です。
ラゲッジルームのサブウーファーを駆動します。
コントロールはNR−MZ80のサブウーファー項目です。
電源はバッテリーからAWG8をワイヤリングしてあります。
将来的にオリジナルエンクロージャーで更に高音質の低域再生を
得ることができます。


GM−D7100は1chモノラルアンプですので、レベル調整用の
ボリュームが付属しています。
運転席ハンドルコラムの左下に固定してあります。


今回はバックカメラも同時施工でした。
カロッツェリアのND−BC7です。
ダイヤトーンサウンドナビはガイド線表示機能を持っていますので、
ガイド線表示が可能です。

さて、車載DS−G500Lの音ですが、中域の情報量とクリア感のバランスが
大変良いスピーカーだと感じました。
全帯域で過不足なくバランスの良い音がします。
インストールの終盤で車両の動作チェックをしますが、ミッドバス単体での
出音が大変綺麗な印象を受けました。
パワーアンプの追加が楽しみです。

今回使用のフロントスピーカー、DS−G500ですが、正確にはDS−G500Lです。
G500になってからユニット単体の販売やネットワークレスモデルの設定等、販売形態が
大変フレキシブルになっております。
今回の型番末尾の”L”はネットワークとツイーターのダイレクターを省いたモデルです。
(ミッドバス用のダイレクターとグリルネットは付属しています)

Aピラーワンオフによるインストールにおいてはダイレクターは必要不可欠ですが、
オンダッシュマウントをご希望であれば今回からオンダッシュ用のマウントをご用意
できますので、導入しやすくなっています。
是非ご検討頂きたいと思います。

齊藤・三段






 

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
エモ蔵
エモーションのネット販売 エモ蔵
天気
九州の天気
selected entries
categories
archives
recommend
エモーションズ
エモーションズ (JUGEMレビュー »)
マライア・キャリー
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
sponsored links