>> カーオーディオショップエモーションのサイトはこちら

 サイバーナビに、Xシリーズ登場、本日発表! 詳細は後日レポートします。

 

皆さんこんにちは、

 

 

本日4月18日、

 

パイオニアからサイバーナビAVIC-CZ902XSが発表されました。

 

 

かつて同社のハイエンドブランドとして君臨した、

 

カロッツェリアXシリーズ。


 

その”X”を冠したサイバーナビです。

 

 

 

 

carrozzeria AVIC-CZ902XS

 

ノーマルモデルのAVIC-CZ901と外観を比較してみましょう。

 

 

 

 carrozzeria AVIC-CZ901

 

 

 

 

 

全体的に、シルバーからコパー基調の色合いへと変わっており、

 

高級感がありますね。

 

こういう色合いにするということは、

 

プレミアム感を出したいという事、

 

そのプレミアム感に見合った音質であろうことは想像に難くないのですが、

 

やはりエモーションでは、お客様利益を最大限に尊重するという観点から、

しっかりと試聴テストをするまで、

 

良し悪しの判断は避けたいと思います。

 

カロッツェリアXの、”X”を冠したナビですので期待しましょう。

 

以下に、ニュースページをリンクしておきます。

 

ご興味がおありの方はご一読ください。

 
 
エモ親方

 

 

 

PHILE WEB

パイオニア、ハイエンドオーディオカーナビ「サイバーナビχ」。80周年記念の80台限定モデルも

 

 

 

Car Watch

パイオニア、創業80周年を記念した新サイバーナビ「Xシリーズ」の80台限定モデル「AVIC-CZ902XS-80」。24万8000円(税別)

 

 

プレスリリース

ハイエンドオーディオ カーナビ “サイバーナビχ シリーズ”

 

 

Auto Sound Online

 
 

 

 

 

 

 


 エモーションでは、ハイレゾ再生も力を入れております(ずっと前から)。

 


皆様こんにちは、エモ親方です。
 
暑くなったり突然寒くなったり、気温の変動が激しい昨今ですが、
体調管理は万全でしょうか。
 
実は最近、各所より、このような話を小耳にはさむことが多くなりました。
 
 
「エモーションの橋本さんは、時代に取り残されている。
ハイレゾには全く力を入れていない」と。
 
 
申し訳ございません。完全に私たちの告知不足です。
 
ハイレゾ音源には古くから取り組んでおります。
 
因みに、昨年発行されたカーオーディオマガジン別冊
「ハイレゾカーオーディオバイブル」
 
これにも、「ハイレゾはじめの一歩」と言う特集記事を執筆させていただいております。
従いまして、ど素人ではないのではないかな?と思っております。
 
 
私がエモーションのHP上でハイレゾ音源の事をあまり扱わない理由は、
音楽ソースに関わる問題だからです。
”どんな音楽ソースをどう楽しむか”と言うのは、お客様自身がお決めになることです。
「良い音で聴きたかったらハイレゾを聞きなさい!」などと言う事を、
お店側である私たちの方から申し上げるのは大変失礼だろうと考えます。
ハイレゾをご存知ないお客様に、
ハイレゾ音源がどういうものであるかと言うことをお伝えすることはありますが、
どの音源を選ぶかは、あくまでお客様のご判断。
私どもが色々申し上げる立場にはありません。
プロは傲慢であってはならないと思います。
 
お客様が選ばれた音源、音楽ジャンルを、
お客様のご予算内で、
車の中で最高に良い音で再生させることが、
本物のプロの仕事だと考えております。
 
エモーションでお勧めする、ハイレゾ再生機にはこのようなものがあります。

ハイエンドクラスでハイレゾ音源を楽しまれる場合、
今や定番となったHELIX DSP PRO Mk
低価格なアンプ内蔵タイプのDSPで、
24bit/96kHzまでの音源を再生可能なGROUND ZERO GZDSP4.80AMP
ナビゲーションで、ハイレゾ音のフルスペックをネイティブ再生可能、
且つ、内蔵DSPの調整機能までフルスペックなカロッツェリア・サイバーナビシリーズ
他にもたくさんハイレゾ再生機が存在しています。
 
お客様の好みと使用環境にてお選びいただければよいでしょう。
エモーションは、ブランドに対しても、極めてニュートラルです。
 
一部のメーカーだけに偏ることはせず、
常にお客様のメリットだけを考えてコーディネートさせていただいております。
また、ハイレゾ音源は、オーディオシステム、音響加工、音質調整の
どれかが劣っても、簡単に劣化します。
「ハイレゾ音源を買って、再生してみたのに、CDとあまり変わらない」
と仰る方が稀におられるようです。
それは、ハイレゾ音源の圧倒的高音質を再生できる性能を持たないオーディオ装置で聴かれている場合が多いんです。
(実際にはマインドの低いハイレゾ音源もたくさんありますが)
これは、40kHzまで再生できる機器がハイレゾ対応機と言う、間違いに起因しているからだと思います。
エモーションは、ハイレゾ再生に必要なオーディオシステムはどうあるべきか
と言うテーマについても、常に研究しております。
更に、
ハイレゾ音源に特化した調整方法も、ほぼ確立しております。
お車の中で、ハイレゾ音源による圧倒的高音質を楽しまれたい方、
エモーションにご相談ください。
 
 
エモ親方 
092-939-0789

 中古市 - 中古品、続々更新

当店、中古品一覧です。

 

(続きを読む からどうぞ)

続きを読む >>

 スバル フォレスター あのアンプに交換!

 

お休み、晴れ、満開の3点セットが揃い

何とか今年も桜を撮影できました。

 

福岡県太宰府市にある ”宝満宮 竈門神社”

”結びの社”として知られる神社です。

 

欲張りなワタクシは、家族はもちろん

オーディオを通じて沢山の方と、良いご縁を結べますように。

と参拝してきました。

 

好きでやっている事なので、これは本心です。

めっちゃよーなった!と喜んで頂けた時、苦労も吹っ飛びますね。

 

 

さて、こう見えて御朱印集めなんかもしてまして

頂いた御朱印のページに、そこで撮った写真を現像して挟んで

自分だけの御朱印帳作りなんかもしてます。

記憶と紐付け出来るので、捗りますよ。

 

毎日、暇なしのタイトスケジュールが続いていますが

休みの日は、しっかり息抜きをして

良い音を沢山届けていこうと思います。

 

こんにちは、しらちゃんです。

 

 

 

さてさて本日は

久しぶりのインストールブログ。

前回、スバルフォレスターに乗り換えられたお客様の車に

乗せ換えインストール行いましたが

 

今回、ドンと進化です。

 

 

 

 

チラッ

 

 

ジャジャーン!

 

エモーションスタッフ全員が

これは良い!!というアンプ

 

BRAX GX-2400 Graphic

 

美しい。

iphoneで撮っても、この輝きです!

 

えぇ、勿論サウンドも輝いていますよ。

 

 

サイバーナビ

SONY NW-WM1Z

HELIX DSP PRO Mk2

Carrozzeria TS-Z1000RS+TS-S1000RS+TS-W1000RS (3way+SW)

そして

BRAX GX-2400 2枚

 

前回、アウターAピラーでバシッとインストールしているので

今回の作業はアンプを変えただけ。

 

再確認できました。

良いアンプは音良いよやっぱり!凄いです!

 

BRAXと1000RSの良さが合成されて

音楽性のあるクッキリとした高解像度のサウンドです。

 

グッと感情を込めた歌声

強弱のある演奏

それが1つになって音楽になるわけですが

しっかりと伝わってきます。

 

また、車で聴く1000RSの良さは

”音が見える事”も挙げられますが

 

きっちり描き出されたステージもまた圧巻ですよ。

 

 

 

沢山の方にカーオーディオの良さ、楽しさを広めたいと

かなりのハイペースで作業をしていますが

実質二人で回しているので

2ヶ月程、入庫待ちが続いていたり、作業日程の変更のご協力を頂いたりが現状ですが

 

待ってでもご依頼して頂いてるわけなので

その期待を裏切るわけにはいきません。

 

莫大な知識と経験を腹にも蓄えた橋本親方を始め

莫大な数の車に音響、電装機器をインストールしてきた松浦チーフ

莫大な明るさだけが取り柄なんじゃないのかと自負するアゴヒゲしらちゃん

 

そんなエモーションメンバーだから出来る

低価格システムでも、ハイエンド級システムでも驚いて頂ける

究極のカーオーディオをお届けしていきますので

これからもよろしくお願いします。

 

PS.全力でスタッフ募集中です。

   カーオーディオが好きで仲間を大切にする方であれば大丈夫ですよ。

 

 

アゴヒゲ白石

 

 

092-939-0789

 大注目の、デジタルプロセッサーアンプ内蔵機!& 新コンテンツのご紹介。

その日人類は思い出した

 

奴らに支配されていた恐怖を・・・・ 

 

鳥かごの中に囚われていた屈辱を・・・・

 

 


 

 

 

 

 

 

 

にゃん撃の巨人・・・・

 


  

いきなりパロディネタで申し訳ありません。

 

エモ親方です。

 

こいつは、私が息子同然にかわいがっている、にゃっ太です。

 

 

 

本日ご紹介するのは、GROUND ZERO(グランド・ゼロ)の、

アンプ内蔵DSP、

 


  

GZDSP4.80AMPです。

 

 

 

 

 

 

 

 

アンプ内蔵型のデジタルプロセッサー(DSP)と言えば、

 

MATCH(マッチ)やHELIX(ヘリックス)などのブランドを擁する、

オーディオフィッシャー社が有名ですが、

 

今回ご紹介するのは、同じドイツ製、グランド・ゼロのDSPアンプです。

  

カタログ表示価格は税別¥100,000円です。

 

この価格帯のDSP AMPだと、パワーアンプの定格出力は35W程度が標準なのですが、

 

このGZDSP4.80AMP

パワーアンプは4チャンネル出力しか持ちませんが、定格出力で85Wもあります。

 

プロセッサーに内蔵したアンプなどと言うレベルではなく、

もう立派なパワーアンプですよね。

 

 

パワーアンプ出力が4チャンネルしかないということは、

ステムの規模はフロント2WAYまでが限界かと言うとそうではなく、

 

別にRCA出力を4チャンネル分もちますので、

他のパワーアンプを4チャンネル分、或は3チャンネル分追加すれば、

カーオーディオ最大システム規模である、

フロント3WAY+サブウーファーまで構築できます。

 


  

TOS Link光入力も持ち、

ハイレゾ音源のダイレクト入力は、24bit/96kHz まで対応します。

 

 

 

これは、

もしかしたら今最も熱いアンプ内蔵型デジタルプロセッサーなのかもしれません。

 


  

音質は、パワーアンプの出力が大きい分、

音離れ、分離感に優れ、迫力があると思われます。

また、大音量時にも、音がこもったりせず、歪感が少なく、クリアでしょう。

 


  

また、コントローラーの質感が高く、非常に使いやすい。

 


 

カタログ表示価格も、税別¥9,000と、これだけの質感の割にはリーズナブル。

 

 

エモーションでも、”アンプ内蔵型デジタルプロセッサープラン、特別価格1”のラインナップに加えて、

 

皆様にご紹介することとしました。

 

 

取り付け費、調整料込、税別¥130,000です。

 

マルチシステムにする場合は、別途、配線変更料の5,000円がかかります。

 


 

 
 

それともう一点、

 

エモーションのホームページコンテンツは、文章が大変多くなっております。

 

まぁ、読み物がお好きな方には良いのかもしれませんが、

お忙しい方の場合、読む時間が取れないということもあるかもしれません。

 

 

そこで!

 

 

エモーションの特価プランだけをまとめたHPコンテンツを作成しました。

 
名付けて!
 
 
 
そのまんまです・・・・・・
 
お忙しい方は、どうぞこちらでエモーションのプランをご覧になられてください。
 
 
それでは、
 
 
エモ親方
 
092-939-0789

 

 

 


calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
エモ蔵
エモーションのネット販売 エモ蔵
天気
九州の天気
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
エモーションズ
エモーションズ (JUGEMレビュー »)
マライア・キャリー
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
sponsored links