>> カーオーディオショップエモーションのサイトはこちら

 スバル フォレスター SW-G50 追加インストール!

 

佐賀県は小城市

”清水竹灯り” へ。

 

初めて行きましたが

久しぶりに

「おぉ!」と思いました。

 

紅葉・滝・竹灯りの三点セット。

贅沢ですねぇ。

 

オレンジの光に緑の滝。

光の使い方が上手いなぁ!

 

こんにちは、しらちゃんです。

 

 

 

本日は、コツコツとグレードアップして3wayとなっていたスバル フォレスターに

SW-G50を追加して余韻や奥行きがドッと良くなったお話です。

 

車の写真を撮り忘れたので

ヘッドから。

 

サウンドナビMZ200ST

 

今回はDOP楽ナビ→サウンドナビMZ200へと

こちらも交換しています。

 

MZ200はお持込でサクっと取付。

楽ナビと比べると世代が違うので勿論の事ですが

音質、画質グンと向上します。

 

 

 

AピラーにMorel Supremo Piccolo供CDM880

フォレスター+3wayピラーは結構な台数を製作させて頂きましたが

スマートに音の良い角度で作れるGoodデザイン賞なピラーです?

 

 

 

 

ドアはインナーでCarrozzeria TS-Z172PRSがインストールされています。

 

というのも、このお車はZ172PRS 2wayからのスタートでした。

Z172PRSは非常に良く出来ており3wayで活用するなら文句なしのユニットです。

 

そこでミッドバスはそのままに、TWを交換→3wayにしちゃいましょう!という流れです。

 

 

 

そしてサブウーファーは

DIATONEが誇る低容量で30Hz以下から、しっかりと出るSW-G50。

フロントの音色を壊すことなく下を支える”縁の下の力持ち”

 

エンクロージャーを製作し左奥にインストールしました。

 

 

今回は、ラゲッジフロアの防振も行いました。

フルの防振ではなくスタンダードプランです。

 

スタンダードプランの防振は

材料量も限られていますので、最も効果の高い所を狙って防振しています。

 

この車のフロアは太鼓のように鳴くので

走行中のノイズも下がるのではと思いました。

 

勿論、特にサブウーファーによる共振も抑える事が出来るので

スピーカーから出た音のみがより耳(体)に伝わり

繋がりの良いサブウーファーの存在を感じさせないサウンドに仕上がります。

 

 

 

アンプはRS-A99Xが2枚

DSPはHelix DSP PRO Mk2です。

 

3way+SWとマルチWAYだからこそ

Helix DSPの様な細かくユニット別で触れるDSPがあると最高ですね。

”車”なので左右のドアは作りが違うし

メーターフード等による左右の音の反射も違います。

 

何も音の邪魔をする物がなく

左右のスピーカーの中心で聴けるならDSPは不要ですが

音に関しては悪影響な物が多い車内では必須と言えるでしょう。

 

 

PRSはローエンドが良く伸びるユニットなので

サブなしでも楽しめるサウンドでしたが

あるのとないのでは全然違います。

 

録音された反響音や余韻など

サブの帯域にも多く含まれていますので

このあたりが大変良くなったと感じました。

 

 

 

サブウーファーにも沢山種類があり

お客様の好みや車、システムによって

”これが良い”というユニットをチョイスしています。

 

またエンクロージャーの作り方(容量、構造)によっても

別物ではないのかというレベルでサウンドが変化します。

 

ワンオフで1から作っていますので

”ここに収まる形にして欲しい”等の要望があれば

それに沿った形で製作できますので

普段使いで邪魔になりにくいインストールが可能となります。

 

 

ご興味あればお気軽にご相談くださいね。

 

 

アゴヒゲ白石

 

092-939-0789

 新型N BOX ダイヤトーンスピーカーDS-G500 + サブウーファー インストール

 

行ってきました

”佐賀インターナショナル バルーンフェスタ”

 

バルーンは飛べる条件が結構シビアなので

10月後半から毎日の様に天気予報と睨めっこ。

 

朝に弱い僕ですが

遠足前の子どもの如く、全く熟睡できず

朝4時の目覚まし1コールで起き

ワヤワヤと楽しんできました。

 

かなり近くで見れるので面白かったですヨ。

 

こんにちは、しらちゃんです。

 

 

 

さて、本日は新型 N BOXに

 

ヘッドはお持ち込みのDEH-P01

DIATONE DS-G500L をインナー、Aピラーで

Rockford Fosgate P2D2-10用エンクロージャー製作

フロント用に HELIX パワーアンプ G Four

サブ用に Carrozzeria GM-D7100

 

新車にドカンとインストールしたお話です。

 

 

 

 

まずはヘッドユニット

本当は8インチのサイバーナビの予定でしたが

8インチ用のパネルがまだない為

発売まで手持ちのP01で鳴らすという事でインストール。

 

パッと見ホンダにしては簡単につきそう!

と思ったらシッカリ期待を裏切ってくれました。

相変わらずココは簡単には付きません〜

 

 

 

ドアはえらく縦長くなりました。

防振する面が広いので結構大変です。

 

心配していた窓ですが

スピーカー裏まで下がってこないので

奥行きのあるスピーカーもインナーでインストールが可能です。

 

 

 

スーパーインナーバッフルを製作し

DS-G500をインストール。

 

 

 

そして

これまた相変わらずの内張の形状。

 

中央右下に見える緑のクリップが

鉄板と接する面となりますが

見ての通りインナー鉄板のサービスホールの中に

ボッコリ入り込むスタイル。

Nシリーズは殆どがコレですね。

 

即ち防振は工夫が必要です。

 

 

 

防振はPAC1Plusなので

インナー鉄板全面と内張を防振/遮音します。

新型NBOXのコレは効きますねー。

 

 

 

Aピラーワンオフでツイーターをインストール。

N BOXは向こう側にミラーがあるので

手前側に入れました。

 

窓が大きい事もあり

出来る限り反射の影響を抑える為に

いつも以上に慎重な角度出しを行いました。

 

またこのピラーは

太いですがペラいので

パテの熱で直ぐ反ります。

修正しながらの製作となり少々時間がかかりました。

 

また生地貼りも簡単そうに見えたので

軽い気持ちで貼り始めた訳ですが

割と焦りました。

 

 

 

サブウーファーは

お客様指定位置の運転席後ろ。

カプラーで簡単に脱着出来る様にし

縦でも横でも置ける形で製作して

Rockford P2D2-10をインストール。

 

 

 

助手席下にアンプボードを製作し

下段にHELIX G Four

上段にCarrozzeria GM-D7100をインストール。

シートを前後スライドさせても

何処にも干渉しない寸法でボードを製作しています。

 

前後大きくスライドするグレードの車だと

アンプの置き場が無いので

通常のグレードにしたとの事でしたので助かりました。

アンプの写真を撮っていませんでしたので、
どんなアンプなのかを画像だけ紹介しときますね。
HELIX(ヘリックス) G-FOUR
カロッツェリア GM-D7100

 

 

最後に音響調整を行い納車となります。

 

 

 

ドアをシッカリと音響加工した事で

サブウーファーもきっちり繋がり

解像度の高いサウンドに仕上がりました。

 

HELIX の 4chアンプ ”G Four”

やはり良いですね。

G500との相性もバッチリです。

昔のモデルも良かったですが、このアンプもGood。

少しサイズが大きいのでシート下の場合は要サイズチェックですね。

 

ロックフォードのウーファーは

BEATを刻むという所ではスコブル良いお仕事します。

 

サブウーファーはフロントスピーカーとメーカーを合わせる必要はなく

フロントスピーカーの方向性と

よく聴く音楽ジャンル等を考えてチョイスすると良いと思います。

 

 

ご質問やご相談等あればお気軽にお問い合わせ下さいね。

 

 

アゴヒゲ白石

 

 

092-939-0789

 新たに考案しました。298,000円システム

皆さんこんにちは、エモ親方です。

今回は、エモーションの新しいHPコンテンツ、
シチュエーション別、298,000円システムをご案内します。
まずはこちらです。
このシステムをご提案しようと考えた背景は、
カーオーディオは色々と考えなければならない。
まぁ、それがカーオーディオ楽しさの一つでもあるのですが、
そうではなく、色々と悩まなくても、確実に音が良くなる方法を選びたいという、
ユーザー様もいらっしゃるはずです。
では、どのくらいの予算でお考えいただければ、
確実に音が良くなったと思っていただけるシステムに出来るのか。
そのテーマの下、様々なシュミレーションを行った結果、
税込298,000というところに落ち着きました。
普段は税別表示をしておりますが、今回のみ、税込み表示といたします。
ただし、今は昔と違って、
カーオーディオのほぼ全てがヘッド、アンプ、スピーカー、サブウーファーで構成されているわけではありません。
従いまして、様々なシチュエーションに応じたオーディオシステムを
全て298,000円でご提供するという方法を考案しております。
カーオーディオを知り、考え、システムを構築していくという行為を楽しみとされていらっしゃる方は、
私達と一緒に好みど真ん中のシステムを考えていきましょう。
色々考えるよりも、とにかく良い音を得たいとお考えの方、
よろしければ298,000円システムをご検討ください。
エモ親方

 DIATONE デモカー来店! サウンドナビ 300PREMI と DS-G300 聴いてみた

 

寒い!

 

ヒートテックとトレーナー着て、

無駄に動いて体温を上げて、

いつも以上に騒がしい僕です。

 

こんにちは、しらちゃんです。

 

 

巷で噂のDIATONEの新製品を載せて

デモカーがエモーションにもやってきました。

 

早速聴いて触ったのでレビューしていきます。

 

まずはこちら。

DIATONE サウンドナビ NR-300PREMI

 

世の中はデカモニターの時代。

サウンドナビも8インチとなり登場しました。

 

まずは画面から。

サウンドナビはココにも拘っている様で

”光の反射による見えにくさ”は

かなり意識して工夫をしているとの事。

 

通常の7インチから、8インチと画面が大きくなったけど

モロに光を浴びて見えませんじゃ本末転倒ですよね。

 

グレア(光沢)の画面なのに見やすいってのは中々手が込んでいます。

 

 

手持ちにDVDが無かったのでTVでしか確認してませんが

解像度も十二分です。

PVやライブDVDも楽しめると思います。

 

 

さて本題のサウンド。

前作の200PREMIも、鮮度の高い音楽性に優れたサウンドでしたが

本作300PREMIも更に磨きが掛かっています。

サウンドナビの特徴である音楽性の良さを残したまま

解像度を更により良くなった印象を受けました。

 

 

 

 

スピーカーは新作のDS-G300

 

G20の後継ではなく新たなシリーズとの事で

ツイーターの見た目も大きく変わりました。

 

今までは首振りの出来ないマウントでしたが

今回は首振りにも対応。

 

また取付面との距離も少し離した形となり

ダッシュへの反射が軽減したのではと思います。

 

車である以上、反射は避けれません。

如何に反射を避けてインストールするか で

定位感や音の繋がり等

音質に関わる部分が大きく向上しますので

このマウントはアリだと思いますね。

 

 

さて気になるサウンドの方は

分かりやすく言えば、

G20とは全く違う、一から作り直したようなサウンド。

 

G20のモデルチェンジ版というよりも、

G500の廉価版と言った方が近い感じがします。

 

調整と取付をしっかりと行えば

ステージがクッキリと出るタイプでしょう。

音の塊と言うより、抜けの良い明るく見晴らしの良いサウンドといった感じ。

 

個人的に低域の量感が少し物足らないかな。と感じはしましたが

これは好みの問題程度だと思います。

価格を考えるとバランスの整ったDIATONEらしい完成度の高いスピーカーです。

 

上から下までしっかりと再生していますので

同じくハイスピードのサブウーファーSW-G50との組み合わせて上げれば

しっかりと繋がり、ハイスピード高解像度なサウンドに仕上がるでしょう。

 

価格は

G20は¥60,000でしたが

G300は¥80,000 。

2万アップしています。

 

 

音の出口であるスピーカーは

この音に惚れた!でも予算的に。。

となった時は

 

よくよくを考えると

奮発してでも、そのスピーカーをチョイスした方が良いのではと僕は思います。

 

防振等は後から追加グレードアップ出来ますが

スピーカーは買い直しとなってしまいますからね。

長く付き合うのなら、尚更かもしれません。

 

 

話が逸れましたが

 

今回のDIATONEの新製品も

やはり進化していました。

 

特にG300の進化は大きいですね。

G20の欠点がほぼ解消されています。

 

他のメーカーのナビや、スピーカーとの比較

が皆様の気になるところでは、とも思いますが

ブログでは避けますね。

僕が書くと独断と偏見の塊になり

親方からボテくりまわされかねません〜

 

 

とは言え

それぞれ性能や価格の意味で長所短所あります。

ご相談頂ければ

親方の的確なコメントや

僕の独断と偏見の塊なコメントを致しますので

悩んだ時はご相談くださいね。

 

 

アゴヒゲ白石

 

 

 

 

エモ親方追記

ダイヤトーンの新しいスピーカー、DS-G300は、明らかに新開発のスピーカーだと思います。
ダイヤトーン特有の鳴り方は継承しているように感じますが、DS-G20とは全く異なるカテゴリーの音色だと感じました。
故に、今回の新型は、DS-G20がモデルチェンジしたのではなく、DS-G300という新しいシリーズが始まったと受け止めます。
DS-G20よりも、寧ろDS-G500に近い音質。情報量抜群でクリアネス。
こうなると、真の意味でのDS-G20の後継版となりうる、低価格スピーカーが欲しいですね。
092-939-0789

 デモカー来店。個性が光る STEG スピーカー

 

 

本日は

お世話になっているTAMの古本さんが

STEGのスピーカー ”RE65C (¥168,000+tax) "を付けたデモカーに乗って来店。

試聴ターイム!!と言う事で聴いてみました。

 

 

さてSTEGと言えば

もはや説明不要のフラッグシップ Master Strokeや

音の良さは折り紙付きのQ mosシリーズ等のアンプがピンと来る

イタリアのオーディオメーカーですが

ある時より国内に正規輸入されない状態が続いておりました。

 

ところが最近、STEG輸入再開と言うことで

気になっていた所、デモカーが来るとのお話。

 

更に今回はアンプではなくスピーカーだというので興味津々。


ここでちょっと、親方に変わりますね。

 

-----------------------------------------------------

 

ども、エモ親方です。

 

STEG全盛期は学生だった白石君に代わり、

私が少しSTEGについてお話させていただきます。

 

STEGはイタリアのGT-Trading社のカーオーディオブランドで、

当初はパワーアンプ専門メーカーでした。

 

エモーションでもかつては随分取り扱っていまして、

一時期はパワーアンプで最も多い販売をしていたくらいでしたね。

 

良く販売していたのがQ-MOSシリーズの4チャンネルアンプ

 

 

 

それからハイエンドのマスターストロークシリーズも多く販売していましたね。

 

 

音質は、非常に厚みのある、中域重視のパワー型で、制動力抜群。

イタリアのアンプと聞いて豊かな余韻を思い起こしそうですが、

実際には質実剛健な鳴りっぷりです。

 

ホームオーディオの、JBLとマッキントッシュの組み合わせがお好きな方には好まれる音色かもしれません。

 

とにかくパワー感と音離れが良かったので、
音の立体感に優れ、

音場感や定位感を明瞭にするに持って来いのアンプでした。


しかし突然輸入されなくなり、
エモーションでもほかのアンプを多く手掛けるようになって有余年。
STEGも「かつては良いアンプがあったな」という程度の思い出となりつつあった昨今。

 

輸入再開との情報を得ました。

しかも強敵(とも)であり、親友(とも)である、古本さんが取り扱うと聞いて、

今のSTEGの音を確かめるべく、アクションを起こしたわけであります。はい。

 

今のSTEGは、スピーカーも販売しているそうで、

しかもセラミック振動板という、非常に興味をそそるものではないですか。

それでデモカー試聴という流れになったわけであります。

本当は、アンプをじっくり試したかったんですけどね。

また今度。

 

スピーカーの印象は、白石君が正確に書いてくれているだろうと思いますので、

安心しています。

 

また欲しいとか言い出さないか、少し心配していますが。


では、白石君に代わりますね。
------------------------------------------------------

 

 

 

車の仕様は

ヘッドユニット:旧型サイバーナビのZH09

プロセッサーアンプ:Audison Prima

スピーカー:STEG RE65C

 

アウターAピラーでインストール。

 

 

 

165mm セラミックコーン

 

 

32mm シルクドームツイーター

 

 

ツイーターが32mmと少し大きめなご様子のRE65C。

ウーファーは狙って低域に振っているという事だと思われます。

 

音を聴くと、やはりその通りで

太い低域が印象的です。

シルクドームツイーターなので高域の耳障りは良く

大きめの音量で楽しめるサウンド。

 

”セラミックコーン”という人工質の音のイメージとは違って

ペーパーコーンに近いナチュラルな音色が見え隠れする

良い意味で独特なサウンドを出すスピーカーです。

好きな方は好きなタイプですね。

 

ウーファーが低域に振ってあるからか

中域に少し物足らなさを感じます。

また低域は太いですが緩さも感じますので

制動力の高い外部アンプでシッカリと駆動させると良さそうです。

 

 

3way用の

75mmセラミックコーンスピーカー  SQ35C(¥98,000+tax)も

ラインナップにありますので

2wayだとやや中域の物足らなさを感じる事から3wayが良さそうです。

 

 

ポテンシャルが高そうな雰囲気を醸し出していましたので

アンプの組み合わせで大化けするであろうワクワクするスピーカーでした。

 

 

ちょっと欲しい。。

 

アゴヒゲ白石


calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
エモ蔵
エモーションのネット販売 エモ蔵
天気
九州の天気
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 日産 エクストレイル PAC1防振 と 防振の重要性
    エモ親方 (08/30)
  • サブウーファーについて、その1、選び方とアンプの組み合わせについて。
    通りすがり様、 (08/30)
  • サブウーファーについて、その1、選び方とアンプの組み合わせについて。
    通りすがり (08/22)
  • 日産 エクストレイル PAC1防振 と 防振の重要性
    よし (08/21)
  • カーオーディオコンテスト、雑感。
    少し気になったので・・・ (08/02)
  • イベント、大盛況のうちに終了いたしました。参加された皆様、ありがとうございました。
    高橋 (07/03)
  • いよいよ明日に迫りました!カーオーディオマガジンプレゼンス 石田功×橋本修トークショー!ところが!・・・
    渡邉 寛 (07/02)
  • デジタルプロセッサーの極意〜〜〜HPコンテンツの更新
    へっぽこイース (05/12)
  • 究極の電源カプラー!!
    ぱね (04/02)
  • メルセデス・ベンツ C180ステーションワゴン(W205) FOCAL プロセッサーシステム
    桝田 行伸 (11/05)
recommend
エモーションズ
エモーションズ (JUGEMレビュー »)
マライア・キャリー
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
sponsored links