>> カーオーディオショップエモーションのサイトはこちら

 (ECS) 音質・コスパ共に究極のRCAケーブルのご案内

皆さんは、

"どんな音にしたいか"理想はありますか?

 

僕は、あります。

 

 

聴いていてワクワクするような

"躍動感のある音"

 

弦楽器の1弦1弦が聴き分けれる

打楽器の強弱が聴き分けれる

 "繊細で艶のある音"

 

どの楽器が、前後左右どの位置にいて

どんな所で録音したか分かる

"解像度"

 

 

大まかに、この3つの共存が理想です。

 

そして、これらをカーオーディオで実現する方法として

 

"ケーブルでの音作りも可能なのでは"

 

と考えました。

 

 

ただ、難しい事に

カーに適したケーブルである事もポイントです。

ホームで聴いて、良い!と思ったケーブルでも

車で聴いてみると、あれ。となる事が多々あります。

 

という事で、

私、白石の通勤快適マシーンを生贄に

トライ&エラーのケーブル探しの旅は始まります。

 

 

"躍動感(締まり、キレ)" と "クッキリな解像感"

この2つの両立は、そう難しくありません。

 

電線病を経験した方なら、

どんな線材を選べば良いか、粗方思いつくと思います。

 

しかし、これに

"繊細で艶のある音"を足すとなると

 

これがすこぶる難しい!

 

"繊細で艶のある音"が出る線材自体も数が多くないので

探すのは容易ではありませんが、

これだというモノを見つけています。

 

ただ、その"繊細で艶のある音"は

柔らかい音色になるゆえ、どうしても低域の締まりが犠牲になり、

キレを失ってしまいます。

 

 

では、どうすれば両立できるのか

 

考えました。

 

両方使えばいいやん。

 

 

マルチシステムが主流の今

必ずしも、Hi lowに同じケーブルを使う必要はありません。

 

敢えて、異種RCAを組み合わせて

最高のコラボレーションを探そうではないと。

 

 

先日やっとの思いで、最高の組み合わせを発見し

みんなに評価を求めました。

 

 

親方を始め、当店スタッフ全員に

 

"これは世紀の発見や!"

”キレと艶の両立!これは絶妙なバランスやな!”

"デモカーにも付けよう!"

 

と皆が興奮するサウンドのケーブルが完成しました。

 

 

やっと本題です。

 

"艶やかで解像度のある躍動感溢れるリアルサウンド"ケーブル

 

のご案内です。

 

2wayマルチシステムの例になります。

 

 

ツイーターのラインに

 

当店オリジナルRCA "エモ線"のチューニングバージョンを使用します。

 

この"エモ線"は、通常版でも

解像度の高い、艶のある暖かい音色が特徴のRCAケーブルですが

 

今回、ツイーターに使う程で

高域側のレンジを伸ばし、艶を更に増す様なチューニングを入れてます。

 

 

 

ミッドウーファーのラインに

 

オーディオテクニカ AT-RX25を使用します。

 

RX25は、レグザットシリーズの中で

コストパフォーマンスが抜群に高く、低域の量感と締まりが絶妙なバランスで

抜けが良く解像度の高いサウンドが特徴の当店オススメRCAケーブルの1つです。

 

 

 

この2つのケーブルを組み合わせることで

 

正に”良いとこ取りした”組み合わせが実現しました。

 

このブログ冒頭に書いた、

3つの理想の音を共存させる

 

"1度聴いたら忘れない音"

 

にすることが出来ます。

 

 

私、ロックとメタルを愛する1人ですが

そんな方も納得の”キレとアタック感”を残しつつ

 

女性ボーカルのエロさも再現し

 

ウッドベースの生々しさも抜群。

 

収音したい音の間近で録音したオンマイクの音は

エフェクト無く目の前で鳴り、

 

広大なホールで演奏するクラシックでは

楽器の並びも分かる解像感と、ホールの響きも正確に再現。

 

 

これ最高です。

 

 

また"エモ線"は、

RX25と、ほぼ同価格なので

2way分RX25を購入したと思っていただければ手に入るプランです。

 

ただ例のごとく、

信号線を撚る所からやってるので、今のところ3Mの長さが限界です。

 

・ヘッドからシート下のアンプ

・DSPからアンプ

 

のRCAとしてご検討くださいませ。

 

 

詳細な価格は店頭にて。

気になるサウンドはデモカーオーリスにてお楽しみください。

 

と書きながら、時間が取れず

オーリスにはまだ付いてませんので

早めに取り付けしたいと思ってます。

 

 

お試しあれ!

 

 

アゴヒゲ白石


 トヨタ ノア サイバーナビ、Morel他 インストール

 

見よう見ようと思っていたのですが

先日の休日にやっと見てきました。

 

ボヘミアンラプソディ。

 

IMAXも初体験でしたが、とても良かったです。

 

内容は勿論ですが興味あったのはやはり音。

PAサウンドな音作りで、ライブで感じる音に近い印象でした。

 

映画後半は、

学生時代のバンドやってた記憶がフラッシュバックして一人でシクシク。

 

一方二つ隣の方は、

膝を叩いて楽しそうに見ておられました。

まるで、そのライブに自分も行っているような感覚だったのだと思います。

 

改めて音楽は、人を楽しませ、

時には感動させる力があるなぁと思った映画でした。

 

 

そんな音楽を移動中に楽しめるのがカーオーディオなのですが

近年の車の純正オーディオは、

コストダウン等で音が悪くなっている傾向があります。

 

そんな事もあって

車は、音楽を楽しめる環境でもあるのだから

より多くの人に、良い音で好きな音楽を楽しめる

カーオーディオを広めたいなと思った休日でした。

 

 

こんにちは、しらちゃんです。

 

 

今回取付させて頂いた車はパキパキの新車。

 

誰しも車を手にしたら出来る限り早く、

ナビやオーディオの取付もしたいと思われる方が多いと思います。

 

そこで前もって、お車の納車予定日と、施工内容が決定していれば

スムーズに当店に入庫出来ますので

 

増車、乗換等があれば

納車予定日が決定次第、ご連絡頂けたらと思います。

 

急遽決まった場合でも

ナビやバックカメラのみであれば、早めに入庫出来るのでご連絡ください。

 

 

 

さて本日は、トヨタ ノアに

 

Carrozzeria AVIC-CZ902 サイバーナビ

Carrozzeria ND-BC8 バックカメラ

Morel Tempo Ultra602

Carrozzeria TS-WX1010A パワードサブウーファー

 

を取付したお話です。

 

 

まずはドアです。

防振はPAC1、

バッフルは、ワンオフ製作のスーパーインナーバッフルです。

 

最近は書いてませんが

当店が製作する全てのスーパーインナーバッフルは、

鉄板とバッフルの間にインシュレーターを挟み、

振動を極力伝えないように工夫しています。

 

インナー取付の場合、

バッフルに重量や剛性を持たせる事に限界があるので

この工夫は効きます。

 

勿論、鋼材屋さんに、様々な材料、寸法で作ってもらい

テストして生まれたインシュレーターなので効きも違いますよ。

 

 

 

スピーカーを固定した後、

インナー取付では必ず必要な、遮音スポンジを表側に取付し、

内張りを戻します。

 

 

 

見た目は元通りになりました。

 

 

Morel Tempo Ultra602のツイーターは、オンダッシュマウント。

 

角に寄せた方が、見た目がスッキリはしますが

音がボッコリ反射して、散ってしまいます。

 

その為、窓と窓、ピラーから少し離して取付しています。

 

 

 

Carrozzeria TS-WX1010A。

 

パイオニア グローバルシリーズという

世界販売されているモデルが、国内でも取り扱いが開始され

このサブウーファーもその1つ。

 

見た目は、アンプ別のサブウーファーの様ですが

箱の中にアンプが入っているパワードサブウーファーです。

 

お値段、3万円(税別)也。

 

図体が大きい分、お弁当箱型サブウーファーとは違い、音圧を感じます。

 

安定性の都合で、寝せれる車であれば寝せるようにしていますが

立てれば軽自動車のラゲッジでも入ると思います。

 

 

 

Carrozzeria ND-BC8鬟丱奪カメラも取付。 

 

トヨタの場合、大半の車種が、

”ここにバックカメラ付けてねスペース”があるので

比較的、埋め込み取付が容易な車種が多いです。

 

 

 

取付終了後、音響調整を行い納車となります。

 

サイバーナビは、10万円台でハイレゾ対応、高音質なので

新車取付でも良く選ばれています。

 

今回は7インチモデルのCZ902ですが、

8インチのCL902、

そして、Xシリーズの7インチモデルのCZ902XS

8インチのCL902XS、

からの車種専用モデルと

 

バリエーション豊富で、ニーズにあった選択が出来るので良いですね。

 

 

アゴヒゲ白石

 

 

 

PS.インスタの方ですが

今のところ、ほぼ毎日更新です。

また、フォローして頂いたら全員フォローバックしていますが

このアカウントでは、投稿のみで

観覧や質問の返信等は基本的にしておりません。

 

 ご質問等あれば、メール、電話にてお願いします。

 

 

instagram

https://www.instagram.com/emotion.jp/

 

 

問い合わせ

 

TEL 093-939-0789

 


 BMW E60 1DIN製作 と スピーカー交換

 

雲の上の眺め。

刻一刻と変わるその景色は、時を忘れて見入ってしまいます。

 

その一瞬を切り抜いた風景写真は、人によって、想像する情景が異なり

またそれは音楽と共通する部分かもしれません。

 

オーディオ好きに写真好きが多いのは、そういうことでしょうね。

 

 

今年は、何枚絶景を撮れるかなぁ。

 

こんにちは、しらちゃんです。

 

 

 

さて本日は

BMW E60 5シリーズに

Focal ES100K 、 Carrozzeria DEH-P01 をインストールしたお話です。

 

 

 

ヘッドユニットは、Carrozzeria DEH-P01。

 

E60の純正スピーカーは

ミラー裏、ドア中央、シート下のフロント3way構成です。

 

スピーカーの数が多いと、一見良い音がしそうな雰囲気ですが実は逆。

 

フロント6個の各スピーカーまでの距離がバラバラで、

"壊れない為に”帯域分割されているだけなので

 

其々が "ズンチシャカシャカ"と主張して纏まりがなく、

音量を上げると、人混みにいるかのように騒々しく感じてしまいます。

 

ではどうすれば良いのか。

各ユニットを1つずつを独立コントロールして、纏めてあげれば良いのです。

 

フロントのツイーター、ミッドレンジをFocalに交換し、

ドアにTW用、MID用のスピーカーケーブルを通線。

 

P01で、独立コントロールの音響調整を行い、

あたかも左右に1つずつフルレンジスピーカーがあるかの様な

纏まりのあるサウンドに仕上げていきます。

 

 

 

まずは純正デッキを助手席足元に移設し、1DINスペースを確保。

必要な電源、信号線をデッキ裏に集めます。

 

そこにDEH-P01と付属アンプをマウントし、

フェイスパネルをワンオフ製作。

 

シンプルで、内装に溶け込むデザインで仕上げます。

 

 

 

ドアです。

純正位置にインストールしているので、見た目は変わりません。

 

 

この車のミッドレンジスピーカーは、ドア内張りに固定するタイプです。

 

と言うことは、

ドア内張りが、バッフル変わりとなるので

しっかりと防振、遮音を行います。

 

スピーカーの取付の際に、適当にポン付けしてしまうと

スピーカーの表側と、内張りの間に隙間ができてしまい

"音の打ち消し"が発生し、スカスカの低音になってしまいます。

 

このレイアウトの場合

出来る限りミッドレンジで、低い帯域まで鳴らした方が

良い音に仕上げることが出来るので

表側と内張の間を遮音スポンジで塞ぎ、打ち消しを防いでいます。

 

 

 

 

 

ちょっとした事ですが

これをしないのであれば、スピーカーを変える意味がないと言える程、効果があります。

 

 

 

ツイーターも純正位置のミラー裏。

うっすらと黄色いコーンが見えますね。

 

純正位置取り付けですが、

位置や角度は言うほど悪くなく、

調整をきっちりと行えば、良い音になります。

 

 

シート下のウーファーは、純正のまま鳴らします。

 

"得意な帯域のみを上手くコントロールして鳴らす"というのも

音響調整の重要な役割です。

 

BMWに限らずですが

鳴らす帯域を欲張って無理させたりすると、返って悪くなりますので

良い音で鳴らせる帯域を見極めてコントロールするのがポイントです。

 

 

 

お持込のドライブレコーダーも取付しました。

 

最近、エモーションに入庫する車の8割以上が、ドラレコついています。

もしもの時の重要な証拠となるので、付けておいたほうが良いと思います。

 

オーディオ取付の際に、同時取付も承ります。

勿論、商品手配も可能ですよ。

 

 

このドラレコは、前後録画できるタイプでしたので

リアにもカメラを取り付けました。

 

 

 

最後に音響調整を行い納車となります。

 

 

当店で施工させて頂いた殆どの方は、

”こんなに音がスッキリ纏まるんだ!”と驚かれます。

 

 

どの帯域を、どのスピーカーに担当させるかは

コイルやコンデンサーの組み合わせで、変更できますが

 

音のタイミングを合わせるタイムアライメントは、

DSP付きデッキや、外部DSPを取付しないとコントロール出来ません。

 

運転席が中心にある車であれば、タイムアライメントは不要ですが

当店では、その手の車の入庫は過去にありません。

 

 タイムアライメントを使用し

耳に届くタイミングがピシャリと揃い、

各スピーカーに担当させる帯域が最も良い状態になった時、

 

ダッシュボードの上には、

濃厚でクッキリとしたステージがあり

マイケルジャクソンが、右から左へと歩いていくのが

とてもリアルでハッキリと分かります。(Thriller)

  

 

 また

"純正のデザインを壊したくない"

"ファミリーカーだから"

"嫁には内緒"

 

様々な理由で

 

"純正から見た目を変えず、良い音にしたい"

そんな方も沢山いらっしゃいますので

 

見えない部分に様々な工夫施し、

高性能な機器で、最適な音響調整を施す事で

最高のサウンドを引き出すことができます。

 

 

 

PS.

インスタアカウント作りました。

写真不足や時間の関係でブログを書けなかった作業や作業風景等

インスタの方にラフスナップ程度で投稿していきます。

ご質問などは、インスタでは返答出来ない場合がありますので

メール、TELにてご連絡くださいませ。

 

アカウント名  : emotion.jp

https://www.instagram.com/emotion.jp/

 

アゴヒゲ白石

 

 

TEL 092-939-0789

 


 スバル フォレスター ECS サイバーハーネス他 3点セット

 

最近のピットは

ヒートテックを上下着ていないと寒くなってきました

 

このTOPの写真は、去年の英彦山からの景色。

せっせと登ったからこそ観れる絶景の一つです。

 

これを撮った頃は、まだそこまで寒くなかったのですが

今の山頂は、雪景色の様。

 

"これは行くしかない!"

と休みの前日は思っているのですが

 

いざ当日の朝になると

 

”いやぁ〜寒かろ〜”

と、再び眠りにつく休日を繰り返している

しらちゃんです。こんにちは。

 

 

 

さて本日は

毎朝、数時間ほど車で音楽を楽しんでから活動開始される

超カーオーディオ好きな、お客様のお車に

 

ECS3点セット

・ECSサイバーハーネス

・ECS-RCA

・エモ電

 

のインストールを行なった話です。

 

 

 

オーディオシステムは

Carrozzeria CZ902XS

Helix DSP PRO mk2

Audio-technica AT-HRD5

BRAX GX2400×2

Carrozzeria TS-Z1000RS+S1000RS

Carrozzeria TS-W1000RS

 

です。

 

今回のECSアイテムのインストールで

音質の底上げを狙います。

 

 

RCA,サイバーハーネスに使用している信号線は

同一のものを使用して制作しています。

 

夜な夜なのテストで

いくつかの線材を準備し、実際に製作、実機テストと行い、

その中から選び抜いた線材を採用しています。

また、CZ系サイバーとの相性も踏まえた上で

"これは抜群に良くなる"と確信を得ての製品化ですので

"明らかな変化"を体感頂けると思います。

 

少々高価な部類の線材ですが

沢山の方に幸せになって貰おうと頑張っています。

 

この線材を取り込む事による音の変化を、言葉にするなら

"全体の底上げ+暖かく濃い音"になります。

 

CZ系サイバーの音は

解像度が抜群に高く、少々ドライなサウンドなのですが

ECSケーブルと組み合わせると

解像度の良さを残したまま、高域が、ややマイルドになるので

ウォーム過ぎず、ソリッド過ぎず

絶妙なサウンドに変化するわけです。

 

 

 

そして

Helix DSP PRO mk2の常時電源, AT-HRD5のACC電源に

それぞれエモ電3Aを取り付け

 

 

サイバーXの常時電源に

エモ電15Aを取り付け、

S/N向上や、情報量・解像度UPを狙います。

 

100Vのホームでもそうですが

12Vのカーは尚更、電源の質で音質が変化しますので

エモ電導入前後の差はスグにお分り頂けると思います。

 

 

 

 

このブログを書いている間に

MATCH PP82DSPの電源に、エモ電30A(並列2個掛け)を取付したレビューも書いておきます。

 

MATCH PP82DSPは、実質の使用電流量で

鼓膜が無くなる音量で30A程なので

エモ電15Aを並列に結線し15×2Aとする事で使用できます。

※カプラオンのMATCHサブウーファー使用の場合は、より電気を食いますので

この場合はお勧めしません。

 

 

スピーカーは、Carrozzeria TS-Z172PRS+TS-S062PRS。

外部アンプ駆動で、Carrozzeriaのサブウーファーも搭載しています。

 

PP82DSPは、音が良く、駆動力もあるアンプ内臓DSPですので

Z172PRSの様な、ストロークで中低音の豊かさを出すスピーカーでも

しっかりと鳴らすことが出来ていました。

 

この状態から

 

 

エモ電30Aを常時電源に直列でインストールして

調整を変えずに音を聴いてみました。

(基本的にアクセサリー取付時は、変化を楽しんでもらう為に、調整を変えずに納車します)

 

 

エモ電の変化は、低域の変化が最も大きいのですが

この車も然り

 

”これPRSよね?この低域の締りは何事”

 

という印象です。

 

良い意味で、少し緩めなサウンドのPRS。

外部アンプの組み合わせで、タイトでローエンドの伸びたサウンドに出来るのですが

 

まさにそれ。

 

キレのある低域に生まれ変わり

情報量も、明らかに増えています。

 

エモ電を取り付ける度に”電源の重要性”を感じさせられますね。

 

 

 

さて

ECS(エモーショナル コンポーネント システム)の名前の通り、

カーオーディオ業界では、殆ど知られていない隠れた名作を

出来るだけ安価で、カーオーディオにインストール出来るように製品化する。

というコンセプトのブランドですので

 

長らくカーオーディオを楽しんでいる方でも、

この音質の向上、変化には驚いて頂けると思います。

 

 

 

ハーネス、RCAは、

制作時間の都合上、通販での即出荷が難しく

当店取付のみとさせて頂き

 

エモ電は通販、業販OKとさせて頂いています。

 

 

ご興味あれば、ぜひお気軽にご連絡下さいませ。

 

 

アゴヒゲ白石


 トヨタ カローラスポーツ Dynaudio esotec 載せ替えインストール

 

明けましておめでとうございます。

今年も宜しくお願い致します。

 

2019年も例年通り

初仕事から賑わっていて、初ブログが今となりました。

 

 

さて、2018年の年末は

長崎ハウステンボスでカウントダウンに行っていました。

 

僕の一番の目的は、花火ではなく

敷地中央辺りの広場で行われる

外国人アーティストの生ライブ!

 

70s,80sのディスコミュージックをアレンジした曲を演るアーティストさんの時、

 

ぞろぞろとギャラリーが集まり

老若男女、音に乗って踊り始めて

ちょっとしたフラッシュモブの様なシーンがあって楽しかったです。

 

改めて

楽しい曲は、誰でも楽しいと感じて

グッとくる曲は、誰でもグッと来るんだなと思いました。

その為には、良い音で再生できないと始まらないので、僕たちの出番ですね。

 

 

そんなこんなで、今年も張り切って行きますよー!

こんにちは、しらちゃんです。

 

 

 

本日は

トヨタ カローラスポーツに乗り換えのお客様の車に

前車で使用していたDynaudio Esotec 2wayをインストールしたお話です。

 

 

 

ヘッドユニットは

Carrozzeria AVIC-CZ902XS。

 

サイバーX搭載車、増えてきましたね。

情報量が多く、解像度の高いサウンド。

そして、痒いところに手が届く調整機能が魅力です。

 

 

さて、ナビが既に装着済みの車に

オーディオをインストールする事は良くあるのですが

この車のナビ裏は、配線達がとてもスマートに収められていて

Good job!

 

プロだからこそ、見えない所も丁寧に。ですね。

 

作業してると、取り付けした人のマインドが分かります。

 

 

ドアです。

PAC1防振を施工し、インナーバッフルを製作しました。

 

50系プリウス辺りから、ドアの蛇腹がカプラー式になり

スピーカーケーブルを通すのが、少々手間がかかる様になりましたが

 

この車もカプラー式。

 

オーディオインストールが比較的楽なトヨタは、昔の話になりつつあります。

 

 

とはいえ、現行車の良い点もあり

ドアの剛性感や構造は、現行の車の方が良いと感じます。

 

良い意味で、輸入車の様になったと言うか

"The 鉄の板!"なドアだったのが、少し樹脂の様な響き方になり

明らかに悪影響な鉄固有の響きが、し難くなった様な気がします。

 

これにより、ノーマル状態でも

ロード、外的ノイズレベルが下がるので、

静かで快適な車に仕上がっているだろうと思われます。

 

オーディオをする場合でも、鉄板の"カーン"という悪影響を与える音が減るので、良い傾向ですね!

 

 

 

ドアを横から見た写真ですが

スピーカーが、少し上を向いているのが分かるかと思います。

 

当店のアウターバッフルのプランに

アウターハイアングルというメニューがあるのですが

この車は純正インナーちょっとハイアングルですね。

 

少しでもリスナー側に向いているのは音質向上に効きます。

 

 

んじゃインナーでも、バッフルをスラント加工して

上向けた方が良いのかと言うと、それは違いますのでご注意を。

 

インナーバッフルで高音質を狙うドア作りの絶対条件は

 

"スピーカーとドア内張り間に隙間がない事" なので

 

インナースラントバッフルによって隙間を作ってしまっては本末転倒です。

鉄板と内張りの間に音が回り込むと

逆相化して、打ち消してしまう帯域が出てしまいます。

 

純正スピーカーをよくみると、

スピーカーの上にスポンジが付いており、

内張と接していた跡があると思います。

 

スピーカー自体は、

社外品に比べるとチープな作りですが

少しでも音を良くしようとしてある車は、しっかりと遮音してありますよ。

 

 

話が逸れましたが

この車も、オーディオの事も考えて作られた車なのかなと思わせるシーンですね。

 

 

ドア内張を戻せば、ドアは完成です。

 

 

 

ツイーターはAピラーワンオフです。

 

たまにデザインについて聞かれることがあるのですが

共通の基本的な点で行くと

 

・落とし込みである事。

・スリッドがある事。

・元の色に近い生地で仕上げる事。

 

この辺りは共通していますが

車種やピラーの形、ツイーターの種類により変えてます。

 

"Aピラーワンオフする際のポイント"のテンプレートの様なものはありますが

あれは、その通りにすれば失敗し難い。

という例であって、絶対ではありません。

 

・二股(ロ型)ピラーの車の、三角(四角)窓への反射の影響。

・背の高い車、横窓が大きい車の反射の影響。

・ダッシュボードへの反射影響。

 

これにプラスαで、シート(リスニング)ポジションとの関係もあるので

全てを考慮した上での取り付け位置、デザインの決定をしており、

同じ車であっても、1台1台違います。

 

その為、敢えてテンプレから少し外した取付の方が、良い場合もあるわけなので

 

"こうなります!"というより

"この様な感じになります"という感覚で、ご依頼頂けると良いかと思います。

 

 

 

最後にサイバーXの音響調整を行い納車となります。

 

僕も好きな、定位クッキリで、音の濃さ、スピード感を感じられる

ディナウディオサウンドの完成です。

 

 

1月早々、風邪やインフルが流行っているようで、

僕が先陣を切って風邪をひき、会社に撒き散らし

ようやく治った頃には、周りにシッカリ移っていました。

 

お友達の会社も、初出勤の時は

10人中8人が風邪だった。

なんて言っていましたので、

元気な皆さん、お気をつけくださいね。

 

 

アゴヒゲ白石


calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
エモ蔵
エモーションのネット販売 エモ蔵
天気
九州の天気
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 日産 エクストレイル PAC1防振 と 防振の重要性
    エモ親方 (08/30)
  • サブウーファーについて、その1、選び方とアンプの組み合わせについて。
    通りすがり様、 (08/30)
  • サブウーファーについて、その1、選び方とアンプの組み合わせについて。
    通りすがり (08/22)
  • 日産 エクストレイル PAC1防振 と 防振の重要性
    よし (08/21)
  • カーオーディオコンテスト、雑感。
    少し気になったので・・・ (08/02)
  • イベント、大盛況のうちに終了いたしました。参加された皆様、ありがとうございました。
    高橋 (07/03)
  • いよいよ明日に迫りました!カーオーディオマガジンプレゼンス 石田功×橋本修トークショー!ところが!・・・
    渡邉 寛 (07/02)
  • デジタルプロセッサーの極意〜〜〜HPコンテンツの更新
    へっぽこイース (05/12)
  • 究極の電源カプラー!!
    ぱね (04/02)
  • メルセデス・ベンツ C180ステーションワゴン(W205) FOCAL プロセッサーシステム
    桝田 行伸 (11/05)
recommend
エモーションズ
エモーションズ (JUGEMレビュー »)
マライア・キャリー
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
sponsored links